このページは常にトップに掲示されます。
その他の記事は日々更新しておりますので、下にお進みください。

|||||||||||||||||◇モリンダで働くことに興味のあるかた、絶賛募集中です!◇||||||||||||||


「1日1クリック」お願いします!



人生で見えてくるのは、ひと昔前のビジネスパーソンが引退していた年齢に達しても、
若々しく、学び働き続ける自分の姿だろう。


余暇時間はレクリエーション(娯楽)のために「消費」されるのではなく、新しいチャレンジへのリ・クリエーション(再創造)の時間として、「投資」に回されるようになる。

フェイスブックなどのソーシャルネットワークの発達により、
人々は実際に会わずとも瞬時にコミュニケーションをとれるようになっている。


現在では当たり前となったこうした環境に慣れると、
それらがなかった20年前の時代はもはや思い出すこともできない。


この間のテクノロジーの変化の大きさに比べれば、
人々の働き方の変化はやはり緩慢だったといえるだろう。


タクシー配車サービスのUberや民泊斡旋サービスのAirbnb
といったシェアリングサービスについて考えてみよう。


人々のさまざまな「マッチング」が可能になった現在、「従業員」の定義は変わり、働く者がフルタイムかパートタイムかといった区分けは意味をなさなくなりつつある。


特定の企業だけに自分の時間を捧げる必要はなくなり、
同時に複数の仕事に就くという、複線的な人生を歩むこともできるのだ。


ノニポン
夢をかなえる学校。校長。

→夢をかなえる学校。へ
→topへ