大は小を兼ねる。

座右の銘である、「大は小を兼ねる。」の視点で、世の中が適材適所な配置に収まっていくような提言を・・・ というのは関係なくあくまで、アビスパやサッカーについて語ります。

山形×福岡(Jリーグ.jp)

勝てた試合だった?敗けなくて良かった?どっちでもない!

先日、「君の名は。」で一躍売れっ子アニメ映画監督になった新海誠さんの過去の作品である「星を追う子ども」を自宅で観たんですけど、終始ジブリ作品を彷彿とさせる設定、キャラクターのオンパレードで、「え?これラピュタじゃない?」とか、「これはもののけ姫でしょ」などと元ネタ探しに没頭してしまい、あまり内容が入ってきませんでした。

それで良いのか、ジブリは怒ってないのかと思って後から調べたら、どうやら意図的にオマージュとして入れていた様で、既にジブリ作品でやり尽くされているファンタジーを、どうやって後発として取り組むかと言うテーマで作った作品の様なので、あれはあれで良かったのかとほっと胸をなでおろすと同時に、じゃあもっと内容を面白くしないとダメじゃん!とツッコミを入れてしまったのでした。
どうしても「君の名は。」を先に観てしまって、あの感覚で過去作を観てしまった自分が悪いのであって、この作品があったから「君の名は。」に繋がったんだと言うことらしいので、これはこれで重要な作品だったんでしょう。

私にはあまり合いませんでしたけど。



細かいことは良く分かりませんが、その時にはつまらないものや、どうしようもないもの(「星を追う子ども」がそうだと言っているわけではありません。作品ファンの方、ご容赦下さいね。)だったとしても、後から振り返ってみれば転機になったことやものは多々あるわけで、この日の山形戦も試合としては凡庸として全く面白くありませんでしたが、この試合には多くの意味が含まれているわけです。

そして、将来振り返った時にこの試合があったから、と言う結果を導いて行かなければなりませんね。


山形戦をどう戦っていくつもりで入ったのか?


この日の対戦相手である山形は、今季から監督が替わっている上に、選手も多く入れ替わっているため、新しくチームを作っている途上。

しかし、木山監督のサッカー自体は、水戸、千葉、愛媛と移り変わってもそう大きく変化するものではないため、ここまでの4節の結果と合わせてそう予想するのに難しい戦い方でもなかったと思われます。
実際、スタメンに関しても、戦術に関しても、私個人の予想からもそう大きくズレたものはなく、井原監督もそこへの準備はこの一週間で十分に出来ていたと思われます。

ただ、想定外なことがあったとしたら、岩下とダニの離脱。

冨安は事前に代表招集で欠場することは分かっていたものの、放送では岩下、ダニとも体調不良とのことで、いつの段階でそれが分かったのか、怪我なのか、それとも熱やその他内科的なアクシデントなのかこちらには分からない状態ですので、そこも含めて準備が出来ていたかどうかは不明です。

そんな中、アビスパは今季初めて3バックの布陣で試合に臨みました。

右から實藤、濱田、堤と一昨年に戻ったかの様なメンバーで3バックを組み、ダニルソンを欠いたボランチには山瀬を2試合ぶりにスタメンで起用してきました。

井原監督の狙いとしては、まずは〜蠎蠅凌愀舛帽腓錣擦謄潺蕁璽押璽爐砲垢襪海箸砲茲蝓対人の選手が明らかになることでマークの受け渡しを簡素化し、守備の懸念点を少なくしたかったと言うことと、岩下、ダニルソン、冨安の不在を守備に人数をかけることでカバーしたかったと言うこと、A蠎蠅離咼襯疋▲奪廚紡个靴匿的同数でプレッシングすることで、より高い位置でボールを奪ってショートカウンターのチャンスを広げたかったと言うことでしょうか。

