○日めくりカレンダー

残暑

現在用いられている太陽暦の八月八日ごろにあたる「立秋」が、暦の上では秋の始まり。

残暑とは、この日を過ぎてなを残る暑さのことで、俳句では秋の季語。

歳時記をひもとくと、残暑とは立秋過ぎの暑さではあるが、夏から続く暑さではなく、一度涼しくなってからぶり返した暑さに使うのがふさわしい、とある。

しかし実際は、暑さを総じて残暑と呼んでいる。残暑の終わりは、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉通り、おおむね秋分ころのようだ。

例えば、暑さの変化ーーー。
二十四節季のひとつ、立夏(五月六日ごろ)で夏が始まり、本格的な暑さがやってくる。
小暑(七月八日ごろ)をもって暑気に入りに入り、
続く大暑(七月二十三日ごろ)で暑さは最も厳しくなる。

大暑から立秋までの十八日間は、夏の土用、
すなわち暑中であり、一年で最も暑い時期である。
立秋後、処暑(八月二十四日ごろ)を迎えると、
暑さは和らぎ、秋分(九月二十三日ごろ)で一区切り、という具合だ。