2007年10月

2007年10月31日

まあのハローウィン

4ea2299c.JPG まあは幼稚園の入園試験のために11月5日までお休みだそうです。

行く所がないまあは朝から我が家です。
家ではママに見せて貰えないディズニー・アニメをのびのび見ています。

最近は「おばあちゃまー、おばあちゃまー。」ということもなくなり私も楽になりました。
私は私で機織が出来ます。

「ちょっと見て、見て。」とやって来たのがこれ。
新聞紙とガムテープでハローウィンの格好に変身したんだそうです。
紙袋は鋏で目をくりぬきすっぽりかぶって新聞紙で腰蓑、細く丸めた新聞紙の先に星らしきものをくっつけて魔法のつえだそうです。

一人遊びもだんだんおねえさんになってきました。

yu_ma_ba_3 at 19:46|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月30日

痴呆の始まり?

 今日、ひょんなことから半年ほど前に紛失した家の鍵を発見!!!!

実は半年ほど前、二人で食事をして、少しお酒が入った状態で帰って来たのです。
その時鍵を食堂のテーブルに置いたのです。そして、一時間ほど後にいつもの鍵を掛ける場所に掛けたつもりでいました。

1週間ほど気が付かずに居たのですが、また夜に二人で外出しようとして鍵がないことを発見。
まさしく発見なのです。
その場は夫の鍵で戸締りして事なきを得ました。

さあ、次の日から鍵探し開始。
とにかく家中、家捜し状態なのに見つける事が出来ずに今日まで来ました。
その時、娘に「今にひょんな所から出てくるわよ。」と言われ、家の中にあることは確信しているので、そのままになっていました。

それが、なんとなんと鍋つかみのミトンの中から出てきました。
どう考えても不思議な場所です。ガスオーブンを使わなかったら発見もなかった。

ホント、解からない。
狐につままれたような感じです。
でも、お酒に酔っていたのかな?それとも痴呆?
鍵をなくした時も落ち込みましたが、発見してまた落ち込んで居ます。

yu_ma_ba_3 at 18:28|PermalinkComments(1)日常のこと 

2007年10月29日

隣の家のびわの木の枝きり

 お隣が空家になって10ヶ月近くなります。

壁のつたが青々と綺麗なのですが我が家の塀も席巻され始めました。
それはいいのですが、びわ木の枝がどんどん伸びてきて車庫の車に邪魔になってきました。雨が降る日に車に乗ろうとすると人間まで汚れてしまいます。

無人なので、仕方なく夫と二人で我が家の方に延びてきている枝を切り下しました。いけないことかな?と思ったのですが、こっちの敷地に入った分だけだからいいか・・・と言う感じで。

ご近所も相続などでこんな状態の家が多くなってきました。
一軒が更地になると3軒か4軒の家が建ったり、アパートが建ったり。
古い知り合いが少なくなります。

yu_ma_ba_3 at 19:06|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月27日

台風が来ているのに・・・・

 台風が来ていて雨が降っているのに、有楽町に行こうと言う夫。
この間からPINGのパターが欲しいと言って、近所のゴルフショップを何度も覗いていました。
でも、定価で、プラス消費税。
ネットを覗いたりしていたのですが、とうとう我慢できずにビッグカメラに行くことになりました。

お天気が悪いから人出が少ないかな?と思ったのですがさすがに有楽町。
たまにしか銀座に出ないので、おのぼりさん状態。

夫は目的のパターをゲット。
銀ブラなしですぐに家に帰りました。

帰宅後、雨と風がひどくなったので正解でした。

yu_ma_ba_3 at 18:46|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月26日

まあの幼稚園の敬老会

 まあの幼稚園の「敬老の日」でした。

昨年は近くの老人施設に行ってお歌を歌ってあげたそうですが、今年は園児の祖父母を招待してくれました。

各クラスで子供達の生活を参観。
モンテッソリー教育ですから子供はそれぞれやりたいことをやっていて、普通の幼稚園とは少し違うかも。

長女が入園した35年ぐらい前には普通の保育とモンテッソリーが半々。
次女の頃はモンテッソリー7割くらい。
三女の頃はもう完全にモンテッソリーになっていましたので、私は何の違和感も感じなかったのですがちょっと驚いている方もいました。