井原監督にとって誤算だったのは、岩下、ダニの不在とともに、この日風が非常に強くて、前後半と風向きにかなり戦況を左右されたと言うこともあったと思います。
前節の熊本戦でも風の影響があり、熊本がエンドの変更を行いましたが、この日のアビスパは風上で前半を戦うためにエンドの変更はしませんでした。

アビスパは、立ち上がりから風上の利を生かして相手の陣内めがけてロングボールを繰り出しますが、相手も必死に跳ね返そうとしてきました。
前半は、このいつものウェリントン作戦が奏功していくつかチャンスを演出しましたが、逆に風下に立った後半はこの作戦がうまく行かず、全く起点を作れないまま45分を終えてしまった印象でしたね。

この悩ましい風がなければ、もしかしたらウェリントン作戦で虎の子の1点でも取れたかもしれませんが、これもまたサッカーですから、ウェリントン作戦以外の攻撃手段で得点すると言う喫緊の課題にどう取り組むのかと言う問題をまざまざと突きつけられた一戦となってしまいました。

まさか初めからこのウェリントン作戦だけを狙っていたわけではないでしょうから、上記狙いの´↓を使ってどういう試合展開を想定していたかを振り返らなければなりません。

まずは ↓△亮虍部分ですが、結果的に相手を0に抑えることが出来たと言う点では及第点だったと思いますね。

相手の攻撃は、基本的には奪ったら阪野を見ると言う考え方で、阪野に当ててその落としを周りが使っていくと言う中では、この阪野への楔のパスを入れさせない、キープさせないと言う考え方が第一になります。
その点で、後ろの3人を中心に集中して守れていましたし、球際の激しさもありました。

また、3人の距離感もバランスが良くて、チャレンジアンドカバーも徹底されていましたので、常に相手FWより優位な立ち位置で守備が出来ていたと思います。

そして、怖かった瀬沼のサイドに開くプレーも、WBと連携して抑えられていましたし、一度突破されるシーンもありましたが、全体的に相手の攻め急ぎと最終局面でのミスに助けられて事なきを得ると言う場面が多かったと思います。

荒堀が、中盤に落ちてボールに絡むと言う動きをしていましたが、その動きの中で連動して第三の動きでスペースに走り込む選手もいませんでしたし、ゴール前で良い形で持っても次の選択肢でミスが出て点には至らない、と言う形や、汰木が交代で入った後など何回かサイドでマークを外してしまうと言うシーンなどもありましたので、前述のシーンも含めて相手のシュート前の精度に助けられた部分は大きかったので、その精度が高いチームと当たった時には今の状態では厳しいと言うことだけは、反省点として認識していなければならない部分でしょうね。

結果的に0で抑えられたと言うのは、久々の出場だった選手たちにとっては、大きな自信にはなったと思います。

そして、人数をかけて守備をと言うところでは、もちろん、場面によっては5バックになるところもありましたが、過去2シーズンに比べれば、WBが守備に切り替わった時に、ファーストチョイスとして最終ラインまで帰ってこなければならないと言うところが徹底されていた様には見えませんでした。

特に前半は風上と言うこともあって相手を押し込んでいたので余計にそうだっただけかもしれませんが、不必要にWBがポジションを下げることをせずに、DF3枚とボランチ、ボールサイドのWBのみで守備を敢行すると言う意識も強かったと思いますので、その意味では△呂海舛蕕了廚ぐ磴いもしれません。
試合の中では5バックになっている時もあったので、そういう割り切りは別に良かったと思うんですが、個人的にはそういう井原監督の現実的な面と言うか、無理なものを無理強いしないと言う姿勢は嫌いじゃないです。


に関しては、どちらかと言うと高い位置からハメに行くようなサッカーは出来ませんでしたが、逆にカウンターになった時に数的同数になっていることが多く、カウンターでシュートまで行くと言うシーンは多く作れていましたね。

そもそも攻撃の多数がウェリントン目掛けてのロングボールと言う形だったので、それ以外の形を作ると考えた時にはカウンターと言うのは得点機を増やすためには必要なものですので、その精度を上げる施策と言うことで、普段の2トップ+守備に重点を置く2サイドハーフと言うことではなく、この試合の様な2トップ+守備を若干軽減された1トップ下と言う形の方が良かったのかもしれません。



なぜ点が奪えなかったか?


