大は小を兼ねる。

座右の銘である、「大は小を兼ねる。」の視点で、世の中が適材適所な配置に収まっていくような提言を・・・ というのは関係なくあくまで、アビスパやサッカーについて語ります。

福岡×浦和(Jリーグ.jp)

とりあえず無理そうなところから試合しとくのは大賛成!

リオ五輪代表に南野、浅野ら18人 復帰の中島、負傷中の岩波も選出(スポニチアネックス)

亀ちゃん、代表選出おめでとう!!!

ここに向けて長い間自分を高めてきた結果が、この日の晴れての代表選出に繋がったわけですし、特にアビスパに移籍してきてからの2年間は、チームではSBとCBをこなす主力中の主力として試合に出続けながら、オフもなく代表にも合流して試合をこなすというハードな毎日を送ってきましたので、努力が報われてホッとしていると思います。

今日まではそれで良いですが、明日からは気持ちを切り替えて、チームにいる間は残留に向けて、代表に合流したらメダルのためにまた努力を積み重ねて欲しいですね。

特に、今回のOA枠は亀川のポジションの藤春を使われてしまいましたので、左SBで試合に出るためには藤春を越えなければなりません。
右SBでの出場であれば、怪我明けの室屋との競争になりますので、まだ可能性はあるでしょうから、そこでの出場を狙う形になるでしょうかね。
どちらにしても、大会中の過密日程で両サイドができる亀川は重宝すると思いますので、その部分を見込まれての選出ということで、その強みを存分に生かして来て欲しいですね。

そして、トレーニングパートナーとして東京五輪世代の冨安もメンバー入り。
これは将来に向けてかなりの経験になると思いますので、先輩方に食らいついて、どんなものでも貪欲に吸収してきてほしいです。

この五輪メンバー入りを目指してきた金森、為田、勇太には残念な結果になってしまいましたが、チームがJ1にいる限り、A代表は近くにあるはずです。
これは、彼らだけでなくチームに所属する全員に言えることですけど、五輪メンバーには入れませんでしたが、努力を続けていれば、結果を出し続けていれば、もっと上の世界が見えるかもしれません。
そういうところを目指して、まずは直近の目標であるアビスパの残留というところをつかみとって欲しいと思います。

ただ、チームとしてはこのオリンピック期間中、亀川と冨安を失うわけですから、そこのところのケアも必要。

今後のスケジュールとしては、7/21の直前合宿から亀川と冨安がチームを離れ、早くてグループリーグが終わる8/10ごろ、最大では決勝が行われる8/20まで欠くことになります。
チームの試合としては、7/23の鳥栖との九州ダービーから、7/30仙台戦、8/6大宮戦、8/14鹿島戦ぐらいまでは確実に、うまく行くと8/20新潟戦までも戻らないかもしれないという状況。

まぁ、これはシーズン前から分かっていたことですから、残りの選手が頑張らないといけないわけですが、ここはチャンスと捉えて前向きに行くこと、亀川抜きでの攻撃が鹿島戦では古部でしたが何とかなるように、全体で上げていかなければならないですね。



まずは守備をしっかり


さて、ひとしきり喜んだところで現実に戻りましょう。

1stが2勝どまりということで、全体にかなり後れを取る最下位で折り返すことになったアビスパですが、2nd開幕から厳しい相手である浦和と対戦することになりました。

個人的には、リーグ終盤で望みがあるチームと当たった方が良いので、浦和、鹿島、広島と言ったあたりは早めにやりたかったのであまり問題ではないんですが、1stが散々な結果だっただけに、ここで大敗するようだと今後の士気にもかかわってきます。

少なくとも川崎には良い試合が出来て、鹿島には実力差を見せつけられたものの、戦えなかったわけではなかったと言った手応えを、この試合にぶつけて、ホームで勝点を奪い取りたいですね。

今季の浦和は、1stステージの優勝争いに加わっていたものの、鹿島、G大阪、広島と当たった3連戦で連敗して優勝争いから脱落しました。
ACLも敗退し、残るタイトルは確実に優勝争いに絡んでいきたいところ。
当然、2ndステージの優勝というところは視野に置いていると思いますので、1試合も落とせない背水の陣で福岡に乗り込んで来ると思われます。

1stでの対戦では、アビスパに試合序盤からミスが出て、しっかり守備から入りたかったところですが、簡単に失点したところから、試合を難しくしてしまいました。
点数自体は2点取られただけでしたが、内容で圧倒され、とても同じリーグで戦うレベルのチームではないというトラウマに似たイメージを植え付けられたと思います。

浦和の特徴といえばやはりその攻撃力。

得点こそ、1stでも川崎、広島、鹿島の後塵を拝しているものの、常に攻撃にプライオリティを置いたボール運び、人の連動性は見るものを魅了するサッカーです。

基幹システムであるミシャ式3-6-1は、守備時には5-4-1にも変化する広島に近いシステムですが、こと、攻撃においては5トップに近い形で選手がポジショニングしてきますので、その圧力に対戦するチームは自然とDFラインを下げてしまうというところはあると思います。

主に狙っているのは中央突破で、ボランチの柏木から前線の李、武藤、興梠というところに精度の高い縦パスがきっちり足元に入ったところから始まります。

そこから、前線3人の連動性でフリックしたり、ワンツーを使ったりとダイレクトに人とボールが動くことで相手のマークを交わし、決定的なエリアに入り込んでくるという攻撃は、どのチームもそれをやりたいと思っていながら中々可能になっていない、レベルの高い崩しです。

そして、中に人を集めて中央突破を封じようとすれば、両ワイドに開いたWBへDFラインからダイレクトに長いボールが入り、そこへ慌ててスライドした時には縦に抜けられてフリーでクロスを上げられるという攻撃も持っています。
特に、関根、宇賀神という両サイドの選手は、個人で突破する力も持っていながら、抜ききらずに上げるクロスも秀逸で、距離を開ければクロスを入れられ、距離を詰めれば交わされると、非常に厄介な選手たちです。

前回の対戦では、5バックで入ったアビスパは、古巣対決となった濱田を中央に配し、ヒョヌン、實藤で中央の3人を、北斗、亀川で両ワイドの二人をケアしようとしましたが、結果的には数的同数の相手を捕まえられずに、ミスも重なった自滅に近い形でした。

そして、同じようなシステムを用いる広島とも、5バックで挑み、見事に弱点を突かれて大敗。

まともに考えれば、チームの今の守備の連携面も重視するなら4バックで行くと思いますが、井原監督はどう考えてくるでしょうか。

4バックであれば、神戸がやっていた守備が面白かったなと思うんですが、相手のサイド攻撃に対して4枚が一気に相手サイドに寄せ、スペースが空く反対サイドの最終ラインまでサイドハーフが落ちるという実質的な5バックの形でした。

アビスパで言えば、例えば左の関根がボールを持った時に、亀川がまず関根に行って、相手の李、武藤、興梠をヒョヌン、堤、北斗で見て、反対サイドで待つ宇賀神を城後がDFラインに降りてきてチェックするという形です。
これだと4バックでも相手の3人をしっかりケアできますし、ボランチの一人であるダニルソンがDFライン近くまで降りてゴール前を固めることも出来ます。

ただし、ここで問題になるのは、サイドハーフが常に最後尾まで戻って守備をしますので、かなりの運動量が要求されますし、そこから攻撃に転ずるということで、神戸の様にレアンドロとペドロ・ジュニオールの様な二人だけで相手DF陣を攻略できるレベルのFWを擁しておく必要もあります。
また、これだとケア出来ないのが柏木と阿部の存在、そしてこの状況下でも果敢に攻撃に参加してくる森脇、槙野の二人も同様です。

神戸がやられたのは、槙野、森脇が攻め上がって来た状態に対して、前の選手の戻りが遅れたため、DFラインが我慢できずに持ち場を離れてしまい、裏を疎かにしてしまったというところがあったためで、こういう形で守るのであれば、やはり前の選手が相手のオーバーラップに対してどれだけプレスバックできるか、というところでしょうね。

アビスパとしては、4バックで入りながら、両ワイドの城後、金森も積極的に守備に参加して、相手のサイド攻撃を封じ、前を塞がれた浦和のサイドの選手が一旦ボランチの柏木、阿部に戻したところで、ボールを奪えれば一番良い形にできるでしょうね。

大事になってくるのが、この守備と攻撃を繋ぐところ。

ダニルソンは守備的に入ってもらうとして、もう一人のボランチの存在が鍵を握ります。

相手の柏木、阿部はロングシュートもある選手。
シュートが怖くて距離を詰めれば、ショートパスに切り替えて裏を取られますので、飛び込むわけにも行かないという中で、ジリジリ下がってDFラインに吸収されてしまうと、中盤でのチェックが効かなくなるので、邦本を下げさせなければ相手の森脇、槙野がこのスペースを使ってきます。

末吉も、このポジションでしっかり相手のボールを奪って攻撃に繋げるということはうまい選手ではありますが、恐らくこの部分の精度を求めて、今回の三門の獲得に繋がったと思います。
補強した選手をいきなり使ってくるかは分かりませんが、アビスパは崖っぷちですので、行けるならぜひ起用してほしいし、この部分の仕事がうまいのが三門です。


ゴールシーンではないですが、奪ってからカウンターを成立させるまでの良いシーンが上がってましたので使わせてもらいました。
0:20過ぎからのプレーですが、相手のボールホルダーに厳しく当たり、ボールを奪い取ってから前に持ちだした三門が、齋藤の上がりを待って、絶妙のスルーパスを通したシーンです。

もちろん、周りの選手の切り替えが非常に早かったのでシュートまで行ったシーンではありますが、この浦和との試合でも、柏木、阿部のところで出しどころを探すような状況に持ち込めれば、ここを狙ってカウンターというシーンは作れるかと思います。
そうなった時に、攻守のリンクマンとして存分の力を発揮できる三門の起用は、アビスパにプラスを与えてくれる存在だと思います。

そうなるためには、当然最終ラインで相手の攻撃を跳ね返す形が何度となく表れなければならないですし、前節の神戸の様に球際で敗ける、切り替えが遅れるという様なシーンがあれば、こういう形ができる前にゴールを決められてしまいますので、まずはしっかり守ること、弾き返すこと、球際で敗けないことは重要です。


速攻とハイボールで崩す


浦和は決して守備が強いチームではありません。

ただこれは、攻撃に比べてというだけで、全体を見てみれば、1stでも16失点しかしておらず、失点が多い方ではありません。

これだけ攻撃に力を入れているチームですから、ボール保持の時間が非常に長いため、攻撃は最大の防御を地で行っているチームとも言えるかもしれません。

守備時には5バックになる形が多いものの、ここまで押し込まれることはそうなく、失点シーンはどちらかと言うと、相手の速攻にやられていることが多いように思えます。
裏を返すと、前がかりになった時にミスで奪われて失点する形が多いとも言えるかもしれません。

