2002年03月

2002年03月31日

クイーンマザーの冥福を祈ります。


クイーンマザーが亡くなった、というと留保なしに英国のエリザベス皇太后のことをあらわす。そう言う社会で生きている。
日本の競馬場でも半旗がかかげられる。米国の競馬雑誌の記事では世界の競馬界のクイーンマザーが亡くなった、という書き方である。
それがどういう意味か考えよう。
クイーンマザーは競馬がたいそう好きで、現在の世界の競馬の活況はそのことと無関係ではない。

ウィンザー家とはどういう家でイギリスとはどういう国なのだろう。
それとキリスト教との関係は。その他いろいろなものとの関係は、
国際企業との関係は。


ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2002年03月30日

中東のほんとうの危機


どういう事態なのかを中東にいくども取材に行っている勝谷氏の文章で認識を新たにするといい。
http://www.diary.ne.jp/user/31174/
続きを読む

ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2002年03月29日

塩爺の呪文


一国の蔵相がこんなこと言ってると。
続きを読む

ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

野中鈴木辻元加藤は呪文、本質を忘れないこと


新聞紙上などにこれらの名があらわれたらなるほどこれは何かの結界とでも思い
眉に唾をつけることを忘れぬように。
新聞雑誌はその呪文が何を表しているか、を書くのならいいがそれ以外は有害と知るべし。いや彼ら知っててやっている。

問題は同時に進行している格付けその他日本が世界から買い叩かれている現状。
もしかしたら、それはそれとして日本という国を今内外から形作ろう様変えようというなにがしかの動きがあるのかもしれない。
我々自身がこれは変化のときだと思ってそれなりに考え動いている影で、またまた勝手にある種の人々が蠢いているのかもしれない。
政治はなにがしか人々の動きを反映はしていると思う。今回血祭りに上げられている政治家諸君はテレビだのパフォーマンスだのとはあまり関係なく確かに彼等によって代表されるある種の集団がいる、オーソドックスな政治家たちである。
意味はある。だがそれだけで限られた新聞の紙面を、ニュースの時間帯を占領してはならない。あるいはその事件と銀行格付けと円価株価の関係を必ず説かなくてはならない。

呪文がおそるべき効果を上げるのは人間の社会どこでも同じで仕方がない。
そういえば小室直樹氏の「日本人のためのイスラム原論」は必読である。
「苦悩するイスラム、傲慢たる欧米。この両者が理解しあえるのは、はたして、いつの日ぞ。」
で結ばれるこの書には数え切れないヒントが隠されている。


ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2002年03月28日

日本の銀行はボツワナのそれよりも格下とか


日本の銀行は軒並み格下げというイキオイだそうである、ムーディーズは。
これにはさすがにたとえばFTも疑義を呈している。ボツワナじゃないんだから、と。
そしてこう付け加える、ボツワナじゃない、もっとずっと危険だ、何しろ超強大な経済が袋小路にはまり込んであえいでいるのだから、なんとか今とは違う道を一国も早く歩みださないと、と。

まあ日本の銀行に言い訳のしようがあるとも思えないが、ムーディーズなど格付け会社はあからさまな商売をしようとしているとしか、思えない。
その商売は、一国の体制を揺るがす。
まあこんなに揺らいでいるのに、反応が鈍い日本、まったく言い訳のしようがないのだが。

この現状を何とかする為には、こうなった原因を絶たないといかん、まさに違う道を歩みはじめなくてはいけない。
週刊文春や週刊新潮が赤軍派がらみなどでいろいろと書いている。辻元清美とあと何だ、倉木麻衣?
それから山崎拓彼女は統一教会と。

さて赤軍派がらみや統一教会がらみやオウムがらみということについて、私たちはきちんと理解しきれているのか。

彼等は誰の手先で、どこから金が流れ、どういうふうに彼らの行動が使われているのか。アルカイダについてもそうなのだが、国際的な運動体の現実を理解する力がどうにも私たちには欠けている。

国家を転覆しようという集団。
一国の体制を揺るがせようという集団。

それを単純に線で結ぼうなどとは思わない。だがそこにある欲望の質は見極める必要があるだろう。

インターナショナル、グローバリズム。
呪文として使っていると言葉にこっちが縛られる。

お、勝谷氏日記によるとこんな記事も出ているようだな。
http://www.diary.ne.jp/user/31174/
続きを読む

ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2002年03月27日

カーライルを調べてみよう


というわけでカーライルグループのページなんかを見てみた。
http://www.thecarlylegroup.com/
日本人スタッフにあさくらはるやすという人がいる。
朝倉陽保という人だな。
http://www.watch.impress.co.jp/broadband/news/2001/08/30/eaccess2.htm
慶応出身で、きっと40歳くらいなのだろう。

思ってなかった会議が入ってもっと時間が無くなったので別のネタをコピペで。
神浦さんの辻元一件解説。
http://www.kamiura.com/new.html
続きを読む

ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2002年03月26日

忙中謎だらけ


先日「必見」と書いたザ・スクープ。なぜか、「今週放送分は事情によりインターネット配信を休止します」だそうである。どんな事情だろうか。
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/

田中宇氏は911については
続きを読む

ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2002年03月24日

歴史が急カーヴを描いて動いている


こんな時代だからみんな落ち着いちゃあいられない。たとえばせっかく色々無理して仕事の段取りつけ時間作ってじっくりと小説を書こうとしていたのについつい日記をいつもの三倍書いてしまう勝谷氏。
http://www.diary.ne.jp/user/31174/
続きを読む

ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2002年03月23日

ものを考えるのと理屈を捏ねくるのとは


まるで違うこと。「近代」とかいった言葉を使うのは往々にして理屈を捏ねくる場合。ものを考えるときにはもっと別の言葉を使う。

ゆっくり、とか、気を長く、とか、長いスパンで、とか、より深く、とか掘り下げて、とか。

それは近代的とか前近代とかその超克とかいった言葉は、ほとんどの場合、詐欺やペテンや誤魔化しのための言葉。

詐欺やペテンはその中ではかなり高級。ほとんどが単なる誤魔化し。

生な現実の前で出てくる言葉がなにか。
腑抜ける前に口からあふれ出てくる言葉は決して耳に心地よくもなければ、格好よくもない。
ただ、そこにはリアルなものがごつごつと存在している。

ごつごつとした岩を足の裏に感じながら歩くこと。そのためには考えなくてはならない。舗装された道をマニュアルとおりに歩くのと比べてみる。


ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2002年03月22日

「わかりやすければいいのか」と斎藤貴男は言った。


「人間破壊列島」より。
他人に何かを伝えようとする時、わかりやすくする努力は不可欠だ。ただし、それが第一の価値になってはいけない。
ところが現実は、複雑な問題を限りなく単純化、記号化することが自己目的化してしまった。論理は不在、本質の理解は常に二の次。そんなメディア環境の中で、私たちはどんどん愚かになっていく。」
「人間の存在を小馬鹿にする空気」

一生かかっても解ききれない問題を僕たちは抱えて生きているというのに。


ytsuki999 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
エロコト
エロコトよろしくね。
Profile
ツキモトユタカ
紙媒体電波媒体などでモノカキとして仕事中。
歌舞伎・落語・演劇・音楽・競馬・サッカー・野球・美術品などを生で見るのが楽しみ。映画は生じゃないけど好き。著書数冊は下で紹介。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最近のコメント
recommend


ads
フリーエリア
Google