守備に関しては及第点と言うことでしたが、では攻撃ではどうだったのか、と言うところでは、この試合は見るところがほとんどない試合だったと言うことですよね。

今季のアビスパはここまで7点取っていますが、そのほとんどがセットプレーかセットプレー崩れ。

セットプレーで点が取れているのは良い点ですが、流れの中で極端にゴールが取れていないとと言うことも言えると思います。

そして、シュートを打つと言うことに関しては出来ていて、リーグの中でもシュートで終わると言うことは出来ていて、そういう形も作れていると言うことなんだと思いますが、シュートで終わる攻撃が出来ている割に、流れの中では点が取れないと言う状態です。

そして、今のアビスパの攻撃の形を考えた時には、前線でウェリントンが頑張ることでセットプレーを獲得するか、ウェリを経由した攻撃でシュートで終わることでCKを取ると言うところでしょうか。

この山形戦では、試合前に考えていた形と、実際に試合に入って行ったことでは違ったのかもしれません。
風の影響がかなりありましたし、そもそも山形も切替が早くて前から厳しいプレッシャーに来ていたので、ビルドアップの時間を制限されましたので、思うようなボール回しから石津、松田をうまく使えなかったと言うのもあると思います。

そういう困った時にウェリントンと言うのは良いですし、それで攻撃が構築できていた前半はまだ良かったんですが、その精度が落ちた後半は、あまり得点の匂いはしなかったですね。

後ろが3枚で来た以上、攻撃に絡む枚数と言うのは少なくなってしまいます。
相手との兼ね合いで言えばWBを同時に上げると言うことも難しいですし、サイドを変えながら相手の空いているスペースをうまく使いたかったところでしょうけど、そういう機転も中々利かなかったと言うのが実情ですね。

個人的にはボランチに入った山瀬が、もう少し攻撃に絡みたかったところだと思いますが、前線でボールをキープできなかった以上、そこのリスクは中々取りにくかったと言うところだったと思います。
そもそも守備で忙殺されてそこまで行けなかったというのもあると思いますし、プライオリティが高いところが0で抑えると言うことだったとしたら、それはクリア出来たと言うことですから、山瀬自体は良かったんでしょうけどね。

この状態で得点するためには、自分たちの最も得意な形であるセットプレーを磨くか、もっと相手より切替を早くして、サイドに展開し、相手のWBの裏をうまく突いてと言うことだったのかもしれません。

まぁ、そもそもいくつかあった決定機のどれかを決めとけよ!ってことなんでしょうけどね。
石津のシュートフィントで相手を交わして右足!とか、CKからのポッピのヘッド!とかね。


選手層は厚くなったのか?


今節、堤、濱田が初スタメン出場で、下坂がリーグ戦デビューとなりました。

為田も今季初めてベンチ入りしましたし、岩下、ダニ、冨安を欠いての試合でしたので、その分新しい選手が出てくるのは当然ですが、その替わって出場した選手たちがどうだったか、と言う話で、堤、濱田に関しては山形の攻撃陣がぴりっとしなかった分を差し引いても、落ち着いてやってましたし、危ないところに体を張った守備というのも出ていましたし、そもそも0点で抑えていますから、問題なかったということでしょう。

下坂に関しては出場時間が長くなかったので、まだまだ時間が必要でしょうけど、少ない時間の中で見せ場も作りましたので、駒野、亀川どちらかの不在時にはスタメン出場する機会も必ずあると思います。

