ウルトラマンマックス第40話は『スペシャル・フィナーレ 〜ウルトラの未来へ〜』
ウルトラマンマックスの活躍、DASH隊員の様々なドラマに加え、全怪獣が総出演!
DASH隊員が「ウルトラマンマックス」の名場面を振り返る本当の最終回です。
「では、銀河系観測に向かって出発します」
「いってらっしゃい、私は30年後でも待っていますから」
あれから50年、エリーに見守られ、カイトとミズキの孫は銀河系調査団として宇宙へと旅立ちました。
今回の「スペシャル・フォナーレ」は、DASHの隊員たちが50年前に怪獣や宇宙人を相手に戦っていた頃を振り返る・・・といった構成での総集編でした。

今思えば、カイトの登場は実に強引な感じでした。
DASHの隊員でもないのに(しかもDASHの入隊試験に落ちている)カイトが、ミズキが操縦していたダッシュバードに乗り込み突撃するとは(操縦は勘ですか?)・・・この命知らずの勇気をウルトラマンマックスが見込んで、光の戦士としての力を与えたということなのでしょう。

それぞれの隊員のキャラクターもよく描けていましたね。
カイトはウルトラマンマックスではないかとうすうす感じていたミズキ、墜落率73%という向こう見ずな性格のコバ隊員、発明に意欲的なショーン隊員、人間の心を持つように進化するアンドロイドのエリー、そして「隊長、カッコイイ!」(笑)
DASHに関わる上層部の人物はウルトラマンで活躍したハヤタ隊員のトミオカ長官、アキコ隊員のヨシナガ教授、イデ隊員だったダテ博士などの登場はウルトマン世代には懐かしくもうれしいキャストでしたね。

総集編を入れて40話、シリアスあり、コミカルあり、ファンタジーあり、そして脚本家の思い入れのある話あり・・・でしたね。
個人的に面白かった話は
・ピグモンが登場した、第5話「出現、怪獣島」
・シャマー星人が登場した、第18話「アカルイセカイ」
・バルタン星人が登場した、第33、34話「ようこそ、地球へ」
好きな話は
・ダテ博士とトミオカ隊長が連携した、第23話「甦れ青春」
・神話の幻中ユニジンが登場した、第26話「クリスマスのエリー」
・牛鬼怪獣ゲロンガが登場した、第29話「怪獣は何故現れるのか」
秀作だと思うのは
・ナツノメリュウが登場した幻想的な、第9話「龍の恋人」
・完全生命体イフが登場した、第15話「第三惑星の奇跡」
実にさまざまな話がありましたが、終わってみればそれぞれが全て楽しかったよう思えます。

今回で、ウルトラマンマックスも本当におしまい。
楽しくみることができてよかったです。

*最後まで読んでくださってありがとうございます*
人気blogランキング←よろしければ、クリックいただけるとありがたいです