作品

2011年08月28日

新しいクッション

001






織を習い始めたころ初めて紡ぎ、織ったクッションがボロボロになりました。
それでも夫は昼寝の枕代わりにしています。

そろそろ新しいものに替えようと思い、残り糸で織りました。
40センチ×40センチ。

パンヤを詰めて完成!!

少しは気分が変わるかな?







yu_ma_ba_3 at 13:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年03月21日

落ち着かないので・・・

IMG_3775IMG_3774IMG_3772







色々大変ですが・・・・・・。

チェピオットのスカードを紡ぎ、マットを織りあげました。
スカードはハンドカーダーでのカーディングでは難渋なので、ドラムカーダーに頑張ってもらいました。
この所、なにかに集中しないと心もとなくなるので糸紡ぎには助けられます。

yu_ma_ba_3 at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月11日

久しぶりの織り

IMG_3758


 先月秋田に行ったおり、義妹の知人が糸車を買い紡ごうとしたのですが紡げないので見て欲しいと頼まれました。
アシュフォードの糸車で私の使っているトラデッショナルのようですが・・・・。
糸をかける部分が外側です。
ボビンをはずす時が不便そうです。
ダブルで使っているだけでさして違わないのです。
でも、シングルの方がやりやすいのではと直して紡ぐとスイスイ。

羊を飼っていて昨年毛刈をしたそうです。
それも裁ちばさみで。
私には目を丸くすることばかりです。

何しろ秋田から東京に出て来た折り「アナンダさんで糸紡ぎの一日講習を受けた。」だけで糸車を買って紡ぐというつわもの。
それが「アナンダで習った時はちゃんと紡げたのに、この糸車では全く紡げない。」

いえいえ、一日ではそんなに簡単に紡げるものでは無いのです。
若いというのは凄い!!
私なんぞは3年も機織りを習ってやっと自宅でも紡いだり織ったりし始めたのに・・・・。

糸を紡いでそれからの始末の仕方は知らないというのもビックリ。
「本を見ながらやるから。」と言ってもねえ。

でも、あのバイタリティには感服しました。
そして、アナンダさんで習った時の糸を見せてもらい、私の最初の頃の糸を思い出しました。
今ではあのような感じの糸は紡ごうにも紡げない。

その頃の気にいらなくて仕舞いこんでいた糸でマフラーを織りました。
朝から始めて夕方に縮絨して仕上げました。
ちょっと縮絨を強くして見ました。
懐かしい感じの手触りになりました。





yu_ma_ba_3 at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月04日

ショール完成!!

IMG_3635
ショールが完成しました。
「綺麗な色だね。」と娘も言ってくれましたので、早速秋田の義妹にゆうパックで送りました。
チョッと長めに織ったのでクシュクシュに丸めて二重巻きのマフラーにしてもいいし、使い道が多くと思って織りました。

喜んで貰えるといいけれど・・・・。


我が家は屋根修理が本格化。
朝から賑やかな音が天井から響いています。

yu_ma_ba_3 at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月11日

久しぶりにのんびり機織り

IMG_3464
IMG_3467

昨日、今日と久しぶりにのんびり家にいます。

昨日午前中、夫は畑を耕していました。
連休に南京豆を蒔く準備です。

私は久しぶりに糸を準備して機がけ。
少し織り始めきょうは完成!!

以前、蓬の葉で染めた糸を経糸に先日の野産の繭から糸にして渋木で染めたものを緯糸にしました。
野産の糸はチョッと柔らかく経糸にはむかないと思い緯糸に。
やはり正解。

味のある長めのマフラーが織りあがりました。

yu_ma_ba_3 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月19日

母の布ぞうり

IMG_3435

娘達が母に布ぞうりを作って欲しいと要望していました。

昨日自家製のお味噌と一緒に届きました。
今までは私達女性だけでしたが今度は次女の旦那さんの分もという要望に、男性が使えるような大きい物まで。
それも私には思い出のある布で出来ています。
孫の分は可愛い鼻緒が付いています。

来月白内障の手術をすると言いながら、元気にしていてくれるので助かります。

yu_ma_ba_3 at 07:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年02月09日

またまた残り糸のマフラー

IMG_3407

残り糸が気になります。

そこでまたまたマフラーを織りました。
今度はウールの糸ですが羊の種類が違うと糸の性質も違います。
マフラーにむかないちくちくした感じの糸、やわらかなふんわりした糸さまざまですが・・・・。

それをどう使うかが腕前?