山瀬が今季初めてボランチに入りましたが、守備では相手の中盤の出足を止めると言うところで幅広くカバーしていましたし、もう少し攻撃に顔をだしてほしかったですが、それは相方の三門も同じこと。

松田がこの試合の中で負傷してしまい、発表はされていませんが長引きそうな気配ですので、岩下、ダニのコンディション次第では、また次節新しい選手が試合出場する可能性がありそうです。

そして、その中で今季初めて城後がベンチを温め続けると言う形に。

昨年まではJ1でもJ2でも30試合以上の出場があり、そのほとんどをスタメンで出場している城後。
今季はここまで5試合のうち4試合に出場はしているものの、スタメン出場はまだ1試合と、厳しいシーズンに直面していると言えると思います。

今季からキャプテンを三門に譲り、その三門からは城後が何者にも縛られずサッカーをするために、と言われていましたが、実際ここまでの井原監督の選手起用を見ると、キャプテンを外されたとも取れると思います。

城後に関しては若い頃からそうではありますが、色んなポジションを出来るが故に、適正を見出だせずファーストチョイスとして扱われないと言うこともありました。

そして、FWで結果を出してチームをJ1に導いたことで、不動の位置を手に入れました。

その意味では、チーム事情もあるとは思いますが、私はFWにこだわってほしいと思いますね。

現状、井原監督のファーストチョイスはウェリントンと松田と言う2トップになっていて、試合途中の交代では松田→ポッピと言うのがここ何試合かの定石になっていますので、城後もベンチには入っているものの、選択肢としてはその次と言う位置ですね。

坂田もFWとして出ることが多いので、もしかしたら坂田の方が優先度は高いかもしれません。

城後ファンとしては悲しい限りですが、別の見方では、それぐらい前線の層が厚くなったと言うことですし、前線に限らず、城後のユーティリティ性を頼らなくても他に候補がいると言うことで言えば、チーム全体の層が厚くなったとも言えると思います。

もう城後をSBで起用することもないし、その意味ではチームのことを考え過ぎずに、自分のためにFWで試合に出られるよう、練習からアピールを続けていって欲しいですね。

この試合で松田が怪我をしましたので、まずはそのポジションに誰が名乗り出るのかも注目です。

松田は得点こそありませんでしたが、攻撃においては前線のスペースに入り込む動き、ウェリントンの近くでこぼれ球を拾う役割、中盤に降りていってビルドアップに参加するなど、様々な役割で効いていましたし、守備では切替の早さからファーストDFとして相手のボールホルダーへのプレッシャーもDFラインを助けていたと思います。

その替わりを担えるのが誰かと言うことになると思いますが、もちろん、松田が戻れるならそれに越したことはないですが、時間がかかるようなら、現状はポッピ、坂田、城後からの選択、それ以外には石津のトップ起用、邦本なども可能性はあるでしょう。

まだ試合には絡んでいませんが、貴之やジウシーニョと言うこともあるかもしれませんので、まだ試合に絡んでいない選手も含めて、まだまだチャンスはあります。

この試合がきっかけに、まだどの選手も腐ってる場合じゃないですから、チーム総合力と言う点で試合にどんどん絡んでほしいですね。


この引き分けが次にどう生きるか


この試合で今季初無得点、初無失点での初ドロー。

勝点1を取れたと言う試合だったのか、勝点2を逃した試合だったのかと言われれば、後者と言いたいところですが、私には何となく両チームがその落とし所に軟着陸させたと言う印象が強いです。

もちろん、両チームの選手とも勝点3を目指して懸命に戦ったと思いますが、この堅いゲームを崩すには、もう一歩工夫が足りなかったわけで、その工夫を生み出すのがどこかのポイントで相手を凌駕することだったと思います。

そのポイントは、例えば切替の早さかもしれませんし、セットプレーやビルドアップの中でのアイデアなのかもしれません。
そういうものをどうやって生み出すかと言うところでは、経験や練習量が物を言うんだと思いますから、普段の準備から含めて、相手を上回る何かを持てていたかと言えば、この試合は印象で言えば両者とも引き分けOKと言う試合だったのかな、と言う気がします。

