大は小を兼ねる。

座右の銘である、「大は小を兼ねる。」の視点で、世の中が適材適所な配置に収まっていくような提言を・・・ というのは関係なくあくまで、アビスパやサッカーについて語ります。

井原 正巳 監督 契約更新のお知らせ(アビスパ公式)

三門 雄大 選手 契約更新のお知らせ(アビスパ公式)

金森さらばアビスパ福岡 J1王者鹿島へ フル代表目指し苦渋の決断(西日本新聞)

12月に入りました。

気がつけば今年ももう残すところあと僅か。
年末とは何がなくても気忙しいもので、大して仕事は進まないのに、気ばっかり焦ってしまって、結局何もしないまま新年を迎えてしまうと言うのが毎年のことです。

既報の通り、アビスパはようやく井原監督と正式に2017年シーズンの契約を更新し、気持ちも新たにJ2を戦う布陣を固めていく作業に入っていることでしょう。
本日、ようやく契約更新第一号ということで、三門のリリースがありました。

選手の今季の応援への感謝コメントで残留を匂わす発言をしている選手もいることですから、残っている選手の多くが移籍してしまう昨季の千葉の様なことはないと考えて良いと思いますが、実際に発表されるまでは気になってしまうもの。

もしかしたら2017年の契約も含めた、シーズン途中での加入だったかもしれませんし、いの一番に残留とも取れる発言をしていた三門ですから、このチームに可能性を感じて残ってくれたと言うことでしょうけど、彼の残留が残りの選手たちに良い影響を与えるのではないかと思いますね。
と言うか、そう願っています。
特に亀川。



はい、と言うことで、金森の移籍が決定的の様です。
まだ公式には発表されていませんが、大本営である西スポの一面を飾ったということは、そういうことなんだと思います。

当初、金森と亀川を同時にオファーと言う報道でしたので、ここに来て亀川に触れられていないと言うことは、亀川の方は残ると言う選択肢なのか、それとも未だに悩んでいるのか、それともまさかのまさか、鳥栖からのオファーと天秤にかけているのか、真実は分かりませんが、まだ残留の目はあるということと受け取っておきます。

金森は、アビスパが育てたドリブラーです。

高校時代までは、年代別代表とも無縁の選手で、若年層でも知る人ぞ知ると言う選手だったと思いますが、当時の若手育成に定評があるプシュニク監督の下順調に試合出場を続け、やがてはリオ五輪を目指す代表チームに呼ばれるまでになりました。

当然、プロ前から持っていた資質も高かったと思いますが、ある時には「そんなに好きならボールを抱えてプレーしろ」と、ボールを持たされながら練習し、ある時には前半終了間際に懲罰交代の憂き目に会うと言う厳しい指導を受けながら、それでも自らの武器であるドリブルにこだわって、チームを引っ張ってきた選手です。

高卒4年目ながら毎年コンスタントに30試合以上に出場し、早くもJ通算100試合出場を突破。
アビスパではJ1、J2合わせて132試合に出場し、チーム史上でも10位以内に入るリーグ戦25得点を記録するまでになりました。
坂田が今季で5季目ながら29得点であることを考えれば、金森の現状の貢献度が非常に高いことがわかりますよね。
もちろん、数字に現れる部分が全てではないので、坂田がどうこうと言う話ではないです。

地元出身の生え抜きFWと言うブランドは、ファンを惹き付ける要素の一つだと思います。
それでなぞらえるならば、山下、有光、城後、石津らの系譜の中の一人となるんだと思いますが、高卒でアビスパで純粋培養されたとなれば、やはりファンの思い入れも違うでしょう。
それだけ、金森には期待していたし、アビスパを上へ引き上げてくれる選手だと思っていたし、離れる時は海外に挑戦する時だと勝手に想像していた部分があったので、今回の決断に関しては複雑な思いがある人も多いと思います。

ただ、まぁ彼にとって大きな挑戦であると言うところでは、その決断を尊重したいとも思いますね。

アビスパでももしかしたら来年ではないかもしれないけど、その内J1への再挑戦の可能性はあると思います。
ですが、彼にとって、今、J1の舞台から去る選択の方が難しいのかもしれないですし、そこが、鹿島がゴールではなくて、海外でのプレー、代表でのプレーを目指しているのであれば、その方が近道であることは確かですからね。

ですが、そうやってステップアップを望んで移籍して行った選手たちが、順調にその後のキャリアを積んで行けたかと言えばそうではない現実の方が多いですので、今まで以上の努力が彼には必要でしょうね。
アビスパから巣立った選手で、その後栄光のキャリアを過ごせた、もしくは過ごしている選手となると、主税、丹羽、六反、マチぐらいかな。

山下も結局はアビスパから移籍後、仙台在籍時にも代表には招集されたものの定着せず、その後のキャリアは下降の一途を辿っていくものでしたからね。

もちろん、佑昌や復帰前の北斗、末吉なんかはチームとしては必要不可欠な選手にはなったと思いますが、本人たちが描いていた成長曲線通りだったかは分かりません。

金森が、鹿島で活躍すると言うことは、既存の選手たちを押しのけてレギュラーを確保すると言うことです。

金森自身はどう思っているか分かりませんが、彼のプレーエリアと言えば前線2トップの一角か、シャドー、そして、左右のワイドと言うところでしょうか。

PA内でボールを持った時の攻撃性に優れていて、ドリブルも出来るし、パスも出せると言うところで言えば、フィニッシャーとしても機能するし、チャンスメーカーとしても問題ないと言う選手です。
2年目ぐらいまでは、ラストパスの精度が著しく低く、クロスを相手にカットされてそのままカウンターを受けると言うシーンが何度か見られましたが、最近はやりきる、シュートでプレーを終えると言うところが伸びてきていると思います。

守備も厭いません。
決してうまくはないですし、ポジション的に仕方ないところですが、異様に途中交代が多いと言うところで言うと、90分維持できるスタミナには不安があるかもしれませんが、頑張ります。
集中力もそんなに高くないので、ここぞと言うところでのミスや、決定機を外して頭を抱えるシーンは何度も見ましたが、非常に難しいプレーを難なくこなすシーンを見るにつけ、ある意味アビスパらしいFWと言えるのかもしれません。

鹿島では、金崎がエースとして君臨していますので、彼を軸に考えた時、その相棒は常に人材が枯渇しているところでしょう。
もちろん、所属している誰もがアビスパに来たならレギュラークラスを張れる実力者ですが、優勝を争うクラブで考えると、帯に短し襷に長しと言う状態です。
その中でも、器用さ、万能さと言うところで現在は土居聖真に一日の長あり。

ただ、金崎がサイドに流れる傾向があるので、出来れば前線で張ってくれる選手が相性が良さそうで、その点では鈴木優麿の方がタイプとしては合っていると思います。
そして、そこに来季はペドロ・ジュニオールが加わってくると言うことで、トップで出ようとしたらこの選手らとの争いになりますね。

サイドで考えれば、右の遠藤も替えが利かない選手。
控えが薄いとも言えますが、ここには岡山にレンタルで修行中の豊川の復帰も噂されています。
左に至っては更に激戦区で、イマイチ鹿島にフィットしていると言い難いファブリシオと中村充孝の争いに、永木の台頭と、またまた補強の噂があるレオ・シルバの加入でボランチから柴崎岳が弾かれてくる可能性もありますから、ここもかなり厳しい。

これらの選手たちにポジション争いで勝って出番を得ると言うのがどんなに難しいか、もちろん覚悟の上での決断でしょうから、それでもこだわったJ1でどれだけのパフォーマンスが出来るのか、見てみたいですね。

もっと言えば、勝者のメンタリティに溢れる選手たちが、本気でぶつかっているのが鹿島ですから、CS第2節でも見せた金崎と鈴木のPKの取り合いみたいなことは、おそらく練習から激しく行われているんだと思います。
アビスパのぬるま湯に慣れきった金森にはかなりハードでしょうね。

それでも出ていくなら、元アビスパのプライドを見せて欲しい。
それだけが、金森への望みです。




まだまだ陣容が固まらないアビスパですが、ここに来て補強の話も聞こえてきています。

井原福岡 守備再建へ横浜・栗原に獲得オファー (スポニチアネックス)

栗原ですか。
何年か前からそういう話は何回か聞いていましたが、今回初めて正式にオファーしたみたいですね。

とにかく今季、DFラインの固定と言うところでは苦労しました。
というのも、個人的にはDFラインだけの問題ではなかったと思いますが、それにしてもミスが多かったのは事実。

そもそも、DFとDFの間にスルーパスを通されて失点と言ういつもの形は、それまでに中盤でパスの出し手にプレッシャーがかかっていないとか、ボールの取られ方が悪くて下がりながらの守備になってしまう、などの問題もあるので、DFの顔ぶれを変えるだけで改善が出来るとは思えませんが、簡単にマークを外してしまうとか、ビルドアップの時にパスミスをしてしまう、なんかは人を変えて改善が出来るところだとは思いますからね。

あとは、ゲームの流れを読むと言うところで、今の時間帯でどういうプレーをすべきかの判断なんかは、経験則によるものが大きいと思いますので、代表でも常連だった栗原というベテラン選手の補強は理に適っているとは思います。

来季一年でのJ1復帰を考えれば、当然その後一年で降格するチームを作るべきではないので、ある程度定着が考えられるチームを作るべきです。
そうなると、守備の再構築、特にJ1で通用する守備を今年一年で作り上げると考えれば、その急先鋒として、一年間休みなく働いてくれる選手は必要です。

4枚にしても3枚にしても、その選手をベースとして考えられるようだと井原監督としても先行きが明るいと思いますが、この栗原にしても新潟との競合の様ですので、何とかアビスパに来てくれると良いですね。


