自転車日本縦断の夢

自転車で日本縦断をするまでの計画と記録

2016年12月

 「自転車日本縦断の旅」も4年目は京都から北陸路をずっと走って山形県鶴岡まで来ました。芭蕉の奥の細道を逆にたどるような道のりでした。起伏が結構あるだろうと思っていましたが,予想以上に厳しいところがいくつかありました。いちばんしんどかったのは敦賀から武生へ抜ける国道8号線でした。道が狭くトラックがビュンビュン走り、歩道のないトンネルが続き、度重なるアップダウン。よく無事に通り抜けられたと思います。この部分は他の道を通ってもすごい難所だったと思います。うんと遠回りをして越前海岸を通っていけばましだったのかも知れません。
 その後も,俱利伽羅峠(今は国道8号は長いトンネルでぬけてしまうので旧道の天田峠を越えた)越えや、親不知越えなどいくつかのきつい登り坂に会いました。笹川流れの近くでは前線通過後吹き出した北西の強い季節風に本気でリタイアを考えました。ペダルをいくら回してもちっとも前に進まない。冬が近い頃に日本海側を北上することの無謀さに改めて気づかされました。来年は北風の吹かない時期に行こうと思います。

来年の計画ですが、
1回目は鶴岡から能代(東能代)まで約200km、酒田、象潟、秋田、男鹿を通ります。余裕があれば男鹿半島にも行ってみたいけど遠回りになります。象潟でいよいよ「奥の細道」とはお別れです。芭蕉が行かなかった北の地に踏み込む訳です。この地方になると3月では寒いので4月以後になると思います。
2回目は東能代から五能線に沿って青森を目指します。奥羽線沿いに弘前を経由する方が近いのですが山越えになるし、五能線沿線は走って見たいところです。青森までは150kmほどなので船で函館に渡ってしまうか、それとも津軽か下北の半島を走るか。海沿いを走るので季節は夏がいいですね。
3回目はいよいよ北海道、函館から札幌まで一回で走れるでしょうか。北海道はやはりあまりに広い。

今年の最後は、余目から陸羽西線、山形新幹線経由で帰って来ましたが、鶴岡までは上越新幹線羽越線経由のほうが速いようです。東能代からは奥羽本線、秋田新幹線経由で帰ることになると思います。その次はいよいよ北海道新幹線に乗ることになるのか。これで全国の新幹線を全部乗ったことになるかも知れません。

道としては、鶴岡から能代までは出羽路国道7号線に沿って走ることになります。能代から五能線沿いに走るのは国道101号線、大釈迦というところで再び7号線に合流して青森へ着きます。

それでは皆様よいお年をお迎えください。来年もよろしく。

 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

ここまでの旅のまとめ。
第1回南九州:2013年3月20日(水)~24日(日) 長崎鼻→新八代 277.6km
第2回西九州:2014年4月2日(水)~5日(土)    新八代→唐津   234.3km
第3回北九州:2014年8月21日(木)~24日(日) 唐津→常盤    238.9km
第4回山陽①:2015年3月27日(金)~30日(月) 常盤→仁方    234.4km
第5回瀬戸内:2015年7月24日(金)~27日(月) 仁方→宇野    238.8km
第6回山陽②:2015年10月12日(月)~15日(木) 宇野→京都   278.5km
第7回北陸①:2016年3月26日(土)~30日(水) 京都→小舞子   333.4km
第8回北陸②:2016年7月24日(日)~28日(木) 小舞子→柏崎   275.5km  
第9回羽越路:2016年10月21日(金)~25日(火) 柏崎→鶴岡   282.9km
   通算2394km    
全国地図行程6            


















長い新潟県を越えて、山形県までやってきた。次回は出羽路を能代あたりまで行こうと思う。その次に青森からいよいよ北海道、来年の気候のよい時に北海道を走りたいと思う。

 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

余目から陸羽西線で新庄までいき、新庄駅で「つばさ156号」に乗り換え、帰途についた。新庄駅ではガラガラだった山形新幹線も途中山形を過ぎる頃から混んできて、東北新幹線に合流する頃はほぼ満席だった。
uetu107















鶴岡から7kmほど走ったのだけどこれは記録に残さず、次回は鶴岡から出発することにする。
最後のパンクで慌てて荷物を詰め替えた時に記録用ノートをどこかに置いて来てしまったらしく、毎日の距離と時間を書いたものがなくなってしまった。サイクルメータをときどき写真にとっていたので、そのデータと地図を頼りに走行距離を復元した。今回は宿の関係で1日目、2日目が大変きつく、見所を素通りしたところもあった。次回はもう少しゆとりのある計画にしたいと思う。

1日目 83.2km 
2日目 85.1km 
3日目 62.6km 
4日目 52.0km  
合計  282.9km 

 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

この旅ではずっと後輪の調子がおかしく、空気圧の問題かと思って鶴岡駅で空気入れを借りて入れてみたらますますひどくなり、余目へ向かう途中でかなり後輪が左右に振れる感じが強くなってきた。不安に思いながらもあと20kmほどなので何とか持って欲しいと思っていた。ところが鶴岡を出て7kmほど走ったところで「パン」という大きな音ともに後輪が破裂した。
見て見ると後輪のタイヤが相当に減っていて、中のチューブを支えきれなくなっていたらしく、耐えきれなくなったチューブが破裂したらしい。予備のチューブは持っていたので入れ替えてみたがタイヤがすり切れている部分があってチューブを変えてもまたいつ破裂するかわからない様子だった。近くには自転車屋はおろか適当な店も見当たらないので、仕方なくリタイアして自転車をたたみ余目までタクシーで行くことにした。
 ところがタクシーを呼んだのはいいのだけど、今日は出払っていて30分以上来ないという。いろいろ手間取っていて列車の時間まであまり余裕がなくなっていたので気が気ではなかった。それでも30分たってやってきたタクシーの運ちゃんが頑張ってくれて何とか列車の出発5分前には余目駅に着くことができた。
uetu106













 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

宿からバスで鶴岡までもどり、自転車を回収して余目方面を目指す。余目は羽越線と陸羽西線の分岐点で、ここから新庄を経由して山形新幹線で帰る予定である。
鶴岡を出てすぐ赤川を渡り、国道345号線を北へ向かうと正面に鳥海山が見えてくる。
uetu105













 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

↑このページのトップヘ