769b9e93.jpg声優の田の中勇さんが1月13日に心筋梗塞でなくなっていたことが明らかになりました。
田の中勇さんは、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の「目玉おやじ」役を41年間務めてこられました。
享年77歳。
ここで、田の中勇さんについて振り返ってみます。
nikkannsports.comによると
 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の「目玉おやじ」役を41年間務めた声優田の中勇氏(本名・田野中勇=たのなか・いさむ)が、13日心筋梗塞(こうそく)のため、東京都世田谷区の自宅で死去していたことが15日、分かった。77歳だった。

 所属事務所によると、体調が優れないということはなく、心臓の病気もなかったという。葬儀は19日午前11時30分から同区砧2の4の27、東京メモリードホールで。喪主は兄弘(ひろし)氏。

 68年から放送されたフジテレビ系アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第1期シリーズから、昨年3月の第5期シリーズまで1人だけ出演を続けた。同シリーズを制作する東映アニメーションによると、「目玉おやじ」の後任は決まっていないという。
「おい、鬼太郎!」と、独特の声で「目玉おやじ」が茶碗のお風呂の中から鬼太郎を呼ぶ声。
あの、「目玉おやじ」の声を務めた、田の中勇さんが心筋梗塞で亡くなられました。

「ゲゲゲの鬼太郎」がシリーズ化されるかどうかもわからなかった昭和43年。
今から42年も前から、ずっと「目玉おやじ」の声を担当され、「目玉おやじ」といえば「田の中勇」でイコールでつながっていました。

「ゲゲゲの鬼太郎」の初期の頃のアニメの画風は、原作に近く、しかも白黒で、とてもおどろおどろしい感じでした。
最近放送された「墓場鬼太郎」とちょっと似た感じでしたね。
そのおどろおどろしさを緩和するかのような、目玉おやじ声。
その声が聞けなくなるとは残念です。
(ちなみに、私は目玉おやじの声まねができますが、まねしていた人、結構いるんじゃないかな?)
後任は決まっていないようですが、よい方向で進んでいけばいいなと思います。

故人のご冥福をお祈りいたします。

【関連記事】
・nikkansports.com『「目玉おやじ」田の中勇氏が死去、77歳

*最後まで読んでくださってありがとうございました*
人気blogランキング←よろしければ応援してください