サッカーでは攻撃は守備の裏返しなので、前述の様に中盤でボールを奪えれば、速攻の形は作れます。
ここでいかに手数をかけずに縦に早く攻められるかが重要で、前で時間がかかると相手も戻ってきますので、チャンスを失います。
何ならウェリ、邦本、金森ぐらいでシュートまで持っていければ、アビスパにとっては理想の形と言えますね。


そして、何と言ってもウェリントンをどう生かすか、というところでは、どれだけ割り切ってウェリントンに頼れるかということもあると思います。

各紙でもどこでも、課題はウェリントン以外の攻撃の形と言っていますので、それはもちろん大事ですけど、繋ぐことにこだわって後ろで回しているだけでは、当然前には進めません。
後ろでのボール回しが、何のために行われているかを全体で共有し、ではその中で前の選手にはどう動いて欲しいのかを考えて行かなければ、相手にボールを晒すだけになってしまい、徐々に苦しくなって結局後ろにボールを返し、GKから長いボールを蹴りだすか、相手に取られて大ピンチ、と言うのが最近の傾向です。

このボール回しでは、邦本や金森がある程度のラインまで降りてきて、縦パスを受けに来なければなりませんが、そこからどう繋ぐかが不明瞭になってしまっているので、基本的にはウェリントンに蹴り続けるというサッカーしかないと思いますね。

当然、相手は研究してきてそこへの対策をしてきていますから、あまり効果を出せていないのが現状ですが、距離感が近まれば、川崎戦の様なゴールは生まれると思います。
後ろで回してミスからピンチを招くようであれば、簡単に蹴り続けるのも手ですし、前半は0で終えるというサッカーであれば、ある程度割りきって長いボールは全然ありだと思います。

その中で、やはり大事にしたいのはセットプレー。
仮に三門が先発するようになれば、自慢のキッカーである末吉、惇が試合に出ないことになりますので、キッカーは邦本ぐらいしかいなくなります。

ある程度の距離であれば、邦本、北斗が狙う形は取れるでしょうけど、CKなどは全て邦本が蹴るということになるかもしれませんね。
それでも、ウェリを生かして得点機を増やさなければ、勝点は難しいわけですから、今一度セットプレーの攻撃に関しては見直して、準備をして行きたいですね。



ここから反撃開始!


運命の2ndステージが開幕します。

今のところ補強は三門のみ。
どういう動きがあるのか分かりませんが、あと17試合しかない中で、勝点を30近く積み上げなければならないわけですから、今いるメンバーでどれだけ戦えるかというところに注力していくことになるでしょう。

その中で、1stになかったものは、三門の加入とダニルソンのコンスタントな試合出場、邦本の成長という部分でしょうか。

それらが積み上げだとすれば、アビスパまだまだ成長の余地があるチームだと言えますし、1stステージから2ndステージに向けて、残留のライバルクラブも補強している中で、今まで以上のものを出していかなければならないわけです。

今節の浦和は因縁深い選手も多い相手です。
否応なくモチベーションも上がるでしょうし、その意味では残留だけを見据えて戦うのではなく、自分の成長を古巣に見せつけるために、という前向きなモチベーションで戦うことはプラスになるはずです。

降格するチームは、後ろ向きな戦いかたにどうしてもなってしまうもの。
でも、今季のアビスパは、積み上げていくチームですから、初めからあったものが出せないのではなく、初めからない中で徐々に積み上げて行っているんだという、ポジティブなマインドで試合に臨みたいところです。

うまく行っていないということは決してありません。
努力している中で、ナビスコカップ(YBCルヴァンカップ)もノックアウトステージに初めて進めました。
オリンピックにも初めて選手を送り出すことが決まりました。

ポジティブな出来事は一杯ある中で、結果だけが出ていないだけです。

そして、それはまだ終わったわけではありません。

確かに、直上のチームとの勝点も一つの勝利だけではひっくり返せない差はついていますが、一つ一つ近づいて、追い越して行けば良いこと。
あと17試合終わった後に、順位を4つ上げていれば良いだけのことです。

今は優勝争いをするまでになりましたが、浦和もこういうところから始まったクラブですし、広島も柏も、J2降格を味わったところから再生したチームです。

この試合、勝つというのは非常に困難なミッションですし、奇跡に近いと思いますが、相手もミスをします。
そのミスに乗じて、得点ができるか、失点を防げるかというシビアな戦いの最中にいるというだけのことです。

ただ、おそらく満員に近くなるレベスタで戦うということだけは忘れてはいけません。
それだけの観客を前に、浦和にも決して引かない姿勢、簡単に朽ちない強い意志をぶつけて行かなければなりません。

それだけのものは、博多の漢なら持っていると思いますので、たった何日間かしかまだ福岡にいない三門も含めて、チームとしての戦う姿勢を前面に押し出して行きたいですね。


細かいテクニックは後だ!とりあえず、相手に必死で食らいついて、勝点を掴みとってこい!

邦本、堤、濱田は特に、他の選手たちも浦和を前にしてだいぶ燃えているでしょう。
5年前の浦和戦は相手の圧力に圧倒されましたが、アビスパもそこからだいぶ成長したはず。
その成果を、相手のサポーターにも見せつけてやりましょう!

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策




鹿島×福岡(Jリーグ.jp)

終わってみれば相手のどこに隙があったのか、全くわからなかった完敗・・・

ちょっと試合からは間が空いてしまいました。
週末から週初にかけて忙しくしていましたので、試合自体はリアルタイムで見たものの、レビューを書けていませんでした。

まぁ、振り返るほどの試合かな、ということもありますね。
選手は頑張っていましたが、その差に圧倒されました。

鹿島にとっては1stステージの優勝が決まったから大きな喜びがあった試合だったでしょうけど、アビスパにとっては、まざまざとJ1の壁を見せつけられた様で、何とも後味の悪い試合となってしまいました。

実力差と言ってしまえばそれまで。
アビスパにはこの日がJ1初出場という選手も確かにいましたが、国際大会に出場した選手も、J1でずっと試合に出続けてきた選手もいましたが、チームの総合力のところで鹿島とアビスパでは決定的に違うものがある、ということでしょうね。

試合の入り方自体は悪くなかったものの、いつの間にか鹿島のペースになっていて、後半に入るともう点が取れる雰囲気が全くなくなりましたからね。
それだけ勝利に向けて堅い試合ができるのが、王者鹿島の王者たる所以なんでしょうけど、なぜ鹿島にはそれが身について、アビスパには身につかないのか、当然一朝一夕ではない積み上げられたものの大きさを感じました。

こういうチームになっていきたいし、こういうチームと優勝を争えるチームになっていきたい。
そのためには、鹿島が普段やっている以上の、何倍もの努力が必要なんでしょうけど、私たちの選手たちに、いつかそういう栄光を味わわせてあげたいですよね。
とりあえず残留を目指す今季の戦いにおいて、2ndステージもこのカードからは勝点を計算するのは難しい、そのつもりで他のチームから必死で勝点を奪うということが求められます。

そうは言っても、何も出来なかったわけではない、ということで、鹿島とアビスパを分けている明確な差について考えていきたいです。


試合巧者鹿島にペースをひっくり返される


この試合、鹿島に勝利を献上しなければ、1stステージの優勝争いをもっと面白くできるということで、アビスパとしてはこの試合の結果にかかわらず1stステージを最下位で折り返すことは確定していましたが、モチベーションが高かった試合だったと思います。

奇しくも2試合連続でその時点での首位のチームと当たることになりましたが、結果だけを見れば、鹿島と川崎は全くその完成度、チームの個々のレベルの平均値から見ても違いましたね。

アビスパはこの試合、前節の手応えもあった中で、出場停止の亀川の替わりに古部が入っただけで、後は同じメンバーでスタートしました。
戦い方としては前節を踏襲し、立ち上がりからアグレッシブに入りました。

序盤、鹿島もさすがの優勝を前にして固くなっていたのか、はたまた城後の仕掛けたエンドチェンジが功を奏したのか、鹿島を押し込む場面もあるなど、やりにくさを感じたとは思います。

ここで得たチャンスでしっかりシュートを枠に飛ばすということが出来ていれば良かったですが、右サイドに抜けだした金森のクロスをほぼフリーでウェリントンがボレーシュートを放つも枠の外に。
こういう数少ないチャンスを生かしていけないと、アビスパは勝点を稼ぐことは出来ません。

アビスパが決定機を外している間に、徐々に鹿島がペースを握っていきます。
鹿島は、おそらく戦前のスカウティングで、アビスパの最終ラインの選手の距離感の取り方に、攻略の糸口があることは分かっていました。
速攻の形になってサイドから崩そうとした時に、寄せるSBと、それに呼応してCBが横ずれする時の距離感にアビスパは問題がありますので、よく選手と選手の間にパスを通されてしまいます。

結局、失点のシーンに繋がるCKとなったプレーでも古部が裏を取られるわけですが、そのカバーの意識だったり、距離の詰め方のところが徹底されていないので、一つのパスでいきなりGKと1対1の大ピンチを作ってしまうシーンが多々あります。
J1の強豪はだいたいそういうところをしっかり突いてきますよね。

あとは、ブロックを作っているDFラインとボランチの間で受ける選手を捕まえられないというところですね。

鹿島の前線は、特に金崎がサイドに流れることが多いため、こういう攻撃の仕方をあまりしてこないと思っていましたが、この日は土居や二列目の杉本、遠藤なんかがうまく絞って真ん中で受けるという意識も持ってやっていましたね。
J2とJ1の違いは、この間で受ける選手がいるかいないか。
そして、その間で受ける選手の受け方がうまいのと、受けた後のプレーの選択肢が豊富なのがJ1のチームです。
アビスパは間で受けられると守備が後手に回ってしまいますが、その上で、間で受けた選手が前を向いて必ず仕掛けて来るので、そこから失点するケースが増えます。

先制点は、そうやって崩されて与えたCKから。

これは、もうゾーンが悪いとか、マンマークだったらやられなかったとかのレベルの話ではないので、CKから失点するといつもゾーンをやめた方が良いんじゃないかという意見がちらほら見られるんですけど、この失点に関して言えば、防ぎようがなかったと言えると思います。
確かにゾーンの弱点である人と人の間に後ろから飛び込まれるという形でしたし、それがヘディングが決して不得意ではない城後とヒョヌンの間だったと言うことで、アビスパとしては防ぎたかった失点ではありましたが、あそこに狙いを持って飛びこんだ山本と、そこにうまく落とした柴崎のキックの精度を褒めるべきだったと思いますね。

