マナ@ブログ

SDA王滝2016<春>(100km)レースレポート

DSCF5762























今年もまた王滝へ行ってきました。もはやライフワークとなりつつあるSDA王滝への参加です。前回はバイクサンドスタッフでもあるNちゃんのアテンドということで、比較的気が楽な42kmでの参加でしたが、今回は100km。ちなみに前回の100kmはおととしの9月でしたが、このときは練習不足も祟ってか、無念の第一CP足切りでした。そういった意味においても今回はMTB'erとしての真価が問われるレースでもありました。

13239450_1052651648144061_2930625099918188058_n























以前の反省から今回は3カ月くらい前からトレーニングを開始しました。と言っても、なにか特別な事をするわけではありません。週100km程度のサイクリング(ロード)と、バイクに乗れない日はローラー台を約1時間乗るなどして、ペダルを回す感覚を忘れない様に心がけました。ローラー台については、最初の1〜2カ月はゆっくり回し、レース1カ月を切ってからは、インターバル(全力1分レスト3分x10本)を導入し、スピード系のトレーニングにも力を入れました。インターバル練習はホント吐きそうになるのですが、足元に汗の湖を作りながら、気合いで乗り切りました。

13237853_1052651644810728_3603150492758525126_n























また機材についてですが、今回はクランク周りにROTORのQリング(楕円リング)を導入し(F28T)、コンポもXTRM9000系の1x11sでスプロケットは11-40Tを導入しました。「おじさんは金でタイムを買う!」ではなく、あらゆる布石を打つ!ということで、レースの準備を行いました。

13262245_1008852349210990_2091850794_o























レース2週間前に風邪をこじらせ、体調面での不安が残りましたが、レース当日までにはなんとか回復。一番大切な最後の追い込みができませんでしたが、そのあたりは経験でカバーということで、レースに挑みました。
続きを読む

アピオジムニーインプレッション

12002952_916610335081527_3411708799146246667_n先日納車したアピオジムニー。6月の中旬に発注したので、約2カ月半で納車しました。通常は3カ月くらい掛かるといので、どちらかと言えばスピード納車です。どうしても王滝のレースに間に合わせて欲しいという、無理な願いを聞き入れてくれた、アピオさんに感謝です。

というわけで、一カ月弱ですが、約1500km走ったジムニーの簡単なインプレを行いたいと思います。 続きを読む

2015秋「SDA王滝42km」レースレポート

もはやライフワークとなったSDA王滝。この秋も「9王」行ってきました。今回も42kmにエントリーしたわけですが、いままでと少し違うのは、今回は自分のタイムを狙うのではなく、アシストとしての参加。当社バイクサンドが誇るスタッフ・ヒルクライマー女子のNちゃんの王滝完走をサポートするわけなのですが、果たしてどうなることやら・・・

IMG_8297

ちなみにNちゃんですが、なんどか王活(王滝活動)をご一緒させてもらったのですが、やはりアスファルトの登りでは全く歯が立たない・・・(苦笑) アシストする側の方が、される側よりも遅いという、前代未聞?波乱含みの今回の王滝でありました。

11811371_892663627476198_6406073078000450079_n
ース前の練習がモノを言う王滝は、本番を見据えたライドを、仲間たちと何度となく行います。

12002952_916610335081527_3411708799146246667_n
納車したばかりのジムニーにMTBを積んで、坂道を求めて行くのです!続きを読む

SDA王滝42kmレースレポート

昨年9月の王滝で痛恨の足切りをくらい受け、精魂尽き果てるとともに、自信を失っていたわけですが、心機一転、ゼロからのスタートを図るべく5王の42kmの参加してきました。前回の100kmの反省点は


\簑佚な体力不足

∪簑佚な練習不足

バイクの性能不足


などなど、枚挙にいとまがありません。なので今回はそのひとつ一つを見直し、レースに参加すると決めていました。


まず,鉢△砲弔い討任垢、しっかりと走り込みを行えば、対応することは可能なのでしょうが、もちろんそんな時間はありません。なので練習は限られた時間で効率よく行うことを心がけました。具体的には週に1回は距離を乗ること。レース前1カ月を切ったら、通常の練習に加え、負荷の高い練習を織り交ぜること。この2点です。詳しい事は割愛しますが、この半年間はこの2点については比較的守ることができました。


あとは自分の走りをもう一度見直しました。王滝は標高が高いので心拍が上がりやすく、心肺への負担が高いレースです。昨年末にロードの、金子広美選手とお話しする機会があり、このあたりの疑問を素直に聞いてみました。金子選手からいただいたアドバイスを総合的に判断すると、僕の走りはケイデンスが高すぎて、必要以上に心肺に負荷を掛けてしまっているのではないか?という結論に至りました。