誰が抜けるかによっても補強の構想は変わってくるかと思いますが、阿部の退団、駒野、光永の去就が不透明、亀川に流出の危機というところで言うと、SBの選手層も気になるところ。
今挙げた全員が残らなかった場合、現時点でSBの選手は北斗、古部、下坂、CBとの兼用で實藤ぐらいになってしまうので、ここの補強も必要です。

あとは、攻撃的なポジションも、平井が退団し、金森も移籍が決定的、ウェリにも流出の可能性が高いという現状がありますので、補強が必要。
石津の復帰を要請しているとのことですし、競合がいないとのことなので、彼が戻ってくれば金森の穴は埋まりますが、更に強化すると考えれば、個人的には宣福を戻してくれたらなぁ、と思いますけどね。

新潟でもそうでしたが、岡山でも前目のポジションではなく、WBでの出場が多かった様ですし、彼本来の良さが生きる起用ではなかったんじゃないかと思います。
そもそも、彼がどのポジションで出たいのかわからないので、納得して出ているのかもしれませんが、アビスパでの活躍を見るに、彼の生きる場所はそこじゃない感がして仕方ありません。

もちろん、契約ごとなので簡単には行かないでしょうけど、今も福岡には帰ってきているみたいですからね。

呼び戻してほしいなぁ、と思いますね。


色々書きましたが、オフシーズンこそ、こういう妄想記事が捗るわけですから、何の根拠もない絵空事なので、信用しないでもらって、妄想が現実になることを願って楽しみましょう。

とりあえず、今季の残留第一号として三門が契約更新してくれましたので、明日以降も良いニュースが続くことを期待しておきます!

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策





福岡井原監督が続投へ「やるからには1年でJ1に」(日刊スポーツ)

福岡全体練習終了、石津に復帰オファー(YOMIURI ONLINE)

どのチームよりもいの一番に今季の結果が決まってしまったアビスパ。

消化試合も淡々とこなし、ベトナムに試合に行ってからは、どういう内容の練習をどういう目的で続けて来たかは分かりませんが、先日今季の全体練習を終え、正式にシーズンオフに入りました。

一応12/7までは一部選手によるトレーニングとありますので、来季の去就が確定された選手や外国籍選手から順にトレーニングから外れていくんでしょうね。

阿部や秀人は今季はまだ概要が発表されていないトライアウトを受けるのか、既に行先があるのか、どちらにしてももう雁の巣でその姿を見ることは出来ないのかもしれません。
他の既にシーズンオフに入っているクラブの外国籍選手も次々に帰国していますから、ダニやウェリなども同様でしょうね。

来季の編成が気になるところですが、他のクラブに比べれば、いち早くシーズンオフに突入したにもかかわらず、アビスパは動きが表面に表れてきません。
これは、以前横浜に在籍していた彼を獲り逃した経験だったり、そういうものから来るのかもしれないので、別に悪いことではないですし、動いていれば良いわけです。
何より、所属選手の動向が決まらなければ、正式決定も出来ないでしょうしね。

そういう意味では、まだシーズンが終わっていない浦和、鹿島、横浜M、G大阪、広島、大宮、湘南、F東京、川崎、松本、C大阪、京都、岡山などの結果次第でまた大きく動く可能性はあります。

来季J2が決まっている九州のアビスパよりも、来季J1かもしれないチーム、天皇杯次第でACLに出られるかもしれないチームもありますので、リーグ戦だけの場合と、ACLも戦わなければならない場合とでは抱える選手の数、質も違うでしょうから、まだストーブリーグは温まりきっていないと言う状況ですかね。

もちろん、ストーブリーグを引っ張っていくビッグネームについては、来季の動向関係なく決まっていくと言うことで、既に大久保のF東京入りや、佐藤寿人の名古屋入りが決まっていたりしますが、J1クラブでも半レギュラーの扱いになりそうなアビスパ在籍の選手たち、来季J2に降格するチームであるアビスパが獲得できる層の選手たちとなってくると、こういうビッグネームやJ1レギュラークラスが落ち着いてから決まりだすと言うこともあるのかもしれません。
多少、アビスパの選手たちやアビスパが迎え入れる選手たちに失礼な物言いになってしまいましたが。

アビスパ関連で、選手だけでなくフロントも含めて現時点で決まっていることは、
  • 阿部、秀人が契約満了で退団
  • 新卒選手として山ノ井くんの加入
  • 石川GKコーチの退団

と言うことだけです。

既に既成事実として新聞で報道されていると言う点では、ユースの崎村くんトップ昇格と言う話もありますね。
まだ公式にはリリースされていない様ですが、本人もSNSで報告していることですし、決定と言うことでしょう。

アビスパとしては一日も早く監督人事について正式発表したいところだと思いますが、新聞報道ではほぼ来季も続投することが固まっているものの、最後の詰めのところの調整と言うことで正式に井原監督の来季が決まっていません。

報道によれば、井原監督として一番悩んでいたのが、「J2に落とした責任を感じ、自分が来季も率いて良いのだろうか」と言うところと、「やるからには1年でJ1に戻したいので、それ相応の陣容になるべく、補強予算をつぎ込んで欲しい」と言うところでしょうかね。
直接本人の口から、「来季も指揮を執ると言うことで、降格の責任を果たしたい」旨の発言が出ていますので、前向きは前向きなんだと思います。
後は、詳細のところということで、いかに現有戦力を引き止められるかと言うところと、そこから上積みをし、また1年で上がったとしても、1年で降格してしまってはいけませんので、昇格出来る人員と言うよりは、昇格の後、定着できる人員と言うことを見据えての補強にどれだけ目処が立つかと言うことなのかもしれません。

ただ、じゃあそういう目処が立たないからやらないよ、となった場合、それが年明けになってくると、チーム編成上厳しいですからね。
今季の鳥栖はマガト就任がほぼ決まっておきながら、ギリギリで覆されると言う憂き目に会い、新監督の戦術を浸透させるのに手こずり、開幕からかなりチーム構築に苦しみましたが、その鳥栖でさえ1/7に就任を発表していますので、年内にはほぼ当たりを付けていたと思います。

そういうことを考えると、井原監督じゃなかった場合も考えているのか知りませんが、なるべく早く決めてもらいたいし、陣容が分かってから決意、じゃあ遅いと思います。

フロントと言うことで考えると、石川コーチが抜けた後のGKコーチ、そして、それ以外のコーチ陣の留任は発表されていませんので、現時点で発表されていないと言うことはほぼ留任なんでしょうけど、その辺りも気になります。
特に、三浦文丈コーチの穴を埋めきれなかった感がある首脳陣には、井原監督の続投が既定路線だとしても、何らかのテコ入れが必要ではないかと思いますけどね。
カルロス人脈でネルシーニョに考えが近いブラジル人コーチなんかが来ると、井原監督との相性も良さそうですがいかがでしょうか。


そして、石津の復帰が噂されています。

ここまで、アビスパの所属選手も含めた噂やオファーなどの情報をまとめると、
  • 亀川、金森に鹿島からオファーの報道
  • 亀川に鳥栖からオファー
  • ウェリはG大阪からのオファーを断った
  • ダニが残留希望

と言うところでしょうか。

城後、北斗、三門は残留を希望していると報じている新聞もあるようですが、そこもまだまだ未確定な情報。
契約更改の内容で揉めるかもしれませんしね。

反面、アビスパが獲得を狙っている選手と言うのが情報としては中々出てきません。
  • 石津が神戸とのレンタル契約満了でアビスパが復帰要請
  • 磐田に移籍が決定的な川又の獲得に名乗り出ていた

というのが情報としては出てきているのみです。

石津は、その報道によれば、神戸も含めて競合がいないと言うことで、現時点ではどこからもオファーが来ていないばかりか、神戸側にも契約を更新する、もしくは完全移籍での交渉を進める気がないと言うことでしょうね。

石津の今季は19試合に出場して1ゴールと言うことで、19試合のうち11試合をベンチスタートの上、フル出場が一度もないと言う完全に控え選手としての扱いに終わりました。
神戸に移ってからは2年半で59試合に出場し、6ゴールと、J1での挑戦に成功したかと言われれば厳しいと言わざるを得ない成績だったと思います。

ただ、結果は出ませんでしたが、特に攻撃陣に有力選手を多く抱える神戸のスタメン争いを続け、今季もほとんどの試合でベンチに入ると言うところで言うと、本人も満足はしていないでしょうけど、決して悲観する内容ではなかったと思います。

アビスパとしては、既存選手で言えば金森の動向が気になるところ。
二列目の攻撃的なアタッカーと言う大きな括りで言えば、金森をはじめ為田、城後、坂田、邦本、勇太と、枚数としては抱えていますが、個人で勝負出来る選手で、ゴール前の決定的な場面にも顔を出せると言うことで彼の出来不出来が、今季の勝敗に大きく関わったことを考えれば、一番に残したい選手であることは間違いありません。

ただ、彼もオリンピックを逃し、代表と言うところを見据えると、23歳になる来季、海外移籍への足がかりぐらいは掴みたいと思っているでしょうから、J2よりはJ1と言う考えは分からなくもありません。
それが、常に優勝争いをする鹿島であれば、なおさら近道だと感じてしまうでしょうしね。

そうなった時に、金森の穴を埋められる選手として石津に期待していると言うことは想像に難くないところですが、その石津自体にも、まだまだ他のクラブからのオファーが来る可能性が高いですからね。
どうやらアビスパとの契約も今季までとのことですので、移籍金なしで彼を手に入れられるのであれば、来季もJ1の残留争いをするであろうチームなんかは、喉から手が出るほど欲しい人材に違いありません。
前線でタメを作れる選手と言うことでは、甲府のサッカーには合いそうですしね。
もし松本や京都なんかが上がれば、目をつけそうな選手だと思います。

