2007年01月18日

秋山成勲戦に関する桜庭和志の記者会見全文(3)

7d08c8c1.jpg――グローブ問題に関して質問です。前回の会見では何も問題がなかったと発表されましたが、一部ネットでは未だに何か細工があったんじゃないかという情報もあります。桜庭選手自身は試合中にグローブの異変のようなものは感じていましたか? 例えば左右で衝撃が違っていたり。
桜庭「僕も頭が悪いので良く分からないですけど(苦笑)、レフェリー陣やFEGさんの方で検証してもらった結果、特にそういった形跡がなく、異常はなかったと聞いてます。僕が試合当日に主張していたのは、秋山選手の体が滑るということであり、その点についてはしっかり検証してもらって、僕は納得しています。それ以外については特に何もありません」
谷川EP「グローブの疑惑についてもオイル同様に徹底的に検証しましたが、何か細工がしてあったということは全くありません。レフェリー陣の立会いの下、グローブをチェックしている映像も含めてすべて残っていますし、それは桜庭選手に確認してもらいました。グローブの件については、僕がプロモーターとして調べてくれといった話で、桜庭選手の方からグローブに関するクレームは一切ありませんでした」
――現在、秋山選手が保持しているベルトについてはどうなるのでしょうか?
谷川EP「HERO'Sのシステムとして、チャンピオンが防衛戦を行うというシステムはとっていないので、タイトルの剥奪はありません。またトーナメントの試合についてもレフェリー陣と検証した結果、不正は一切ありませんでした。以上のことからタイトルの剥奪は考えていませんし、無期限出場停止という処分に至りました。
 この問題のこともありHERO'Sの年間スケジュールが止まっているのですが、今年も70kgと85kgのトーナメントを開催しようと考えていました。ただしこの問題が起こったので、今年もトーナメントを開催するかどうかは白紙です」


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星