なので、今回の王滝は80rpm以上は回さないというルールを自らに課して、トルク重視、引き足重視で、坂道に臨むことに決めました。


レース前、これまでの疲労を効率的に回復させるべく、積極的にBCAAを摂りました。(アミノバイタルpro)そして、レース前3日間は、まったく自転車には触れず、ひたすら体力温存、炭水化物を多めに摂取することも心がけました。最近始めた大好きな筋トレも我慢です。


IMG_5347

 























レース前日は、ゆったり目の移動。松原運動公園に到着すると、真っ先に献花台へ。ふたたびこの地を走れることに感謝しつつ、黙とうを捧げました。


その後は頭を切り替えてレースモードへ。久しぶりのイノブタ鍋で力を付け、寝る前に巷で話題のMagOnを1包。翌朝も寝起きと同時にMagOnを1包。マグネシウムは摂りすぎると、お腹が緩くなるので、摂取しすぎに注意です。


IMG_5349 

 






















以前100km組のスタートを見送ってから、42kmのスタート地点へ向かい、スタート場所に付いた時には、すでに誰もいなかった・・・というようなことがあったので、今回は余裕を持って1時間半前に出発。レース開始30分前には、スタートラインへ着くことができました。VESPAプロをひとつ飲んで、いざ勝負!

IMG_5368 

 

11270352_952623848122760_2046983237621989203_o

そしてスタート。レース中の写真は残念ながら1枚も有りません。(Photo by 千葉雅春)

 

スタート直後のアスファルト区間、実はあまり得意ではありません。42kmの場合はこのアスファルトで一旦一番後ろまで下がり、そのあとのガレ場で落ちてくる人を一人づつ拾っていくような展開になるのですが、今回は下がりませんでした。それどころか,かなり良いペースで前の人をパスすることができました。無論僕よりも早い人はたくさんいるので、バンバン抜かされもするんですが、トータルではかなりポジションをアップさせることができました。このあたりは29erの恩恵に預かることができたって感じですね!私見ですが、29erは斜度がきつくて、速度が落ちてくると、脚力が無いと厳しいです。反面0~5%程度の登り下りでは、持ち前の推進力と惰性が働き、無類の強さを発揮で行きます。王滝のアスファルト区間は、比較的斜度が緩やかなので、いい形で29erの強みを発揮することができました。

 

アスファルトを過ぎてから、18km地点までは、このコース最大(最長)の登り区間です。最も王滝らしい区間でもあるのですが、今年はジープロードがかなり整備されてて、走りやすくなっていました。いつもはこの時点で、かなり後方なので、一人旅が多いのですが、今回は既に前1/3くらいにいましたので、前も後ろも人でいっぱい。ほんのちょっと脇へ寄せて、ストレッチするだけで、あっという間に20人位に抜かされてしまいます。全参加者のアベレージ付近は団子状態で、ちょっとしたことで順位が大きく変動してしまうことを実感しました。腰に痛みは出るものの、心肺的にはさほどきつくありません。心拍計のアベレージは170前後で、数値的には厳しいのですが、VESPAが効いているので、さほど辛くはありませんでした。

 

スタート後の補給は、今回はクリフ・ショットジェルを2種類とパワーバー。クリフショットジェルは3包をフラスコに詰めて水で割りました。前半はライム系の爽やかな味。後半はカツを入れるためのカフェイン入りチョコレート味で勝負です。ジェルは30分に一回の割合で、摂り続けました。パワーバーは1時間に1回、脇によって休憩するときに、半分ずつ食べました。休憩は1回3分〜5分程度ですが、今回はトータルで20分くらい休んでいました。ちょっと休みすぎかも知れませんね〜〜

前半の坂を登り終え、最初の下り。感覚がまだ慣れていないので、ここは慎重に下るよう心がけます。最初の下りは、浅めの轍があるので、比較的走りやすかったです。

 

2回目の登り。いよいよ王滝スペシャルと言うか、ここから最後の登りまでは、道はかなりガレてて、いかにも5王と言う感じですね。走っていても軒並みパンクが続出で、そこかしこで、パンク修理をしている光景に出合いました。

 