今のところは競合がいないと言うだけではありますが、それなら今の内に何とかアビスパとの契約延長を決意して欲しいところです。

石津は、アビスパでプロになることを夢見てサッカーを続けてきた少年でした。
そして、その夢を叶えてアビスパでプロ生活をスタートさせ、順調に試合に出場し続け、特にチームを離れることになった2014年シーズンなどは、アビスパは完全に石津のチームに。
今季契約満了にはなりましたが、秀人とのホットラインは見事で、そこから入った縦パスを石津が後ろ向きに受けて、相手を背にしながら反転し、前を向いて攻撃態勢に入ると言うシーンが好きでしたね。

そんなチームの中心に成長した石津を他クラブも放っておくはずはなく、レンタルではありましたがJ1への武者修行を選んだ石津。
チームは、国内移籍にもかかわらず、退団セレモニーまで開いて送り出した選手ですから、どういう形で復帰するか、と言うのはファンみんなが気にしていたことだったと思います。
レンタル契約が一年延び、二年延びして今季、レンタル元の選手と試合で戦うと言う珍しい体験をしましたが、神戸と戦った2戦ともに、石津の確かな成長を対戦相手として見せつけられたのも事実です。

私個人としては、石津の復帰にはある一つのストーリーを描いていました。

神戸で活躍を続ける石津。
それまでは、石津自身の成長の場としては物足りなかったアビスパが、やっとの思いでJ1昇格の切符を手繰り寄せ、5年ぶりのJ1を戦うチームに、残留を託す救世主として帰還すると言う形です。
言わば、J1でプレーする石津をアビスパが迎えに行くという形ですね。

ですが、石津は今季、神戸で戦うことを選択しました。
おそらく、彼の手応えの中で、今季はいよいよレギュラーを掴めるところに来ていたのかもしれません。
アビスパに戻れば、間違いなくその座は手に入りますが、より困難なチャレンジを選択したのかもしれません。
もしくは、良いように捉えれば、今回のアビスパのJ1昇格に何ら貢献していない中で、美味しいとこ取りの移籍を望まなかったのかもしれません。

そうしてアビスパも1年での降格を余儀なくされ、石津もその立場をチームから追われるところに来ています。

私が考えた石津を迎え入れるためにアビスパに必要な資格は、「J1であること」だと思っていましたが、もしかしたらこれは、今季J1を戦ったことで、「J1に挑戦する資格を得られるチームであること」に改められたかもしれません。
何せ、石津が在籍した時代は、J2でも中位以下の順位に終わることが多く、プレーオフ争いにすら最後まで残ることが出来なかった何年間かでしたので、このままこのチームに残って、J2の下位に低迷し続けることを強いられるかもしれないと言うのは、選手としてはやりきれません。

しかし、井原監督のもとでJ1昇格を果たした経験を持つ今のチームなら、来季の1年での昇格も可能性がないわけではない。
それならば、またJ1の舞台に戻ってこられるかもしれないと言う思いを抱いてくれるかもしれません。

何だかこの何年かで、石津とアビスパの関係性が薄れてしまったような気がしていたので、この報道があるまで普通に石津との契約は延長されず、神戸に完全移籍すると思っていましたから、ここに来ての石津復帰報道に驚いていますが、戻ってくれば石津ほど、心強い選手はいません。

金森も、為田も、アタッカーとしては優秀な選手ですが、まだまだボールを持った時に、自分で勝負する以外の選択肢で違いを生み出せるほどではありません。
ですが、石津は自分で勝負することも出来る上に、周りを生かすことも出来る選手ですから、もし今季のアビスパに在籍していたとしたら、確実にウェリ以外の選択肢のところで生きていたはず。

そういう意味では、石津が金森を生かしてアビスパの攻撃が活性化されるところも見たいですけどね。

まだまだ何も発表されていませんので、何ら確定ではない中で、石津の報道を受けて、私なりの石津復帰への思いを書いてみました。


ようやく来週辺りから徐々に所属選手の契約更改が始まり、彼らの動向が徐々に発表されると思います。

気になるのはオファーが来ていると報道されている選手ですが、契約満了となった選手以外の全ての選手が残留してくれたなら、来季のアビスパの門出としては非常に喜ばしいものになるんですけどね。
まぁ、以前にも書いたように、別れがあって出会いがあるわけですから、所属選手の契約更改のニュース、新加入選手のニュースに一喜一憂するのが正しいオフシーズンの過ごした方と言うことで、これはこれという楽しみ方で長い休みを乗り切りましょう。

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策






アビスパ福岡、1年でのJ2降格が決定。5失点大敗後に他会場の結果で(フットボールチャンネル)

プライベートで忙しくしていて、ブログをアップできない日々が続いているうちに、アビスパの2016年シーズンが最悪の結果で終わってしまっていました。

2015年、それこそ今ぐらいの時期はシーズン終盤に向けて連勝を達成し、その勢いのままプレーオフを制し、意気揚々とJ1に殴り込みをかけたつもりでしたが、結果的には散々な目に遭わされたというシーズンになってしまいましたね。

私個人としては、夏ぐらいまではいつも通り普通に忙しい日々を送っていたんですが、人事異動などに伴って現場復帰を余儀なくされた結果、まともにスタジアムには通えなくなり、プライベートの時間もかなり削られてしまったので、アビスパと少し疎遠になってしまったのは事実です。
ようやく多少落ち着いてきて、スタジアムに復帰できたのは最終戦。
そして、その試合も、ボロボロのアビスパをまざまざと見せつけられた試合になってしまったのは、皆さんご存知のことだと思います。

私が今季を振り返る時に、一番悔しかったのは、まともに降格を悔しがれなかったこと。

悔しいのは当然悔しくて、あれだけの思いで勝ち取ったJ1でしたから、残念で仕方なかったですが、どこか現実感の乏しいJ2降格でした。

これは、私のプライベートなことがそうさせるのではなくて、おそらく私と同じ感情の人も少しはいるんじゃないかと思うんですけど、降格が決まった瞬間のチームを見届けられなかった、というところが一番大きな感情だったと思います。

アビスパの降格が決まったのは他会場の結果を受けて、と言う状況でした。

本来、この試合の結果如何で降格と言う状況であれば、試合後のコメントもそういうものになるでしょうし、試合後の選手の様子で現実を見せつけられて、打ちひしがれたりするんでしょうけど、名古屋戦に大敗してもなお、次節に結果を持ち越す可能性がありましたので、監督のコメントも、もし決まってなければ少しでも望みを繋ぐために全力を尽くすし、もし決まっても、最後まで気持ちの入った試合をします、的な歯切れの悪いものになってしまっていました。

そして、これが一番大きかったと思うんですけど、選手個々の能力に関しても、チームとしての出来である組織力に関しても、圧倒的脆弱さを露呈しての降格だったので、敗けて敗けて敗け続ける間に、これだけ敗ければそらそうだよね、と言う諦めに近い感情も生まれてしまっていたのも事実です。

結局この時期まで降格決定はずれ込みましたけど、それもこれも今季の残留争いのレベルの低さが生んだまやかしで、仮に例年通りの残留ラインであれば、今季は残留できた甲府、新潟も降格しておかしくないレベルですからね。
とっくの昔に降格が決まっていたでしょう。
そして、そのまやかしで気持ちは切れているのに結果だけが終わってくれないと言う事態を生んでいたと思います。

言ってみれば、真綿で首を絞める様な、もうここまで来たら、一思いに・・・と言うようなね。

現実にそうなることが怖いから口に出しては言いませんでしたけど、途中から来季に少しでも早く切り替えて欲しいと言う思いも多少ありましたし、最後の最後まで選手の頑張りに報いる応援をしたい、少しでも可能性にすがって足掻きたいと思う反面、今のどうしようもない敗け試合を、少しでも来季の糧にして欲しいとの思いが出始めていました。

そんな中で決まった降格でしたから、しっかり悔しい、と思える期間が私には訪れなかった。
それが、思い入れが薄いからだと言われればそうなのかもしれませんが、J1というステージを失ってしまった喪失感は等しくある中で、それでもこのステージに相応しい戦いができたかと言えばそうでもない今季のチームを見ると、悔しいは悔しいものの、それすら分不相応の様な気がして気が引けると言うものなのかもしれません。

ただ、だからこそ、切り替えることが出来るのかな、とも思います。

名古屋の様に、J創世記からトップリーグに在籍し続け、近年は低迷していましたが、チャンピオンになったこともあるクラブがJ2に降格するのとは訳が違います。
名古屋のサポーターはかなりダメージが大きいでしょうし、未だにクラブの暗部が晒されている状況では中々気持ちを来季に切り替えるのは難しいでしょうからね。

我々は、今季、一番下の位置でJ1に挑戦したクラブです。
そのクラブが、最初の順位通り、一番下でシーズンを終えただけ。

ですが、その中身は絶対それだけじゃなかった。

選手は頑張ったと思うし、フロントも当初の目標通りのスポンサー数を確保しました。
監督はじめ、コーチ陣も、初めてのJ1をこの布陣で戦うということで、試行錯誤の中、最後までチャレンジし続けたと思いますが、結果が出なかった。
圧倒的に、全てが足りなかった、至らなかったのはそれだけなんだと思います。
チームがこの一年戦ってきたことは決して無駄じゃないですし、出直しの来季からがまた大事になるということでしょう。

結果は出なかったですが、得られたものは山ほどあるはず。
それらを、来季の戦いに生かさなければならないですし、そうしなければ、また長い低迷期に入ってしまうと思います。

ただ、その状況下で、降格が決まった後もピリッとしないアビスパ。

湘南が降格決定後、生まれ変わった様に2連勝で締めくくったのと対象的に、大量失点を喫しての3連敗(降格決定前から合わせれば5連敗)で悪いものを引きずったままシーズンを終えることになったアビスパの不甲斐ない戦いを見せつけられると、気持ちが切れてしまっていると言えばそれまでですが、最後まで自分たちがJ1で今季戦った証みたいなものを示してほしかったし、大きな括りではどんなに足掻こうとも、もう何も変わりませんが、それでも何か爪痕は残してほしかったな、と思いましたね。