分量の違いでマフラーとしてはちょっとふんわり感のない物になったかな?

羊の毛、ウール、と一言ではくくれない個性はやはり魅力です。

yu_ma_ba_3 at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月17日

マフラー完成

IMG_3384

残り糸のマフラー完成!!
少し長めに織ったので巻き方のバリエーションも多くなるはず。
縦、横に手作り感満載の糸を使ったのでちょっと素朴な感じのマフラーになりました。

世の中はかしましいけれど、我が家は璃那子ちゃんを囲んで和やかに時間が流れていきます。
もう6ヶ月になり離乳食も始まりました。
ママの作るドロドロのおかゆを、「もっと、もっと」と催促し食欲旺盛な璃那子ちゃんです。

yu_ma_ba_3 at 10:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年11月23日

長着完成!!

IMG_3312

織り上げた着尺で長着を縫いました。
夫の時は呉服屋さんにお願いしてビックリするほどの裏地、仕立て代がかかったので今度は自分で縫いました。
時間はたっぷりあるし・・・。
というわけで三連休の今日完成!!!

もう何年も和裁をしていなかったので学生時代の教科書を引っ張り出し、復習しながらの仕事でなかなか進まなかったのですが、やっと完成しました。
「あまり上手で無くても着れば解からないから。」と言い訳しながら。


↓これは四十数年前の教科書。まさに宝物です。
IMG_3313


yu_ma_ba_3 at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月09日

鶴川鮎釣り話

 昨日も早起きをして鶴川に鮎釣りに行きました。

いつもの「おとりやさん」でおとり鮎と入漁券を購入。
そしていつもの場所に。

続々と釣り人がやってきます。
私は瀬が苦手なので少し流れのゆるいところで泳がせ釣り。

そばで釣っていた人が声をかけて来ました。
先週も来ていたことを知っていたらしい。
地元の人で自分の作ったトマトをくれました。
しばらくすると今度はキュウリのお漬物。
その後とうもろこし。

釣り人はみんな人懐っこいのですが、こう次々と頂きものをするとは・・・・。
私達は2時ごろ竿仕舞いしましたが、地元の人達は夕方の釣れる時間を楽しめます。

今日の釣果。
夫、8匹。私、4匹。
もう少し釣れると楽しいけれどね。

yu_ma_ba_3 at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月06日

もったいないショール第2

IMG_3151


 使い残し糸の第二弾。
今度は絹糸です。

幅60センチ。
C/10の筬で2メートル。

しっかり打ち込んであわよくばスカートかシャツにでも・・と思ったのですが、案外シャリッとした布になったので両房を付けてショールのようにしました。
使い方で、何とでもなる大判の布です。

機織りはどうしても四角い布でしかないので、何かに作らなければ面白みがないと思っていたのですが・・・・・。
薄い布は身体に巻き付けて使えばまた、それはそれで面白いことに気が付いたのでそれも良いか。

そろそろ紡ぎ貯めた糸を染めて、次の楽しみにかかろうと思っています。


yu_ma_ba_3 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月18日

残り糸のマフラー

IMG_3143


箱の中に沢山の残り糸があります。
やはり手っ取り早いのがマフラー。
ところが色々の種類の羊ちゃんたちの毛が入り混じっています。

一枚の布にするにはちょっと難があるのはわかりきったこと。
それでもできる限りの知恵を絞って実行。

整経をしたまま何日か、機に乗せて何日か・・・・。
やっと織り上げ縮絨したら案の定、私としては気に入らない。

それでもアイロンでちょっと修正。
クシュクシュ巻いたら気にならないか・・・。

yu_ma_ba_3 at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月07日

ベビードレス出来ました

IMG_3140

ベビードレスが出来上がりました。
娘は「着る機会もないだろうし、ただ寝かせて置くだけだから。」というのですが、やはり何か作りたい!!!
婆ばになる準備です。

作りながら心が満たされるのは良いこと。
赤ちゃんは生まれてくるだけで回りを幸せにしてくれるんだと思うのですがねー。そうでない人もいる世の中はやはりどうかしているんですよね。