今回タイヤはIRCのミブロ・マラソン・チューブレスを2.0Barで使用しました。若干エアが高めなのは僕がデブだからです。普通の人は1.6~1.8Barくらいでいいと思います。ミブロのマラソン・チューブレスは最高でした。他社製チューブレスタイヤにありがちな、ガチガチな固さも無く、コンパウンドも柔らかめでサイドウォールもこれで大丈夫かな?って、心配にもなったのですが、それは杞憂に終わりました。全くのノートラブル。傷一つつかず、レースを走り終えてくれました。やわらかめのコンパウンドは、ガレガレの王滝のコースによく食い付いてくれました。足元を気にする必要がなくなれば、目線は自然と前へ、前へとなるので、ポジションも良くなり、腰の痛みも軽減されます。タイヤを変えることで、腰の痛みが軽減されるとは思っていませんでしたが、嬉しい誤算でした。やっぱり王滝スペシャルタイヤは違いますね!

 

42kmはCPがひとつ。今回は約2時間半で通過(33km地点)。以前に比べて非常に良いペースです。この時点であと9km(と思っていた・・・)だったら、3時間半も切れるかな?と思っていたのですが、ここに落とし穴がありました。

 

ゴールまでは小さな登りが二つあって、その後7キロくらい下ってゴールだと思っていたのですが、42kmを過ぎてもゴールがありません。それどころかまだ登ってる???さらに「SDA王滝42km 45km地点」の看板が・・・「なんじゃそりゃ〜〜〜」ゴールまではCPからさらに18km走らされ、トータル50kmでした。駐車場のある松原運動公園からスタート地点まで11km登るので、結局61kmも走った計算になります。

 

CPでVESPA二つ目を注入し、再スタートしてからは順調でした。今回100kmの人には2〜3人くらいにしか抜かれなかったのですが、マシュンさんに喰らいついていきましたよ!(笑)ここまで来ると、基本的にペースが落ちてくるのですが、今回はラスト10kmが一番速かったかもしれません。バイクの軽さ、とりわけ今回新しい相棒である、MERIDA BIG NINE CARBONとDT SWISSの組み合わせは、本当に強かったですね。調子に乗ってゴール500メートル手前で転倒してしまいましたが、大した怪我もなく、ゴールにすることができました。

 

今回はトルク重視、引き足重視で走ろう!と、決めてスタートしたわけですが、レース中盤までは、足が持つかな・・・というような不安で一杯だったのですが、CP以降は絶対に大丈夫!という、確信が持てましたので、バンバン行くことができました。

 

やっぱり補給計画は大事ですね?3時間〜4時間というような、長丁場のレースになってくると、的確な補給が後半になって効いてくるというのを、改めて実感しました。無論練習も大事ですが、今回はきっちりとした、レース計画と実行があって、ある程度納得のいく結果が得られたのだと思います。引き続きがんばっていきたいと思います。

トータル時間3時間55分40秒 158位/424人 年代別57位
 

 

バイク:MERIDA BIG NINE Carbon1200D

ホイール:MAVIC CROSSMAX SLR 29er

タイヤ:IRC MIBRO MARATHON TUBRESS 29er

 

補給食:POWER BAR

   :CLIF SHOT ジェル

   :メダリスト顆粒(水)

 

バイク輸送:BIKE SAND

 

JMA日本マウンテンバイク協会 早川 学  

IMG_5392IMG_5399IMG_5409IMG_5415IMG_5418IMG_5423IMG_5424IMG_5426IMG_5428IMG_5429IMG_5430 

MERIDA BIG.NINE CARBON 1200-Dインプレッション

昨年の夏に遅ればせながら乗り始めた29er。メリダのBIG NINE 900というエントリーモデルでしたが、29erの特徴を理解するには充分な性能を持ち合わせていたバイクでした。

10428543_711252192284010_3753381991748400850_n























大径タイヤがもたらしてくれた走破性や登坂力は、僕のMTBライフに新しい楽しさを与えてくれましたが、同時にエントリーモデル故の気になる点も 、幾つかありました。まず第一にフレームの剛性が低いこと。そしてエントリーモデル故の重さです。フレームの剛性については、しなりやすいフレームは、疲れを軽減してくれるくれるというメリットがあるとされていますが、これは当たりでもあり、外れでもあるのです。詳しくは後述しますね。また重量に関しては、いくら軽量ホイールを履かせたところで、トータルのバイク重量は12~3kg台を行ったり来たり。やはりバイクは軽いに越したことはないですね。