アビスパはなぜ降格したか


今季は一度も雁の巣に行けていないですし、クラブの内部事情なんか知る由もないですから、私が降格に際して何かとっておきの新しい情報をここで提示できるわけではないです。

他のブログや検証記事で書かれているようなことを今更取り上げたところで、目新しさはありませんので、客観視した事実と言うより、私個人の降格に際しての意見や感想と言うレベルで振り返りたいと思いますね。
その上で、少しでも共感してもらえる方がいればいいなぁと言うところです。



私はシーズンが始まる段階で、アビスパを下位グループに予測し、その上でここから抜け出すために大事なことをいくつかピックアップしていました。
以下が開幕前のブログより。
そして、アビスパ。

アビスパファンとして、アビスパの優勝を予想しないのは少し居心地が悪いですが、現実的に言ってそれを予想するのは難しいです。

まぁ、戦い方に関してはさんざん言われているところですが、何にしても自分たちは降格候補筆頭であるという意識は忘れないことですね。

仮に結果が出ても、いつ下に落ちるか分からないという危機感は抱いておくべきですし、仮に結果が出なくても、筆頭候補なんだから当たり前、まずは自分たちのできることからと、余計なプレッシャーを感じない様にすることが大事です。

敗けて当たり前です。
J1最後に参画を決めたクラブなんですから、全ての試合でチャレンジャーであるべきで、全ての試合で全力を出して勝点1でももぎ取ってくるんだという考え方で臨みたいです。
ただし、九州ダービーは除く。

まずはここからで構わなくて、少しでもうまく行ったことをレベルアップして徐々に上げていけばいいことです。
守備がうまく行ったなら、今度は少しずつラインを上げて、攻撃に推移していこう、としていかなければ、昨季のベースまで崩壊してしまいますから。
その意味では、井原監督はリアリストですので、目の前の勝敗に一喜一憂せず、シーズン全てを見渡して差配ができると信じています。


そして、こちらは長くなるのでリンクだけ貼っておきます。
開幕までもう少し!(2016年2月18日)

ポイントは、
  • 3バックと4バックを使い分けたとしても、大事になるのは最終ラインに戻ってくる人数を確保し、数で守りたいということ
  • 守ってばかりではなく、いかに攻撃に打ち出せるかと言うことで、ウェリ以外の選択肢を打ち出したいということ
  • 前がかりになった時に奪われた場合にピンチになるので、攻守の切り替えの早さが求められるということ

だったと思います。

そして、一番大事なのが、上記のブログにある、
  • 敗けて当たり前。降格筆頭候補なんだから、勝点1でも拾えればOKの気持ちで戦い、余計なプレッシャーを感じないこと

と言うこと。

アビスパが今季J1を戦っていく上で、ウェリントンを残留させることが出来た、亀川を完全移籍で残すことが出来た、レンタル移籍で加入していた2選手と、兵役の関係で退団したグァンソン以外のほぼ全ての主力を確保した状態で、守備の選手を中心にJ1経験者も獲得することが出来た、開幕ギリギリになったけど、中盤の底を任せることが出来る最後のピースであるダニルソンを加えることが出来た、と言うかなりのポジティブな戦力確保をした状態で入ることが出来ました。

その戦力から察するに、攻撃の中心はウェリントンのポストで、守備はダニルソンを中心に人数をかけて守ると言うJ2でのベースを更に醸成させていくことが、最大の狙いだったことは明白です。

その戦い方で鍵になってくるのが、正にウェリントンがJ1で通用するのかと言うところと、昨季のJ2での堅守をベースに、ダニルソンを加えてより強固な組織的守備がJ1で通用するかと言うこと、そして、組織が破壊された時にどれだけ個で対応が出来るのか、と言うところだったと思うんですが、結果的に、ウェリントンは通用して、それ以外のところは全く通用しなかったと言うことでしょうね。

開幕前の戦い方と選手構成を見ても、私は井原監督がアンカーシステムと言うところを一つの目標に置いていると思っていました。
今季も途中で何回か試したことはありましたが、中々うまく行きませんでした。

私個人としても、攻守において安定感をもたらしてくれるという点でアンカーシステムは大賛成で、特にアビスパが長いこと抱えている課題の一つである、「バイタルエリアを自由に使われてCBの間を通される」と言うことへの最適解の一つだと考えています。
うまく行けば。

ただ、うまく行かない理由の一つには、アンカーのポジションに入った選手の両脇のスペースが空いてしまい、そこを自由に使われてしまうと言うこと。
また、アンカーが釣り出されたときには、バイタルエリアも空いてしまうと言うところでしょうか。
マリヤン政権下では正にここがアキレス腱となりましたね。

これを成り立たせるために、昨季は対人に強く、フィジカルに特徴があるパク・ゴンを当初選択しましたがフィットせず、昨季はその後二度とアンカーシステムを試しませんでした。
今季は、このアンカーを誰に任せるか、と言うところが開幕時の想定ではダニルソンだったんだと思います。

ダニルソンがトップコンディションであれば、名古屋時代はアンカーでJリーグベストイレブンを獲得したこともある選手なわけですから、ここを任せるのに彼以上の適任者はいません。
そして、これは昨季を通しては実現できず、結果的に井原監督が今季かなりこだわっていた中盤のフィジカル重視の起用も可能になります。

ダニルソンがトップコンディションであれば。

そこが実現しなかった時に、井原監督のアンカーシステム構想が棚上げされてしまったとしたら、後はどうやって堅守を構築し、攻撃に繋いでいくかをまた一から積み上げて行かなければならなくなったわけですし、その答えを結局最後まで見出すことが出来なかったと言うことが降格の一番の要因でしょうね。

我々には、仮にダニルソンを組み込んだシステムがうまく行かなくても、ほぼ昨季のベースは残っているわけですから、それに戻せばいつでも本来の堅守を取り戻せると言う蜃気楼の様な不確実な自信がありましたので、開幕時に結局ダニルソンが間に合わずとも、少なくとも一方的に攻められはしても、早々大量失点はしないだろうと高をくくっていた節はあります。

しかし、井原監督はおそらくJ2で通用した守備に例えヒョヌンと實藤を加えたとしても、それだけでJ1を戦っていくことが難しいことは分かっていたんだと思います。
これは、個の力量不足もありますし、組織のところの戦術の深化が果たせなかったと言うところもあるでしょう。

今季のJ1は、かなり過密日程でした。

例年、開幕してから閉幕するまでの期間が280日程度ありますが、J1が2ステージ制に戻った影響で2015年が260日、そして今季に至ってはその間250日でした。
それに加えて、4月に起きた熊本大地震の影響で7節の名古屋戦が中止。
その分も6月のウィークデーに振り返られるなど、自然災害にも振り回される厳しいスケジュールだったと思います。

その煽りを受けてなくなったのが、シーズン中に立て直しを図れるはずのJリーグ中断期間。
開幕7節の段階で確かに多少の間は空きましたが、地震の影響でそれどころではなく、1stステージと2ndステージの間もなくすぐに移行しましたので、うまく行かないチーム状況を、シーズン中にリセットして戦い方を見直すと言う時間も取れませんでした。
シーズン中の練習は基本的に疲れを取るリカバリー中心になりますし、戦術を一から見直して浸透させる様な時間は取れません。
当然、戦術の見直しどころか、うまく行きかけている戦術の深化にかける時間も少なかったに違いありません。

そして、当初予定したダニルソンの起用が奏功せず、ウェリ以外の攻撃の手立てもないまま何の解決策も見いだせないチーム状況をどうやって立て直すのかを、チームに落とし込む暇もない。
そんな中でどんどん試合がやってくる。
地獄だったでしょうね、井原監督にしてみれば。

個人的には、この中断期間を取れなかったと言うことが、近年稀に見る低レベルの残留争いを生んだとも思っていますけどね。
まぁ、アビスパはそれに加えて地震の影響で過密日程が他チームより険しかったことと、チーム創設以降初めてとなるナビスコカップ(ルヴァンカップ)の決勝トーナメント進出による更なる過密日程も影響しましたしね。
運営側に問いたいのは、これだけ残留争いがもつれたのを良しとするならこの過密日程もアリなのかもしれませんが、それ故の低レベル化はファン離れを引き起こす可能性もありますので、結局簡単に2ステージ制は覆してしまいましたが、この2年間の総括はしっかり来季以降に生かすべきだと思います。


ダニルソンの稼働率の低さ、ウェリントンに頼り切りな攻撃と、古傷の悪化で長期離脱したウェリントン。
相変わらず中盤でのプレスが効かずに、簡単に間を通されて失点する守備陣と、裏抜けだけを狙って動き出す受け手に、合わすことが出来ない出し手、単調な攻撃を繰り返し、相手を守りやすくしてしまう攻撃陣と、素人目にも改善点が見えているにもかかわらず、毎試合「これがJ1のレベル。少しのミスも見逃してくれない。」的なコメントを残して成長が見られない監督、選手。

もっとこうすれば良かった、こう戦えば、こう起用すれば、あそこでこれをしなければ、挙げていけば枚挙にいとまがない状況です。
降格したんだから当たり前です。

私は、今回の降格はそのナイーブさにも一因があったと思います。

前述したように、我々は開幕時から一番下から一つずつ順位を上げなければいけない立場だったはずで、うまく行かなくて当たり前です。
ですが、うまく行かないことにあまりにもチームが、いや、チームだけでなく我々ファンもうろたえてしまっって、我を失ってしまいました。

後悔することは決して悪いことではないですが、その後悔の対象となる殆どの場面で、失敗を取り返そうとする強さや、ミスを挽回する新たなチャレンジ、仲間をフォローして鼓舞していく逞しさみたいなものは見られませんでしたね。
一つのミスにすぐ項垂れてしまうナイーブさ。
いわゆるそれが負け癖なのかもしれませんが、そういうものが払拭できなかったのが最大の敗因だったと思います。

その払拭に、シーズン半ばに三門と駒野を獲得したんだと思いますが、間に合いませんでした。



井原監督か否か


これからアビスパに起こることを想像します。

もちろん、主力の何人かには既に他クラブからのオファーが舞い込んでいるとの報道はありますし、既に契約満了が伝えられた選手もいましたので、選手の入れ替えは当然行われるでしょう。

新加入が伝えられている山ノ井くんには、もしかしたらJ1クラブに加入するはずだったのに、と言う想定違いが発生しているかもしれないのでそれは申し訳ないですが、現時点で来季所属が確実に発表されているのは彼だけです。

例年より早くシーズンが終わってしまっているので、公式戦はありませんが契約更改が始まるまではまだちょっと間がありそうです。
18日には謎のトレーニングマッチ予定が組み込まれていますしね。
(天皇杯が残っているチームとやるのか、それとも他のJ1か。J2はその二日後にリーグ戦なので難しいでしょし、J3?)