ただ、前節の前半の失点のシーンもそうですが、この試合のこの先制点のシーンでも、本来そこをマークすべきは、戻って守備に参加している邦本なんですよね。
ゾーンで守るウェリ、ダニらのラインより、一歩引いた位置にいた邦本ですので、基本的な役割はこぼれ球を拾ってカウンターに繋げるということだったと思いますが、自分の後ろから山本が入っていっているので、邦本がそれに気づいてちょっとでも体を寄せていれば、そのシュートを打ったポイントに侵入するのが遅くなって、合わなかったかもしれません。

前節も、気持ち大島に寄せていっているように見えますが、これが本気で潰しに行っていれば、小林へのラストパスの精度は落ちたかもしれませんし、今のアビスパは、ウェリを除く10人で何とか守って虎の子の1点を取るという形でしか勝機が見えませんので、ゴール前での局面では、もっと守備に責任を持ってほしいですよね。

邦本は、攻撃面で既に外せない選手になっていますし、あの若さの割に献身的に守備が出来ている良い選手だと思いますが、ふと集中力が抜ける瞬間に、失点の場面に介在してしまっていることが多いです。
それならば、いっそのこと守備に加わらせないのも一つの策ですし、ゴール付近ではなく、相手陣内に邦本が張っていれば、CKの時でもそのマークに相手は二人は割かなければならないわけですから、邦本の負担も軽くなります。

その意味では、ゾーン云々、マンマーク云々が失点の原因ではないということで、そこに話を持っていくのはやめておいた方が良いのかもしれません。
個人的には、鹿島との身長差などを考えれば、この試合は当然ゾーンで守るべきだったと思っていますけどね。

この失点でアビスパは確実に意気消沈してしまいました。

鹿島相手にリードを許すことがどういうことを意味するのかは、身を持って知っている選手が多かったからか、前半から飛ばしすぎたことを踏まえて一旦落ち着こうという指示だったのかは分かりませんが、明らかに前に進むスピードが遅くなってしまいました。

相手のボールを奪えても最終ラインということが多いアビスパですから、何らか効果的な攻撃をするためには、なるべく早く前線に届けなければなりません。
それで、一つは前線に配しているウェリントンの強さを使って長いボールで一気に陣地を稼ぐということがアビスパの攻撃の一つになっていますが、これが鹿島相手に全くハマりませんでしたね。

私は試合前にはウェリントンには植田が競ってくるだろうと思っていました。
昌子と植田が組んだとしたら、間違いなくそうだったと思いますが、この試合昌子は出場停止。
代役に入ったブエノが、主にウェリントンを見るという役割に徹していて、人に強いブエノがうまくウェリントンを抑えていましたね。
ウェリントンも抑えられればだんだん熱くなりますので、策士小笠原にけしかけられて我を忘れるシーンもあり、失点後は特にそういう鹿島のしたたかさの前に、やりたいサッカーをやれないという歯がゆい時間が続いてしまいました。

その中で、更に失点を重ねます。
中盤で相手のファールを受けたように見えたシーンで、セルフジャッジによってプレーを止めたアビスパを尻目にボールを運び、後手を踏んだアビスパDF陣をうまく交わして土居が追加点。

形自体は速攻ですので、どうしようもなかった失点と言えば失点でしたが、このシーンに限らずこの日のアビスパは判定にナイーブになって、セルフジャッジで後手を踏むシーンが多く見られましたね。
また、試合後のコメントでも珍しく井原監督がこのシーンに言及し、主審の反省を促したことからも、この失点に繋がったジャッジ自体は問題としてとりあげてもらいたいレベルなんだと思いますが、それで自分たちからリズムを崩し、相手に点を献上してしまうようなチームでは話になりません。

主審のジャッジがおかしいのは今に始まったことでもなく、先日放送されたJリーグラボで上川さんが出ていた回で、再三組織としての姿勢、是正されるべきポイントを指摘した野々村さんに対して最後まで審判部の二人は首を縦に振ることはありませんでしたので、リーグとして主審がミスジャッジをしようとも、それを追求することはないし、もっとジャッジのレベルを上げていくことへの努力という部分が、やっているんでしょうけど目に見えてこないのは変わりようがないということがよく分かりましたので、派手に抗議したところで、組織に守られている審判たちはより頑なになるだけです。

結局は誰の言い分が正しいのかは分かりませんが、過去には「○ね!」発言があったかなかったかで問題になったこともありましたし、昨季はアビスパに在籍していた酒井宣福に対して、「お前、日本語話せるんだ」発言があったかなかったかも問題になりましたので、主審と言えども必ずしも人格者ばかりというわけでもないでしょうし、人間ですからミスはあります。
それに対していちいち声を荒げて抗議していても、判定が覆ることはほとんどないですし、逆にこういう形で痛い目を見るというのはよくあること。
それであれば、すぐに切り替えて次のプレーをすることも大事ですし、あってはいけないですが、そういう誤審で試合を落としてしまうことも、サッカーの一部なのかもしれません。

この試合、この失点シーンだけにとどまらず、セルフジャッジと抗議で散々無駄に時間を消費しましたが、金森にしても邦本にしても、攻撃時にファールのアピールばかりでボールを前に運ぶという最優先事項を疎かにするのはやめて欲しいですね。
金森は一つ、相手のファールばりのチャージにも持ちこたえて、もう一歩前にボールを運んだシーンがありましたが、そういうプレーこそ賞賛されるべきだと思います。
元来そういう球際でも強い選手なんですから、倒れないで前に運ぶ強さというものももっと見たいですよね。
怪我をしてほしくないので、深刻なファールに関しては主審に抗議し、再発を防ぐということも必要なんだとは思いますけどね。
邦本なんかは、倒れてアピールしてたら金森のドリブル方向と被ってしまって逆に邪魔をしてしまうみたいなシーンがありましたが、それこそ本末転倒だと思います。

結局、失点以降は鹿島の旨さが際立った前半。
これをどうひっくり返すか、というところでは、鹿島相手にどんな手持ちがあるかという部分で、更に苦しくなる後半を迎えてしまうわけです。


全ての策を封じられた後半


この試合、この2点差のまま終われば鹿島は1stステージの優勝が確定する、このまま試合を終わらせれば良い、という立場を得た時の鹿島は非常に強いです。

これはもう伝統ですね。
Jリーグ開幕から脈々と受け継がれている常勝軍団鹿島のDNAというべきものでしょう。
例え相手がネズミの様にちっぽけな存在のチームだったとしても、そこを全力で叩き潰さなかったら痛いしっぺ返しを食らうことを骨身にしみて知っているので、リードしたまま試合を終わらせることに後半は全力を捧げます。

アビスパは、この2点をどうやって返すかを考えた時に、鹿島が出方を変えなければ、ある程度まで引いた堅いブロックを崩さなければならないですし、出方を変えてくるならそれに対応しなければならないと、色んなことを考えてすぐに手は打ちませんでした。
ですが、やはり2点を追いかけるということでは、若干末吉のポジションを高めにして、前でボールを奪ってすぐサイドに散らすということを狙っていた模様。
それが功を奏してサイドの古部の攻め上がりを促し、クロスを放り込むシーンまでは持って行きますが、中々決定機は作れません。

鹿島は、この2点を維持しながらチャンスがあれば攻撃に比重をかけるという形で全体的にはゲームを落ち着かせるという働きかけを行ってきましたが、特に中盤の攻防のところではかなり激しく来ていましたね。
アビスパとしては、ボランチのところでも前を向けない様では、DFラインから縦に入れるしかなくなります。
そうなれば、ウェリントンは強いものの、この日のブエノも非常に集中していましたので、弾き返されるシーンが多く、仮にコントロール出来ても全体を押し上げられていないので、セカンドボールを拾うまでには行かず、というシーンの連続でチャンスを作るまでには至りませんでした。

アビスパは、後半も20分をところで、より攻撃的に行くためにボランチの一枚である末吉を外し平井を投入、動きの悪かった金森を下げて坂田を投入し、より攻守にバランスを取らせる役割を任せます。
この交代によって、中盤をダイヤモンドにして、アンカーにダニルソン、右サイドに城後、左サイドに坂田を配し、平井、ウェリの2トップの下に邦本を入れるという攻撃的な布陣に変更しました。

このシステム変更によって、アビスパは邦本にボールを集め、相手のブロックの間、間で受けてもらえるように持って行きたかったと思っていましたが、実際は邦本はサイドに流れてそこから連携でサイドを崩そうという狙いを実行するばかり。
この後、結局邦本に疲労の色が濃くなったので為田と交代させるわけですが、その為田に対してはサイドに流れるように監督から指示が出ているというリポートもありましたので、井原監督としては4-4-2のダイヤモンドにした段階で、中央から崩すというイメージではなく、トップ下の選手がボールサイドのサイド攻撃に参加することで、数的優位を作り出し、そこから相手陣形を崩すという狙いを持っていたことが分かります。

ですが、サイドの守備に関してはそもそも1対1に強い選手が多いということと、真ん中の選手のヘルプも早い鹿島ですので、中々チャンスは作り出せず、邦本自身はもしかしたらこのサイドから崩すという指示に納得していなかったのか、交代直前のプレーでは真ん中に位置してそこからラストパスの配給を考えていた様ですので、平井が相手DFラインの裏に抜け出してクロスを送るというシーンで出した平井へのパスなどは、中央に位置してそこから出したものでしたので、相手の隙を突く良いパスだったんですけどね。

こうなってしまうとこちらのチャンスよりも、1ボランチになったダニルソンの脇のスペースを鹿島にうまく使われて逆にピンチを作ってしまうという展開に持ち込まれてしまいます。
その流れから決定的なシーンを鹿島に作られますが、何とか追加点は与えず、そのスコアのまま試合が終了し、鹿島の1stステージの優勝が決まりました。

鹿島は中々選手を変えてこないなぁと思ったら、試合終了間際にこの試合をもってチームを離れる青木、ジネイを投入する粋な采配を見せる余裕まである完璧な試合運び。
ファン、サポーターにとっては優勝が決まり、なおかつチームの功労者を万雷の拍手で送り出す機会まで作ってもらえると、大満足の試合結果となりましたね。


