||||||||||||||||||||||◇ワークライフバランスが実現できるビジネス◇||||||||||||||||||||||||

まずはこの映像を観てください。


この現実を知ったらオランダ移住も選択アリか?
この政策を実現する政党を私は応援する。

以下は私のひとり言なのでスルーしてもいいです。
10年前のことです。

私は、パソコン教室を始めました。


ITブームの影響もあり、小さな教室でしたが、
インストラクターを二人雇えるほど生徒さんがきました。


パソコン6台はフル回転で利益をだし、波に乗ることができました。
でも年々生徒さんが募集しても集まらなくなりました。
5年後は、売上は激減。続けることは困難になりました。


理由は明確でした。
教室が乱立してきたので、生徒さんが来る範囲が狭くなったのです。
新聞広告しても一人か二人しか集まりませんでした。
対象がシニアでしたので、少し出来るとそれ以上学ぶ必要もなくなったのです。


私が悪いわけでもなく、サービスや質が落ちたわけでもなく、
ただ、時代の大きな流れが変わっただけのことです。


このときの経験から私は、時代の流れを読んで、そのうねりに乗っていく
ということの大切さを痛感しました。


ダメだと思ったら見切りをつけて、次へ進んでいく勇気を持たなければなりません。
今日の社会の変化は驚くほど早く、そのめまぐるしいスピードは、私たちの想像を超えているからです。


同じことを、ずっと続けていくのが難し時代になったのです。


これからの時代を生きていくには、変化を感じて、流れに乗っていく感性を養い、
自分自身で正しい判断ができるようにならなければなりません。


当たり前と思われていた常識は次々と覆され、時代は猛スピードでシフトしています。昔のように、一生通用するようなスキルや仕事はどんどん減っていき、これからは、自分を柔軟に変化させられる人が、生き残っていくでしょう。


加速度的に変わっていく時代にあって、経済的に苦しむことなく一生を過ごしていくためには、日常生活の中で、時代を体感する力を身に付けなければなりません。


難しそうに聞こえるかもしれませんが、むしろここにこそ、ビジネスの面白さや醍醐味があります。身近なことにアンテナをはり、簡単なトレーニングをすれば、時流のうねりを読むことができるようになります。


これからの先行き不透明な時代をサバイバルしていく力が身につくのです。


古くなった常識を脱ぎ捨て、時流を読む訓練をすれば、
10年後には必ず差がつきます。


明日を変えてくれるモリンダ
-----------------------------------------------
■モリンダのこと聞きたいという人がいたら紹介してくれませんか?
くわしくは→https://morinda.com/2188837/jp/opportunity#
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
-----------------------------------------------

モリンダ

79歳、生涯現役のツイッター
https://twitter.com/yt19371
79歳、生涯現役のブログ
http://blog.livedoor.jp/itefu4353/



topへ