27593df3.gifトリノ冬季五輪も今日で14日目となりました。
グーグルのロゴもフィギュアスケートバージョンとなっています。
さて、今朝はフィギュアスケート女子のフリーの演技が行われ、なんと日本選手3人の中で荒川静香選手が金メダルを獲得しました。
おめでとうございます!

フォギュアスケート女子の結果は以下のとおりです。
1位 荒川 静香(日本:191.34)
2位 サーシャ コーエン(米国:183.36)
3位 イリーナ スルツカヤ(ロシア:181.44)
4位 村主 章枝(日本:175.23)
5位 ジョニー ロケット(カナダ:167.27)
6位 キミー マイズナー(米国:165.71)
7位 エミリー ヒューズ(米国:160.87)
8位 サラ メイアー(スイス:156.13)

15位 安藤 美姫(日本:140.20)

今朝はNHKでライブ放送が行われていましたが、最終滑走者でロシアのスルツカヤ選手が回転技でまさかの転倒でポイントが伸びず、荒川静香選手が1位を維持したまま金メダルを獲得しました。日本にとって、このトリノ五輪で始めてのメダルです。
荒川静香選手の技の正確さと美しさが金メダルに結びつきましたね。観客席からの最高のスタンディングオベーションを受けて文句なしの金メダルだと思います。
2位でアメリカのサーシャ・コーエン選手は出だしのミスを後のスケーティングでカバーしトータルでみるといい滑りを見せてくれました。
そして3位のイリーナ・スルツカヤ選手は出だしで連続技に結びつけることができず、そしてジャンプでは着地に失敗してまさかの転倒。本来のスルツカヤの実力を発揮することができずに銅メダルに終わりました。
日本の村主章枝選手も3回転の予定が2回転であったり、回転数の不足と捕らえられるような微妙さ、そしてスピンをわざとして持っていないことで技術点が伸びずSPの4位から順位を上げることはありませんでしたが、丁寧な表現力ですばらしい演技をみせてくれました。
安藤美姫選手は4回転ジャンプに臨むも、失敗で15位に転落。ジャンプの天才少女といわれた時期よりも体重が重くなったことも要因かと思いますが、失敗を恐れずに果敢に挑戦する姿はよかったですね。
日本に希望の金メダルを届けてくれた荒川選手、そして、果敢に挑戦した村主選手と安藤選手の滑りに、感動をいただきました。
4年間の努力が実りましたね、今後もがんばってほしいです。

*最後まで読んでくださってありがとうございます*
人気blogランキング←よろしければクリックいただけるとありがたいです