2005年08月

2005年08月31日

暖簾 機から下ろしました

 甥達の子供の頃の着物を染め変えて裂き織りの暖簾を織っていましたが、今日織り終えて機からおろしました。

明日、織り端の始末をして暖簾に作りましょう。

本当はショールにして義妹に送ってあげたかったのですが。。。。。。
でも、暖簾もまたいい感じに織れています。

 孫が傍で見ていて「きれいだね。」と言います。小学校一年生にもこの色合いはきれいと感じれるんだと思うと嬉しくなってしまします。

 この感性をずーっと持ち続けて欲しいものです。

yu_ma_ba_3 at 19:13|PermalinkComments(0)作品 

2005年08月30日

全国裂織展に行ってきた

 今日上野に全国裂織展を見に行ってきた。24日から始まっていたのですがとうとう今日になってしまいました。

 感想
大物ぞろい!!芸術追求型!!と言う感じ。
やはり、公募展だからでしょう大物が多い。でも、確かな手仕事ばかり。素晴らしい!!!に尽きます。

 もう少し、裂き織り本来の生活観のあるものが多いのかと思って見に行ったのですが、どちらかと言うと見せるための物になっていて、手仕事の温かさが感じられないのはやはり芸術追求型の作品が多いからでしょうねー。
 展覧会の宿命?と言う感じもしますが。

派手さがなくても確かな手仕事、温もりの感じられる手仕事を目標に機を織ろうと、改めて思いました。

それから、楽しみながら。



yu_ma_ba_3 at 18:58|PermalinkComments(0)日常のこと 

2005年08月28日

暖簾を織り始めた

9a4e4524.JPG 昨日から準備して機にのせ、今日は織り始めた。

裂き織りのショール変じて暖簾。
糸を撚りがけしてみて、やはりショールには硬すぎた。これで、甥達の思い出の着物を変身させることができる。

 日本の着物は最後まで利用して終わらせられることが素晴らしいと思う。
洋服もリフォームすることができるけど、着物は雑巾にして最後を終える。

 子供の頃、人寄せが終わると漆塗りのお椀やお膳をぬるま湯ですすぎ、布巾で水分を拭き取り、その後丁寧に紅絹の布で磨く作業を手伝わされたものです。
我が家の娘たちはきっと漆塗りの備品の手入れなど知らないでしょうね。今のうちに教えておかなければきっとこんな細かな作業は何処かで忘れられていくでしょう。
紅絹の最後の命がお椀やお膳拭きだったのです。

yu_ma_ba_3 at 18:09|PermalinkComments(0)製作中 

2005年08月26日

織り上げました

 織り上げました。
思っていたような感じにあがりました。

 これで縮絨を終えたらスカートに作ります。寒くなったらきっと重宝するスカートになりそうです。もう、頭の中ではこのスカートが出来上がっていますが??

 今日は台風が通り過ぎてまた暑さが戻ってきました。ゆうは学校のプールと、スイミングスクールのプールと一日に二箇所のプールをはしごしています。元気だけが取り柄のゆうです。
いいわよね、ゆう。学校が始まったら日焼けナンバーワンになれるかも知れないよ。

yu_ma_ba_3 at 21:06|PermalinkComments(0)作品 

2005年08月25日

織っています

cc98fe0a.JPG 台風11号の接近で朝から強い雨が窓を打っています。

一人機織部屋で綜絖とうし、筬とうしをして織り始めました。

ざっくりした感じで思いのほかはかどります。

今日中に織りあがりそうです。

スカートにするのが楽しみです。

yu_ma_ba_3 at 16:58|PermalinkComments(0)製作中 

2005年08月24日

裂き終わりました

 やっと裂き終わりました。

裂く前はショールかなんかと思っていたのですが、糸を撚ってみてショールには硬すぎるかと思い別のものを考えなければ。。。。

 裏地ならショールも可能かもしれないけど、表地はやはりしっかりし過ぎで硬くなります。

 暖簾あたりはどうかなー?
ちょっと考え中。


 機部屋の棚の中から手編みのセーターを解いた糸を発見。眺めているうちに
ツイードのスカートがイメージされてきて早速整経してしまった。

 c/2.5 60センチ幅で180センチも織ればできます。気が向いたときに始めないとまたそのままになりそうなので、明日早速機に乗せましょう。





yu_ma_ba_3 at 19:29|PermalinkComments(0)材料 

2005年08月23日

裂き続けています

be489dc4.JPG 朝からこつこつと裂き続けています。
 
まあのスイミング教室があるからと、ゆうは我が家でお留守番。

私が裂くのに夢中なので、ゆうは傍らで本を読んでいます。一年生になるとこんなにもしっかりしてくるのかと驚かされます。
これがまあだったら5分ともたないで、ああーだこーだと振り回されるのに。

