||||||||||||||||||||||◇ようこそ!夢をかなえるタヒチへ◇||||||||||||||||||||||||

モリンダ

私は10年前「モリンダ」という会社に出逢いました。

人間「やることがある」って、幸せなことですよね。今日一日何して過ごそうかと毎朝思う高齢者がいるそうですけど、それはたぶんかなり不幸なことでしょうね。

創業者の精神を日々ご縁のある方にお伝えさせて頂いております。

私たち家族が飲んでいるノニジュースは
病気になる前の9割の人をターゲットにしている発酵食品。

年齢を重ねてくると、膝が痛くてうまく座れない、階段を登るのが憂鬱だ、という時がやってきます。60代後半くらいからでしょうか?・・

私は、60台になってから足腰の運動を心がけていました。
でも、まさかの坂で転んで、足腰じゃなくお金を骨折してしまいました

-------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック(人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------
冗談はさておいて。。。これは膝の関節の骨と骨の間にある、クッションの役割を果たしている関節軟骨が磨り減っているのが原因です。

これは加齢ともにどうしても避けられないのですが、この膝の痛み、本当に辛い
ですよね。自由に動けない、運動できない、旅行も出来ない。外に出られない・・・

またまた脱線しますが、50代のころ太り過ぎから腰痛を経験しました。
痛さ、経験したものじゃないと分からないくらいの激痛です。
この経験から、健康に投資するようになりました。

つい椅子に座ってばっかり。部屋にいてばっかり!何もする気が起きない。

だからさらに不健康になり、太っていき、さらに膝を悪くすると言う悪循環になってしまいます。

関節軟骨の摩耗は老化現象のひとつですが、すべての人が中高年になると、関節にトラブルが起きるわけではなく、80歳、90歳でもトラブルと無縁な人もいます。

78歳のヨシポン、絶好調です。
三本目の足も元気です

どうしてもノニジュースになってしまいますね。

もう少し、お付き合いください。

膝の痛みは軟骨が「タイヤがすり減るようなもの」が原因ですが、軟骨は自動車のタイヤとは違い、すり減ったらそのままではなく、新陳代謝により、新しい軟骨細胞が日々、つくり出されます。

ですから、この代謝のサイクルを健康的に維持し、関節にダメージを与えない生活を心がければ、年をとってもはつらつした生活を送ることができるのですよ。

このたび発見されたイリドイドが細胞の修復にとてもいいということが分かったのです。

タヒチアンノニはタヒチ産のノニを発酵させて特殊な製法で作られているのです。
もし他のノニジュースを買う時に聞いてください。
このノニジュースは発酵ジュースですかと?

せっかく高いまがい物を買うのですから、聞かないともったいないですよ。

ノニライフへ戻る
topへ