2013年03月

2013年03月21日

米寿の母の御殿まり

006







実家から今シーズン最後の「きりたんぽ」が送られてきました。

その中に母が趣味で作っている「御殿まりが」入っていました。
材料をときどき注文され、「ユザワヤ」さんで購入して送るのですが、飾る場所の問題もあるのであまり欲しがらない私にむこうから「作ったから。」と強制的に送ってきました。

菊の花模様の小ぶりなものがたくさん。
それをさす花瓶は92歳で亡くなった私の祖父が趣味で焼いた素朴な花入れです。
祖父の形見にと、祖父が焼いたお茶碗は持っているのですが、最近はお茶も立てないのでやまみち盆の中に入れたままです。

花入れは素朴な味わいで気に入りました。

母も、わざわざ物置の奥にあった祖父の焼き物の中から選んだようです。
母と祖父の作品を一度に手にしました。


さっそく玄関に飾りました。

yu_ma_ba_3 at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月14日

母の米寿のお祝い

2月に誕生日を迎えた母の米寿を祝って、三人兄弟とその連れ合い、母で旅行に行くことになりました。母が元気でなければできないことなので嬉しいことです。下の弟夫婦の企画で一泊目は和倉温泉「加賀屋」さん、二泊目は山城温泉「べにや 無何有」さん。大型タクシーを貸切というのんびり旅行です。さすがに「加賀屋」さん。母の米寿を伝えてあったのでしっかり準備が出来ていました。母は黄色の半纏に帽子を用意されて嬉しそうでした。食事のお部屋もお軸まで架け替えてくれていたそうです。
さすがの心配りです。
010



お料理もすべてに心配りがされていて感激です。019












次の日は輪島の朝市を見学し、金沢へ行きました。途中千里浜を走ると言う運転手さんのサービスに全員ヒヤヒヤしましたがなかなかない経験です。
030




兼六園はまだ雪つりのままで風情がありました。私のプレゼントの「カタカタ」とジョークを言いながらシルバーカーを押してみんなと一緒に広い兼六園を歩きとおしました。054








三日目は足を延ばして東尋坊へ行きました。風が強く遊覧船は乗船できませんでしたがミステリードラマのスリルを満喫しました。
075




その後永平寺に行きました。永平寺は偶然にも我が家と熊本に住む弟のところも曹洞宗だそうで本山参りが出来ました。
094















小松空港に行く途中に「松井秀樹」記念館に立ち寄りました。秋田の甥も熊本の甥も甲子園の出場者なので興味がありました。
星稜高校のユニホームの前で「このユニホームに阻まれたねー。」と甥がベストフォーを逃した時のことを全員で思い出したり・・・。
相手は違ってもこのユニホームだったよねーというのは複雑な思いです。
112
















夜、羽田で解散。それぞれ熊本と秋田に帰りました。

「加賀屋」さんのお部屋係さんが偶然にも秋田出身だということが解ったり、北と南から集合したと言うことに驚かれたり、思いでいっぱいの記念旅行になりました。

yu_ma_ba_3 at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月03日

真衣ちゃんの二度目の雛祭り

005015021


真衣ちゃんの雛祭りをしました。

昨年は初節句なのにパパは出張中で参加できませんでした。

今年は我が家で全員集合という予定でしたが、長女家はまあがインフルエンザB型で出席できなくなりました。
それでも、真衣ちゃんは爺にサービスして帰りました。

お馬さんになってご機嫌の夫です。

yu_ma_ba_3 at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)