子供達が歌を歌ってくれましたが年少、年中、年長と1才づつしか違わないのに大変な差を感じました。
この頃の一年の違いをまざまざと見せられました。

帰りに、まあがお世話をしている年少のS君のお婆ちゃま二人とごいっしょ。
まあの話だと今日は幼稚園児より多い祖父母が参観に訪れていたんだそうです。
確かに、少子化で子供1人に両方の祖父母ですから、席がなくなって床の絨毯に座りました。

年少の頃のまあに比べたらずいぶん成長しています。
ちょっと嬉しくなりました。

yu_ma_ba_3 at 19:49|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月25日

マフラー 2本

9c416b48.JPG 玉ねぎの皮で染めた糸でマフラーを織りました。

経糸を二本分整経して、緯糸を変えて違う感じに織って見ました。
機に乗せる手間が省ける上に、違うものが2本一度に織れるというこのうえないものぐさ。
でも、一日で織れてしまうすばやさにちょっといい気分。
C/5の筬で200本の経糸。このくらいの物は楽ですね。

yu_ma_ba_3 at 19:51|PermalinkComments(0)作品 

2007年10月24日

国歌って何?

 ゆうが漢字の練習をしています。

「国と歌でなんと読む?」と聞きます。
「すぐ答えを教えないで。」と娘に言われているので「もう少し考えて。」と言うと

「くにはこくとも読む。うたはかだからこくか?」なんて言います。

「惜しい!!もう少し!。」婆ばは答えを教えたいのですが・・・・・・。我慢、我慢。
「こっか?」
ピンポン・ピンポン。

でもここからです。
「国歌って何?」
「君が代よ」
「君が代って何?」

小学校3年生でこの状態。
歌ってあげると「ああ、サッカーの時の。」ときました。
何と言うことでしょう。
今、学校では君が代は教えないらしい。

娘たちはカトリックの小学校でしたが、校歌と国歌はセットで最初に教えられていました。
そして、大事な式典にはきちんと国旗と校旗が飾られていました。

ところが今の公立校ではそんなのはないそうで、娘は「おかしいわよね。国歌や国旗を無視した教育は。」と言っているのですが、そう言うことらしいのです。

ほんと、先が思いやられます。

yu_ma_ba_3 at 20:23|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月22日

まあは負けず嫌い

 今日、まあは自転車の補助輪を取って乗ってきました。
遠くから補助輪をガラガラと鳴らして、まあのやってくる音が聞こえていましたのに・・・・・。

ところがあまり上手にとは行かないのです。
真直ぐには何とか進みますが、右カーブ・左カーブが上手く出来ません。

それにもっと厄介なのは怖がり。
遠くに人が見えたり、車が見えるともうパニック。
自転車から降りて待っている状態。
なかなか目的地にたどり着かない。

それでも補助輪を取って貰ったのには、まあの負けじ魂があってのこと。
おだてて、木に上らせて、そして伸ばすか。
夫はお肉で釣ったようですが。

ともあれ、まあは自転車を自由に乗れるように頑張るつもりらしい。

ガンバレ!!!まあちゃん。

婆ばはやっと裂き織り用の糸を消費して大きなマットを織りあげたよ。

yu_ma_ba_3 at 19:01|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月21日

ちゃんこの会

 「ちゃんこの会」をしました。
ちどり会の行事です。
両国駅で集合。
江戸東京博物館を見学しました。

ボランティアの方の説明を聞きながら館内を見学しました。東京にもこんな場所があったんだと知った方もあり、ただお食事だけではなくて良かったかな?と企画した側としてはちょっといい気分でした。