軽いカーボンモデルが欲しいなぁ・・・などと考えていた矢先にひょんなところから、救いの手が差し伸べられ、同じメリダのカーボンモデルを手に入れる幸運に恵まれました。2012 BIG NINE CARBON 1200-Dです。希望小売価格が約30万円。レーシングスペックのフルカーボンXCレーサーです。同社のカーボン29erの中ではエントリーの位置づけですが、フレーム構成は上位モデル と一緒。コンポーネントで小売価格に差をつけられているので、今使っているモデルのパーツを投入すれば、フルスペックのレーサーが出来上がります。ただ、その前にまずはノーマルモデルをしっかり乗り込んでみようと思い、まずは近所のトレイルへと足を運びました。

10897981_788320244577204_734283238798829160_n
続きを読む

SDA王滝100kmへ参加してきました

DSCN2865






















約2年ぶりに王滝へ参加してきました。

ご存じない方へ簡単に説明すると、非常に過酷なMTBのレースです。その名のとおり、Self Discovery Adventureということで、降りかかってくるさまざまな困難を、自分で克服しながら、100km先のゴールをめざすレースです。コースは木曽山中の王滝村にある、普段は一般人が立ち入ることのできない林道を使って行われます。

「一般人が立ち入れない林道」というのがミソで、実際は整備もされていない、ガレガレのジープロードをひたすら駆け上がっていきます。獲得標高は3000mくらいになるのかな? 制限時間は10時間なのですが、下りは瞬殺で終わってしまうので、ほとんどの時間は登っている印象です。坂が大好きな人には、堪らないレースだと思いますが、コースがガレガレで、思ったように登ることができず、初めて参加する人のほとんどは、参加したことを後悔するほど、過酷なレースなのです。続きを読む

たかが29erされど29er!

1557379_701094496635729_3875571288922492042_o

















MTBのトレンドが26inchから29erや650Bへ移行して幾久しいのですが、僕自身もようやく29erのユーザーとなることができました。29er自体のレポは、今さら感もありますので、あまり詳しくは書きませんが、備忘録として、組んだ記録を残しておこうと思います。

今回組んだフレームはMERIDAのBIG NINE TFSのLサイズ。完組み車で17万円程度。アルミ製のいわゆるエントリーモデルですね。某所で行われたガレージセールでロックショックスのリーコンと併せて格安で手に入れました。(一応新品ぽいです)続きを読む

レフティのリセットをやってみた!

DSCN2713























キャノンデールのレフティは軽量でカッコイイのですが、スタックダウンしやすいという欠点があります。使っているうちにベアリングの位置がずれ、全長がだんだん短くなってしまうのだそうです。僕のレフティは2012年に一度修理に出して以来、ノータッチ状態。

先日友達から「シャコタンに見える!」と指摘されたので、試しに全長を測ってみました。

続きを読む

2年間付けっ放しのチューブレスタイヤのなれの果て・・・

IMG_1751
























タイヤって自転車の運動性能を決める最も重要なパーツなんですけど、乗れていない僕にとっては、手間が掛からないというのが、もっとも重要なファクターでありまして、そういった意味ではマキシスのモノレール(チューブレス)は非常に優秀なタイヤでした。

自分で過去の写真をチェックしてたら、ほぼ2年間ノーメンテナンスの付けっ放し(パンク無し!)というズボラさ・・・トレッド部分の確認もロクすっぽ行っていなかったのですが、とにかくノートラブルで、良く走ってくれました。続きを読む

Garmin Edge500のバッテリー交換

DSCN2500






















ライド時のサイクル・コンピュータとして、また後からルートやライディング時のデータをチェックできるGPSロガーとして、大活躍のGarmin Edge500ですが、日々の使用で内臓のリチウム・イオンバッテリーは確実に劣化していきます。

僕のEdge500は購入が2010年の12月。購入からすでに3年半が経過し、この間の走行距離は1万キロ程度ですが、フル充電しても時には30分で電源が落ちてしまうなど、バッテリーの不具合が頻繁に出るようになっていました。新品を購入すればいいんですが、本体だけでも2万円以上します。というわけで、今回は内部のバッテリーの交換にチャレンジしました。

尚、このバッテリー交換の行為は、本体の保証対象外になってしまうので、本記事を見て実行される方は、あくまでも自己責任でお願いいたします。 続きを読む

今年の雪(豪雪覚書)

Raw00014























すいません!今年の冬の猛烈な雪の覚書です!ただ写真を並べてるだけです!(2/8バージョン)続きを読む

恐怖のブルーバック顛末記。。。

IMG_1145























自宅のウインドウズパソコンがクラッシュしたのが先週の土曜日。復旧させるのにほぼ一週間を費やしてしまいました。当初はここまで手こずるとは思っていなかったのですが、思い込みと盲点・・・そして、バックアップの大切さ・・・そして、なにより、パソコン依存症である自分自身を自覚する、とてもよい経験となったクラッシュでありました。続きを読む

雪!