ゆう、いい子だね。そのうち無視される日も来るでしょうが今は可愛い可愛い孫です。


 これも母のパッチワークの手提げです。 
 

 

yu_ma_ba_3 at 18:18|PermalinkComments(0)材料 

2005年08月22日

裂き織りの糸作り

58fe3901.JPG 昨日染めた布を裂いています。

5〜6ミリに裂いていくのです。これもまた根気のいる仕事です。でも、余計なことを考えている余裕がない分終えた後、ふーと言う感じです。

 それにしても、よく染まっています。娘が来て「きれいだね、この色。」と言います。確かになんともいえないブルーです。このように思いどうりに染まることも珍しいので先が楽しみです。

 あと何日この作業が続くかちょっと解らないのですが、きれいな色を扱っていると時間を忘れてしまいます。

yu_ma_ba_3 at 18:55|PermalinkComments(0)材料 

2005年08月21日

染めました

333b2f5e.JPGこんな色です。

yu_ma_ba_3 at 18:29|PermalinkComments(0)材料 

染めました

d927cd9e.JPG 今日はほどいておいた甥達の古い着物を染めました。
やはり、シミは消えませんでしたが濃いブルーの色にしたので裂き織りをしたらなんとか解らなくなるでしょう。

それにしても25年ぐらいもほおって置くとこんなにもひどくなるのですねー。
着物は手入れしだいで長く着ることができるのに。。。

我が家の娘たちは着用後の後始末を私にまかせっぱなしですから、これから少しづつ教えなければ・・・・と思いました。

yu_ma_ba_3 at 18:18|PermalinkComments(0)材料 

2005年08月19日

古い着物をほどきました

bc234d35.JPG 先日秋田へ里帰りしたとき義妹が、甥たちが小さいとき着た着物がシミだらけでどうにもならないが、絹なのでもったいないし.....と見せてくれた。

薄い白地にそら色のぼかしが入ったきれいな布なのに、確かに食べこぼしらしきシミが茶色に変色していてこれはどうにもならないなー。でも、もったいないお化けの私は貰ってきてしまった。

 そお、裂き織り用です。
でも、このままではさすがに無理そうなのでもっと濃い色に染め替えて使うつもりです。
 
 今日は一日、一つ身と四つ身の着物をほどきました。
これを染め替えて、できるだけ細く裂いて撚りがけしてショールでも織れたらいいかなーと思っています。


 これもやはり母の刺し子の手提げ袋です。
 
 

yu_ma_ba_3 at 19:48|PermalinkComments(0)材料 

2005年08月18日

ゆうの絵日記

dd7482ac.JPG 今日ゆうが来て絵日記を書き始めた。学校の夏休みの課題です。

家族でJRのスタンプラリーをしたことを書いていました。ポケモンスタンプラリーと言うのだそうです。山手線と中央線の各駅のスタンプを押していました。一つ一つ駅の改札を出てスタンプを押して、また次の駅でという誠に労力の要ることだったようです。

 ゆうは頑張りやさんです。途中でまあはギブアップしたようですがゆうは最後までやり遂げます。

 「ゆう、努力に勝る天才無し」なのよ。



 今日も母の作品です。
 スラッシュキルトの手提げです。

yu_ma_ba_3 at 18:48|PermalinkComments(0)日常のこと 

2005年08月17日

里帰り

0e88a309.JPG 一週間の里帰りを終えて、昨日帰ってきた。
孫がいる歳になっても里帰りはいいものです。
まだ、母が健在ということもあるでしょうがゆっくりできます。田舎暮らしもいいものだと思えるのです。小学校、中学校の時の友人が集まってくれて一晩中おしゃべりをし、飲んで、歌う。でも、たまに田舎に帰るから集まってくれるんだと思うんだけど。。。。子供の頃に帰ってしまいます。

 母の手仕事を沢山見てきました。
御殿鞠のお教室に通っているのですが、その合間にパッチワークや,キルト、刺し子で袋物を作っていました。なかなか素敵でした。

 これは、刺し子で作ったリュック形バックです。80歳の作品です。

yu_ma_ba_3 at 19:21|PermalinkComments(0)日常のこと 

2005年08月08日

怒ったら。。。。。

 国会は「解散だー」と賑やかですが、我が家もちびっ子ギャングたちが来て賑やかです。ちょっと違うか?


