私がこのブログにアップする情報は、「世の中で伝えられている真実」にはいつも違った側面があるということを理解して欲しいからだ。これまで見えなかったことが見えるようになってほしいのだ。

健康セミナーでの先生の話は、目からウロコが5枚も6枚も落ちた。

人間ドックは、欧米にはない日本だけの制度

先生に聞いてみたらいい
先生はメタボ健診やガン検診、人間ドックを受けますか?

つづきを読む前に、ここ↓をちょこっとクリックしてください。m(_i_)m
nonibanner
よろしく
がん検診すれば「ガンは見つかる」。当然だ。
がん細胞はだれでも一日2、3千個発生している。

近藤先生いわく、ほとんどが「がんもどき」。

1000人のうち999人がX線で被ばく(発ガン)!

毎年300万人以上受けている___いいビジネス。

なんたって”脅かし”という脅迫をビジネスにしたもの。ドック検診で診ている医者というのは駆け出し。当てにならない。と思った方がいいそうだ。

だから、だれに診てもらうかです。あの病院で診てもらったではだめ。誰先生にと名前がハッキリすることが大事。××医大ではなく、××先生ですね。

なにせ、日本は無責任の国。そう思っておいた方がいい。
今回の原発事故の国、東電の対応を見れば分かるはず。

アメリカなんかではドクターは個人で責任をもってやっている。

日本の場合、かならずナニナニ大学附属病院。
大学信仰、病院信仰ですね。そこのだれか。これが大切。
研修医かもしれない。権威に弱いわけですね。
顔が見えないと責任をとらない。だから、いい加減になる。

悪循環である・・・・。