まだ名前のないお腹の赤ちゃんに話しかけながら暮らしている我が家は幸せだと、つくずく思います。

yu_ma_ba_3 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月15日

裂き織りを作品にしました

IMG_3093

 
 連休中に織った裂き織りで手提げと眼鏡ケースを作りました。
夫や娘婿のネクタイや残り布で織った布です。

織るのは楽ですが作品にするのがねー。
眼鏡ケースは皆さんが「便利よ。」と言ってくださるのではげみになります。
手提げを作った残りでブックカバーも作って見ました。

コマーシャルではないですが、本は「こころ」です。

yu_ma_ba_3 at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月10日

ゆうの塾弁バック

IMG_3092


 連休中、亡くなった義母の着物を裂いて裂き織りをしていましたが織りあがった布でゆうの塾弁用のバックを作りました。
持ち手の部分は私の曽祖父の着物の残りです。
ゆうはお仏壇の中のバア婆と、さらにさかのぼるジイ爺の着た物を再生させたバックに入れた、ママの作ったお弁当を食べることに。

ゆうはわかっているのかな?
頑張れゆう!!

yu_ma_ba_3 at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月28日

裂き織り二つ

IMG_3083

 亡くなった義母の道雪コートを裂いた布でテーブルランナーを織りました。
義母が若い頃に着た物で、裂いているときに何度も諦めようと思ったほどボロボロでした。
でも、使える部分だけでも・・・と思い根気良く裂いた結果です。
またこうして使えてよかったー。


IMG_3084

 こちらは私の曽祖父の紋付長着を裂いたもの。
実家の仏間に、この着物を着た曽祖父の写真が掛けてあります。

母が「もう誰も着ないしねー。何かにすれば。」とくれたのですがずーっと何にしようか考えていました。
帯に織って使おうと決心。
かがり名古屋帯に仕立てました。

これを使えば写真でしか顔を見たことがない曽祖父も喜んでくれるでしょう。

yu_ma_ba_3 at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月08日

織りあげました

だらだらと織っていた布を織りあげました。
織り上がり95センチ×220センチ。
さてこの布でなにを作るかが・・・・。

細いくず繭の糸なので薄い布に仕上がったので半そでシャツにでもなればと思います。

夕方は夫と二人例年どうりお花見に行きました。
千川上水をさかのぼり、更新橋まで。
そこから武蔵野市役所の通りを三鷹方面に進み、途中から引き返して武蔵野市営グラウンドの土手の桜を見て途中で食事をして帰る。
毎年同じコースで同じことの繰り返し。

変わらない生活です。

yu_ma_ba_3 at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月16日

春色のマフラー

IMG_3009


先日から織っていたマフラーが完成しました。
栗の渋皮で染めたほうは緯糸に薄い桜色を入れました。春らしい色合いに織りあがりました。

 一昨日、雨の降るなかゴルフをしました。
雨の日にゴルフをしたのは始めてです。
尺取虫にはランがないので厳しい!!!
そして、グリーンは感覚がつかめずスリーパット続出。
バンカーは三度も打つはめに。

さんざんなゴルフディーでしたが、終わってからのお食事の方が楽しいのでいいっか。

yu_ma_ba_3 at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月18日

二重織りのマット

IMG_3002


新春に機にかけたり下ろしたりと苦労した糸でマットを織りました。
あまりの細さに7本を一束にして緯糸に使いました。

でもこれがまた面白い感じです。
糸らしくなく、何かがふわっとある感じです。

「失敗ということはない。それも個性。」
いつもこの言葉を心に織っています。

yu_ma_ba_3 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月05日

マット

beedde66.JPG
二重織りのマットです。

yu_ma_ba_3 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)