所属選手の去就が発表されだすのは12月の後半からでしょうから、それまでは移籍での加入、流出なんかが先に発表されそうですね。
ちなみに昨季はウェリントンの契約更新が一番早く、12/8だったと記憶していますので、外国籍選手の去就は割りと早く発表されるかもしれません。
まぁ、チームが打ち上げれば帰国するでしょうしね。

そうやって、選手の動向でヤキモキしながら、まずは監督の動向と言うところも気になるところです。

最終節に社長が挨拶で言ったように、アビスパとしては基本、残留を第一に考えていて、来季も井原体制でということですが、当の本人の気持ちがまだ固まっていない、と。

ベトナムから帰ってきたら発表されると思ってたんですが、このブログを書いている時点でまだ発表されていませんので、もう少しかかるのかもしれません。

どんなところで迷っているのか。

当然、降格の責任は強く感じているところでしょう。
どれぐらい、井原監督が要望した補強だったのか知りませんが、ダニルソンを始めとして中々の顔ぶれは揃ったと思います。
じゃあ、J1でどれぐらいやれるメンバーだったかと問われれば、全員がフル稼働していても厳しかったと思いますし、そこをうまく料理するのが監督の仕事だとすれば、井原監督の働きが不十分だったことは確実です。

ただ、昇格がなければ降格もなかったわけで、この2年間の評価と言うところだと、まさかいきなり1年目から昇格させてくれるとも思っていなかったと思いますので、合わせて合格、と言う判断は頷けます。

ですが、私としては気になっているところもあります。

それは、降格が決まってもチームが踊らなかったこと。
もはや、勝点を取っても何も結果は覆らない状況で、たしかにモチベーションを上げるのは難しいと思いますが、これだけ「最後まで全力で」とか何とか言っておきながら、酷い有様を見せられては、本気でやってんのか?と疑問にもなりますし、監督の求心力のところを心配してしまいます。

何せ、2年前はそれでマリヤンを失っているチームですから、あの時のことが繰り返されないとも限りません。

井原監督は日本人ですので、その辺りのコミュニケーションはしっかり取っていると思いますし、サッカー界のレジェンドですから、そのカリスマ性でチームを締めてくれていると信じていますが、前科があるだけに複雑です。

そして、燃え尽き症候群ではないですが、「またJ2からやり直さないといけないのか」と井原監督自身のモチベーションが下がっていないかも気になりますね。
ましてや、初年度は奇跡の昇格を果たせましたが、来季もそうなる保証は何もない中で、周りは昇格の期待を十二分に持っていると思います。

今季露呈した様に、アビスパの負け癖は根が深い。

一年やそこらでそれが払拭されるとは限らないですし、それを払拭しなければ、またJ1に定着していくのは、さらにはJ2を勝ち抜いていくのも難しいでしょう。

まずは、チームだけでなく、我々周りの人間も、その部分を十分理解しなければなりません。

井原監督の2017年のアビスパでのJ2は、2015年のJ2よりも遥かに厳しく、ハードルも高いと言うことを、監督の残留を願うファンは記憶にとどめておく必要があります。
それだけ難しい選択を強いていると言う事実を。


個人的には、井原監督の続投が一番望ましいものの、仮に続投を固辞されても仕方ないと思っています。
ですし、そうなっても、それなりに理にかなった後任人事を、今のフロントなら行ってくれると言うレベルの信頼を感じています。

今回のカルロス氏 チーフディレクター就任のお知らせ(アビスパ公式)

降格の責任をチームだけに押し付けない英断だと思っています。

カルロス氏自体の実績もよくわからないですし、彼だったのか?は来季のシーズンが終わってからじゃないと分からないと思いますが、まだまだプロサッカークラブを運営する経営陣として、足りない点があると自覚し、組織を変えていこうとする姿勢には、大いに今後の期待を持てるというもの。

結果、誰だったの?となっても良いと思っていて、それはそれでしっかり総括し、次につなげてくれると思います。


ですので、私がお願いしたいのは、少しでも早くチームが来季に向けて動き出すために、井原監督にはじっくり考えながらも、早めに決断をしてほしいということ。
もし、チームの求心力が落ちていないのなら、井原監督如何で進退を決めたいと考える選手がいてもおかしくないですし、当然動いているであろう新戦力の確保についても、亀川、冨安を世代別の世界大会や最終予選に送り出した井原監督の下で成長したいと考える選手は多いと思います。

その意味では、井原監督が一日も早く前向きな回答を出してくれることに期待しますが、何より、既に来季が始まっている状況で、チームも一日も早く来季に向けて切り替えて欲しいと思いますね。

年末が差し迫れば、今季を振り返る局面が多くなるだろうと思いますが、我々は来季、一年でJ1に戻ることを目標に戦うクラブですから、終わったことに振り回されずに前を向きたいですね。


ホントは悔しいですが、何回だって落ちたって良いんですよ。
その度に這い上がれば良いし、サッカーが続く限り、失敗や成功を繰り返して強くなれば良いんです。
J2に落ちたら全てが終わるわけじゃないし、悲しい別れがあれば、また新しい出会いがある。

当然、J2に降格したクラブですから、選手の入れ替えの中で来季の形が決まってくるはず。
その中に、前向きに戦ってくれる選手が残ってくれればそれで良い。

来季はJ2ですが、ここで頑張ってまたJ1に戻ってきましょう。

今度は、もっと航輔をヒヤヒヤさせたいし、マチにも良いチームになったなと思ってもらいたい。
彼らがまた戻ってきたいと思ってもらえるチームであり続けるために、来季もまたサッカーを楽しみましょう。

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ

DSC_1669
福岡×鳥栖(Jリーグ.jp)

これがサッカーならあれもサッカー。憎しみは何も生み出さない。

もちろん、鳥栖サポーターも多く来場くださいました。
自分たちのエリアからはみ出すほどに。

もちろん、アビスパはそこまで興味ないけどという招待客で埋まった席もあったと思います。

ですが、我々アビスパのファン、サポーターもレベスタにあれだけの数が詰めかけました。
一昨年までであったら、試合前にあれだけ席詰めを呼びかけられることも、開場の何時間も前から長蛇の列を作ることもなかったでしょうし、たった2時間の試合のために何時間も前から会場入りし、一歩間違えば熱中症との危険性がある中でスタジアム周辺のどこに行っても人、人、人のストレスフルな状況も含めて、過酷な観戦環境の中で、です。

それだけの人が集まった中で、会場の多くの人が願っていた勝利は得られませんでした。

ダービーは、街と街、人と人のプライドと意地を賭けた戦いで、その試合に勝利することは、リーグ戦の最終成績よりも尊ばれる場所もあると言います。
前監督は、敗ければ次の日街を歩けないとも言っていました。

我らのダービーは、確かに海外の古くからあるリーグのそれと比べても、まだまだ歴史も浅いし背景も薄いかもしれないけれど、それでもこの対戦を心待ちにし、この対戦で勝利することをこの5年間待ちわびていた人も多かったと思います。
私もその一人で、開幕戦での借りも含めて、この一戦に賭ける思いを強くしてスタジアムに入りましたが、おそらくそういう思いの総和でも、鳥栖には勝っていなかったんだとも思います。

この試合に敗けたからと言って何か大きなものを失うわけではないですが、この屈辱を晴らせるのは、次のダービーでしかあり得ません。

せめて、この次のダービーを来季のJ1で迎えるためにも、この後の戦いが重要になりますし、この試合で我々に足らなかったものは何か、そしてそれを得るためにはどうすれば良かったのかを振り返って、この敗戦を糧にしていかなければなりません。

選手はこの敗戦を重く受け止めていると思いますし、心を痛めてもいるでしょう。
それだけでは足りなくて、ここからの成長と、鳥栖との切磋琢磨から得るものが、自分たちを大きくもするんでしょう。

ただただ、この5年間を思うと、鳥栖は着々とJ1で定着する道を探っていたのに対して、我々はようやく積年の膿を出し切ることが出来、そこからの再生の道を歩み始めたばかりなわけです。
ここからの歩みが、我々をもっと大きくすると信じて、ファンもサポーターも次の試合に切り替えていかないといけないですね。

忘れたいけど忘れられない敗戦を振り返っていきましょうか。


何がしたかったか?


