2015年02月

2015年02月25日

やっと咲きました

df64c0a1.jpg
毎年お正月に合わせるように咲いていたシンビジュウムがやっと咲きました。

なんとつぼみが10本。

昨年は全部が咲ききれなかったので、今年は思い切って2,3個花をつけたものを切り取って花瓶に挿しました。
最初の1本は一日で満開。
今度は少し温度の低い部屋においてみます。

昨年の春に株分けした鉢は蕾すら付けません。
あまりいじってもいけないのでしょうか?

むかし、子育てと同じと言われたことがあるのですが、適当に手抜きで良いのかもしれません。
あとは残りの花が咲いてくれますように。

yu_ma_ba_3 at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月23日

テレビの番人を連れ出す方法

夫は後期高齢者ではあるけれど、現役。

確かにウィークデーは朝早くから会社に出勤します。
月に一度は車の運転をして神奈川の方にも出かけます。
今言われている痴呆には縁遠いかとも思いながら、帰ってくるまで高速道路の逆走のニュースに気を揉んだりします。

そんな日常のせいか、休日はパジャママン。
そして、テレビの番人。

散歩がてら外に連れ出すのに苦労します。
黙っていると一日中パジャマでゴロゴロ、テレビのチャンネルをカチャカチャ。

一昨日の土曜日はわざと遠くのスーパーに、徒歩で買い物に行くことを提案。

一人で留守番も嫌いなので渋々付いて来ます。

一時「濡れ落ち葉」という言葉が流行ったのですが、まさにそんな状態。
そして、スーパーでは目に入ったものをみんな買いたがる。
まったく・・・・。

散歩に誘っても「寒いから」と言うこのものぐさはどうして直したらいいのか。

yu_ma_ba_3 at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常のこと 

2015年02月18日

冷蔵庫整理

昨日からの雨。
雪になるかもしれない寒さです。


どこにも行けないので冷蔵庫の整理をしました。
使い残しを少しづつ冷凍庫や野菜室に保存してしまいます。

いろいろな種類の野菜の残りが入った豚汁を作りました。
里芋は煮っ転がし、鳥レバーはワイン煮。
そして白菜の残りもいろいろ野菜の残り入りの即席漬物に。

午後から半日、台所仕事をしました。
特別な料理ではないけれど、時間をかけて作ることが出来るのは気分が変わります。

そのうち、まあが好きな鯛のそぼろも作っておきましょう。
美味しそうに食べる姿で婆ばは元気をもらいます。

yu_ma_ba_3 at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月17日

英国産チェピオットを紡ぐ

押入れの中からチェピオットの原毛を出して紡ぎ始めました。

もう何年も前に「アナンダ」さんで購入したものですが、まずカーディングです。
ドラムカーダーでもかなり疲れる原毛にちょっとギブアップ。
適当なところでやめたので糸に影響。
思ったのとはかなりイメージが違う糸になりつつあります。

でも、チェピオットの特徴を消すのもと思いこれで行くことにしました。

糸ができて染め上がった時まで何を織るかを考えましょう。

yu_ma_ba_3 at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 材料 

2015年02月14日

農協改革

このところ農協改革が新聞を賑わしているのですが、実際の農家はどうなるかな?

農家で生まれ育った私にはちょっと気になることです。

でも、全中はやはり必要ないと思う。
農家の上がりを農協を通じて上納させているのだからそれがなくなれば農協は少し楽になるし、管理されなければ自由も増える。

自分で考えて収入を増やそうと考えなくてもいいように統制してきた全中はやはり要らない。
土に触らない人が考えてやる農業は実際とかけ離れるものになっていき、その人たちがいい収入を得ていたことはやはり問題だと思う。

「農協は必要だけど全中は必要ない」と思うのは少しは農業従事者の生活を知っているからだと思うのですが、偉い学者さんたちや社会主義者にとっては美味い汁が吸えなくなるということで反対なんでっしょう。