お食事は「横綱」というお店で。
夜しか開かないと言うのを友人のお世話で昼に。
ちゃんこ鍋はまあ、まあ。

でも、中居さんのサービスは最低!!!
無愛想と言うより信じられない行動。

お客さんの前でちょっと残った鍋にお皿やお茶碗を突っ込んで下げました。
全員主婦ですからその行為に目が点。
だって、いくら食べ残しだからと言ってもお客の前でそんな行為やれますか?とびっくり。

そして、お会計にもびっくり!!!
15人の会ですからそれなりの金額です。
ところが、印紙がないので領収書は2枚でいいですか?ですって。

印紙代脱税!!!!そう思いましたが・・・・・。
あまり後味が良くなかった。

幹事達の反省会で意見続出。
主婦の目はけっこう厳しいんだけど、相撲界はいろいろ問題が起こっているのに解かっていないんじゃないかと思ったしだい。

yu_ma_ba_3 at 08:50|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月19日

季節バージョン

 先日知人の家を訪ねました。

ステンドグラスをしている方です。
玄関から見える二階の窓にハローウィンのしつらえです。
クリスマスが近づくとクリスマスらしいステンドになります。
夜になると外からも、とても楽しく見えます。
素敵だなーといつも思います。

そして、その窓に取り替え飾る枠をご主人様が手作りしてくださったとか。
羨ましいー。

我が家の夫はそんなことには無関心ですから。
機に向かっていると、いつものことと思っているらしく無関心です。
たまに機部屋を覗きに来るくらいで。
それもいいかなと思うこの頃です。

私も季節を感じられるタペストリーでも作ってみようかな?

yu_ma_ba_3 at 19:02|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月17日

怖いことがおこります

 ニュースを見て怖くなりました。
小さい子供が自分の家の前で刺されて亡くなった事件です。

我が家も小学校3年生と幼稚園の孫がいます。
そして、毎日のように自分の家と我が家の間を自転車や徒歩で行き来しています。

最近は3年生のゆうは1人で行動していますので、今日はよくよく注意しました。

「ママにも言われたよ。」と言うのですがどこまで理解していることやら。

娘はこの事件を知って、「やはりまだ一緒に付いて歩かなければいけないかな?」と考え込んでいます。
確かに9歳になったら一人で行動できますし、いつまでも親が付いて歩くのも考え物です。

難しい時代です。

yu_ma_ba_3 at 20:21|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月15日

「投げる」は「パンチ打て」の意味?

「投げる」は「パンチ打て」の意味?
そんな日本語どこにある?

常識の無い人達だとは思っていたけれどここまでとは・・・・・。
それに乗っかっているテレビ局、マスコミがおかしい。
亀田一家はやはりまっとうな人達では無いんだから。

さっきニュースで処分が決まったというのが流れていたが、世の中お金優先で物事が決まってしまうようで、どうにかなっていない?

スポーツはルールがあってやるもの。
そのことさえ分からない人達に、プロスポーツでお金を稼ぐ資格は無いと思うけど。

世間も甘いなー。あんな人達にちやほやしていて。

yu_ma_ba_3 at 19:49|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月13日

初期の頃の糸

9652cdde.JPG 糸箱の奥の方に眠っていた糸を見つけました。
初めて紡ぎ車を回して糸作りを始めた頃の糸です。
確か矢車で染め、鉄とアルミで媒染した糸です。でも、とても不出来でどうしても作品にする気になれずにいました。
もう、10年以上前の糸です。

そのわりには色もあせずいました。
良く見ると太かったり細かったりのでこぼこ糸です。今、このように紡ごうとしてもとてもできないことに気が付きました。
もう手が慣れて均等な糸になってしまいます。
初心者の時の事が思い出されます。
綺麗な糸を紡ぎたいと一生懸命でした。それが、ちょっとでこぼこ糸を紡ごうとしても思うようにできません。慣れって怖いものです。

