ウルトラマンメビウス第12話は「初めてのお使い」
魔神怪獣 コダイゴンジアザーの登場です。
トリヤマ補佐官は総監督と初めての対面に期待を馳せていた。
重要な任務で呼ばれたというトリヤマ補佐官は、新たに現れた青いウルトラマン「ヒカリ」のことかもしれないと、マル補佐官秘書を外で待たせて総監督室へ入った。
しかし、そこにいたのはミサキ総監補佐だった。そしてひとつの「MI GIS 01」というアタッシュケースを託られ、開発途中で危険があると判断された研究品を最終処理施設まで届けるというものだ。
開発途中で危険があると判断された研究品を最終処理施設まで届けるというものだ。
初めてのお使いに意気揚々と出かけたトリヤマ補佐官だったが、途中でアタッシュケースを開け、カプセルを眺め、その1つを川に途中で落としてしまう。
「1個ぐらいいいやい・・・1個ぐらい」と自分に言い聞かせるトリヤマ補佐官だった。
お使いを成し遂げたトリヤマ補佐官を待ち受けていたGUYSの面々だったが、その重要なカプセルがとても危険なメテオールだったということが判明。
「どんなに危険なものなのか、私に教えていただけないでしょうか」と泣きそうな顔で焦るトリヤマ補佐官だった。

「寿限堂」という骨董品屋にて。
店主が恵比寿様にガラクタの釣りでの大漁を伝えている。その中にメテオールがまぎれていた。そしてそのカプセルから効力が漏れ、骨董品に漂い付着した。

GUYSの司令室に戻ったトリヤマ補佐官は、テッペイからカプセルの話を聞く。
ドキュメントMATレジストコード「グロテス星人」「魔人怪獣コダイゴン」は元々蓮根神社の御神体だったが、グロテス星人によって怪獣化された。
しかし、ウルトラマンによって退治されとたんコダイゴンもご進退に戻ったという。そしてその御神体を調べたらグロテッセルが採取されたという。
グロテスセルという名のこのメテオールは、中が空洞のものに入り込むと生物のように動かせるように変化させるということで研究を重ねていたようだ。
しかし、テッペイらGUYSの面々によると、グロテッセルその破壊衝動のコントロールができず危険なため、処理されることになったのだという。
トリヤマ補佐官はそれを知り焦って、ミライとテッペイとコノミを呼び出した。

「寿限堂」では、骨董品が動き回っていた。店主はこの骨董品には神様が宿っているという。

トリヤマ補佐官は、ミライ・テッペイ・コノミに、正直にカプセルを1つなくしたことを告げる。しかし、ここだけの話にしてほしいということで、カプセルを探しに出て行くことに。

恵比寿様のご利益があるという骨董品を売る店主と孫。そこでコノミが寄っていくと、いきなり動き出すカエルの貯金箱を発見。電池もないのに動くカエルの情報を伝えると現場に急行。
骨董品屋でメテオールを発見したトリヤマ補佐官ほかGUYSの面々だが、カプセルを手にしたトリヤマ補佐官だが、カプセルは手からするりと抜けて割れてしまった。
そして、メテオールは商売繁盛の神様、恵比寿像に入ってしまった。

巨大化した恵比寿像は、コダイゴンジアザーへと化した。
ひょうきんに動き回る恵比寿像だが、ここはなんとか押さえたいとミライはウルトラマンメビウスに変身。コダイジンアザーへと立ち向かっていった。
方法はグロテッセルを気化させることしかないようだ。苦戦するメビウスだったが、そこへウルトラマンヒカリが現れ援護に。
2人のウルトラマンを翻弄させるコダイゴンジアザーだが、

店主から恵比寿像についての話を聞くテッペイは恵比寿像が一度落ちたことによって右足が欠けていることを聞いた。
急所を教えるテッペイの声を聞き、右足を攻めるメビウス。メテオール・グロテッセルは気化し、コダイゴンジアザーは元の恵比寿像へと戻った。

恵比寿像がなぜ巨大化したのか不思議だというリュウとジョージに焦りを隠せないトリヤマ補佐官。しかし、サコミズ隊長に「初めてのお使いに失敗はつきものですよね、トリヤマ補佐官」と労われる。
サコミズ隊長は全てをお見通しだったようで・・・。

【感想】
これまでの緊張感のある話のインターバルとしての一話。
メインはトリヤマ補佐官でした。
トリヤマ補佐官が重要な任務としてメテオールを運ぶことに。しかしそのカプセルは途中で川に落してしまい、それを拾った骨董品屋の主人によって「寿限無堂」に運ばれてしまいます。
メテオールは破壊衝動のコントロールができない凶暴な要素を含んでいたから大変。トリヤマ補佐官はミライとコノミとテッペイともに探し出しましたが、またもやトリヤマ補佐官の失敗でメテールの要素が恵比寿様に降りかかり、大変ことになっていまい、それをメビウスが尻拭いをするという話でした。
浮かれるトリヤマ補佐官でしたが、失敗を隠し通せず、気の置けないミライとコノミとテッペイに事実を話し、なんとか何事もなかったかのように振舞いたかったようですが、世の中そんなに甘くはないようですね。
初めてのお使いの失敗はサコミズ隊長にはバレバレでした。
トリヤマ補佐官のプライドの高さとは裏腹に繰り広げられる失敗の数々・・・いや〜、補佐官という職をよくぞ務めてきたものだと感心しました。
今回は「帰ってきたウルトラマン」で登場した、発砲怪人グロテス星人とそのグロテス星人が操る魔神怪獣コダイゴンの話をモチーフにした展開でした。
「帰ってきたウルトラマン」では、猟師風の男がグロテス星人であり、蓮根神社に祭られている御神体を巨大化させて怪獣化させたという話でしたが、今回はその要素をメテオールとして活用するという展開となっていました。実際は危機感のある重い内容をトリヤマ補佐官のキャラクターと骨董品屋での出来事の設定で、おもしろおかしく描かれていたところがよかったです。そして、元々は「発砲怪人」としての要素を恵比寿様の持つ鯛の口からポンポンと発砲するという設定も楽しい。
「初めてのお使い」には失敗がつき物ですが、全てをお見通しのサコミズ隊長・・・すごいですね。

*最後まで読んでくださってありがとうございます*
人気blogランキング←よろしければ、クリックいただけるとありがたいです