もちろん、そういう試合は、長いリーグ戦を戦う上では必要だと思いますので、悪い結果ではなくて、特に今季初めて相手を0に抑えたと言うところでは、ポジティブに受け取るべきですが、昇格のライバルである湘南が難しい相手である千葉に完勝していることや、同じく昇格のライバルになると私が思っている徳島が今季好調の横浜に勝利している、昇格争いに絡んでくると思っていなかった東京Vが4試合連続の完封勝ちで4連勝していると言う様なことを見ると、この試合で勝点2を落としたことが痛かったなと思ってしまいますね。

シーズンの中でこういう試合はありますし、大事なのはこういう試合に何を収穫として得たかを振り返り、何を得られなかったかを反省することで、次に生かすと言うことでしょう。

岩下がいなかったことで見えてきたものもあるでしょうから、次に戻ってきてくれるのであれば、さらにそれを生かして次も0で抑えてほしいですし、風の影響でウェリントン大作戦が敢行できなかったとしたら、何を替わりに持ってくるのかと言うことも考えなければなりません。

また、切り替えて横浜戦への準備になりますが、しっかりこの試合を振り返って次に繋げましょう。


まぁ、でも久々に堤が見れて良かった!

冨安もウカウカしてられないですね。
代表のこともあるし、チームのこともあるんで無理してほしくないけど、この激しいポジション争いがチームを強くする!ってことで、先輩たちもしっかり競争してください。

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ

山形×福岡(Jリーグ.jp)

そろそろ内容で圧倒する試合が見たい!!

2017年も早くも3ヵ月が過ぎようとしています。

今週の試合を終えると次は4月。
社会では新生活に希望で胸を膨らませている人も多いでしょう。

アビスパは、この3月を3連勝で推移しており、この山形戦に勝てば4連勝。
J2優勝に向けては、まだカード的に強豪との対戦が少ないこの時期に、一気に勝点を伸ばしておきたいところですし、出さなければならない膿も今の内に出し切って、難しいチームとの対戦を迎えたいところです。

その意味では、この山形戦は、結果と内容が求められる試合。
アウェーではありますが、この先昇格争いのライバルになるかもしれない山形相手に、納得する形で勝ちを納めたいところですね。

今節は、U-20代表のドイツ遠征の影響で、開幕からスタメンフル出場を続けていた冨安を欠きます。

チームにとっては痛手ですが、その分試合出場に向けての椅子が一つ空いたということで、今季まだ試合に絡めていない選手にとっては大いにチャンスです。
今後も、冨安は代表でチームを抜けるタイミングがありますし、冨安に限らず怪我やコンディション不良、カードによる出場停止でレギュラー陣が抜ける場合があると思います。

その時に、すぐにその穴を塞ぐことが出来る戦力がいるかどうかが重要で、そのための今季の補強だったと思いますので、今は出番がない選手も、いつ出番が来ても良いように普段から準備をしてもらいたいですし、この試合の様な場面でそのチャンスを掴んで、チームに貢献してもらいたいと思います。


阪野、瀬沼に要注意


今節の対戦相手である山形は、それまでブラジル人選手への依存体質が強かったチームから、技術力の高い日本人選手中心の構成へシフトすることで、ハードワークをベースにしたコンパクトで堅実なチームへの変換を図っています。

監督も、水戸、千葉、愛媛でしっかりと戦術を浸透させて規律の取れたチームを作り上げてきた木山監督を招聘し、また、木山監督が愛媛時代に直接指導した子飼いの選手を多く引き抜き、木山戦術の浸透スピードを上げるという裏技も駆使しながら、新監督ながら戦術理解の進んだチームを作り上げてきました。

