ウルトラマンマックス、第12話は『超音速の追撃』
今回は、超音速怪獣ヘイレンの登場登場です。
今回の流れは・・・
太平洋上空2万メートルでコバがダッシュバードβで飛行実験をしていた。コバを見守るDASHの司令室でミズキはヘッドホンでメジャーデビューしたばかりのバンド「バッドスキャナーズ」の曲を聴いていた。ショーンも音楽に賛同、「聴くならみんなで聴こうよ」とカイトは音楽を司令室内でのラインに切り替えた。隊長は司令室内の様子に驚き怒ったその時、コバの飛行する傍らで謎の飛行物体が現れコバを抜く速度で襲撃した。
捜索に向かったカイトとミズキは、太平洋上でコバを発見し救出した。コバは、巨大なジェット機のような形をしていた物体を目撃したという。
DASH本部では、カイトがブラックボックスを解析。ショーンに「これ何の音だろ?」と相談した。
街頭ではビルのモニターにバッドスキャナーズが大きく映し出され、曲が流れていた。その頃エリーはエリアJC上空に怪獣反応を察知した。人々がモニターを見て曲に乗っていると、街角を歩いていた子どもが飛行機雲をみつけた。すると風嵐と煙が街を襲い、上空から超音速怪獣ヘイレンが現れた。
街を襲うヘイレン。その飛行速度はダッシュバード1を上回わり。ダッシュバード1が追跡しても追いつかない速さだった。コバはバードβを攻撃したのはヘイレンだという。ヨシナガ教授の分析の結果、音速の10倍、マッハ10以上のスピードで飛行することが分かった。どうすればよいか隊員が思案する中、カイトが司令室に現れ「こっちから怪獣を呼べばいいんですよ」と提案した。「この怪獣がなぜ降りてきて街を破壊したか?その理由としてカイトは「この怪獣、ヒジカタ隊長と似ているんです」と、怪獣が襲ったときにバッドスキャナーズの曲がかかっており、怪獣もロックが嫌いだというのだ。βのブラックボックスには怪獣の鳴き声が録音され、カイトとショーンはこの音がパワーブースタを使っていたときのβのエンジンサウンドに似ているという共通点を感じたというのだ。エンジン音とギターのそっくりなその音を聴き、そっくりだというミズキ。カイトはこのギター音でヘイレンをおびき出そうという考えを提案し、待ち伏せ攻撃をすることになった。場所を探しているとき、3時間後にバッドスキャナーズのデビュー公演がヨモギ野外ステージで行われることが判明。DASHの隊員はステージへ向かった。
緊急事態となったステージでは30分後の公演を控えてリハーサルが行われていた。その音を聞きつけ、ヘイレンがヨモギ野外ステージへ近寄ってきた。ヨモギ野外ステージを襲いに来たヘイレンに逃げ惑う観客。
上空からはコバとショーンがダッシュバードで攻撃に回った。「Eat this!」と言って攻撃するショーン。地上でも速く動けるヘイレンに攻撃をかけるコバ。しかし、コバは追撃されてしまう。危機一髪、カイトはウルトラマンマックスに変身し、コバの操縦するダッシュバード2を空中で止めた。マックスの姿を見つけるヘイレンに、攻撃を挑発するウルトラマンマックス。地上では力と力のぶつけ合いの戦いが繰り広げられた。口からマグマのような炎を吐こうとするヘイレンにバリアでステージへの攻撃を防ぐウルトラマンマックス。戦いは空中戦に持ち込まれたが動きが速過ぎてマックスも動きを捉えられない状況に。そのとき、隊長はバッドスキャナーズに演奏をしてくれと請った。演奏に気付き、ステージに気をとられている瞬間、ウルトラマンマックスはマクシウムカノンでヘイレンを攻撃した。
戦いを終えて帰還する隊員たち、バッドスキャナーズのCDを片手に話題でもちきりの様子。「この話はここまで」と司令室に入ると隊長がバッドスキャナーズの音楽を大きくかけ「悪くはないよね、こういうのも」と曲に乗っていた。
というストーリーでした。

【感想】
予告編で、ロックミュージシャン、そして怪獣の名前が「ヘイレン」ということで、すぐに「ヴァン・ヘイレン」を思い浮かべた私です。時代を反映した展開は軽いテンポとノリのよさを感じました。脇役のバッドスキャナーズの関西弁とマネージャーの軽さもカットとしては短かったのですが、よさを引き立てていたと思います。
「ヘイレンはちょっと顔がギャオスっぽいなぁ」とうちの小学生。
「警備員よりも権限がないのか。隊長もダメですといわれてすごすごと引き下がるわ、コバはまた撃墜されるとはあいかわらずDASHはへたれだな」と連れ合い。
「ロッカーは、みうらじゅんかと思った」と私。
演奏途中の「おっさん、じゃまだよ」というバッドスキャナーズのメンバーと「そっちこそおっさんじゃないか」という隊長の掛け合いや、「あんたのギターがあれを呼んだんだ」という隊長に対して「おれのファン、あれが? 怪獣のファンなんかいらんわ」というメンバーの会話もボケ突っ込みの楽しさを感じました。最後には隊長もバッドスキャナーズにはまってしまうわけですが、隊長のギターアクションをみると「やっぱり隊長はおっさんだな」と感じさせるオチはなかなかよかったと思います。なにげにマックスとヘイレンの戦いのシーンで、マックスが指で手招くポーズはやはりロッカーを意識したのかな?と思いますね。
ココ数回、ショーン隊員が戦いの中で時折英語を話し、その会話のテロップを交えるシーンがありますが、ここは子供に対しての「ワンポイント英会話」なんでしょうか。親子仲良く国際的な視野を養うために見てください・・・ってことで・・・。

人気blogランキング←人気ブログランキングはこちらです