ロフト席亭、平野悠の何でも見てやろう

ロフトプロジェクト代表、平野悠のBlog

「コロナ狂騒曲そのー28〜会社(ロフト)を継ぐ者へ」

「コロナ狂騒曲そのー28〜会社(ロフト)を継ぐ者へ」
今日会社に行ったらなんと久しぶりに息子(ネイキッドロフト店長32歳)と事務所で会った。
みんなテレワークかどうかで事務所には誰もいない。
「オヤジ、いい加減にしてくれよ。運転資金二億借りたよって威張っているようだけど、あんたも、梅造社長もあと何年かで退くという。そうすると残された俺たちがその借金を返してゆくのか?それは結構たまらん」と言いやがった。(笑)
「確かに会社ファーストで行けばそうなるが、返せなかったらロフト潰せばいいじゃないか。そんな伝統とか歴史とかは糞食らえだ」
「無責任な・・・」
「雇用の責任持つことと、その時残った連中が何をし出すかで結果は出るものだ。それができない会社は潰れるほうがいい」と私しゃ言い放つ。
「働いている人間はどうなる」
「リストラすることが最優先課題ではない。会社が生き延びることもやることに意味がなければやる意味はない、ロフトが歴史に責任持つということはそういうことだ」
あははは、そんな「哲学」を息子に言ってしまった。
「あのな〜俺が初めてライブハウス(72年)とやらをやった時には「はい、ライブは客が入りません。ライブで店は維持できません。」と数ヶ月で痛切に思った。
東京にロックのライブハウスが一軒もない事情がよくわかった。商売にならないのだ。
私はライブを続けるために、昼は「ロック喫茶、ライブが終わって終電まで「ロック居酒屋」をやって、経営を維持した歴史がある。
蒸し暑い夜だ。歌舞伎町は閑散としていた。
吉田豪さんの取材が終わって、ロフト出版の椎名と飲んでいて、今はパソコンに向かっていてブルーツースではっぴいえんどを聞いている。
あああ、あがた森魚に変わっている。
5目崎 敬三、Keith Drum、他3人

ふむ、午後、これから、田村淳さんのラジオに出る。

ふむ、午後、これから、田村淳さんのラジオに出る。
どんな討論になるのか?
「人類は生き延びる価値しかないのか?」
「コロナによって人は分断され連帯がなくなる社会」
「国境を超えた連帯とは」
なんて
8月8日のラインナップは・・・?
田村淳のニュースクラブ
8月8日(土)13時〜も 2時間の生放送!
【13:00〜 オープニング】
この1週間をフリートーク
【13:10〜 今週の気になるニュース 
1週間で気になったニュースを「自主規制」することなく言いたい放題 !
8月1日は経済学者の崔真淑さんさんを迎えて1週間の話題に斬りこみます!
【13:25〜 今週の気になるニュース◆
崔さんが気になってしょうがないトピックスを、皆で深堀りします!
【13:40〜 今週のすごい人】
政治家、専門家、その「現場にいる人」。
様々な「今」の人を迎えてじっくりお話を伺います。
ゲスト:平野悠さん(ライブハウス・ロフトグループ 創始者)
「運営継続のため2億円を借金!
コロナ禍のライブハウスで何が起きていたのか?」うかがいます。
livedoor プロフィール

平野 悠

記事検索
twitter