そして、「失敗作は無い。それが個性だと思えばいい。」とおっしゃった清野先生を思い出しました。

そこで、その矢車で染めた糸を経糸にインド茜の二番目、三番目の液で染めた糸を緯糸にショールを織って見ました。でこぼこ糸が味わい深い手作り感を出していてなにかホッとするショールが織りあがりました。

縮絨するとまた感じが変わるでしょうがもう一度初心に帰らせて貰った糸でした。


yu_ma_ba_3 at 16:40|PermalinkComments(0)作品 

2007年10月11日

ゆう、この頃どうしたの?

 この頃ゆうは反抗期?

学校から帰ってもダラダラしています。
「宿題は?」と問うと「後でやるから」
そしてまあとイザコザ。

ちょっと前までは、叱るとメソメソしていたのに今日は口答えして来た。
婆ばは目が点状態ですよ、ゆう。

それでも、すぐにいつものゆうになるからまだ大丈夫かな?

でも、こんなにくるくる気分が変わるものだったのかな?

ママ達がゆうの年頃にはどうだったか、忘れてしまった婆ばはゆうのこの頃にちょっと振り回されています。

yu_ma_ba_3 at 20:33|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月10日

こんなのアリ?

66254c43.JPG 先ほど秋田の実家から新米が届きました。
「秋田こまち」の新米です。
県北の盆地で見渡す限り田んぼです。そして美味しいお米が出来る土地です。

それが・・・・・。
届いたら悲しいことになっていました。

米の箱が破れ、その中の米袋まで破れ、外にこぼれたお米を箒でかき集めたらしく10キロほど別の箱に入れてあります。
それを、米箱にガムテープでぐるぐる巻きにして配達して来ました。
そして「箱が破けてビニール袋に入れてあります。」とのたまう。

どうみても、フォークリフトで箱を突っついて破り、中の米がこぼれおちたと言うほか無い。
それが、ゴミと泥にまみれた10キロを別の箱に入れて届けてきた。
これってとんでもないことだと思うんですけどー。

弟夫婦が一年間丹精を込めて収穫したお米がこのように扱われたことに憤っています。
ヤマト運輸さん!!!ちゃんと謝りにきて!!!今、こんな気分です。

泥だらけの米を洗ったら、なんと、なんと田舎で言う「こじゃき米」。(お米がほとんど割れて半分になっていること)

新米ですよー。
悲しい!!!

yu_ma_ba_3 at 15:57|PermalinkComments(1)日常のこと 

2007年10月09日

金木犀の香り

午後、雨があがったので買い物に出かけました。

どこからともなく金木犀の香りが漂ってきます。
ご近所も建て替えやアパート建設で庭の植木がだんだん少なくなっていますので、金木犀の香りにホッとします。

金木犀の香りで、数年前中国の杭州に行った時の事を思い出しました。
丁度10月で、西湖のほとりは金木犀、銀木犀が真っ盛りでした。
そして、中国から想像していた臭いではなく、木犀のさわやかな臭いだったことがとてもいい思い出になっています。

臭いってずーっと思い出にも残っているものです。

yu_ma_ba_3 at 18:59|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月08日

裂き織りマット完成

f0f939d5.JPG 先日から織っていた裂き織りが完成しました。

ランチョンマットにと思い6枚を目標に織りました。
同じ色が2枚ずつ。
色々糸が混ざってしまったのが2枚。

たまにはマットを使って何気ない食事にも変化を付けようと思います。



yu_ma_ba_3 at 16:17|PermalinkComments(0)作品 

2007年10月07日

糸を紡いだり、裂き織りをしたり

先日からウールを数種類紡いでいます。
ニュージーランド・ラム、コリデール、メリノ。
少しづつ違います。
私はメリノが好きです。
洋服地にすると少し腰が無い布になるので嫌がる人もいるようですが、ふんわりした感じが好きです。