IMG_1006しかし今日はよく降りましたね!

藤沢に住み始めてすでに15年以上経ちますが、ここまで降ったのは初めてです。

昨年の1月もそこそこ降りましたが、ここまで本格的な降雪は2006年の1月以来8年ぶり。その時でもまだクルマは出せましたので、今回はほんと記録に残る降雪となりました。

いったいいつになったらクルマを出せるのだろう?って、そんなことばかり考えてしまいます。BMWはホント雪には弱いです。

ちなみに左に写真は生まれて初めて「雪」を経験した息子です。もう少し暖かい恰好で遊ばせてやりたかったのですが、手袋とか無かったものでしたので、ガクブル((((;゜Д゜)))のデビューとなりました。続きを読む

ローストビーフ悲喜交々!

1425659_564658010276763_1797420450_n






























昔から失敗は成功の母なんてよく言いますが・・・ローストビーフ・・・いやはや永い道のりでありました。続きを読む

変わるものと変わらないもの!

IMGP2367





















地元のバイク仲間の俊さんとはもう10年来の付き合いで一緒に大型免許を取った仲でもある。

免許取得後も家が近いということもあって、良く一緒に走りに行ったものだ。バイクも同じSUZUKIのGSX-Rで黒い1000が僕、白い750が俊さんである。

(ブログの表紙変えました!メリダのロゴも入れましたよ!)続きを読む

金属の焼け色の話!

1309230100524L























最近アウトドア関連のグッズを使うようになってきてから、急に気になりだした金属の焼け色。オートバイに御乗りの方でしたらご存知かと思われますが、マフラーの焼け色のお話です。続きを読む

29erを組もう!

IMG_0869世の中は650Bが話題の中心で29erは下火?っていうか、完全に定番商品と化した感がありますね!

僕はっていうと、持っているクロカンバイク3台はすべて26inchで、プレイバイクも26inch。実は完全に時代に乗り遅れていた訳であります!ww

もちろん29erや650Bに興味が無かった訳ではありませんが、他に欲しいものがたくさんあったことと、26inchのフラッシュの完成度があまりに高く、他に乗り換える気が全くしなかったのも事実です。

そんな折に某監督からガレージの整理整頓をするので・・・との連絡をいただき、渡りに船とばかしに顔を出してまいりました。





続きを読む

渚橋でライド&BBQ!

IMG_0852























寒い日が続きますが皆さま元気にライドされていますか?僕は相変わらず乗れていません。

今日は昨年末に降雨のため中止となった「走り納め」のリベンジライド&BBQでした。われらが大船会は足掛け2年〜5回連続ライド中止の憂き目にあっており、今回も一部で降雪の予報が出ており、開催が危ぶまれたのですが、なんとか天気も回復し、絶好のBBQ日よりとなりました。続きを読む

炉ばた大将!鉄板大将!

IMG_0766
























過日お世話になった先輩がフェイスブックで「炉ばた大将」なる、ガスコンロを購入して、美味しそうに焼き物をしている記事を発見しました!

ファミリーバーべキュラー?にとってこの時期は鬼門。外で焼き物をしたくても、家族は誰もついてきてはくれないんです〜〜(ToT)

続きを読む

初売り!

IMG_0543昨年の秋にBBQにハマって以来、いろんなアウトドアグッズを購入しているわけですが、今日は横浜西口のマイクスで新春初売りセールがありました。

コールマンの高級ブランドであるマスターシリーズのテーブルとチェアが安く売り出されるとのことでした。

ちなみに、現在わが家のBBQ用品ですが、オールインワンタイプのテーブル&チェアを使っています。(写真参照)これはこれで便利なのですが、写真のようにメインで使っている卓上コンロ(ユニセラ)を使うと、微妙に使いづらいんです。 













IMG_0547ちなみに今日売り出されるマスターシリーズのテーブルとチェアはローサイズを意識して作られていて、座面、卓面ともに規格から10cmくらい低いんです。卓上コンロを乗せて使うにはベストな高さな分けであります。

 しかしマスターシリーズはいかんせん価格が高い・・・というわけで、今日のセールに賭けたわけです!続きを読む
WELCOME
最新コメント
フォローよろしくね!
My Favorite

にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
livedoor プロフィール
記事検索
どこからきたの?
  • ライブドアブログ