土を相手に働く人たちの生活が、少しでもよくなって欲しいものです。

yu_ma_ba_3 at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月12日

楽しく 忙しい一日

昨日は夫の誕生日でした。
以前から次女家とランチをする約束でした。

ところが突然小学校の時の友人からイグナチオ教会でのコンサートのお誘い。

赤坂でランチのあと四谷まで散歩がてら歩くことになりました。
途中で友人に電話してコンサートに合流しました。

25年ぶりくらいの二人の友人、そして年に1,2度会う友人と四人でグレゴリア聖歌を聞きました。
そのあとお茶をして、また会うことを約束。

時代の流れで、この3月に小学校が統廃合でなくなることに話が及びました。

私たちは団塊の世代の走りなので、とにかく人数が多かった記憶ですが今は本当に子供が少なくなりあちこちで学校の統廃合が進んでいるようです。

そして、古い校舎も解体されるという計画のようでちょっと寂しい気がします。
余りにも古く維持管理にお金がかかりすぎることもやはり問題ですし・・・。



yu_ma_ba_3 at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月09日

お雛様

29af79b3.jpg
今日はお雛様を出しました。
長女の七段飾り、次女と三女の木目込みと三人娘のお雛様が我が家の押入れの中。

全部を出さなくなって何年立つでしょうか?
それでも今頃になると木目込みだけでもから最近は内裏様とお雛様だけ、そして、小さくて場所をとらないものに様変わりです。

ゆうとまあには大きなお雛様を買ってあげたのですが、次女と三女のところは奈良の一刀彫の小さいものに。
だんだん飾る場所がないから、海外転勤で荷物をすくなくしたいからと理由はさまざま。

それでも、娘たちはこの季節お雛様を出すようです。


yu_ma_ba_3 at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月07日

きりたんぽセット 届いたー

洗剤や調味料など日常の雑貨類が無くなったので温かいうちに買い物に行こうと思いましたが、最初からかなりの重さになることが解っていたので夫を勧誘しました。

ところが夫は「テレビの番人がいい」と乗ってきません。
仕方なく吉祥寺まで一人で出かけました。
相変わらずの人出。
やはり買い物は平日でないと・・・。

そして荷物持ちの助っ人も当てにはできないと再確認。

家に帰ると秋田の友人から「きりたんぽセット」が届いていました。
ありがとうー。

夫は「留守番がいて良かったろう。」と。
でも、荷物持ちの助っ人の方が嬉しいのですがね。

だんだん出不精になる夫です。

yu_ma_ba_3 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月05日

寒い!!

天気予報が当たり日中はチラチラ雪が降っていましたが、夕方は上がって交通機関も影響なし。
でも、深夜にまた雪が降るということですが・・・。

今週はまあが入学試験のため1週間お休み。
いえ、本人は自宅学習なのだそうです。

朝から我が家にやって来て、お昼ご飯は何?と昼食を楽しみにしています。
私の作る「塩麹につけた魚」「自家製粕漬け」を喜んでいます。
肉好き娘ですが、お魚も好きなようです。

「お母さんもお婆ちゃんに作り方を聞いたら?」と言われ、お料理好きの娘は「聞かなくてもできるけど、時間がないだけ。」とプンプン。

それにしても寒い一日でした。

yu_ma_ba_3 at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月04日

ユザワヤ(吉祥寺店)で糸を買う

昨日 ユザワヤさんに行ってきました。

先月 秋田の義妹が来たとき、2年ほど前に作ったタペストリーを見て、「もう少し手を入れるともっと良くなる」といいます。
キルトや編み物が好きな人のアドバイスでやってみることにしました。

そこでメタリックの金糸、銀糸を購入。

早速今日から取り掛かります。

裂き織に使った残りの、裾模様を生かしたタペストリーもキルト風にしたらまた趣が変わるかもしれません。

yu_ma_ba_3 at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 材料 

2015年02月02日

ボケ防止のために再開します。

1年半以上かな?休んでいたブログを再開します。

病気をしたり、雑用があったりと、ブログを休止状態にしていました。
取り立ててどうこうということもなく、平和な暮らしと言える日が続いているということでした。

この頃、人の名前がパッと出てこなかったり何をしにこの部屋に入ったのか?と忘れたりすることが多くなってきました。年のせいとばかりは言っていられないのでは・・・と思い脳の活性のために再開することにしました。

手仕事のこと、日常のことを書き留めていきます。

1月26日、秋田の義妹と母、長女の四人で東京ドームの「キルト展」に行ってきました。
初めて行ったのですが手仕事が好きな人がこんなにいるのかと改めて知りました。

大作はやはり1年、2年と長い時間かけて制作されているのです。納得!

義妹は時々キルトでバックなどの小物を作ってプレゼントしてくれます。

母が私に作ってくれた刺し子の手提げは似たものがあったので販売価格を確かめてびっくり!!
手仕事にこのような値段が付くのかと改めて驚きました。

趣味と実益ということでしょうか?
私にはむいていませんが・・・・。



yu_ma_ba_3 at 12:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)