ウルトラマンマックス、第10話は「少年DASH」
今回は、空間転移怪獣メタシサス登場の登場です。
今回のストーリーの流れは・・・
UDF主催の社会科見学で、DASHの基地であるベース・タイタンに子どもたちがやってきた。DASHメカの格納庫、司令室などを見てよろこぶ子ども達。中でもマサユキはDASHにとても通じ、将来はDASHの隊員になりたいという。司令室いる隊員のことも全て把握している。そこへコバが遅刻してきた。もちろんマサユキはコバのことも射撃の名手と褒めるも、遅刻には厳しい。「人間だから一度や二度の失敗があるというコバ隊員に「遅刻をしては地球を守れない」となかなか厳しい。この日一番のお楽しみのダッシュマザーでの遊覧飛行に喜ぶ子どもたちは、社会科見学を終え帰宅しようとしていた。記念写真を撮ろうとしたとき、マサユキは携帯電話の画面に映る何かを察知。するとそこへ、空間転移怪獣メタシサス登場メタンシスが現れた。カイトの誘導で逃げようとしたとき、マサユキがカメラを向けた瞬間、メタンシスは消えた。
DASHではモンスタースキャナーでは探知不能だった。しかし怪獣が消失する前に局所重力場のゆがみを検知。怪獣は重力を操り空間を飛び越える能力があるらしい。
カイトが「どこへ消えたんだ」とつぶやくと、マサユキは「右」と言った。するとメタンシスが現れた。ちょうどそのときコバの操縦するダッシュバード2が上空を通過した。子どもたちの応援にコバも遅刻の汚名挽回と奮起した。ししかし、攻撃ができず、出現位置が特定できない。「今度はどこに出てくるんだ」焦る隊員たち。その間にもメタンダスは街を襲い始めていた。局所重力場のゆがみが消え、そしてメタンダスは消えた。
現れては消え、消えては現れるメタンシス。一時退散したコバはカイトとミズキ、そして子ども達の元へ車を走らせた。
「君たちもう安心だからな」というコバに、マサユキは「でも怪獣に逃げられた」と言い、さらに対策がないならまた失敗するとしコバの失敗を攻め立てた。
そのころDASH基地では、ヨシナガ教授が怪獣の特性をつきとめて説明していた。怪獣は携帯電話の周波数である800ヘルツの極超短波を嫌羽陽に攻撃していた。怪獣の出現ポイントは特定が不可能だという。しかも怪獣には重力を操って空間を転移する力を持ち、現時点では何も対策はないという。カイトは社会科見学に来ていたマサユキが怪獣が右にいる、左にいると言っていたことをのことを告げたが、ショーンは否定的だ。
「DASHの人たち、怪獣を取り逃がしちゃったね」「やっぱりウルトラマンマックスがいなくぃちゃダメなんじゃないの」「なんか残念」と途方にくれる子どもたち。マサユキは「今度怪獣があらわれたらウルトラマンマックスに教えてあげなくちゃ」と携帯電話を眺めた。
カイトとミズキはマサユキのことが気になり探していた。ちょうどそのとき走るコバを発見。どうやらコバもマサユキを探しているらしい。
マサユキを探し訪ねるコバ隊員は、歩道橋でマサユキを見つけた。「マサユキくん」コバがマサユキに話しかけたとき、「来る」マサユキがそういうと、メタンシスが現れた。
「どうして怪獣が来るのが分かったんだ?」コバが尋ねると、マサユキは「ダッシュなんかあてにならないよ、僕はウルトラマンマックスに教えてあげるんだ」といって怪獣の方へ走り出した。
口から長い舌を出し電波塔から電波を吸い取り、電波塔を折るメタンシス。そこへウルトラマンマックスが現れた。戦いを臨むウルトラマンマックス。だがメタンシスは消えては現れる。
「マックス後ろ」そういってウルトラマンマックスへメタンシスの居場所を教えるマサユキ。怪獣の出現場所を教えてくれと嘆願するコバにマサユキはコバ隊員は失敗すると突き放す。「一度や二度の失敗がなんだ!DASH隊員も人間だ失敗ぐらいするさ、でもな俺たちは決してあきらめない、何度失敗しても絶対に地球を守ってみせるお願いだマサユキくん、俺はみんなを守りたいんだ」そう説き伏せてもマサユキは口を閉じたままだ。「頼む、俺は地球もウルトラマンマックスも助けたいんだ」コバはマサユキを説得すると、「これでわかるよ」マサユキは携帯電話を手渡した。携帯のいる方向がちらちらするということを告げた。携帯電話が出現ポイントを教えてくれというコバ。ショーンを呼びダッシュバードに乗り込み、マサユキが携帯電話で察知した位置をミズキにつげ、ミズキからの指示を受け教えてもらいながら。ウルトラマンマックスを誘導しメタンシスの居場所へと連れて行くコバたち。コバたちとの連携でウルトラマンマックスはメタンシスを倒すことができた。
「マサユキくんのおかげね」というミズキに、マサユキは「コバ隊員がいたから、コバ隊員があきらめなかったから」といった。
「ありがとうマサユキくん、君のおかげで地球を守ることができたよ」そういってコバはバッチをマサユキの胸に着けた。「このバッチは地球を守るものがつけるものだ、君は立派なDASH隊員だ」というコバに、マサユキは「大人になったら本当のDASH隊員になり、コバ隊員ののように何度失敗しても絶対にあきらめない男になるから」と、二人は硬い握手を交わし、将来一緒に戦うことを誓った。その姿をカイトとミズキも見守った。
という感じでした。

【感想】
コバ隊員がメインとなった回。ラストが感動的でした!!
今回のウルトラマンマックスのテーマは「あきらめないこと」。
子ども達の前で遅刻やメタンシスを取り逃がすなどの失態を見せたコバ隊員。子どもにとってはDASHの隊員は絶対的なものだと思われ、遅刻や失敗する姿には失望、DASHはあてにならずウルトラマンマックスを頼るしかないと落胆します。そこを名誉挽回とコバが奮闘するという話でした。
人間は絶対的ではなく、一度や二度の失敗があり、それをあきらめずに果敢にチャレンジすることを訴えるという話だったと思います。コバのあきらめない姿勢や真面目さが伝わりました。さらにラストシーンの心の交流には感動しました。子どもって信じて疑わない部分があって「こうでなければならない」と思うことが多いのですが、決してそうではないこと、そして人間は完璧ではなく、あきらめずに努力すれば報われるということをマサユキ少年は感じたことでしょう。テレビの前のちびっこたちも同じ気持ちで見てくれているといいのですが。
また、マサユキ少年のマニアックなほどまでのDASHの知識は、途中で見逃してしまった人や、まだ登場人物や戦闘機などについて今ひとつという人へのおさらい的な要素を与えていたのだと思います。
今回のタイトルは、「少年DASH」・・・なんだか「少年ジェット」とネーミングをかけた感もありますね。少年ジェットって、主題歌の最後に「うー、やー、たー!」とか言っていたヤツでしたっけ?

人気blogランキング←人気ブログランキングはこちらです