自転車日本縦断の夢

自転車で日本縦断をするまでの計画と記録

2015年11月

ここまでの旅のまとめ。
第1回南九州:2013年3月20日(水)~24日(日) 長崎鼻→新八代 277.6km
第2回西九州:2014年4月2日(水)~5日(土)    新八代→唐津   234.3km
第3回北九州:2014年8月21日(木)~24日(日) 唐津→常盤    238.9km
第4回山陽①:2015年3月27日(金)~30日(月) 常盤→仁方    234.4km
第5回瀬戸内:2015年7月24日(金)~27日(月) 仁方→宇野    238.8km
第6回山陽②:2015年10月12日(月)~15日(木) 宇野→京都   278.5km                     
  通算  1502km
 今回は今までで一番長く走りました。瀬戸内海沿岸の比較的平坦な道だったこと、それと季節が秋だったこともあるかもしれません。宗谷岬まであと2500kmくらいでしょうか。250kmずつ走ってあと10回、それまで体力がもつのか心配です。65歳までには思っていたけど、火野さんも66歳になっても走っていることだし、70歳までに達成できればいいかなと思います。全体地図がだんだん小さくなって見にくくなってきました。
sanyoutizu2b

10月15日(木)
伏見稲荷から鴨川沿いに北に向かい、五条大橋をわたって今日の宿についた。このまま新幹線で帰ってもよかったのだが、せっかく京都に着いたので一泊して京都市内をぶらぶらして帰ろうと思う。自転車の旅としては今回はこれでおわり。3年間でやっと九州の南の端から京都まで来た。これでやっと3分の1というところだろうか。次回は山を越えて北陸路を目指す。
sanyou239

10月15日(木)
近くのコンビニエンスストアで京都市内地図を買い、狭い道をいろいろとたどりながら伏見稲荷の方にむかった。途中電車の線路や大きな道路などに進路を阻まれながら30分くらい進むと藤森神社に着いた。ちょっと寄って先に進む。やがて人通りが多くなって来て午後4時15分頃伏見稲荷に着いた。「外国人に人気のスポット2年連続日本一」ののぼりが立っていて、外国人と修学旅行生らしい学生がたくさんいる。伏見稲荷には3回来たことがあり,そのうち2回はてっぺんまで登っているので今日は雰囲気を味わうだけにする。
sanyou238

10月15日(木)
八幡からは宇治川に沿って行こうと思ったが、河川敷には道はないようだ。はじめは左岸に沿って堤防上にあまり整備されていない道が続いていたがすぐに通行止めになり、右岸に渡る。右岸にはしばらく堤防上に自動車も通れる道が続いている。この道も国道1号線と交差する宇治川大橋で行き止まりとなった。ここで宇治川から分かれて伏見方面を目指す。
sanyou237

10月15日(木)
やがて、堤の上を走っている府道13号線に「京都府・八幡市」の標識が見えて京都府に入る。この旅4つめの府県である。川の合流地点で河川敷の道がなくなり堤防上にあがると八幡市である。淀川を望む男山の上に石清水八幡があるので行って見た。徒然草に、麓の社だけを見て帰って来た僧の話があり、兼好に「先達はあらまほしきことなり」と言わしめたところであるが、今は川沿いの八幡市駅からケーブルカーが通っていて先達はいなくても八幡社のそばまで連れて行ってくれる。
sanyou236

↑このページのトップヘ