2006年12月03日

センター世界史

受験生にむけての記事もアップしなきゃなぁと思いつつ
今まで放置しておりました。
ごめんなさい。
最近めっさ忙しくて・・・

ってことで今日は世界史についてお話。
この時期になると一番点数があがりやすい科目といえば社会です。
私が社会で語れるのは2科目しかございません。
独学の現社と鬼のように教わった世界史です。
現社なんかは蔭山先生(代ゼミ)とかの参考書読めば正直な話十分ですよ。
あれやってちゃんと演習してれば確実に9割いくもん。
ただ一番ネックなのは世界史です。
今世界史未履修問題なんかも話題にあがっていますよね。
センターで世界史を選択してる人って基本的に世界史が得意なんですよね。
でも現役生だったら近現代史が意外と出来ない。
あそこはかなり複雑だからね。
ってことで今回は今度のセンター世界史で狙われそうな分野を予想
してみようと思います。
実は私・・・日本文学や国文学を学んでいる学生です。
まぁそれはトップに書いてあるのでわかるかとは思います。
ので本当は日本史が得意でなければならないんです。
でもね・・・俺日本史やったことありませんw
日本史受験ではなく世界史受験なんです。。
理由は・・・元理系のため社会は世界史しかやっておりません。
高3にあがるときに文転しましたww
でも世界史に関してはかなり成績良かったです。
高校の担任がものすごい人でしたから。
成績は・・・・模試で偏差値70も超えたことございます。
それでは見ていきましょう。

\祥里ら
・ギリシア、ヘレニズム、ローマ史(民主化の流れ、ポエニ戦争からアクティウム、
奴隷に関すること、皇帝の業績)
・ルネサンス、大航海、宗教改革、絶対王政(特にフランスの)、各継承戦争
・アメリカ大陸氏(特に古代←きそう!!、冷戦系も)
・アフリカ史(イスラム化、分割、独立)
・19世紀の欧米各国の国際情勢(仏→政体の変化、独・伊→統一の流れ、英→自由主義、露→クリミア・露土戦争など)
・ファシズムの動向

ですかね。

中国史の主題となる各王朝の出題ポイント
・漢→西域経営、東西交流 
・魏晋南北朝→道教、北魏の歴史、文化史)
・唐→内政
・宋→和約、社会経済
・元→四ハン国の地図+特徴(特にイル=ハン国とフビライ、東西交流について)
・明(皇帝の業績)
・清→皇帝の業績、アヘン戦争以降がきそう!!

きそうなテーマ史
・貨幣史
・パレスティナ史
・朝鮮半島史
・インド史
・道教史
・冷戦
・イスラム王朝史
・国連について

かなり絞りました。
こんな感じですかね。
この時期なら結構さらっていけると思います。
すでに知識としてあるはずだから抜けているとこをチェックしていきましょう!
この上記の単元を中心にチェックしてみてください。
もしかしたらこれからしばらくは世界史シリーズでアップしていくかも
しれません。
そうですね〜次やるとしたら私大世界史ですかねぇ。
アップする予定の私大世界史は・・・
早稲田大学(文学部、教育学部)
中央大学(文学部、法学部、経済学部、政治、国際企業)
学習院大学(文学部、経済学部)
の3つです。
時間あればもっとやりたいなぁ。
今手元にあるのがこれだけなんですよ。
上記の大学のは受験したとかではなく(受験したのもありますが)演習として
私が解いたことある大学のです。
それなら対策、傾向が分かりますので書いていこうと思います。

風邪がはやっています。
さっきバイトから帰ってきたのですが何気に私も風邪気味です。
体調管理をしっかりしておいあげがんばってください。
絶対に諦めないでください。
全然挽回とか可能ですから!!
やればやった分だけ得点につながっていきます!
特に社会はそういう教科です!
うだうだ悩んだりする前に机に向かって勉強してください!
一つでも多く英単語なり古文単語なり覚えてください。
学校から帰るときのバスの中で覚えたりとかさちょっとした時間も有効活用
すてください!
私は通学するときにバスを使っていました。
片道50分ほどです。
行きは英単語、帰りは古文単語をやっていました。
んで家について確認テストを自分でやっていました。
日曜とかに1週間やったとこを全部チェックしました。
そうやってこつこつ勉強していました。
これは英単語や古文単語に限らず社会の暗記、理科の暗記にも使えると
思います。
それでは今日はこの辺で。

yu_korosuke at 14:48│Comments(0)TrackBack(1)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 浜学園の偏差値  [ 浜学園の偏差値 ]   2006年12月06日 09:38
浜学園の合格偏差値をまとめました。よろしければ参考にどうぞ。TB失礼しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