奇跡の残留を成し遂げるためには


さて、最下位でしかも残留圏と勝点差6という厳しい条件で1stステージを折り返すこととなりました。

17試合戦って2勝しか出来ず、残留争いのライバルであるチームにも敗れる合計10敗を喫するなど、終わってみればひとり負けの状況。

この状態から残留に成功した事例は2008年の千葉まで遡らなければなりませんので、ほぼほぼこの時点でこの順位であれば降格を覚悟しなければならないということですね。
この年の千葉は開幕から11試合勝利なしと苦戦。
折り返し時点で今のアビスパより悪い数字である2勝4分11敗の勝点10という成績でしたが、監督交代もあり後半は一時期14位まで順位を上げるなど、巻き返しを図って最終的には15位で奇跡の残留を果たしました。

後半戦の成績は、8勝2分7敗ということですので、それまでが最下位を争っていたチームということを考えるとかなりハイペースで後半は勝点を積み上げたことが分かります。
これは、当時の千葉が決して最下位争いをするようなチームではなく、いかに新監督の下で良い融合が出来ずに混迷の状態にあったかということを指し示す事実で、実力的に難しい今のアビスパの状態とは少し違うとは思います。

確かにオシム後の難しい時期で、当時の主力だった水野、羽生、山岸、佐藤勇人、水本辺りに一斉に見限られ、危機的状況だったと思いますし、その翌年には結局降格していることから、もしかしたら必然だったのかもしれませんが、その時点でも日本代表経験者として戸田、巻なども擁すチーム状況だけに、ちょっと歯車が噛み合えばみたいなところはあったと思います。

アビスパに置き換えてみれば、残留勝点が38と勝手に仮定すると、2ndステージで少なくとも8勝以上、かつ3分以上と考えると、6つしか敗けられないということになります。
その中には、広島、浦和、鹿島が含まれるなら、残留の直接のライバルになりそうな甲府、湘南、鳥栖、名古屋、新潟などは必ず勝たなければなりませんし、神戸、仙台、磐田、大宮、などにも勝利を挙げないと8勝は難しく、横浜、川崎、G大阪、柏などは敗けられない相手になってしまいます。

こうやって星勘定をしていくと、今季の残留が益々困難なものに思えてしまいますね。

この2ndステージへの巻き返しを図るべく、チームは横浜から三門の獲得を発表しました。

懸念材料であった末吉の相方というところなのか、それともダニルソンは今以上の稼働率で出場すると考えて末吉の替わりに使うつもりなのか、はたまた井原監督の就任当初からの1アンカー2センターハーフのシステムを実現する人材としてなのかは分かりませんが、ボランチの層が厚くなったのは確かです。
足りない点としては多々あるアビスパですので、これでこのウインドウでの補強が終了するのかは分かりませんが、ピッチに立つ11人全てを入れ替えることができるわけではないですから、既存戦力の現時点での成長というのは必要不可欠です。

ただ、20代後半の選手や30代の選手が1年の中で爆発的に成長するというのは、ほぼ考えられませんので、今のアビスパにできることは、レギュラークラスを脅かす控え選手が出てくることに他ならず、そういう選手を含めてより井原監督のやりたいことが反映されるよう、チームの連携をもっともっと高めていくことだけです。

その意味では、1stステージの終盤で監督の信頼を得て出場機会を増やし、もはやチームの攻撃において欠かせない存在になった邦本の更なる成長は期待できるでしょう。
彼の急激な成長曲線の描き方を見れば、シーズンが終わる頃にはどういう選手になっているのか。
手倉森監督がリオに連れて行かなかったことを後悔しなければ良いですが、それだけのインパクトを残せる選手になることは間違いないと思います。
井原監督も、随分邦本を買っていると思いますが、どういう選手になってほしいのか、どういうタスクを彼に課すかでその成長は変わってくると思いますので、こういう選手の成長をより助長させるチームだと良いですね。

そして、この日がJ1初出場となった古部は、おそらくリオで亀川が不在になる間を想定して獲得した選手ですが、開幕から故障があって、中々ここまで試合に絡めませんでした。
しかし、献身的に上下動し、豊富な運動量で攻守に渡って存在感を発揮したこの日のプレーであれば、故障がなければもっと早くチームにフィットしていたことは容易に想像ができるプレーぶりでした。

ここまでSBの選手は亀川ほどインパクトを残している選手はいません。
経験というところでは、当然北斗は他のメンバーより一日の長があると思いますが、コンディションに不安を感じていますので、左右どちらもできる亀川、北斗、そしてこの古部で高いレベルでポジションを回せていければ、大きな補強は必要ない様になるかもしれません。

あとは、心配なのが先日手術によって長期離脱が発表された貴之のFWの層、そして、ここまで頑張ってはいるものの、ミスが多く、間を通されて失点を繰り返しているCBのところの人選ですね。

補強に頼るのか、現有戦力の突き上げを期待するのか、チームがどう考えているかですが、個人的にはCBには冨安、田村の若手陣営が更なる安定感を得て欲しいと思いますし、FWには半レギュラーという扱いになっている平井、為田などの更なる奮起と、既存戦力の役割のすみ分け、戦い方、起用法などでもっと変えていけるんじゃないかなと思っているので、その部分に着手して欲しいです。

城後が一番生きるのはやはりゴール前のところ。
最近はサイドでのプレーにこだわらず、ウェリントンの周辺でのプレーというところで中央にポジショニングしていることも多いですが、邦本トップ下のウェリ、城後の2トップという形もどうかなと思っています。

ダニルソンのアンカーの前に、末吉と三門をセンターハーフとして起用し、その前にこのウェリ、城後、邦本のユニットを持ってくると、安定感もあって攻撃的にも行けると思うんですけどね。
サイドに張る選手が少ないので、亀川が攻め上がるスペースも確保出来ますし、敗けていれば後半から三門かダニルソンに変えて金森を投入すれば、相手も体力が消耗した状態で個人での突破も持っている金森と対峙するのは嫌がると思いますしね。

まぁ、これこそ正に机上の空論ですので、現場は現場の悩みがあるんでしょうけど、何はともあれこの難局を乗り切るためには補強だけで全てを解決することは出来ず、既存戦力のブラッシュアップなしには、2008年千葉の奇跡の残留の再現はならないわけです。


まだ半分ある、何も終わったわけじゃないから腹括ろう!!

まだまだ諦めるには早いです。
ここからは一人ひとりの最大値をもっと上げていくこと。
一人ひとりの最大値を全体の力として、チーム力の最大化を図りたいですね。

やがては、この日の鹿島サポの様な歓喜をアビスパも味わいたいものです。

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ

鹿島×福岡(Jリーグ.jp)

これだけ注目されてんだから、夢スコで敗けるとか恥ずかしい試合はしたくない!

正直アビスパにしてみれば、どこが優勝しようが全く関係ない1stステージの行方を左右する最終節がやってきました。

まさか、開幕前にこんな展開になるとは思っていませんでしたが、鹿島、川崎に絞られた優勝の行方を左右するクラブとしてアビスパが注目されています。
よもや、川崎も最下位相手に引き分けるとは思ってもいなかったでしょうし、鹿島も、自分たちのサッカーをすればこの試合必ず勝てると思って試合に入ってくると思います。

アビスパとしては、確かに相手に合わせた対策は必要ですが、必要以上に状況を意識しないことが大切です。

残念ながら我々が戦っているのは優勝争いとは無縁のところ。
相手どうこうの前に、現実的に勝点を1つでも積み上げていかなければ、今季の残留が見えてこないところまでは追い込まれてしまっていますので、相手がどこだろうが、相手の状況がどうだろうが、目の前の試合を一つ一つ全力で戦うのみ、必要なのは平常心ということです。

この平常心が意外に大事で、前節の川崎もいつも通りの試合をしていれば、アビスパと引き分けることはなかったでしょう。
中村憲剛の離脱も痛かったでしょうが、それを原因にいつも通りの自分たちを忘れて試合に入ってしまったところが引き分けを招いたと思います。
思い返せばナビスコで勝利した時も、中村憲剛、大久保を欠いていましたので、まだまだ川崎はチームとして彼らがいるかいないかで大きくパフォーマンスが変わってしまうレベルということでしょうね。

まぁ、我々が言えることではないですが。

そして、この鹿島も、前節は辛くも勝利したものの、神戸に先手を取られるという苦しい試合をしました。
ただ、後半には試合をひっくり返して、なおかつ終盤には追加点の可能性も感じさせる自力の強さを感じさせる試合内容で、しっかり勝点3を掴むなど、川崎とは違った完成度を持つチームです。

アビスパは、この最終節で勝ちさえすれば自力で優勝を決められるチームに対して、アウェーで戦うということでかなり厳しい試合になると思いますが、川崎方面からの絶対に敗けるなという念を感じながら、アビスパらしい試合で勝点をもぎ取る戦いをしたいですね。


どうやって攻めるか


鹿島はこの試合、攻守の要であるカイオと昌子を欠きます。

アビスパも亀川が出場停止ですが、選手層の厚い鹿島と、亀川がリオで抜けることを想定してそのポジションだけは層を厚くしていたアビスパと、どちらが影響があるかは試合を見てみないと分かりません。
ただ、カイオと昌子は攻守に存在感を発揮している二人だけに、影響がないとは言い切れないでしょう。

その二人の代役は、今のところ昌子のところにファン・ソッコかブエノ、カイオのところに杉本か鈴木が入ると予想されています。

鹿島とはニューイヤーカップでも対戦しましたが、その時は金崎もいませんでしたし、今とは全く違うチームだったと思います。

今季の印象も、どちらかというとシーズン序盤からチームの調整に苦しんだ印象。
確かに順位は落としていませんが、試合内容でも守備が堅いという特徴をベースに、何とか1点をもぎ取って勝利してきたという形が多く、それだけに、最終節を前に首位に立ったというのは、何とかここまで来たという気持ちもあるのかもしれません。

鹿島らしく、終盤は盤石な試合が多かったですが、そうやってこの1stステージの中でも、チームの基盤を安定させて結果を出していくという辺りが、さすが王者だな、という印象ですね。

前述の通り、鹿島の強みは守備。
リーグ最少失点を支えているのは、経験値が非常に高いベテラン小笠原と、日本サッカーの未来を背負って立つ天才柴崎のダブルボランチ、そして、若きCBコンビの昌子、植田のところの安定感。
特にCBコンビは、植田がトゥーロンで抜けた2試合以外は全ての試合で先発フル出場を続けており、今回昌子の出場停止で初めて、植田は昌子以外の選手とのコンビを試すことになります。

鹿島がこの試合に懸念材料を抱えるとしたら、まず一つ目はこの植田が今季初めて昌子以外の選手とコンビを組むということですね。

植田は昨季終盤、ファン・ソッコにレギュラーの座を奪われていましたので、それもあってか、最後にリーグ戦で昌子以外の選手とスタートからCBのコンビを組んだのは、約1年前の1stステージ最終節、川崎戦まで遡ります。
この日は昌子を左SBで起用したため、今はセレッソに移籍した山村とのコンビだった様ですが、試合には3点取られて敗れていますね。

