自転車日本縦断の夢

自転車で日本縦断をするまでの計画と記録

2016年11月

しばし向かい風を忘れて景色を見ながら進むと、道の駅を兼ねている桑川駅についた。
uetu066












uetu067













地図を見るとここから先の区間がメインの見所らしい。少し休んでからしばらく行くと遊覧船の乗り場についた。天気がよくて時間があれば遊覧船に乗ろうかなどとも思っていたのだが、すごい風で波も強く日曜日だけどお客さんは全くいない。
uetu068











 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

自転車ツーリング最大の敵は向かい風である。「日本縦断の旅」は基本的に南西から北東へ向かう旅なので北東風、特に北風の吹かない時期を選んでいたのだが、今回は10月の末で北風の吹き始める頃になっていた。日本海側の海岸をほぼ真北に向かう今回のルートは暖かい南からの風が吹く時期に行かなければならなかった。と、今更反省してももう遅い。平常の半分以下のペースでほぼ泣きながら前へ進む。
 それでも少し慣れて来たのと、風がいくぶん弱まって来たのとで1時間で10kmほどは進み笹川流れにさしかかった。海岸に奇岩がそそり立ち、道路がその間をぬうように進んで行く。
uetu064












海岸ではカモメが寒そうに風をよけて群がっている。後に見えるのは「弁天岩」である。
uetu065











 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

朝からポツポツと降っていた雨が昼頃にはやんで雲に切れ目が見えてきた。やれやれと思っていたが甘かった。この時期、前線が通過するということはその後冬型の気圧配置になって北風が吹くということだった。海岸に出るといきなり前から強い風が吹き付ける。まずいことにこの後ずっと海岸線を北へ向かうのである。
uetu062












軽いギアにして必死にペダルを回すが全然前に進まない。サイクルメーターを見ると時速5km程度しか出ていないこともあった。このままでは目的地に着くことはもちろん、リタイアするにしても適当な駅にたどり着けるかさえ危ぶまれる。30分かけて3kmほど進み一跳山というところに着いた。駐車場で岩の影に入って休む。
uetu063













 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

村上市内を後にして海辺を走る国道349号線を走る。すぐに鮭の遡上する三面川を渡る。三面川に沿って少し下り海岸に出たところにレストランがあったので昼食にした。観察したばかりなのでちょっと気が引けたが鮭の親子丼を注文してみた。
uetu061












 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

若林家住宅を見て街中をしばらく走り、一度大通りに出てしばらく行くと右手に「イヨボヤ会館」の看板があらわれる。イヨボヤとは鮭のことで、鮭に関する展示の他、三面川の分流「種川(たねかわ)」に設置された10カ所の観察窓から、昇ってくる鮭を見ることができる。
uetu059












入口を入ると鮭の遡上と、鮭製品に関する展示があり、地下の通路で近くの川の近くまで行き、人工水路をガラス窓で横から見て遡上してきた鮭を観察するようになっている。この時も何匹かの鮭が川底に集まっているのが見えた。
uetu060












 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

↑このページのトップヘ