 下の孫のまあが 「お昼ごはんは玉子焼き、いや、スクランブルエッグ。ほら、牛乳も入れるの。」などとさんざん注文を並べておいて、いざ食事になったら「いらない。」と言うので、「もう、ばあばはご飯を作ってあげないから。」と怒ってみた。
いつも自分が主役でなければ気がすまない子なのでたまにはがつんと懲らしめないと、と思って。

べそをかいて隣の部屋に駆け込んでしまったので、無視、無視。
そうしたら、上の孫が寝かせつけながら絵本を読んであげていた。
「千と千尋の神かくし」 一年生の子供にはちょっと高度な絵本だと思っていたが、妹に一生懸命読んであげていた。

 そうか、たまには怒ってみるのもいいものだ。

まあはすっかりおねえちゃまに甘えている。ゆうは妹に急ににやさしくなる。
これが姉妹なんでしょうね。

yu_ma_ba_3 at 19:47|PermalinkComments(0)日常のこと 

2005年08月06日

ストールを織り上げました

3a387e55.JPG 今日の朝、織り上げました。

以前紅花で染めておいた黄色と、玉ねぎの皮の鉄媒染を大きくチェックにして
レースウィーブで織り上げました。
幅60センチメートル、長さ1メートル85センチメートル。
ゆったりとしたストールが織りあがりました。


 夫の批評。
なかなかいい!。あまり褒めないのに今日はどうしたの?という感じです。

来週から、秋田の実家に帰省するのでしばらく機織もお休みです。

yu_ma_ba_3 at 11:47|PermalinkComments(0)作品 

2005年08月04日

織り始めました

66863964.JPG 今日から織り始めました。
と言っても、もう60センチメートルほど織りました。レースウィーブなのでかなり早い。織り目が粗い分どんどん織れます。

 それにしても暑い。湿度が高いので本当につらいよー。
やはり一気に織り上げるのは無理ですねー。

yu_ma_ba_3 at 19:30|PermalinkComments(0)製作中 

2005年08月02日

綜絖通しをしています

 綜絖通しをしました。でも、きょうは三分の一ぐらいしか通せませんでした。年とともに目が悪くなります。細かい仕事が苦手になってきました。
と言うわけで、のんびりやっています。


 今日は孫のゆうの七五三の写真を撮りに行きました。と言っても、私は付き添い。
娘が七つのときの着物を孫が着ます。
着付けの人にきれいに保存していたと言われましたが、30年近く前の着物ですが違和感がなく安心しました。
 孫は娘が小さいときに良く似ています。
血は争えないとゆうのを実感。

 「8月の比較的暇な時期は料金が安いから」という娘の計画でこんな時期の七五三写真です。
それにしても、海とプールで真っ黒に日焼けした孫の顔はどうかな?

yu_ma_ba_3 at 20:14|PermalinkComments(0)製作中 

2005年08月01日

ストールを織ろうとしています

 今日はストールを織る糸を機にあげました。
男巻きに巻き取って今日はおしまい。明日から綜絖とうしをします。
のんびり、のんびりです。
暑さに負けないで機織をするにはのんびりがいいのかもしれない。

 上の孫は海焼けに加えてプール焼けで見事に真っ黒。
娘たちもこの年頃にはこんなだったかしら?と思ってしまうほど日焼けしています。元気だけが取り柄だからいいとしましょう。
 下の孫は次女に良く似ています。指をしゃぶりながら眠ります。タオルをかかえて。そして、何か珍しいもの、気にいったものがあると「家にはないの」攻撃でゲットします。
姉妹でもこんなに違うんですよねー。本当に面白い。

孫に元気を貰っています。

yu_ma_ba_3 at 20:30|PermalinkComments(0)製作中