箱の中にタッサ−シルクが100グラム残っていたので、それもついでに。

玉ねぎの皮が集まったので黄色系に染めようかと思っています。

そして、傍らでシャツを裂いた残り糸を消費するために裂き織りの糸をかけ織っています。
同時進行ですが、飽きたら機、また糸紡ぎ。最近、根気がなくなったのでこれもまた気分が変わっていい。

yu_ma_ba_3 at 19:29|PermalinkComments(0)製作中 

2007年10月04日

社会保険事務所での事

 昨日、社会保険事務所に行ってきました。
我が家からはとても不便なところなので仕方なく車です。駐車場に入るのに路上では順番待ちです。最後尾について40分。やっと駐車場に入りました。

入り口で順番札をとって2時間。その時の事をちょっと言いたい。
「社保庁だけでなくマスコミも悪い!!もっと悪いのは国民。」と言う結論に。これは私の結論ですからー。

待っている時間に聞こえてくる言葉で分かった事。
70歳のおじいさん。
自分の年金ではなく妻の弟の年金で来た。
その義弟は3回転職している。
でも、一箇所はその会社の住所はもちろん会社の名前すら忘れたと言う。
事務所の人は会社の名前を思い出して欲しいと言っているのに、「分からない。それは弟でなければ。」
自分が不利になりそうだとマスコミが報道している事を延々とまくしたて事務員さんを困らせている。
それが1時間半。
結論どころかその義弟のための何を聞きに来たのかさえ解からずに帰って行きました。

でも、1時間半は他の待っている人達にはとんでもない迷惑ですよねー。
そんなじいさんがいたんですよ。これって国民が悪いんですよね。

2年前にいただいたお知らせ、2ヶ月前に届いた書類に書き込み必要な資料を添付して届けを出すのに5分ほど。
きちんと理解して、疑問に思っていた事を聞いても5分で終わったのです。2時間40分待って5分で終了。

社会保険事務所の職員の方達はきっとイライラしながら働いているんでしょうね。
だって、分けもなく文句しか言わない年寄りを相手にしているようなのですから。
確かに悪い職員もいたのでしょうが、それをさせてきた国民も悪いと実感しました。

私も含めて、お年寄りと言われる人達はもっと勉強しなければ、そして若い人達に迷惑にならないようにしなければ・・・・・。
これは実感です。

何だか年金を少しでも多く貰う権利だけを主張している年寄りが多いように感じた一日でした。

yu_ma_ba_3 at 12:33|PermalinkComments(0)日常のこと 

2007年10月03日

やっと運動会が終わった

9月29日の予定だったゆうとまあの運動会が終わりました。
同じ日の予定だったので、二手に別れる予定でおりましたが生憎の雨で順延、順延。

まあの幼稚園は2時間遅れで10月1日に行われ、ゆうの学校は昨日。
からっとした秋晴れのしたではなかったけど、終わって良かった。

まあ。
まあの根性を見せてもらいました。
次女特有?の、あの負けじ魂。障害物競走はもちろんリレーでみせたあの根性は立派。
前の走者が抜かれて、少し差が開いて受け取ったバトン。受け取ったまあは猛然と走り出し、丁度中間ぐらいで抜き返しかなりの差を付けて次の走者にバトンをつなぎました。
まあの負けたくない魂を見せてもらいましたよ。

昨日のゆう。
80メートル徒競争。
リレーの選手が3人も入ったグループで駆けたのですが、最後の数歩までは3位になっていたのに詰めが甘い。
気を抜いた瞬間ゴールで逆転され、4位。

ちょっと、ちょっと・・・・。最後まで気を抜いたらいけませんよ。

決して遅くは無いけれどもう少し負けじ魂が欲しいところ。まあのあの根性が少しゆうにもあったらなあ・・・・・。

二人とも楽しんだし、ちゃんと行事が終わったから良かった、良かった。

yu_ma_ba_3 at 14:05|PermalinkComments(1)日常のこと