ロフト席亭、平野悠の何でも見てやろう

ロフトプロジェクト代表、平野悠のBlog

下北シェルター30周年記念スケジュールだそうだ

「下北シェルター30周年記念スケジュールだそうだ」 悠さん、お疲れ様です。大塚です。 知っているかと思いますが、シェルターは10月1日で30周年になります。 そこで、現場の義村を筆頭に現シェルタースタッフが素晴らしいイベントシリーズを企画しました。 ニュース出しした反響もとても大きく、音楽業界にとても愛されている事がわかるようなラインナップになっています。 また、ZEPP HANEDAでも記念イベントも行います。 こちらも初動でキャパ以上の応募がくる目玉イベントにもなってます。 https://www.shelter-30th.com/ コロナ禍で大変な状況ですが、もしお時間あれば、是非どこかの日程でも顔出してみてください。 image

「敬老の日、秋のピーカン、江ノ島へ」

「敬老の日、秋のピーカン、江ノ島へ」
全くの「中秋の名月」の次の日、江ノ島から眺める富士が見たくなった。
コロナ前は2ヶ月に一度は、私の最愛の散歩コース、茅ヶ崎〜江ノ島〜鎌倉に出かけていたが、今回の江ノ島は約2年ぶりだ。
午後3時に茅ヶ崎に到着。約3時間(11キロ)の海岸線を太陽を背にただただ愚直に歩く。6時にはちょうど日が落ちてあたりは「絶景」となる。
やはり祭日で海岸は相当に混んでいた。失敗したなと思うが、この絶景には勝てない。
空に真っ赤な雲の色
遠くの水平線上に相模の大山が浮かんでいる。
海岸線から富士を眺めているといつしか心は夢の国に引き入れられる。
海岸線を歩き色々と思い出していると10年、20年間にも悲しい憂いがふつふつと浮かんでは消える。
散歩最後の食事はいつもゆく「しらす専門店」に行ったが満員。ビールも飲めないで「シラス」もないだろうし、まして今時のシラスは旬でない。諦めて経堂に戻ってラーメンが夜食となった。
老いて一人限よく生きてゆく。
行きつけの銭湯に。
いいね!
コメントする
シェア

livedoor プロフィール

平野 悠

記事検索
twitter