○○の入口にご案内します

2016年02月23日

社会と会社の奴隷から自由になる

||||||||||||||||||||||◇登校。が提携しているビジネス◇||||||||||||||||||||||||

今日もひと押し(↓)お願いいたします!
ランキングに御協力下さい



クワドラント

上記の図知っていますか?
ロバート・キヨサキさんの本を読めば出てくる言葉だ。

E:業員(employee)…安定を求める人=多くはサラリーマン
S:自営業者(self-employed)…人に使われるのはいやだ、自分のやりたいことをしたい
B:ビジネスオーナー(business owner)…多くは作家、アパート経営・・
I:投資家(investor)…お金でお金をつくり出す。お金が自分のために働いてくれるので、自分で働く必要はない。

これから働くには、右側の働き方をすることが大事ということ。
その選択の一つがネットワークビジネス=権利収入であることを知ろう。

参考資料



同じテーマの記事
なぜ起業するなら権利収入なのか


ytomn2416 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月19日

ノニビジネスの入り口にご案内します

私はやっと見つけました 一生の仕事を。

今、面接なしで就職できる会社知っていますか?
高齢者はもっと地獄です。
働きたくても働く場所がないのです。続きを読む

ytomn2416 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月10日

ネットワークビジネスの入口にご案内します

ネットワークビジネスというのは、人と人のつながりによって商品の流通を発生させていくという、新しいスタイルの流通業。続きを読む

ytomn2416 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月09日

働きたいお母さんが読む本

働いているママさんから紹介されました。
ネットワークほど素敵なビジネスはない
・ネットワークほど素敵なビジネスはない
続きを読む

ytomn2416 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月01日

勝間和代の入口にご案内します

以下「アエラ」より転載

「全都道府県制覇が45歳目標、100ヵ国訪問が55歳目標です」
バイクによる世界6大陸走破などでギネス記録を持つ投資家ジム・ロジャーズに憧れ、
旅を続けるが、年末年始は娘の受験勉強の「後方支援」に専念する

勝間和代

経済評論家
■かずま・かずよ
1968年12月 東京都葛飾区生まれ
 

1981年 慶応義塾中等部入学
1987年 慶応義塾大学商学部入学
1988年 会計士補資格取得
1980年 結婚、長女出産。アーサー・アンダーセン入社
1991年 大学卒業。
1994年 次女出産。チェース銀行入社
1998年 マッキンゼー入社
1999年 三女出産
2003年 離婚。JPモルガン証券入社。
2004年 2度目の結婚
2005年 2度目の離婚。米ウォールストリート・ジャーナル
「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれる。
2007年 独立し、「無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法」
「お金は銀行に預けるな」などを出版、ベストセラーに。


もっと詳しくはこちら
続きを読む

ytomn2416 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月06日

栄養学の入口にご案内します(健康とはなにか)


参加した栄養学健康セミナーは
実に8時間ものマラソンセミナーでしたので、
報告は数回に分けて書いていきます。

セミナー内容は、私たちは、健康に関心ありながら
健康に対する知識が極めて
貧弱だということ教えられました。
栄養学は知れば知るほど奥の深い学問ですね。
更新内容期待できると思っていますよ。
ブラボー

さぁ!
自分たちの知識自体を思い切って更新し、
問題意識を共有しましょう
続きを読む

ytomn2416 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月19日

ネットワークの入口にご案内します

今日は、私なりの理解を書いてみた。

ネットワークビジネスとは?
このサイトでは、ネットワーク、ネットワークビジネス、マルチ商法、ねずみ講
を分かりやすく説明していまが・・・あくまで参考です。

ネットワークビジネスはこれからのビジネススタイルと思っているのだが、
日本では、アゲンストなビジネスだ。
でも、私の将来の夢の実現の近道だとも思っている。

なぜノニビジネスをやっているのか
続きを読む

ytomn2416 at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月03日

タヒチの入口にご案内します

タヒチ24の奇跡
○タヒチ24の奇跡





タヒチとその島々の美しい風景を動画でご覧いただける「タヒチ24の奇跡 Movie Gallery」がアップしました。タヒチ島、ボラボラ島、モーレア島、ランギロア島やマルケサス諸島を含む10の島々とボラボラクルーズの映像を含む全24編からなっています。それぞれの島々の魅力とそこにゆったりと流れる時間を楽しみましょう。

