自転車日本縦断の夢

自転車で日本縦断をするまでの計画と記録

カテゴリ: 日本の道

長万部の駅を出た所で函館から100km走ってきた国道5号線とお別れである。鉄道と同様に札幌方面に向かうメインルートはここから山越えをして小樽方面に向かう。距離としてはそちらの方が近いのだが、あのスキー場として有名なニセコの峠を越えなければいけない。ずっと山の中を走るのも気が引けるので海岸まわりで室蘭方面から千歳へ向かう。
 鉄道も道路も長万部を出るとすぐ左に曲がってしまう。室蘭方面に向かうのは国道37号である。
hk124















写真は分岐点の旭浜橋を渡ったところで、向こう側が長万部の駅から来る細い道、左上から右方向に向かうのが国道5号線で右が小樽方面になる。手前が国道37号線で洞爺湖方面に向かう。手前の道を進むとすぐに国道37号線起点の標識がある。
hk125











 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

長万部町に入ってしばらくゆくと国道5号線の函館から100kmの標識があった。北海道は広いので100km進んでもあんまりはかどった気がしない。ここからまた室蘭まで100km近くある。室蘭から千歳までがまた100kmくらいあり、そこから100km進んでも旭川には着かない。終着点の稚内はまだまだ遠い。
hk121







 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

青い森公園から少し海側に行った所に善知鳥(うとう)神社がある。大変古い神社で、言い伝えによれば允恭天皇(410年頃?)の時代に創設され、荒れ果てていたのを坂上田村麻呂によって809年に再建されたそうである。
aomori066















この善知鳥神社の境内に、旧奥州街道の道路元標がひっそりとたっていた。かつてはここが青森の中心地であったということだろうか。
aomori067














 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

新潟の国道7号線の始点には立派な道路元標が立っていたのに、このはるばるとやってきた4号線と7号線が出会う地点にはそれらしいものはなかった。代わりにその前は「青い森公園」という小さな公園になっていて、不思議な石が立っている。
aomori064
















説明の石碑が立ったのは平成9年であった。
aomori065











 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ

さきほど国道4号線を渡った。いつ国道4号線になったのだろうと思って改めて地図を見ると県庁前の近くで7号線と出会う。そこに行ってみることにした。
国道4号線に沿ってしばらく西に向かう。国道4号線は東京から東側をまわって青森に達する「東北道」で日本一長い国道である。私の自転車の旅は京都から日本海側をまわったので4号線は全く走っていない。わずかの間でも4号線を走った記念に「おにぎり標識」を写真に撮っておこうと思ったのに街の中心部なので標識は立っていなかった。代わりに電柱に貼られていたので撮っておく。
aomori060














県庁の近くの長島というところで国道4号線は終わり、7号線になった。
aomori061















反対側に渡り逆向きも撮っておく。私の旅としてはこちらが本流である。
aomori062















上の方にこんな看板もあった。新潟から473kmも走ってきたのだ。
aomori063

↑このページのトップヘ