テキストキャッシュネットワーク 略して TCN

tcn-banner1

11月11日に全世界でプレランチが始まり、日本では11月14日に上陸して
まだ2週間ですが、日本でも登録者がドンドン増えていますね~!
世界では既に約200ヶ国で10万人を超えたようです。

日本でもドンドン増えているとは言っても、まだ200名ぐらいの一握り
世界の登録者ランキング国別を見ると、日本は35位ぐらい・・・。
日本はこれからですね~!

日本の携帯電話台数 1億台。 
グランドオープン後は、身近にある “携帯” ですか、ドンドン クチコミになるでしょうし
普通の方が1人で5人、10人は軽く紹介される事となるでしょう!
だから、このプレランチ中に出来るだけダウンラインを大きくしておく事が重要なんです~!

さて、本題ですが・・・
TCNの登録方法をこのプログでも掲載していますが、
住所を登録されていない方が結構いらっしゃるようです。

住所を登録しておかないと、自分のプロファイルだけは見れますが、
バックオフィス内のその他、全メニューは見れません。
例えば、①ダウンライン表、報酬プラン、サポートへの問い合わせなど・・・


貴方のLevel1のメンバーは登録されていますか?
下記の方法でLevel1だけですが、住所を登録されているか判りますので
メンバーさんへ住所登録方法など教えてあけて下さいね。

下記の手順で確認できます。
手順:
①貴方のバックオフィスへログイン
②メニューの「TCN Power Pay Systems」 → 「Your Power Grid」
③貴方のLevel1のダウンラインが表示されます。
④今度は各名前をクリック
⑤下記の画像が表示されると思います。(クリツクで拡大)
zyuusyo_nasi

⑥赤い矢印をご覧ください、ココに住所が記載されています。
  ココを記入しないと、バックオフィスが完全に機能しません。


では住所の登録方法をご紹介します。
住所は現段階では詳しく記入する必要はないようです。
県名市名町名までで結構です。

詳しい住所の登録方法は下記を参考にされて下さい↓
http://blog.livedoor.jp/yu_mail_win/archives/cat_122501.html


下記も参考にしてください。
★バックオフィス内のメニューを全て閲覧する為には、下記の記入が必要です。
■Docomo,SoftBankは・・・
①携帯番号の認証完了。               
②メールアドレスの認証完了。               
③住所の記入(とりあえず、県名、市名、町名まででOK)
※後日、時期が来たら各自で編集可能。

■au、その他の携帯は・・・
①メールアドレスの認証完了。               
②住所の記入 (とりあえず、県名、市名、町名まででOK)
③携帯番号の代わりに自宅電話番号を登録(とりあえず番号の一部を変更してもOK)   
※後日、時期が来たら各自で編集可能。