今の鹿島の強さは、このCBコンビが支えているところもあると述べましたが、このコンビのつるべの動きが秀逸です。
特に、相手の縦パスに対してのケアで、前線で起点を作るためにFWの足元に入れるパスへの寄せが素晴らしく、それをどちらか一方が激しく当たれば、交わされた後のカバーリングにもう一方が必ず下がっているという動き方ができているのが、この鹿島の堅守の要因だと思います。

そうなった時に、昌子と植田であれば、そこはあまり声掛けせずともお互いにカバーリングし合えると思いますが、いつも組んでいるコンビではない選手と組んだ時にも、同じレベルでカバーリングができるのか。
これが問題なければ、さすが鹿島というところですが、そこに一瞬の隙でもあれば、そこを突いて得点を狙うしかありません。

アビスパにはウェリントンがいますので、おそらくウェリには植田が付いてくるでしょう。
アビスパがロングボールを蹴るのは織り込み済みのはず。
ウェリも、深さを出すために逆に相手の最終ラインに張り付いて、そこでボールを待っていれば良いです。
その時に、早い足元のボールが、ウェリではない邦本に入った場合、ケアするのは植田ではなく、相方の選手になると思います。

実は、ブエノもこの縦の早いパスへの反応が非常に早い良い選手なんですが、邦本がこの縦パスを収められるか、フリックしてウェリとのワンツーを使うようなプレーが出来れば、植田とその相方の選手との間をうまく使うようなプレーができるかもしれません。

あくまで、できるかも、ですけどね。

このプレーを狙うためには、アリバイ作りとしてロングボールをある程度ウェリに集めておく必要がありますので、そういうプレーが続いてもファンは焦れてはいけません。
狙うは足元の崩しであり、ウェリへの長いボールは、その種まきであるとしたら、それはじっくりやってもらって、数少ないチャンスをしっかり生かすようなサッカーをしてほしいですね。

そして、同じく守備において、鹿島の懸念材料はセットプレーです。

鹿島は今季10失点しかしていませんが、セットプレーから3失点しています。
前節も、散々セットプレーを続けられ、散々北本を狙ったボールを放り込まれながら、結局北本に先制点を決められました。

さらに、アビスパにはセットプレーに自信を持つ、末吉、ウェリというコンビがあります。

特に、鹿島のセットプレーの弱点の一つが高さで、遠藤や小笠原などの高さがない選手が多く、カイオの替わりに杉本が出場することになっても、彼も高さがない選手ですので、その弱点が助長されます。
アビスパには、ウェリ、ヒョヌン、ダニ、城後と高い選手が多く、仮に田村が出ても高さがありますし、単純な背くらべでゴールが決まるわけではないものの、その強みを生かしていく方策は必要でしょう。

アビスパが勝つことを考えているとしたら、この守備が堅い鹿島から1点は取らないといけないわけです。
そうなれば、当然アビスパのストロングポイントを生かしていかなければならないわけですから、この2点はしっかり準備したいところですよね。

また、鹿島はその順位の割に、イエローカードが非常に多いチーム。
反則ポイントではアビスパより多いですからね。

それだけ、守備の意識が高いということも言えますし、局面の戦いでより厳しく行っているということも言えますが、このデータから、ファールを狙うということも鹿島攻略の重要なポイントの一つとも言えます。
セットプレーが重要であるならば、どうやってセットプレーを得るかというところでは、相手のファールを誘うということも重要な仕掛けの一つです。



どうやって守るか


あくまで、希望的観測で攻撃面を見ていきましたが、勝つためには失点を抑えなければなりません。

これも、希望的観測にはなりますが、どうやって守るかを考えていきましょう。

まず、アビスパは前節の川崎戦で、2点を先取した前半20分あたりまで、非常に良いペースで試合の流れを掴むことが出来ました。
それを可能にした要因が、相手GKまでを含んだ非常に高い位置からのプレスです。

DFラインを高く保ち、相手のビルドアップを機能不全に陥らせるために、時間とスペースを与えない連動した守備は、中村憲剛を欠くことで不安を抱え、なおかつ初優勝がかかるという異常事態で浮足立つ川崎から、平常心を奪うことに成功しました。

ですが、その後試合開始からハイペースで進めてきたアビスパが、2点をリードしたことによる精神的余裕から、その手を緩めたことで立場が入れ替わってしまい、その後の目が覚めた川崎の猛攻にさらされることで、無理がたたって足が止まってしまいました。
足が止まってしまったとはいえ、リードするまでの試合の運び方は理想的で、井原監督もこれだけ想定通りにことが進んだことで、逆にびっくりしたんじゃないでしょうか。

この鹿島戦においても、立ち上がりからアグレッシブに仕掛けることは、続けていきたいですよね。

鹿島は、ボールを繋ぐことももちろんやってきますが、セーフティーに長いボールを蹴ることも厭わないチームです。
特に、その判断は、早い攻撃ということに集約されていて、背の高い選手、競り合いに強い選手を前に置くわけではないので、単純なロングボールはありませんが、サイドに開いたFWに一気のボールを預けてくる攻撃も多いです。

一番最初に蓋をしたいのは、パスの出処。
特に多いのは、守備の薄いサイドに金崎が開いて、そこで前を向いて目の前の選手に1対1を仕掛けていくシーン。
これは、同サイドのDFラインや、小笠原、柴崎のボランチのところから縦に早いパスが足元に入ります。

この縦パスを出させない、出されても足元で潰すというところを心がけたい。

前節の神戸が先制するまでの流れは、この小笠原、柴崎にボールが入ったところのプレッシャーが非常に早く、厳しかったですね。

それによって、鹿島は中盤でのパス回しを省略して、DFラインから一気のボールを選択するシーンが増えました。
そうなると、カイオへのボールが入らなくなり、前線の選手が有機的に連動するシーンというものをあまり作れませんでした。

アビスパとしては、相手のボランチへのプレッシャーを強めたいですね。

4バックを採用することになってから、守備のタスクから解放されたウェリントンですが、川崎戦でも彼のプレスバックからショートカウンターの形を何度も作っていました。
一旦、末吉、ダニのダブルボランチで相手を足止めしておいて、戻ってきたウェリがかっさらうという形が作れれば、理想に近い攻撃の形が作れそうです。

そして、一番ケアしたい金崎は、ゴールが見えたらどんどんシュートを打ってきます。
ある意味、大久保に似た動き方をできる選手でもありますが、勝負するだけでなく、ワンタッチで味方を使うプレーも非常に得意です。

そして、やはりアビスパの弱点の一つが、DFラインとボランチの間で受けられることですので、そういうプレーを金崎、土居にされるようになると、前線で起点を作られてしまいます。

川崎戦の失点は、バイタルで大島をフリーにしてしまい、小林にラストパスを通させてしまったこと、2点目は受けに回ってしまい、全体のラインを上げられなくなったところに、数で押し込まれて後ろから入ってくる選手を捕まえられなかったというところにあります。
そして、最大のポイントは、セカンドボールを拾えなくなったというところです。

攻守において、セカンドボールをどちらが取るかというところは非常に重要で、特に守備においては、相手の攻撃を断ち切るためにも、セカンドボールを渡したくありません。
DFラインが必死の思いで跳ね返したとしても、そのボールを相手に拾われては、波状攻撃を受けていつかは堤防が決壊してしまいます。
このセカンドボールの鍵は、やはり運動量ですので、ウェリを除くフィールドプレーヤー9人は、しっかり守備の意識を持って、上下動するということが求められますね。

その点では、亀川の代役として出場が濃厚とされている古部の運動量には期待大です。
出場すれば、30歳にして初めてのJ1出場とのこと。
苦労人の古部らしく、泥臭いプレーで相手の猛攻を弾き返し、アビスパに勝点をもたらしてほしいですね。



やるしかない!


この試合でJ1の1stステージが終わります。

アビスパは、最終節を前にして最下位で1stステージを終えることが確定しています。

2節連続で首位と当たっているアビスパを余所に、鳥栖はこの最終節で新潟との直接対決。
残留争いの直接対決ですので、ライバルはどちらか、もしくはどちらもは確実に勝点を積み上げるわけです。
甲府も湘南も、上位陣とは当たりますが、現在の調子を考えれば、勝点を稼げる可能性はあると思います。

これは、巡り合わせの妙ではありますが、ここ何試合かの話ではなく、ここまで16試合の積み重ねの問題なので、その16試合で積み重ねたものの少なさが、アビスパは響いてしまっているだけです。

ただ、ここが一年の折り返し。
可能性は非常に低いですが、まだ2ndステージは始まっていないわけですから、アビスパが2ndステージを獲るということもあるかもしれません。

そして、2ndステージに繋がる試合ということでは、この鹿島戦は非常に大事な戦いになります。

前節、正直私は敗けると思っていました。
アビスパが2点リードした段階でも、この後何点取られるのかと思っていました。
その意味では、心底チームを信じられていなかったことが非常に悔やまれます。

川崎に勝つことは奇跡だと前回は書きましたが、優勝を前に固くなる川崎イレブンを見て、彼らも一人の人間なんだなと、実感しました。
そして、鹿島も、前節勝点を一つも落とせない緊急事態で、先制を許すという難しい試合をしました。
さしもの常勝軍団の鹿島と言えども、鹿島イズム、ジーコイズムを純粋培養された彼らでも、優勝を前にして固くなることがあるのかと思いましたが、今節も、その可能性があるかもしれません。

アビスパは、失うものはありません。
この試合に敗けたところで、当然敗けを想定していた相手と想定通りの結果を迎えるだけ。
それよりも、優勝争いを面白くしたい、アビスパここにありと世間をあっと言わせたいというポジティブなモチベーションしかありません。


鹿島からのリーグ戦2勝目をもぎ取ろうぜ!!

やるしかない!
相手も人間、ミスはある!
それに漬け込むJ1仕様のサッカーを見せて、勝点を持ち帰ろう!

