2007年07月12日

ベトナムの痛快なサッカー

今日は午前中に練習とスケジュールにあったが、絶対キャンセルになるだろうと勝手に想像。とりあえず今日でマジェスティック・サルートホテルを出るのでチェックアウト。ヒルトンホテルへ。いろいろと失敗があったり満室だったりでハノイヒルトンのタダ宿泊は2泊分しかできないことに。やっぱり思っていたより予算がかかるなあ。しかしこういうホテルに泊まって外にでなかったらベトナムに来ている意味が無いな。AFCのメールでやっぱり午前中練習はキャンセル。夕方の練習の場所変更とのこと。ジムへ行き昨日の韓国ーカタール戦の再放送を見ながら歩いたり走ったりボートこぎマシンやったりストレッチしたり。膝の調子は変わらない。一生変わらないのかも知れない。
今日は練習のあとベトナムーカタール戦がある。お腹がすくだろうと思いホテルのベトナム料理屋バミエンで揚げ春巻きやフエ風蒸し餃子を食べる。ここは美味しいんだな。
夕方タクシーで練習場へ行く。練習終了後何人かの選手がコメントをしているのを聞く。みんな落ち着いている。全体的に雰囲気は悪くない感じだ。
それからベトナムーカタール戦。さすがに超満員。ここ参照。この人のブログはなかなか面白いよ。素晴らしい雰囲気だ。相変わらずバラバラなサッカーのカタールに対して、ベトナムは実に小気味のいいチームだ。しっかり守って、ボールを奪う。そして前線に繋がる、あるいはドリブル突破すると必ずシュートでプレイを終える。切り替えがはっきりしていて、迷いがない。監督の戦術がしっかりと浸透している。先取点は相手GKのミスに助けられたが、何度もシュートを放つそのサッカーは痛快。ベトナムの観客も大興奮。でもウェーブはやめた方がいいよ。後半、セバスティアンのヘッドで同点にされると、カタールの個人技に何度も決定機を作られたが神が味方したかのようにシュートがクロスバーやゴールポストに直撃する。我慢しきって引き分け。勝ち点4とした。
いやーベトナム戦の興奮度が違ってくるねえ。ベトナムはその時点で勝てば一位通過になるから準決勝までミーディンで戦えるわけで、モチベーション上がりまくりでくるだろうな。日本は明日引き分けたりした日にはやっぱり勝つしかなくなる。
終了後プレスコンファレンス。ベトナムの監督はオーストリア人。湯浅さんが書いていますが良い仕事をしていますね。
さて10時のシャトルバスに乗ろうとポイントに行くが、車はあるのに運転手がいない。しばらく待っていると10じではなく11時に出発だという。運転手も車も来たので、車に乗って待つ。運転手が日本は強いチームだね、ベトナムも頑張ってるけどやっぱり日本にはかなわないよなどというようんなことを言う。超片言の英語同士で少し話す。するとにっこり笑ってキャンディを持ってきてくれる。地元のキャンディかと思ったら日本ののど飴だった。11時になってようやく出発。メディアホテルのホライズン(地元ではホリズンのほうが通じる)まで行く。そこからタクシーを拾いヒルトンへ。途中、目抜き通りを横切ると、そこには信じられない数のオートバイに乗った若者たちの列が。ベトナム国旗を振り回し、勝ち点4を祝っている。人間の数って物凄い力なんだよねやっぱり。サポータの存在は本当に具体的な力、なんだよね。
お腹が空いたがもうホテル内は何もやっていないし外に出る元気もないので仕方なくルームサービス。ベトナム料理は夜中は無いようなので仕方なくシーフードパスタ。でもまあ美味しかった。

ytsuki999 at 23:04│Comments(0)TrackBack(2)瘋癲中年日記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マギー・Q 「ダイ・ハード4.0」ではテロリストの恋人役 マイ 画像  [ マギー・Q画像 ]   2007年07月13日 20:35
マギー・Q 「ダイ・ハード4.0」ではテロリストの恋人役 マイを演じたマギー・Q...
2. ベトナム戦  [ あわおこしにっき ]   2007年07月14日 16:18
DVD 3.世界の空軍 アメリカ空挺部隊とベトナム戦争  発売中商品価格:500...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
エロコト
エロコトよろしくね。
Profile
ツキモトユタカ
紙媒体電波媒体などでモノカキとして仕事中。
歌舞伎・落語・演劇・音楽・競馬・サッカー・野球・美術品などを生で見るのが楽しみ。映画は生じゃないけど好き。著書数冊は下で紹介。
amazon
最近のコメント
recommend


ads
フリーエリア
Google