この試合、アビスパはとてもダービーでの試合とは思えないほど、緩い入り方をしてしまいました。

アビスパは4バック。
亀川、冨安がリオで抜け、ウェリ、ダニも未だ戻らない布陣では、これしかない、これしか選択肢がないというスタメン。
GKは3試合連続で神山が入り、右SBには實藤、ヒョヌン、濱田を中央に置き、左SBには加入後初めてとなる駒野を使ってきました。

ダブルボランチには三門と田村、右のワイドには城後、左には金森が入り、2トップは平井と邦本が務めます。

この布陣で狙っていたのは、しっかり繋いで相手の裏を狙って出来るだけ高い位置から仕掛けていくサッカー。
必要なことは、奪ったら素早く縦に仕掛ける意識と、ボランチのどちらかは攻撃に参加し、相手にセカンドボールを渡さず自分たちの時間帯を作ること。

井原監督が「クイックネスに欠ける」と評した田村をボランチで使わざるを得ない状況で、結局ここが試合を通して鍵になったポジションだった気もしますね。
先制点の起点になったのも田村のカットからでしたが、試合を通して安定しなかったのも相手のアンカーである高橋の処遇がハマらなかったから。
その意味では、役割分担としてサイズのあるボランチをどうしても起用しなければならないのかは、もう一度井原監督にも考えてもらいたいところでもありますけどね。

立ち上がりは五分の様に見えましたが、実際鳥栖のシステムと相対した時に、中盤の枚数のところでミスマッチが出来てしまっていました。

相手は豊田と早坂の2トップに、トップ下の鎌田がかなり高い位置取りをしていましたので、鎌田が引いてくれればボランチが捕まえられましたが、この3トップの様な位置取りのおかげで、4バックで相手の3トップを見る形になっていました。
これで気をつけなければならないのは、SBが相手のFWをケアした時に、更にその大外から上がってくる選手へのケアが遅れることです。

井原監督は、そういうことも想定したのか、前半はしっかり守備から入るように意識づけをしていましたので、城後、金森の両ワイドがかなり低い位置まで戻されていましたね。

結果論ですが、ボランチの一人がDFラインに入ってでも、鎌田をケアしていれば、SBがそこまで絞る必要がなくなるので、もっと城後、金森を高い位置で使って、ここを起点にサイド攻撃を構築出来たかもしれませんが、ここの位置取りが低く、奪ったボールをここに預けても、相手の3ボランチの両サイドの選手に捕まってしまい、ボールを前に運べないという状況になっていました。

また、相手とのミスマッチで更に相手のボールキープを助長したのが、アンカー高橋のケアです。

ここのケアを誰が見るのかが明確ではなかったので、三門、田村がスペースを埋める守備になってしまっていて、FWが下がってこなければならない状態になっていました。
仮に、前からハメていって相手のポジションに対して詰めていったとしても、金民友、福田のところから簡単にフリーの高橋に戻せるので、全くプレッシャーがかからない状態。
ここから、空いているサイドに展開すれば良いという楽に守ることができていたのが、前半の鳥栖優位の展開を作っていました。

そして、FWがプレスバックして高橋に詰めても、FWが下がってきているせいで相手のDFラインにはプレッシャーがかかっていませんので、簡単に戻せます。
DFラインとしては、ここから余裕を持って前線の豊田にロングボールを送り込めば良いだけで、この日も豊田は前線でほとんど競り勝っていましたので、そのこぼれを拾われて、アビスパはまたDFラインを下げなければならないと、かなり押し込まれる展開になってしまいました。

結局、ここから前半は失点することはなかったものの、ほとんど自分たちの時間を作れず、上がり下がりを強要され、ボディーブローの様に徐々に体力を奪われる形になってしまいましたね。
それが、終盤足が止まってきたことに繋がり、最終的な3点目に繋がっていくわけですから、先制したとは言え試合を通して鳥栖にうまくコントロールされた、ということです。

本来なら、出来るだけ高い位置で奪って裏を狙うという形を取るのが、この布陣で臨む一番点が取りやすい形だったでしょうから、DFラインをズルズル下げずに、高い位置をキープする、相手をガチっとハメて、ブロックの前でプレーさせるということをしたかったんだと思います。
ですが、中盤でのミスマッチが解消されなかったので、機能しなかったということで、スペースを消す守備をボランチのどちらもがやってしまうのではなく、片方が人に行き、片方がスペースを埋めるという役割分担がうまく行かなかった時点で、切り替えるべきだったかもしれません。
ここが、田村と冨安の違いで、冨安は前からしっかり人に行けた、ガッと前から行っても交わされない瞬間のスピードがあるので、三門とのコンビでも機能していた点だったかもしれません。


どう打開しようとしたか?


前半を受けて、かなりアビスパは相手との相性の悪さを感じたと思います。

主審の判定がかなり後押ししてくれていたのと、相手のエースが何故かイライラして必要ないイエローをもらったりしてくれていたので大事には至りませんでしたが、それでもいつやられてもおかしくない状態で前半を終えました。
井原監督としては、まずは相手の攻撃の芽である豊田を封じるために、前半からも度々エアバトルは繰り広げていましたが、ヒョヌンにマンマーク気味に豊田に張り付かせることと、相手の高橋を抑えるために、三門を若干高いポジションに修正して来たように思います。

また、邦本の位置も低めにして、ボールを邦本に集めるという傾向を強くしましたね。

先制点は相手のオウンゴールでしたが、このプレーを導き出したのが、アビスパが全体を押し上げていたから。
相手のカウンター気味の攻撃に対して、田村がしっかり前でカットしようとしたため、そのこぼれから金森に繋いでゴールのシーンに繋がっていくわけですが、この金森のクロスに対して、ゴール前に入っているのが城後と三門ですから、戦前の狙いであるボランチの一人が攻撃に絡むと言うのが、三門を前にポジショニングさせることで成り立ったわけです。

金森がこれだけ目の前の選手を剥がすんだという強い意志で仕掛けてくれると、こういう大きなチャンスが生まれますね。

当然、仕掛ける位置、タイミングは重要で、その仕掛けから相手にカウンターを食らうシーンも何度も見ていますので、そういう怖さもありますが、こういうプレーが増えてくると、金森自体の危険度も上がってくるので、相手も対峙した時に色々考えてプレーの精度が落ちるということもあるかもしれません。
こういう武器は多いほうが良いですので、このシーンだけでも金森の重要性が分かるというプレーだったと思います。

ある意味、運良く先制することが出来ましたが、ここを守り切れないのが今季のアビスパ。

結局は鎌田の位置取りと、ミスマッチを完全に解消するに至らなかった点が、この後の展開に繋がっていくわけです。


何が逆転を呼んだのか?


選手個々の危機管理能力も含めたゲームを読む力と個人技のところも大きかったと思います。

同点ゴールのシーンでは、左サイドの吉田からの精度の高いクロスを鎌田に高い打点で頭で決められましたが、まずは吉田にパスが出るまでに、ゴール前で結構な時間があったと思います。
ですが、この得点のシーンでは、ボールサイドにアビスパの選手がかなり寄っていて、サイドに振られたパスについていけていません。

そこから、長いサイドチェンジで吉田に出るわけですが、このスライドも非常に遅く、中で準備する選手、クロスをあげる吉田、どちらにもかなりの時間がありました。
そうなれば、練習通りにしっかり精度の高いクロスをあげられますし、中の選手も人数が揃っていましたので、そのクロスに走りこんで合わせることが出来ますので、きれいなゴールが決まったということですね。

これで立ち直れば良かったですが、前半から相手に圧倒されて苦しい展開の中で、やっと掴んだ先制点をあっという間に追いつかれるという精神的ダメージがかなり大きかったですね。

ここから徐々に足が止まり始め、逆にこの同点弾から勢いを得た鳥栖は、前への意識がかなり強くなりました。
守備は前から行けるようになりますし、追い越す動きもどんどん出るようになります。

それが、逆転弾を生みましたね。
藤田は駒野が受ける前から狙っていたと思いますし、この位置で奪えればシュートまで行けるという確信があったと思います。
奪い方自体はファールでしたが、運良くこれをスルーされ、そのままの勢いで前の選手を追い越してゴール前に入っていく勢いで奪ったゴールだったと思います。

アビスパは、駒野に対してのファールを認められなかったことに切り替えが効かず、相手の勢いに飲まれてどんどん下がってしまい、結果的には簡単にゴールを許してしまう形。

そして、最悪の3点目も、1点目と同様にサイドでフリーになった相手から精度の高いクロスが入った形でしたが、ここでも、ゴール前は数的同数であるのに、あと一歩が出ない、戻りも遅いと、最悪の状態。

私が一番悲しかったのは、この3点目を失った後に、全体ががっくりしてしまって、この短い時間でも1点でも返すんだと切り替えられなかったこと。
アビスパゴールに入ったボールに一番早く触ったのは鳥栖の選手でしたし、その後もボールを持って歓喜の和に加わる鳥栖のキム・ミンヒョクからボールを奪って1秒でも早くキックオフするぞという気概も見られませんでした。
この1点に完全に意気消沈してしまい、ダービーを戦う戦前の気持ちはどこに行ってしまったのか、それだけ、相手との力量差が開いてしまったのかと感じてしまいました。

完全に足が止まったアビスパは、気持ちまでも止まってしまった瞬間でしたね。


DSC_1667

もう一度出直し


結局は、これが今の鳥栖とアビスパの力の差ということです。

鳥栖がどんなチームであって、何をやられたとしても、完敗は完敗。

あれから4年間、アビスパが成し得たことのないJ1の座を守ってきたチームですから、力があるのは当たり前ですが、どうやってでも勝つ、キレイもキタナイも関係なく勝つ、という姿勢が、J1に定着するという結果を生んだんだと思います。

決してそうしなければ定着できないものでもないと思いますが、持たざるものが、持つものを凌駕するためには、正攻法では難しいということでしょう。
正論です。
結果が証明しています。