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策




20160618b
福岡×川崎(Jリーグ.jp)

勝ちたかったって気持ちもあるし、良くやった!って気持ちもある・・・

梅雨入りが発表されたものの、真夏日が続いていて、空梅雨を実感させる毎日でしたが、この日は天気予報では夕方からの雨。

試合は夏モードで全カード夕方からでしたので、試合中は雨が降るかなと思っていましたが、開始した頃はまだぱらついておらず、蒸し暑いかなり厳しいコンディションでした。
雨という予報でも試合前にしっかり散水したのは、果たしてどっちに有利に転ぶだろうかと心配していましたが、結果から見ればそこまで影響はなかったか。

クラブは「熱闘!お風呂ダービー」として、この一戦を盛り上げていましたが、それよりもこの試合で川崎の優勝が決まってしまうかもしれない、ということで、相当数の取材陣が来ていました。
アビスパが是非とも来年以降もJ1に定着して、このお風呂ダービーは続けていきたいものの、レベスタにこれだけの取材陣が来ることもそうないので、その異様さをして優勝決定戦の重さみたいなものを感じましたね。

そして、その重圧を誰よりも感じていたのが中心選手である中村憲剛を欠く川崎の選手たちだったことは結果が物語っていますね。
アビスパの選手たちは、完全にチャレンジャーでしたし、何よりホームの大歓声が後押ししている状況で、ここで戦えなけりゃ男じゃない!という環境を用意出来たのは、ファン、サポーターの功績だったと胸を張って良いと思います。


思わぬ得点に浮足立つ川崎


戦前の予想としては、一方的に攻め立てる川崎、ゴール前に引きこもって何とか勝点1を狙うアビスパ、という構図を挙げた人が多かったと思いますが、蓋を開けてみれば全く違う光景が広がっていました。

アビスパはここ最近の定番4バックを選択してきましたが、メンバーは結構変えてきました。
甲府戦での濱田のパフォーマンスはそこまで悪くなかったとは思いますが、この日選択したのは堤、ヒョヌンのペア。
田村をベンチに置き、中盤の底にはダニルソンと末吉。
邦本をトップ下で起用し、左サイドのハーフには為田ではなく金森が入りました。

この布陣でどういう戦い方を選択するかが注目されましたが、答えはハイプレスでしたね。

アビスパは、立ち上がりから積極的でした。
若干固さの見られる川崎に対して、しっかり前からプレス。
高い位置で奪えればOKで、プレスをかいくぐられれば、切り替えてウェリ以外がしっかり引いてブロックを敷き直します。

川崎は自分たちの強みである細かいショートパスで前線とボランチが出し入れしながら、アビスパの守備の綻びを探していく形。
アビスパとしては特に左サイドからの相手の侵入が脅威で、小林も気になるものの、その後ろから入ってくるエウシーニョに手を焼いた前半でした。

ただ、川崎のボールの収まる場所というのが中々見つけられず、焦れて大久保が中盤に下がる形が増えてしまい、ここが中村憲剛不在の影響が出てしまったところだと思いますね。
もちろん普段でも大久保は下がってくることはありますが、それと同時に小林が大久保作ったスペースを使おうとし、その小林に中村憲剛からラストパスが出るという形がありますが、この日は大久保がラストパスを出す役割になってしまうので、1テンポ遅れるという様なところもあったと思います。

アビスパとしては間、間で受けられて、簡単に叩かれると捕まえにくいので難しいのですが、この日の代役大塚は、間で受けようとはしていましたが、受けた時の判断が遅く、持ってしまうのでアビスパに詰められるということでチャンスを失うシーンが多かったように思います。

その流れの中で、なんとアビスパが先に2点を先取します。

どちらも金森の得点で、1点目はGKからダイレクトにウェリに当てたボールの落としを邦本がダイレクトで金森に送り、それを胸トラップで相手を交わしたあと、冷静にゴール角に流し込んだシュート、2点目は中盤で邦本がドリブルで突っかけて金森とのワンツーで崩そうとしたが相手に引っ掛けられ、そのこぼれ球を金森が拾って、またもや目の前の相手を体の動きだけで交わし、今度は豪快に蹴りこんだシュートでした。

どちらも、似たような形ですが、それぞれ最後の局面のところで、金森の冷静さと豪快さが見られた趣の違うもの、サイズがない金森がJリーグで評価されるために、自分の特徴を存分に出した2得点でしたね。

この2点で川崎は追い込まれました。
ですが、逆にそれが川崎を目覚めさせたというのもあるかもしれません。
思わぬ形で先制されてしまうと、川崎といえども冷静さを欠くのか、浮足立ってしまってもう1点を許すという悪循環を生んでしまいましたので、この2失点目でピリッとしたということだったと思います。

アビスパとしては、思わぬ形で2点を先行してしまい、逆に戦い方が難しくなるところでした。

一旦この2点リードを維持するために、今のハイプレスを維持して体力に負担をかけた戦い方を続けるのか、それとも引いてブロックを作る形にして体力を温存しながら、回数は少なくなりますけどカウンターで追加点を目指すのか、というところだったと思いますが、個人的には無理に戦い方を変えると、混乱が生じるのではないかと思いましたので、変えるならハーフタイムに、前半はこのまま同じ戦い方をして欲しいと思っていました。

実際は、同じ戦い方を選びはしましたが、目が覚めた川崎にゴール前に釘付けにされる、という結果でした。

ボムヨンの神がかり的なスーパーセーブの連続で何とか凌いでいましたが、結局前半のうちに1点を返されます。

これが、この試合を勝ちきれなかった大きな要因ですね。

形自体は小林のスペースを見つける動き、その後の完璧なループシュートという旨さが際立ったものでしたが、そこに至るまでの間に防ぐべきポイントがあったにもかかわらず、それが出来なかったところがアビスパの反省点です。

何より、あれだけゴールに近い位置に大島がいて、ボールを持ったにもかかわらず、大島に対して全くプレッシャーをかけられていません。
セットプレーの流れでウェリがDFラインに残っており、結果的にはウェリの後ろから走りこんだ小林にラストパスを通されますが、大島が全くフリーの状態で前を向いてあの位置でボールを持てば、1点に繋がるパスが出されるのは当たり前です。

これも、恐らくセットプレーの流れだからだろうとは思いますが、本来ならそこはボランチの選手が目の前に立ちはだかるべきでした。
ですが、そのボランチはセットプレーの影響でDFラインに吸収されており、前にポジションを上げる前にやられたという失点でしたね。

邦本が一応プレッシャーに行く素振りは見せていましたが、あれが失点に繋がるプレーだと判断する危機管理のアンテナは働かなかったということでしょう。
ここらへんの感覚は、もっとJでの試合出場を積み重ねないと培われないものですし、優秀な攻撃的MFはそういう切り替えができていると思いますので、彼のこれからの課題なのかもしれませんね。

この1点を取られたことで、アビスパはここが空くことを実感出来たと思います。
後半の同点弾に繋がる失点だったと言えますし、本来この位置で受けることができる中村憲剛の不在をどうやって埋めるかを川崎が考えさせられるプレーになったとも言えますね。


首位の自覚を思い出し、圧倒する川崎


後半、川崎は登里に変えて武岡を投入、前半散々アビスパを苦しめたエウシーニョを一列前に上げてきました。

いよいよこの2点をひっくり返し、勝点3を奪い取ろうとしてきた川崎に対して、アビスパは選手交代なし。
このまま、前半と同じ戦い方で乗り切ろうと言う考えはないでしょうけど、井原監督は前半終了間際の失点をどう捉えたのか、ここが気になりましたね。

結果的には大久保にPKを決められるわけですが、そこに至るまでにいかにアビスパが消耗させられて、ジリジリ自陣に下げられたかを考えれば、他に打つ手がなかったのかと思いますが、後半開始時にアクシデント含めてとは言え2枚カードを切った川崎の必死さにアビスパは後手に回ってしまいましたね。

そして、転機となったのは金森が抜けだしたカウンターのシーンで決められなかったプレーでしょうね。

中盤でショートカウンター気味に奪ってウェリから大きく逆サイドの金森に展開されたパスで一気にゴール前まで駆け上がったシーンでした。
ボールに追いついて、ファーストタッチが思ったより流れてしまったため、シュートを打つ時には角度がなくなってしまっていましたが、後から言えることはそのままダイレクトでシュートしても面白かったかもしれません。
相手のGKが完全に体勢を崩していましたからね。

これは、後から言っているのでできることで、あの場所、タイミングでどういう判断が適正だったかは、金森自身は自分が思ったプレーを選択してくれればいいことです。
ただ、これを外したことで川崎は安堵しましたし、一層攻撃に力が入ることとなりました。

後半、アビスパがこれだけ押し込まれたのは、もちろん川崎の勢いもあったと思いますが、一番は前半より球際に厳しくいけなくなったということ。
この日の西村主審は若干ファールに寛容で、球際の厳しさを奨励するようなジャッジだったので、前半厳し目に行けていたアビスパが、ファールを取られずに高い位置で奪うということが出来ていましたが、体力的な問題でこの球際でいけなくなると、相手が人数をかけて攻撃に厚みを加えてくるので、セカンドボールも拾われて押し込まれる時間帯が続くというかなり苦しい展開になってしまいました。

ここからはほとんどボールを前に進めなくなってしまい、雨あられとシュートを打たれるも、何とかボムヨンが弾き出すという時間が続いてしまいます。

アビスパとしては、本来ならもう一度球際に厳しく行くために、中盤に人数を増やすか、最終ラインを5枚にしてよりブロックを強固にするかの選択があったと思いますが、実際に取られた手はウェリントンを変えて平井の投入。
おそらく、ウェリが下がった後足を気にする仕草を見せていましたので、戦術的な交代ではないと考えたいですが、これが戦術的な交代であれば、何がしたかったのかちょっと理解しかねる選択だったと思います。

怪我や不調のために、前線で攻守に効いていたウェリを外さざるを得なかったとしたらかなり不運ですが、戦術的な意図であれば、最前線からのハイプレスを復活させたかったか、相手のSBが攻め上がった後ろのスペースを平井に使わせるためにスピードのある選手に交代させたのか。
どちらにせよこの交代が功を奏すことはなく、川崎の力技の前にPKを献上してしまうこととなりました。

このPKを決められて試合を振り出しに戻されてしまうわけですが、結果論にはなりますが私はもっと早く金森と坂田を変えても良かったと思いますけどね。
前半から守備に走らされていた金森の疲労の色も濃かったですし、守備面ではほとんど後半は金森が機能しておらず、エウシーニョ、武岡というところを止めきれていませんでした。

相手がここから攻めたいと後半開始早々に決断してきたサイドですから、より慎重に対応しなければならなかったところだと思いますが、そこへのケアが遅れ、全体に波及してしまったと思いますし、失点の形はそこからではありませんでしたが、ボムヨンのスーパーセーブがなければ何点取られたか分からない様な状況も作り出していただけに、井原監督には早めの決断をお願いしたかったところですが、結局動いたの失点のあとと、ベンチワークでも後手を踏んだ感は残りましたね。

