自転車日本縦断の夢

自転車で日本縦断をするまでの計画と記録

今年は2回の走行でやっと北海道に渡りました。予定ではその後北海道内を札幌あたりまで走る3回目があるはずだったのですが、10月の北海道はもう寒いだろうと思って計画しませんでした。まあまだ来年があるから。
火野さんの「こころ旅」も来年8年目の旅が予定されているそうです。彼は私より2つ上なのでこころ旅が終わってから2年は余裕があるのだと勝手に思っています。とはいえ火野さんの旅も最近は一日10km程度しか走らないことが多く、坂の上から出発して下る一方というような配慮がよく見られます。やはり体力的にきつくなってきているのだなあと思います。私も一日60kmの走行がきついと感じることもあるようになってきました。100m程度の峠越えも結構こたえます。10数kgの自転車を持ってホームを歩くのもつらく思うことが多くなってきました。あと2,3年が限度かなとも思います。
 うまくいけば来年中に宗谷岬に着けそうです。1回目が函館から岩見沢、札幌に寄ると少し寄り道だから寄らずに千歳から岩見沢の方に抜けてしまおうかと思っています。2回目が岩見沢から旭川付近、士別か名寄まで行けると3回目でゴールの宗谷岬が見えるかなと思います。
 しかし北海道もまた山また山なのです。まず函館から駒ヶ岳山麓の大沼越え。一番高い所は約200mです。次に長万部から豊浦に向かう途中の礼文華峠、最後はトンネルのようですが標高は230mくらい、ここは海側を通る室蘭本線に有名な秘境駅「小幌」があるところです。記念に行ってみたいですがもちろん海側を通る道はないし、国道37号線から小幌駅にアプローチすることはできません。
 室蘭から岩見沢までは平坦な道を行きますが、旭川に向けてじわじわと登ります。旭川市は標高約100m。旭川から比布へ抜ける塩狩峠は約270m、名寄から美深方面へ抜ける峠が約200m、美深から天塩川に沿って下ればあとは割と平坦かもしれない。

ここまでの旅のまとめ。いよいよ北海道約700kmを残すのみとなった。あと3回で宗谷岬につけるだろうか。
第1回南九州:2013年3月20日(水)~24日(日) 長崎鼻→新八代 277.6km
第2回西九州:2014年4月2日(水)~5日(土)    新八代→唐津   234.3km
第3回北九州:2014年8月21日(木)~24日(日) 唐津→常盤    238.9km
第4回山陽①:2015年3月27日(金)~30日(月) 常盤→仁方    234.4km
第5回瀬戸内:2015年7月24日(金)~27日(月) 仁方→宇野    238.8km
第6回山陽②:2015年10月12日(月)~15日(木) 宇野→京都   278.5km
第7回北陸①:2016年3月26日(土)~30日(水) 京都→小舞子   333.4km
第8回北陸②:2016年7月24日(日)~28日(木) 小舞子→柏崎   275.5km  
第9回羽越路:2016年10月21日(金)~25日(火) 柏崎→鶴岡   282.9km
第10回出羽路:2017年5月20日(土)~23日(火) 鶴岡→東能代  250.6km
第11回青森:2017年9月3日(日)~7日(木) 東能代→新函館北斗 246.0km

                   通算2891km 
tizu03 























 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

北海道新幹線ができたおかげで、飛行機に乗らなくても夕方北海道にいて、その日のうちに家に帰ることができる。若い頃青函連絡船に乗っていたときは、北海道旅行は必ずどこかで夜行になっていた。逆に言うと夜行列車がよく走っていたとも言える。今は寝台列車も一部を除いてなくなり列車に揺られながら朝を迎えることもなくなった。
aomori118















北海道新幹線といっても、新青森から新函館北斗までで、車両としては東北新幹線のはやぶさ号と同じである。新函館北斗を17時21分に出るとほぼ4時間後の21時23分に東京駅につく。そこから約1時間で港南台駅に着き今回の旅は終わりになった。次回は新函館北斗から札幌方面を目指す。来年の初夏になると思う。

↑このページのトップヘ