3月17日、ソフトバンクは、国内携帯電話3位のボーダフォン日本法人を買収することで英ボーダフォンと合意したことを発表しました。買収額は約1兆7500億円で、ソフトバンクは、ボーダフォン日本法人株の97.7%をこれから2カ月かけて取得するとのこと。
ソフトバンクは携帯電話の新規参入の準備を進め、すでに周波数も割り当てられていたましたが、ボーダフォンの日本法人の買収が決定的なものとなり、携帯電話事業に関しては、一気に加速する戦略に転換しました。
今回の買収は、過去に例のない高額で、日本企業による国内では過去最大規模の事案となりましたね。しかしながら、買収のため株を取得する為の資金はソフトバンクが2000億円、傘下のヤフーが1200億円負担する他、資金の調達の殆どは、ソフトバンクの資産を担保にして資金を借り入れる「レバレッジド・バイアウト」の手法が用いられ、その額は1兆1000億〜1兆2000億円になるとか。巨額ですね。

現在のボーダフォンは、コンテンツサービスの点ではDocomoやauに引けを取っていますが、借金をしてまでも買収に乗り出すには、それなりのメリットがあるのだと思います。すでに買収後には、ヤフーと共同で携帯電話を通じたインターネットのポータルサイトの展開と、ヤフーの豊富なコンテンツを活用して顧客を獲得する狙いが明らかになっています。Jフォンからボーダフォンとして携帯電話事業を進めてきたという出来上がった土壌を手に入れたわけですから、新たに蒔くタネとしてのコンテンツ事業の充実によっては日本の携帯電話市場を揺るがすことになると思います。さらに、ボーダフォンは国際ローミングでは強みをもっています。携帯電話で日本以外の世界規模でブロードバンドでインターネットに簡単に接続できるようになることが夢物語ではないといった可能性の高さを感じます。

過去には「Jフォン」と呼ばれていたボーダフォンも、ようやく名前が定着したところですが、ソフトバンクの買収によって、ブランド名も「ボーダフォン」から、また新しい名称にかわることが検討されているようです。
ソフトバンクの携帯事業の加速は、現在の携帯事業を大きく揺るがすことになるでしょう。
秋には携帯番号のポータビリティー制度も始まります。サービス如何によっては、Docomoやauから乗り換える人も少なくはないかもしれませんね。
ソフトバンクの買収後の成り行きに注目していきたいです。

【関連記事】
・MSN-MainichiINTERACTIVE『ソフトバンク:ボーダフォン日本法人の買収で合意

*最後まで読んでくださってありがとうございます*
人気blogランキング←よろしければ、クリックいただけるとありがたいです