アビスパも追いつかれてから徐々に攻撃に勢いを取り戻し始めましたが、ある程度アビスパの中にも引き分けでOKの気持ちが芽生えたか、結局再度突き放すことは出来ずに終了しました。

終盤、末吉に変えて田村が投入されたことは、個人的には攻撃を睨んだものだったと解釈していますので、そこまで後ろ向きな交代だったとは思っていません。
おそらく、ウェリがいなくなったあとのセットプレーの攻撃と守備のところを考えた交代だったと思いますので、最後のCKのところで、もう少し望みがあるキックになっていればよかったなぁと思うのみですね。

20160618a

やはり勝点を得るのは全員の融合


当時首位のチームであった川崎から得た勝点1。

これは、選手たちが感じた手応え、経験からすると、ただの勝点1ではなく、今後に繋がる大きなものだったとは思います。

ただ、戦前私が危惧していた通りの展開になったのも事実で、首位のチームとアビスパが対戦している間に、その他の順位が近いチームは軒並み勝点を積み上げてしまって、残り1試合の段階で1stステージの最下位が決定してしまいました。

年間順位でも、最下位から脱出するためには、少なくとも2試合は必要。
直近の相手が鹿島、浦和ということを考えれば、その間に更にライバルたちが勝点を積み上げた場合にはこの2試合は何試合に膨れ上がるのか分かりません。

ですが、それは因果応報とも言えます。
アビスパだけが試合数が少ないわけでも、強豪との試合が多いわけでもありません。
確かに日程の問題や、地震、中央に存在するチームとは物理的な距離も違いますから、遠征を考えても体力的、経済的な負担は多くなりますが、それら全ては大なり小なりアビスパ以外のチームにも降りかかっているわけです。

その中で、この16試合戦ってきた結果が今の順位ですから、終わってしまった試合に関しては嘆くしかありません。

大事なのは未来に目を向けること。
そして、直近の試合で出来たことを次の試合に生かし、出来なかったことを次の試合でできるようになることしかありません。

この川崎との試合、やはりウェリントンは我々の最大のストロングポイントであることを再認識させました。
攻撃においてはターゲットマンとして無類の強さを発揮し、ウェリントンを起点に使った攻撃で1点をもぎ取りました。
それは、戦前に十分に川崎に対応の時間を与えた上で、相手が待ち構えたところの武器を使っての1点ですから、価値は非常に高い。

そして、守備においても、前線からかなり頻繁にプレスバックし、相手ボールをかっさらうプレーを見せました。
これは、川崎戦にかぎらずですが、前からしっかり走って相手のボールを追い込んで、味方との連動でのボール奪取もウェリの中では大事だと思っている節がありますので、この日のハイプレスを用いた戦い方はハマったとも言えるかもしれません。

そして、そこと2トップを組む邦本も、2得点に絡むプレーで存在感を発揮しましたね。
なぜこの18歳は、見る側の想像を遥かに越えるスピードで成長して行けるのでしょう。
今季始まる段階では、面白い存在だし非常にうまいけど、チームの中に入って自分を出すにはまだまだだなと思っていましたが、今や堂々とチームの中心として君臨しています。

ボールは奪われないし、自分で前を向く力があるし、攻撃においてもアイデアがあるし、パンチ力があるし、キックの精度が高いし。
サイドではなく真ん中で輝きを発揮できる選手はアビスパには少ないですが、その数少ない貴重な選手として、今のアビスパには欠かせない選手になってしまいました。

亀川は、J1に上がってあまり単独で突破を試みるプレーが見られなかったところ、トゥーロンから戻ってその傾向が強くなりましたが、最近の試合では目の前の選手をどうにかしてチャンスを広げるという意識が非常に高くなって、相手にとっての危険度がより増している印象があります。
クロスの精度もかなり上がっていて、このままのレベルを維持すれば、リオでのスタメンのチャンスも十分あるんじゃないかと思いますね。
この試合でも見せたポカをなくしたいところです。

そして、何と言ってもボムヨンは異彩を放っていましたね。
この試合のMVPを決めるとすれば、2点を挙げた金森か、軽く5点以上を防いだボムヨンか、と言えると思います。
試合をこなすごとにコンディションが良くなっているのか、あわやの場面を数々防いできていますし、何よりビッグセーブを披露した後の淡々とした姿勢。
航輔は、普段の知性を感じさせる佇まいとは違って、ビッグセーブの後のガッツポーズがチームを盛り上げましたが、ボムヨンはビッグセーブを連発しても特に感情を発露させるわけでもなく、すぐに次のプレーに切り替えているように見えます。
彼にしてみれば、これぐらい当たり前ということなんでしょうけど、非常に安定感を感じて良いですよね。

ですが、一旦チームがピンチに陥って、不安に苛まれる様な場面では、カードを貰うこともお構いなしにチームを鼓舞するパフォーマンスを見せます。

この日のPKのシーン。
スタジアムがあれだけの「ボムヨンコール」に包まれるのは聞いたことがないですし、ボムヨン自身も、主審の下がれの忠告に全く耳を貸さずに大久保を威圧し続けました。
子どもたちの前でとか、競技規則に鑑みれば、決して褒められたプレーではないと思いますし、私もボムヨンコールをしながら「それ以上はカードが・・・」と心配しましたが、案の定イエローカードを出されてもコールが止むことはなく、ボムヨン自身もそれに何ら気を止めるでもない姿勢は、非常に勇気をもらいました。

そんな相手の姿勢に対しても、全く動じずPKを決めてしまう大久保もさすがでしたが、あのシーンで、絶対に勝点を取るんだという気持ちでチームが一つになったと思います。

この試合、確かに終盤足が止まり、苦しい展開にはなりましたが、誰一人戦っていない選手はいませんでしたし、それぞれの役割を果たそうと必死にプレーしていた気持ちは伝わりました。
そして、今季初の1万8千人を越える観客も、結果はどうあれ大いに満足した試合内容だったと思います。

我々は、ここまで積み上げた勝点はまだまだ残留には足らない数字です。
そして、一試合一試合、J1でやれる自信を深めながら戦ってきた試合だったと思います。

時間はかかりましたが、J1の優勝争いをするクラブとも、これだけの試合ができるところまではようやく来たんだなと言う手応えは掴みましたね。

そして、その先の道程の方が長いのです。

川崎は、ここまでリーグ戦で喫した敗戦は1試合のみですが、そんなチームが優勝を前にして非常に固くなるという試合をしてしまいました。
戦っているのは同じ人間。
どんなに強いチームでも隙はありますし、プレッシャーとも戦っているわけですので、勝機はあるはず。

次の鹿島とどういう試合をするかで、この川崎から挙げた勝点1の中身は変わってくるはずです。


アビスパは勝たなければならなかった、その悔しさは次の試合で!

相手次第で結果が変わるのではなく、自分たち次第で結果を変えていくんだ。
そんな強い気持ちが必要ということだと思います。

2試合続けて目の前で胴上げをされるかもしれない屈辱的な結果と戦わなければならないですが、それだけ注目度も上がる。
そんな試合で、最下位でもここまでやるんだという存在証明をしてほしいですね。

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策




福岡×川崎(Jリーグ.jp)

勝てるわけないんだから開き直るしかない!とにかく目の前で胴上げをさせないこと!

1stステージ。
ここまで最下位を突っ走るアビスパが残した2つの試合が、優勝の行方を大きく左右する注目度の高いものとなってしまいました。

川崎と鹿島。

ともに、序盤から順調に勝点を伸ばし、川崎はリーグ戦で喫した敗戦は1。
鹿島も敗戦は2と、敗けないで来た両チームですから、敗け続けているアビスパとの試合で勝利を計算していることは想像に難くありません。

川崎にしてみれば、この試合に勝利して鹿島が敗ければ優勝。
鹿島が敗けなくても、残りアビスパ、大宮との試合を連勝すればそのまま鹿島の結果を待たずに優勝が決まるわけです。

鹿島にしてみれば、もう既に自力での優勝の可能性はないわけで、この試合で仮にアビスパが勝つなり、引き分けでもしてくれれば、自分たちの連勝で優勝が見えてきます。
そして、優勝が出来なかったとしても、少なくとも2位にはなっておきたいと考えれば、3位の浦和はまだ残り試合数が多いという時点で少し不安がありますので、この週末の試合には絶対に勝利したいでしょうし、最終節のアビスパとの試合も必勝を誓ってくるでしょう。

ここまで、相手の不遇にかこつけて、何とか勝点を取ろうとしてきましたが、そんな状況で取れた勝点は東京から得た3ぐらいで、相手如何にかかわらず、格上の相手とは尽く敗れてきました。
そんなチームが、何か大きな補強があったわけでもなく、ましてや相手に大きなアクシデントがあったわけでもない状況で戦うわけですから、この試合も敗けて当たり前。

前節の甲府戦とは違い、一矢でも報いたいという戦いになるでしょうから、何を狙っていくのかで戦い方は大きく違ってくると思います。
前節、ナビスコの良い形は封印して、自分たちのストロングポイントをもう一度見つめなおすと入った試合で、全く良いところを出せませんでしたので、個人的にはひたすら守ってもこじ開けられる様な気がします。

それであれば、打って出て華麗に散る方が見ていた楽しいのかもしれませんので、そこんところ、井原監督の采配にも注目したいですね。


前から休まずプレスをかけたい


この試合の対戦相手は現在首位の川崎。

ここまでの総得点29は、2位の鹿島、広島に4点の差をつけるリーグ1位。
逆に、総失点13は3位と、どちらかと言うと守備より攻撃のチームと言える数字が出ています。

川崎の考え方としては攻撃は最大の防御ということで、中々守備の選手を補強しないことで有名ですが、今季はU-23代表候補の奈良を加えるなど、テコ入れをしてきた成果が表れているのかもしれません。
まぁ、点を取られていると言ってもリーグ3位ですし、総失点21のアビスパとは比べるべくもありませんので、総得点9のアビスパが川崎から点を取るのは、相当に難しい作業というのは言えると思います。

川崎と言えば、今年も既に得点を量産していますが、3年連続得点王に輝いた大久保に注目が集まります。
どうやらリオ五輪の35人枠からは漏れたとのことで、リーグ戦に集中する環境が整いましたので、ここで再び注目を集めて代表に、という思いはあると思います。

大久保がすごいのは、ゴール前の得点感覚や、味方のシュート性のクロスに点で合わせる技術などもありますが、ラストパスも出せるという点でもあると思います。

私は彼の高校時代はゲームメーカーとして見ていましたので、逆に今のストライカー然とした佇まいの方が違和感がありますし、実際南アフリカのW杯の時はFWというより下がり目の位置でプレーしていましたからね。

