やはり日本国内での混入はなかったようで…。
1月に中国製冷凍ギョーザを食べた人が吐き気や下痢などの中毒症状が現れ、中国の天洋食品で製造されたものからメタミドホスが検出されるという事件が起きましたが、製造された中国でも同様の事件が発生しました。
ギョーザを製造した天洋食品が事件後に回収したギョーザが中国国内で流通し、食べた中国人が有機リン系殺虫剤「メタミドホス」による中毒を6月中旬に起こしていたことが明らかになりました。日本と同様の中毒が起きたことで、事件のギョーザも中国国内でメタミドホスが混入した可能性が強まりました。
読売新聞によると
 中国側は7月初め、北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の直前に、外交ルートを通じて、日本側にこの新事実を通告、中国での混入の可能性を示唆したという。

 事件が起きたのは6月中旬。天洋食品が回収した冷凍ギョーザの一部を食べた中国人が中毒を起こし、重大な健康被害が出たという。被害者の人数や症状などは不明だが、千葉県などの事件と同様、ギョーザに含まれていたメタミドホスが原因と特定された。事件後、日本に輸出される前の商品は天洋食品が回収したことになっており、今回、中毒を引き起こした商品が流通した理由やその経路などはわからない。

 中国側の混入の可能性が強まったことで、中国の捜査当局は事故と故意による混入の両面で改めて捜査を急ぐ必要に迫られそうだ。
毒入りギョーザ問題発覚から7ヶ月、日本の警察当局は「日本国内での混入の可能性は低い」とし、また中国の警察当局も「中国国内での混入の可能性は極めて低い」と主張。日中両国で見解が異なっていましたが、今回、中国が日本へ出荷する予定だった冷凍ギョーザを回収し、それが中国国内で流通したことによって、日本で起きた中毒症状と同様の症状が現れたの事件でメタミドホスが日本国内で混入の可能性が無いということと、中国での過失が決定的となりました。

中国側が北海道洞爺湖サミット直前に日本側に事実を通告したのが7月上旬、マスコミを通じて公表されるまでに1ヶ月もの時間が経過したわけですが、その理由は「正式なものではなかった」ためのようです。日本側も正式な説明でなければと慎重に判断したということかもしれませんが、日本政府の対応の遅さを感じます。

北京五輪開幕を数日後に控えた中国ですが、3月のチベット暴動、5月の四川大地震、そして、雲南省や新疆ウイグル自治区での暴動など、国内情勢が安定しないことで、ややもすれば毒入りギョーザ事件はうやむやに処理される懸念がありましたが、メタミドホスの混入が中国国内であることが濃厚であることが決定的となり、これで日本政府と中国政府がようやく連携して原因究明を進めることができるようになりました。
しかしながら、これまで中国は中国国内での混入の可能性は極めて低いの一点張りでつっぱねてきたわけですが、これで中国の原因究明に対する責任感のなさや捜査の甘さを露呈したようなものですね。
今後も日本は正しいことは正しいと主張し続け、中国にうやむやな態度を取られないようにしてほしいものです。

【関連記事】
・YOMIURI ONLINE『「天洋食品」回収ギョーザ、中国で中毒…現地混入が濃厚に

人気blogランキング←よろしければ、クリックをお願いいたします