2007年01月10日

森美津子今度は上場株の二宮狙い発言

b64731fc.jpg嵐の二宮和也(23)主演のフジテレビ系新ドラマ「拝啓、父上様」(脚本・倉本聰、11日・後10時スタート)に女優の森光子(86)がゲスト出演することになり9日、都内のスタジオで収録が行われた。
 森は老舗料亭の大女将のパトロンである大物政治家(小林桂樹)の正妻役で、第3話(25日放送予定)に登場。政治家の死後、料亭を訪れ、大女将・八千草薫(76)と“正妻対2号さん”対決を演じる。八千草とは13年ぶりの共演で、大御所同士のピリピリした場面に「久しぶりに緊迫感を味わわせていただき、とても緊張しました」と振り返った。
 “ボーイフレンド”東山紀之(40)の熱愛報道があったばかりだが、あてつけなのか「10年くらい前から、二宮さんのファンなんです」。残念ながら、今作で二宮との絡みはないが「何もかも不思議」と63歳下の“新恋人”の魅力を語った。思わぬ告白を受けた二宮は「モニターで芝居を見てるだけでしたが、すごく緊張した」と、かしこまっていた


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星