アビスパは、J1を戦うには少々初すぎたんだと思います。
そして、準備も足りなかった。

この22試合をして、私はJ2のリーグ戦はJ1での戦い方を構築する場ではないとようやく悟ることが出来ました。
J1でどういう戦い方をするのかを模索しながらJ2を戦っても、J2では勝てません。
逆に、J2での戦い方をそのまま持ち込んでも、J1では勝てないのです。

大宮は、J2でJ1仕様の戦い方をしていたと思いますし、守備の構築だけを見ればそのままのことが通用していると思います。
ですが、端から攻撃は通用しないことを見越して、しっかり補強を行いました。
それだけのコネクションとお金、その他色々な要素があったから出来たことだと思いますが、それがJ1で定着するための、二度と降格しないための本気だったんだと思います。

磐田も、ここ最近は徐々に順位を下げつつありますが、J2でのベースは維持しながら、J1仕様になるため、J1で活躍している古参の選手を呼び戻しました。
その大井、山本が直接なり間接なり関与して、今季の磐田を作っているとも思います。

アビスパは、果たしてJ1仕様のチームが出来たのかと言えば、結局今やJ2自体のベースすら怪しい状況。
先制しても守れず、大事なところでのミス、集中力の欠如、セルフジャッジのオンパレード。
これは、J2のチームでも中々見られない代物です。

ただ、私は選手たちがこの試合も最後まで戦っていなかったとも思いません。
1点を最後に取ったことはもちろんですが、邦本は足がつるまで走り続け、つった足でしっかりとチャンスも演出しましたし、三門からは同点に追いつくんだと言う意志を感じました。
この日ピッチに立ったすべての選手が、今自分が出来る最大限を出そうと努力したことは、間違いありません。

あとは、ちょっとやそっとのミスで崩れないこと。
失敗するのは当たり前、ファールをファールと取ってくれないことも、オフサイドをオフサイドと取ってくれないことも、もう慣れたじゃないですか。
全てに一喜一憂して、メンタルでダメージを受けて、自分たちのプレーを萎縮させていくことは、どこかで止めたいですね。

もう点を取らないと勝てないんだし、勝たないと残れないんです。

点を取られたって、取られなくたって、このまま勝てなければ残れない。
残りの12試合を、すべて引き分けてもJ1には絶対に残れないんです。
それなら、もう開き直って点取るしかないよね。
何点取られても、それ以上の点を取るしか方法はないんだから、もちろん戦い方は守備を重視しながら、それでも前に行く気持ちを持っていなければなりません。

この試合に敗けたことで、残留圏との差が勝点5に開いてしまいました。
ただ、まだ可能性は残っています。
まだ、12試合も残っているし、残留の直接のライバルである名古屋、湘南、甲府、新潟との対戦も残っています。

私も切り替えます。
あとは、ひたすら残留を目指して戦うのみ。

このまま敗けて終わりたくないんだよ!!

こんなサッカーをするチームに敗けて、雪辱を果たす機会を失って何年も待ちたくないんです。
来年、きっちりこの借りをかえすために、誤審やらマナー違反やらラフプレーやらオフサイドやら、何も言われない、何の文句も出ない完璧な勝ち方でやり返さない限り、この気持ちは一生晴れないんです。

だから、残りの試合でしっかり残留を果たしましょう。
もう一度、正々堂々と勝利するために。

勝ち逃げじゃない、勝たれ落ち?そんなのイヤですね。
こんな敗け方した上に、自分たちからその挑戦権を失って終わるのなんて最低です。

もう一度気持ちを一つに。
残り試合、ダービーに臨むより強い気持ちで、一つ一つ戦いましょう!

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ

福岡×鳥栖(Jリーグ.jp)

2点差以上で勝て!!!!!!

アビスパサポーターにとって、今季一番待ちに待ったであろう日がやってきます。

開幕戦からいきなりの九州ダービーで、久々のJ1という感慨に浸る間もなく力の差を見せつけられました。
アビスパが前回J1から降格した年に昇格を果たした因縁の相手である鳥栖は、2012年から4年連続での残留を成し遂げ、すっかりJ1に定着してしまっています。
尹晶煥監督時代には優勝争い、ACL枠争いも経験するなど、開幕前に豊田が優勝を狙う旨の発言をしたことも、分不相応ではないと言えると思います。

アビスパが、2011年に降格してから経営危機に陥り、一時はチーム解散か?というところまで迷走していた時期に、しっかりJ1に定着すべき準備をし、ブレずに信じたサッカーを貫いていた様は、ライバルクラブながら参考にすべき点は多々あると思いますが、これはこれ。
実際、アビスパがアパマン様、その他数々の感謝すべきスポンサー様によって蘇ったのと同じように、鳥栖もCygamesによって救われた感はありますので、経営的には街の規模も含めてまだまだ盛り上がりが必要というところなんでしょうね。

個人的には、今季開幕戦にも参戦できず、旧・ナビスコ杯も仕事で行けませんでしたので、生で鳥栖のユニフォームを目にするのは、昇格年である2010年の対戦以来でしょうか。
この年のレベスタでの対戦は0-1で敗戦しており、中島がカード2枚で退場するなど激しい試合だったようですが・・・  正直全く覚えていません!
アウェーでは、永里のゴールで勝利している様ですが、こっちも覚えていません。
観に行った気はするんですけどね。

この年のダービーを知っている選手は、アビスパ側は神山、末吉、惇、城後、鳥栖側は豊田、早坂、赤星ぐらいでしょうか。

むしろ私の記憶に残ってるのは、2007年の開幕戦で5-0で勝利した試合だったり、2008年のレベスタで、亨ちゃんの何でもないロングボールを赤星がファンブルしてゴールになった試合だったりするわけです。
やはり、勝利した記憶と言うのは後々も鮮明に残っていますので、この試合も、永遠に記憶に残り続けるような素晴らしい勝利を挙げて欲しいですね。


豊田、早坂に自由を与えるな


現在、2ndステージ無敗と好調を維持する鳥栖は、堅守速攻を信条とするチームです。

ここ最近の鳥栖の好調の要因は、当然守備の安定が大きいと思いますが、もう一つに、攻撃時にボールをキープすることが出来ており、自分たちの時間帯を作って相手を押しこむことが出来ているということもあると思います。
まぁ、勝利したのが残留争いのライバルである湘南、名古屋のうまく行っていないチーム相手だったということもあるかもしれませんが、シュートまで至らなくても狙っている攻撃の形が出せているということが自信につながっているということはあると思いますね。

それを成り立たせている要因としては、私は早坂の功績が大きい様な気がします。

鳥栖と言えば豊田、と世間が認知している様に、豊田は前線で大きな存在感を発揮しています。
今季のJ1での敵陣空中戦数のランキングをよくJリーグの中継では引き合いに出してくることがありますが、ここで上位にランキングされるのはウェリントン、シモビッチ、豊田というところで、その中でも豊田は敵陣空中戦の勝利数が多い選手でもあります。

豊田とウェリントンを比べた時に目にするのが、ロングボールへのアプローチの違い。
豊田は、とにかくヘディングで競ってボールに触る、余裕があれば味方に落としてキープさせるという前線でロングボールに関与することを念頭に置いているのに対して、ウェリントンはロングボールに対して競りに行くのは当然なんですが、余裕があれば胸でトラップするところを優先しており、一旦前線で収めるということを念頭に置いているのが分かります。
それによって、マイボールに出来る可能性は豊田の方が高いですが、マイボールにした後の攻撃の精度が高くなるのが一旦キープしようとするウェリの方ということが考えられますね。

ただ、この個人的なプレースタイルと違って、彼らの使い方がうまいのが鳥栖、うまく生かせていないのがアビスパという構図があると思いますね。

ここ最近の鳥栖は、何でもかんでも豊田へのロングボールではなく、豊田の体勢が良いかどうかも加味して攻撃を選択している様に見えます。
アビスパは、苦しくなったらウェリントン、とにかくウェリントンというサッカーになってしまっていて、ウェリが前線で準備が出来ていない状態でもボールを上げますし、ウェリがいないところにロングボールを送り込むことも少なくありませんので、ウェリにとっては無理な体勢で相手と競らざるを得ない、結果無理に行ってファールになる、というシーンに繋がっている様に思います。
鳥栖は、選択肢の中で繋ぐということも考えていることと、豊田の相方である早坂の前線で広く動くという動きによって、早坂がサイドに開いたところにボールを送り込むということもしているので、豊田が体勢が良くてしっかり競れる時だけ、言ってしまえば豊田の落としを鎌田が拾える位置にいるという位置関係の時だけロングボールを送るという攻撃になっているということです。
ですので、空中戦の数はウェリの方が豊田より多くなるものの、勝利数が豊田が上回るという形になるわけですね。

鳥栖の、このロングボールを使わない攻撃を成り立たせているのが早坂の運動量と切り替えの早さで、自軍がボールを奪ったら素早くサイドのスペースに飛び出して起点になろうとします。
そこから、味方の上がりを待ってSBなどとのパス交換からサイドからのクロスという形につなげたり、中央の鎌田とのパス交換で鎌田のドリブル、シュートを演出したりなど、自分たちの攻撃の時間帯を作るということに貢献しています。

豊田は、非常に存在感のあるターゲットマンですが、同時に優秀なフィニッシャーでもあります。
ウェリがその能力ほどアビスパのフィニッシャーとなり得ていないのと違い、いかに豊田にシュートさせるかから逆算して考えた時にこの早坂の動きが秀逸で、吉田、藤田らの両SBからのクロスという形を早坂がうまく引き出しており、それが増えれば、そこからフィニッシャーとしての豊田の武器を最大限に生かすことが出来ているわけですから、非常に効率の良い攻撃と言えると思いますね。

ウェリをフィニッシャーとしてもっと生かすならば、ウェリをゴールに近い位置でプレーさせなければならないですし、そこに精度の高いラストパスを送りこむ必要があります。
どういう試合の進め方でそれを実現するか、ということも、脱ウェリントンを考えるのと同じぐらい重要ですね。