川崎では1トップに入っていますが、実際はかなり前線は流動的で、高い位置に張っている時間もありますが、大抵は中盤との出し入れの中で、自由に降りてきてボールに触り、そこから長短のパスで一気にゴール前に迫るという攻撃の中核も担っています。

彼と入れ替わりで真ん中の位置に侵入して来るのが小林。
縦に抜ける動きも秀逸ですが、ダイアゴナルに切り込んで来たところに質の高いボールが入れば、そのままゴールに近づけます。

左の登里、田坂と言ったあたりもゴール前でのクオリティが非常に高い選手たちですので、数的同数でボールを持たれると、1対1の攻防を積極的に仕掛けてくる嫌な相手です。

これらのFW勢が、ゴール前で前向きにボールを扱う機会を持てば、それはすなわち得点の可能性が非常に上がりますので、アビスパとしては絶対にこれらの前線の選手たちに楽にプレーさせてはいけません。

そして、何より厄介なのが中村憲剛。
彼をケアしにくいのは、ボールタッチの少なさ故だと思います。
マークが来る前にはたく、マークが来る前にはたく、という作業を丁寧に繰り返しますので、中盤で捕まえられないまま、相手のポゼッションに惑わされてしまい、守備の網に綻びを生じてしまうというのがパターンで、持ち上がったCBとのパス交換、ボランチとのパス交換、そしてうまく前を向いて前線に決定的なラストパス、サイドを駆け上がった選手に対しての崩しのパス、など、多種多様な種類のキックを駆使して、アビスパのDFラインに混乱を与えようとしてくるでしょう。

これだけフリーランとトライアングルを作るのがうまいチームを相手に、アビスパはどう守るべきかというところでは、広島戦がどうしてもトラウマになってしまっているので、守備が堅いとは言いながら、3バックは使いたくないですね。

4バック+ダニルソンで中央をしっかり塞ぐという戦い方が基本になるものと思われます。

ここで問題になるのは、1点を守りに行って引き分けを狙うのか、あくまで普通に戦って勝点3を目指すのか。
前者であれば、ある程度DFラインは下げて、後ろにスペースがないような状態にしてから、相手がハーフウェイラインを超えてきたあたりからしっかりプレスに行くという戦い方で、後者であれば、90分は不可能でも、ある程度の時間は相手のGKまで含めて高い位置からプレスに行くという戦い方になると思われます。

個人的には引きこもり作戦ではなく、玉砕覚悟で川崎と渡り合う戦い方をしてほしいですが、それであれば大事なのはボールの取りどころです。

前節の横浜戦では、齋藤学にカウンターのチャンスを何回か作られましたが、やはり攻めにかかって前がかりになったところを、中盤でかっさらわれたショートカウンターの形でした。

相手のポゼッションでは必ず中村憲剛を経由します。
横浜はここをしつこく狙っていて、特に俊輔が憲剛をマークするという場面も多く見られましたので、意図的に憲剛にボールを入れさせて、そのタイミングを狙って取りに行くということをしていたと思われます。
もちろん、川崎はその憲剛のところを経由しない攻撃も出来ますし、その憲剛とポジションを入れ替わるようにして下がってきた大久保がゲームを作ることもあります。

ですが、中村憲剛が常に動いていて相手のマークを外すのがうまいですから、前線でフリーの状態になっていることが多く、後ろの選手も縦パスを入れやすいんだと思います。

アビスパとしては、同じくここを狙ってないといけないでしょう。

右サイドのエウシーニョなんかもガンガン上がってきて中盤でボールに絡もうとしますが、彼は結果的にゴール前に入ってシュートを打つということを想定していますので、その前段階のプレーではあまり相手をせずに、憲剛を経由するパスを狙ってプレスに行くということは大事です。
憲剛がパスを後ろに下げざるをえないと、徐々に全体が下がってきて、前の選手もボール欲しさに焦れて中盤まで降りてくるようになりますので、その段階で一気にDFラインを上げれば、早々に好きなことをさせないで済むかもしれません。


鍵はセカンドボール


川崎が嫌いなのは、縦の勝負をされること。

川崎の守備としては、基本的には戻ってブロックを作るということを考えているものの、奪われた直後は切り替えを早くして、前からしっかり追いかけます。
それで奪えれば良し、奪えなければ(サイドチェンジなどで交わされれば)しっかり戻ってブロックを形成するという守り方です。

遅攻の場合、ここからサイドに回して薄いところ、薄いところに打ち込んでいく様な仕掛けをして行くと思いますが、どちらかと言えば川崎には守備が軽い選手が多いイメージなので、動かした先で相手のマークが一枚なら、奪われるリスクを考えずにガンガン仕掛けたいですね。

特に、サイドの亀川、前線の金森は、個人技でも突破できる選手なので、持ったらとりあえず縦に勝負するという積極性は見せて欲しいです。

ただ、前が詰まっていればそれは出来ないので、相手のスライドよりも早くボールを動かすこと、ボールを散らすことを考えなければなりません。
川崎も、中央部分は守備が固いので、ここで奪われる様であれば、逆にショートカウンターを受けてしまいます。

そうなれば、ある程度中央でボールを持てる選手を真ん中に使いたい。
それを考えれば、人選は邦本しかあり得ません。

前節は、流れを大事にするよりも、自分たちの基本に立ち返るというところで先発は叶いませんでしたが、途中出場した時にチームからの依存度を考えても、もはやJ1のレベルの中で邦本をどううまく使っていくかを考えなければならない時期に来ているのかもしれません。

おそらく、攻撃の時間帯はそう多くはありません。
基本的には相手に長い時間ポゼッションされて、数々の得点機を凌ぎ、数少ないチャンスを生かさない限り、相手から勝点を奪うのは難しいでしょう。
そうなると、貴重な一回をみすみす逃してしまうのは心苦しいかもしれませんが、ここぞというところでの積極性がなければ、相手に先回りされて終わるだけです。

相手の思考の上を行かないと、アビスパが相手を崩すことは難しいので、少ないチャンスの中で何とか1点をもぎ取る、そのために、チャンスを無駄にしないと無難に行くのではなく、チャンスを更に拡大するための勝負に出るという姿勢が欲しいですね。

ウェリントンの高さ、強さを生かした攻撃は必要です。
ある程度は割りきって奪ったらウェリントンというウェリントンサッカーは続けていくべきです。
それを見越して、相手もDBは高い選手を使ってくるでしょうし、ボランチの一人はしっかりウェリントンを挟むということで最後尾まで戻ってくるでしょう。

その時点でラインが下がり、亀川、金森が勝負するスペースが生まれるということですので、アビスパはこの形を作りたいところ。
そのためには、ウェリントンに当てたボールが弾き返された後のセカンドボールが鍵になります。

今回、アビスパは補強策として横浜の三門を狙っているとの報道が出ましたが、正にこのセカンドボールを取るというところに課題を感じているための施策だと思われます。

甲府との試合でもそうでしたが、攻撃時のセカンドボールが中々拾えずに、相手を押し込むという形が作れません。
それ故、攻撃が単発になってしまい、自陣と相手陣内を行ったり来たりする試合展開になってしまいます。
これが、攻撃時のセカンドボールを拾えるようになると、分厚い攻撃が可能になるため、相手を押し込むことが出来、相手を押し込めれば、こちらの強みであるウェリントンをよりゴールに近い位置でプレーさせられることに繋がります。

この川崎との試合でも、ウェリントン当てたボールのこぼれ球を拾うということが重要で、ウェリントンがそのボールをコントロール出来れば、近い位置でプレーする金森、邦本らに落とすことは出来ますが、弾き返された場合は、五分の競り合いで相手に渡すのではなく、こちらのボランチがしっかりセカンドボールを拾いたい。

ダニルソンが入れば、末吉と守備と攻撃においてしっかり役割分担が出来ますので、末吉がより前でプレーすることが可能になります。
セカンドボールを拾うためには、運動量とポジショニングが大事ですので、末吉をより前に出して、相手に拾われていたセカンドボールを自分たちのものにしたいですよね。

そうして、前を向いてボールを扱える選手に託して、攻撃のチャンスを広げたいところです。


奇跡を起こそう!


この試合、10回戦ったら1回勝てるかどうかの実力差があるでしょう。

この対戦を盛り上げるために、もう18年も前の話になるJ1参入決定戦のことが取り沙汰されていますが、あの頃にはそう差を感じなかった川崎と、ここまで差がついてしまったわけです。

当然、J1にいた歴史からすると、そこそこ古くからの記録があるアビスパですので、今やすっかりエレベータークラブにはなってしまいましたが、当時はバチバチやりあってました、というJ1クラブもあるということです。
そして、アビスパにしてみれば、この無駄にしてしまった18年の歳月を嫌というほど実感させられる戦いになるでしょう。

しかし、歴史というのは積み上げていくもの。

今は、開いてしまった差も、いずれは埋めてやるという気持ちで戦わなければならないし、アビスパを支えている人たちのことを考えれば、相手がJ1首位のクラブだからと言って、簡単に敗けていい試合でもありません。

そして、この2試合が終われば、今季の半分を折り返します。

もう少しやれてるんじゃないかと、始まる前は思っていましたが、いざ蓋を開けてみれば、前回昇格した時とそんなに変わらない戦績を残しているに過ぎません。
もちろん、たらればで落としてしまった悔しい試合を振り返るのも良いんですが、悔やんでも勝点は戻ってきません。

この川崎との試合も含めて、残り19試合でどうやって残留が確定する勝点を稼ぐかということを考えないといけないし、現実的にクラブは補強の話が出てきたように、全く諦めていないわけです。

この補強が決まるかどうかよりも、クラブがまだ諦めていないということが大事で、2ndステージで巻き返すためにも、希望を繋ぐ試合にしなければなりません。
勝てるかどうかは分かりませんが、この先に繋がる試合が出来るかどうかは、チーム次第です。

私たちは、どうやって残りの試合を戦っていくかをブレずに貫くことと、最後に笑うためにチーム、それを取り巻く全てのものと一体になって戦うことです。


奇跡は、それを信じたものにしか起こらない!

井原監督が、放生会の時に記した言葉。
DSC_1026

これしかない。

出来る努力はします。
後は神のみぞ知るでOK。

神を見た夜の再現あるのみですが、そこまで連れて行くのは、我々の努力しかないんです。
走りましょう。
声を枯らしましょう。
そして、祈りましょう。

現時点では川崎に勝利するのは奇跡かもしれないけど、今はそれで良い。
やがては、J1に定着し、J1で優勝争いが出来るクラブに。
そのための、今ということなんですね。

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ

↑このページのトップヘ