ytomn2416 at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月01日

タヒチの入口にご案内します

タヒチに行ってみたい夢を持ちながら、
二年半が過ぎました。
夢に向かって一歩、一歩進んでいます。

私は、その夢を”つもりで”楽しんで、
ここからモチベーションをもらっています。

・あなたに爽やかなタヒチの風を!
・トロピカルフルーツ専門のカフェ
・美味しいノニが楽しめるタヒチアンノニ カフェ
・ここをクリックするとタヒチ島の全てがわかる!
・エア タヒチ ヌイ
・あの人が語る「私のタヒチ」

ytomn2416 at 07:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月27日

健康の入口にご案内します(本)

とれたま情報
本の画像
正しい食生活を実践し、生活習慣病を予防する上で、
とても参考になり役立つ本です。
何らかの病気になっていらっしゃる方も、これらの本を読むと、
今までの食生活のどこがいけなかったのかということが分かり、
病気を克服するのに力強い指針を得ることができると思います。
ぜひ、読んでみてください。
○私が読んだ本
○酵素が分かる本 

ytomn2416 at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月23日

ネットワークの入口にご案内します(なぜ、ネットワークビジネスを選ぶのか?)

ネットワークビジネス

この情報を検証する事は、
人生にとって決してマイナスではないと思っています。

ヨシポン

ネットワークビジネスと聞いたとたんに、「ねずみ講でしょ!」
なんて思っている方、そんな方まだいますか?

そんな事では、この情報化の時代に完全に乗り遅れています。

ネットワークビジネスは、21世紀の「流通ビジネス」なんです。
続きを読む

ytomn2416 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月21日

ネットワークビジネスに関する逸話

ytomn2416 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月01日

ネットワークの入口にご案内します(未来)

ネットワークの未来

この会社が僕の居場所になったのは、多種多様な人たちと交縁することが
出来たことです。セミナー、ブログ〜・・・・などで。

今日は、ブログ「あっとはっぴーらいふ」タイトルのきっかけになった、
「Tamikoのはっぴーらいふ」の記事を転載させてもらいました。


続きを読む

ytomn2416 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月01日

ネットワークの入口にご案内します(これからは)

ネットワークビジネスの時代!

もしも、ねずみ講とかマルチだろうと毛嫌いするようでしたら
時代錯誤も甚だしいとしか云いようがありません。
つまり、21世紀は新資本主義の時代といわれ、
既存の社会構成概念が一変します。

消費税アップに次ぐアップからすべての国民から税収を確保し、
またみなし法人や有限会社、株式会社が一元化されて、
すべての法人から税金が徴収されやすい体制になります。
それほどまでに国家財政は瀕死の重症と云うことです。

企業も生き残りのためコスト削減に必死で取組まざるを得ません。
メーカー→1次卸→2次卸→販売店→消費者のパターンを変えなくてはなりません。
なぜなら原価10円〜20円の品物が流通コストや有名人を
PRに起用することで3000円、5000円の価格に転嫁されているのが現状です。

企業は無駄な流通コストを省いて、
良い商品をお安く消費者へ提供する努力をせざるを得ません。

その一番手がネットワークビジネス(NB)です。
アメリカではすでに国民の65%が何らかのNBに携わっています。

そうは言っても、ネットワークの市場シェア率は
13%が限度といわれています。

日本は僅か3%です。

ここに壮大なるビジネスチャンスが存在する訳です。
大切なことはその取扱い商品が社会性、安全性、ニーズ性、
経営姿勢に合致するか否かです。
<セミナーに参加して(9/20)>

追記続きを読む

ytomn2416 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)