では、どうやって鳥栖の攻撃を止めるかということですが、まず、現状の鳥栖の最大の課題が、この攻撃のところにあると思います。
それは、ラストパス、シュートの精度というところですね。
前節、名古屋に対してあれだけ攻めの時間帯を作りながら11本のシュートしか打てなかったということ、そして、シュート3本の名古屋に対して11本のシュートを放ちながら点を奪えなかったことは、ラストパスとシュートという攻撃の形を作った後の得点に持っていくところの精度が低いということが言えると思います。
試合の中で、吉田が長い距離を攻め上がってサイドチェンジのパスを受けた後、クロスをふかしてしまうシーンがありましたが、そこできっちりクロスを入れられなければ、点を取るというところまでは行けません。
特に、優秀なフィニッシャーを抱えながらそれでは、宝の持ち腐れ状態。

アビスパとしては、まずは崩されない様に守備をすることが一番大事ですが、仮に崩されたとしても最後まで諦めないで体を寄せていくことが重要です。
前節のG大阪もそうでしたが、スコアレスドローが続くと、次の試合も同じ展開になればやはり焦りが生じます。

あれ?この試合も攻めているけどうまく点が入らないなぁ。
この試合も前節と同じように圧倒的にボールを支配できているのに、また同じ展開か。
となっていけば、平常心が薄れてミスが多くなります。
前節は、その焦りがG大阪の攻撃の精度を下げた様に、鳥栖も粘られれば粘られるほど、迷いや焦りが生じるんじゃないかと思いますね。

あとは、やはりポゼッションに対してはプレッシングが有用です。
前節も、名古屋の拙いプレッシングでも鳥栖のボール回しを脅かすシーンがありましたので、その部分は必須だと思います。
出来れば、豊田へのロングボールも狙いすましたものではなく、苦し紛れに上げさせるものが良いですね。
プレッシングから苦し紛れに上げてくる様になれば、アビスパのDFラインもしっかり跳ね返すことが出来ると思いますし、相手のビルドアップ隊に時間を与えてしまうと、豊田、早坂を良い形で使われてしまうので、その絡みの中で鎌田、金民友、福田と言う中盤の選手を活性化させることになってしまいます。


チャンスを生かせ


守備は非常に堅い鳥栖。

年間成績でも、失点数は一番少ない18の川崎、鹿島に次いで19という失点数。
それで年間総合13位という順位ということは、それだけ得点が取れていないということなんでしょう。
あとは、固めては取られないけどだいたい1失点している、ということも考えられますね。

ただ、その堅い守備をしてこの夏の補強で更に守備の選手である青木を加えました。
その青木をここまでほとんどまともに起用していないことを見ると、フィッカデンティの守備戦術に慣れるのには時間がかかるということでしょうか。
それとも青木自体のコンディションの問題か。

どちらにしても、鳥栖から多くの得点を期待するのは難しいと思います。
いかに0で抑えて、少ない点差で勝利するか。

その上で気になるのがシステムとスタメンですね。

前節欠場したウェリ、ダニですが、どちらも出場できるかどうかは分かりません。
予想スタメンにダニは乗っている様なので、出てくるかもしれませんし、ウェリももしかしたらベンチ入りとかはあるのかも。
欠場濃厚という話もありますし、ウェリ次第で攻撃の仕方が変わるので、鳥栖としても知りたいところでしょうね。

仮にウェリはスタメンで出ないとしたら、前節の形を投入してくるとは思いますが、ローテーションで先発した為田は変えてくるでしょうね。
最近腰の具合がよろしくないらしい邦本のコンディションも気にはなりますが、やはり平井、邦本の2トップで、サイドに城後と金森という形が一番良いと思います。
そうなると自然と4バックになりますので、中で豊田と競れる濱田、ヒョヌンの出番ということですかね。

鳥栖の守備は、基本的には前からのプレッシング。
特に2トップも含めて前から相手をハメていって取り所を限定して高い位置で奪おうという守備では、豊田、早坂という運動量があるFWもしっかり守備で貢献しますので、この前からのプレッシングを外してボールを動かせるかが最初の関門です。

そして、特に要注意なのが中盤の3枚。
アンカーの盒兇鮨燭鹵罎砲いて、金民友、福田はボランチではあるものの、上下左右にとにかく運動量豊富に走り回り、球際にも激しく行きますので、ビルドアップをしている時間的余裕を与えない守備を敷いてきます。

ウェリがいれば、ウェリに当てるという攻撃が相手の中盤を無効化するので、ここでの張り合いはあまりないのですが、下で攻撃を構築するとなれば、この中盤のプレスをかいくぐって質の高い縦パスを前線に当てるという作業が必要になります。

そこで攻守の柱となるのが平井、城後の相手DFラインの裏への抜け出しと、邦本、金森のボールキープからの仕掛けですね。

平井に関しては、ここ2試合のスタメン出場で、ある程度役割が整理されてきている印象があります。
一瞬のスピードは健在で、ゴール前でのシュート精度も高いストライカーですので、うまく抜けだしてボールが彼に渡れば、チャンスが拡大することは間違いありません。
ただ、ロングボールを競らせるような役割は難しいので、裏に出すか、足元に出すか、のどちらかになるだろうと思いますね。

ここ最近、4バックでも3バックでもしっかりとFWの近くに位置し、そこからダイアゴナルに相手の裏を目指す動きと、引いてきて足元に受けたパスをフリックするような動きでいくつかのチャンスを作っている城後も、徐々に攻撃での存在感を示しつつありますね。
ゴールも穫れてきていますし、彼自身、燃えるものがあるでしょうから、相手DFラインの裏を狙うという得意のプレー、ウェリがいない際のターゲットマン、そこから必死で相手の攻撃に食らいつく守備と、役割がいくつも設定されている選手ですので、良いプレーを勝利のために見せて欲しいです。

そして、その裏狙い班をうまく操るのが邦本、金森の足元で受けて生きるタイプの選手たち。
特に邦本は、パス出しのセンスが光る選手ですが、同時に幅広く動いてフリーになれるポイントでパスを受けられる選手ですので、相手のプレスから離れたところから前線に効果的なパスを配給できると面白いですね。
その際はポジションを少し下げても良いかもしれません。

金森は、やはり目の前の選手を一人交わして、という仕掛けを期待したいですね。
鳥栖は、金民友、高橋、福田のラインの前でアビスパにボールを回してもらいたいはず。
出来れば、そこでプレスの網にかけてボールを奪い切りたいところだと思いますが、金森にはそのDFラインとボランチのラインの間で受けるという役割を担って欲しいですね。

アビスパもブロックを作って守備をする際に気になるのが、中途半端なポジションでボールを受けられることです。
そこから城後、平井らと絡んで最終ラインを攻略したいですね。
味方との連携で崩すというところもそうですし、金森の本来の良さである目の前の相手を交わしてチャンスを拡大させるということも重要です。

そして、アビスパが攻勢を取るためには人数をかけて相手を押し込む時間帯を作らないといけません。
そのためには、前線が時間を作ることも必要で、その上で後ろの選手もしっかり攻撃参加して分厚い攻撃を形成する必要があります。
この試合では、右・北斗、左・駒野で行くのか、古部、實藤、あたりも候補としては上がってくると思いますが、SBの運動量、スプリントも必要になってきます。
亀川がこの試合からしばらく抜けていますので、その間の穴埋めをしっかりしてほしいですね。

前節スタメン出場した亀川、冨安がリオで不在、ウェリ、ダニも本調子ではないとしたら、多くの選手にチャンスはあると思いますので、自分の出番を得たらそれを確実に生かす活躍を見たいところです。


勝ちしか望んでない


いよいよ、今年一番のお楽しみ、九州ダービーです。

お楽しみと言うのは、勝つからお楽しみなわけであって、敗けたら楽しみでもなんでもない。
普段なら、気持ちが見える試合であれば〜とか、勝負は時の運〜、だとか言ってる人も、このカードだけは勝利しか望んでいないはず。

それぐらい勝利が欲しい。
残留争いも考えれば余計にそうですが、このカードに関しては仮に消化試合だったとしても、勝たなければならない試合です。

繰り返します。
敗けは許されない試合ではなくて、勝ちじゃないと許されない試合です。
ここまで煽って敗けた時は恥ずかしいとか、考えることもなく、ただひたすら勝利だけを求めて声を送るだけですね。

ここ5年、直接の対戦がなかったことで、サポの中でも世代別でその温度感に違いが出ていると思います。
本来ダービーとはこうあるべき、とか、鳥栖に対してこういう姿勢でいなければならないというのはもう古いのかもしれません。
サポの中には過去の遺恨もありますし、お互いにそれぞれの主張があるものだと思いますので、どっちが悪いとか、そういう話はもうしたくないですね。
これから、新しいアビスパと鳥栖のライバルクラブとしての関係値を築いて行くためにも、この試合はしっかり勝利し、また来年J1で同じ戦いが出来る地盤を固めたいところ。

過去のそういう経緯を抜きにしても、私個人も鳥栖に対しては絶対に敗けたくない、勝ちたい思いがあります。
ただ、それだけで良いと思います。
複雑な思いはなしで、純粋に勝ちたい相手として存在してもらって、その通り、勝利を挙げるということを追求していきたいですね。

今季のここまでの対戦では開幕戦で1-2の敗戦、ナビスコで1-1のドロー。
それであれば、この試合は2点差以上を付けて勝ちたい。
1勝1分1敗だったとしても、わずか得失点差で上回る、これで行きましょう!


勝つつもりで行くからな!そこんとこ、頼むよ!

この試合に関しては勝利しか考えてない!
それで良いよね!?

どんな形でも良いから、絶対に勝点3を!!

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ

↑このページのトップヘ