自転車日本縦断の夢

自転車で日本縦断をするまでの計画と記録

2016年10月

柏崎の街から海沿いを通る国道352号線へ入って10kmほど行くと柏崎刈羽原発があり、しばらくは原発に沿って走る。柏崎刈羽原発は、10月16日に行われた新潟県知事選挙で原発の再稼働に慎重な知事が当選して先行きが問題になっている。原発が生み出す経済効果は大きいのだろうが、福島であれだけの事故を起こし、5年半たっても自宅に戻れない人たちが10万人以上いるというのに、原発の再稼働を考える東京電力や政財界の人たちの行動は理解できない。uetu002

原発本体は海沿いにあり、道は原発を迂回して少し内陸部に登ってゆく。道沿いには鉄条網がついた金網がずっと張り巡らされ、その向こうには松林が広がっていて発電所の設備は全く見えない。金網には立ち入り禁止の看板がたくさん張られている。

1kmほど行くと原発に入る道のゲートがあり、その入口の近くに「サービスホール」があって、原発に関する展示がある。自転車をとめて入ってみた。



階上の展望台からは原発の施設がある方向が見え多くの高圧線が集中しているのがわかる。
uetu003













 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

1日目:10月21日(金)
朝4時台に家を出て東京6時8分発の新幹線に乗り、柏崎駅に8時50分についた。前回、富山から柏崎の間はずっと海岸線を走ってきた。海を見ながら走る方が気持ちがいいからだが、ここまでの海岸線は崖が海まで迫っているところもあり、必ずしも平坦ではなかった。とくに親不知の前後はアップダウンとトンネルの繰り返しで寿命が縮む思いだった。
柏崎から信越線は内陸部に入る。長岡方面へ向かう国道8号線も県道11号線もかなり長い山越えの道になる。それでもその後三条から新津方面へ抜けようと思っていたので前回は長岡方面を目指していた。しかし暑さのせいで気力をそがれ途中でリタイアした。時間が余ったので列車で長岡まで行き、長岡市内の観光をしてしまった。それで、今回は長岡方面をやめて高低差の少ない海岸線沿いをいくことにした。出雲崎とか寺泊とかに行ってみたかったこともある。
 柏崎駅を出発してすぐ、地図を見間違えてさっそく道に迷った。海岸線方面へ向かう道だと思っていたら向こうに鉄道のガードが見える。地図をもう一度見て少し戻ると閻魔堂というところに来た。せっかくなのでお参りして旅の無事を願う。この先の交差点を左へ曲がると海沿いの道へ出るようだ。
uetu001a










 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

最後はタイヤが破裂するというアクシデントに見舞われながらも何とかほぼ予定通りに羽越路を走って帰って来た。5日目の鶴岡→余目は途中リタイアとなったので、5日目はないものとして次回は鶴岡駅から続きを始めたいと思う。
前回、柏崎から信越線に沿って長岡方面へ行く予定だったが柏崎止まりになったので、今回は新潟市をどう通るかかなり迷った。結局寺泊まで海岸線を行き、大河津分水をさかのぼって燕三条から新津を回って新潟市内を目指すことにした。鉄道マニアの観点からは新潟に行くのに新津を通りたかったからなのだが、結果としては結構回り道となっていて行程がきつくなり、一日目と二日目は80km以上走ることになった。年寄りにはきつい行程で燕市内や新潟市内をゆっくり見る余裕がなかったのが残念である。数十回の予定で今回の旅をふりかえることにする。
tizu20c




















 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

鶴岡駅まで戻り自転車を回収して余目方面に走り出したのですが、どうも後ろのタイヤがおかしい。6kmほど走ったところで突然パンという音がしてタイヤに破れ目が入ってチューブもパンクしてしまいました。チューブを替えて見たのですが長く走れそうにないのでリタイアして自転車をたたみ余目の駅までタクシーで行きました。幸い予定していた列車には乗れましたが冷や汗をかきました。
とにかくこれで今回の旅をおわりにします。帰ったらまたゆっくり振り返りたいと思います。
次回は鶴岡から仕切り直しです。来年暖かくなったら次は秋田方面を目指します。来年は北海道につけるかな。

昨日は羽黒山の国民休暇村に泊まって午前中は羽黒山に登りました。
P1040642
長い石段を1時間ほど登って出羽三山神社に行きました。
後は鶴岡まで戻り余目まで走って帰途に着きます。

↑このページのトップヘ