これによって、既存の若手の良さを生かしながら、要所要所にベテランで経験豊富な選手、木山サッカーに慣れ親しんだ選手を組み込んだ布陣でここまで戦っています。

ここまでは、開幕で京都に勝利するも、それ以降3試合で引き分けと、未だ敗けがありません。
3試合連続で引き分けということで、特に熊本戦では終了間際にGKにゴールを決められるなど、ある意味勝ちに見放されていると言う見方は出来るかもしれませんが、チームとしてはまずは失点をしないと言うことを念頭に堅いサッカーを展開していますので、安定しているとも言えると思いますね。

山形がやりたいことは、時にはWBがDFラインに落ちることで最終ラインを5枚にする状態で作る守備ブロックで相手の侵入を防ぎ、堅い守備を構築することと、奪ったら素早く前線にフィードし、トップの選手のポストプレーを起点にしながら全体を押し上げて分厚い攻撃を見せることですね。

攻撃においては、前線の阪野、瀬沼を中心に、1トップ2シャドーの形でボールを納め、このかかわり合いの中から全体を押し上げると、中盤の底に入った本田、風間の両ボランチのパスセンスを生かしてのラストパスで得点を狙うと言う形が多く、サイドも特徴がある選手が多いので、サイドからのクロスで良い形が生まれることも多いです。

特に前線で万能的な強さを持っている瀬沼が要注意で、昨季は愛媛でリーグ戦10ゴールを記録。
清水からの期限付き移籍なので、本来はJ1を主戦場としたい選手なんだと思いますが、ここ何年かは愛媛、栃木とJ2暮らしが長くなっています。

185cmの長身で空中戦が得意ながら、足元の技術も確かでどちらかと言えばサイドに流れてクロスを配給する、アシスト役に回ることも多い選手ですね。

山形では、シャドーの位置での起用がメインになると思いますが、この瀬沼と鈴木が絡んで崩すサイド攻撃は要注意ですね。
DFラインから阪野に楔のパスが入り、その落としを受けた本田が右サイドに開いた瀬沼にパスを出して、そこと鈴木が絡んでサイドを攻略し、深い位置からクロスが入って阪野がフィニッシュみたいな絵が浮かびます。

アビスパとしては、まずは遅攻の場合は阪野への楔のパスをケアしたいですね。

ここまで試合のスタートから3バックで戦ったことのない今季のアビスパですが、3トップ、もしくは1トップ2シャドーの様な前線に3人の選手を配するチームとの戦いは、どうしてもシステムが噛み合わないためマークの受け渡しが重要になります。

山形で言えばトップの位置に入る阪野に関してはCBである岩下か、その相方となる選手が見ることになり、シャドーの瀬沼、もう一人は汰木か荒堀になると思いますが、そこのケアは、シャドーの選手の位置取りによって、CBのもう一人が見るのか、SBが見るのか、サイドハーフが見るのか、ボランチが見るのかを決めると言うことになると思います。
前節は、4バックの熊本が相手でしたが、光永の攻撃参加によってそのマークの受け渡しのミスを突かれての失点でしたので、その部分は今週のトレーニングでしっかり確認をしていると思われます。

そして、当の瀬沼に関しては高さもあるということを考えると、SBの選手がマークについた時にそのミスマッチを使ってくる可能性はありますね。
阪野で行くと見せかけて瀬沼のところのミスマッチを生かしてそこを起点として攻撃を構成してくると厄介ですね。

この阪野に入る楔と、瀬沼がサイドで開いて受けると言うところを潰すために、パスの出処である相手のDFラインやボランチのところへプレスに行き、パスコースを制限させるという前の動きも非常に重要になります。
前節は右サイドに入った城後のところで、ポジショニングのズレが原因で終始相手の左SBへのプレッシャーがかからないと言う状態が続きましたので、そういう細かいところの調整もしっかり行わないといけません。


素早くサイドに展開して畳み掛けろ


山形は基本的にはリトリートして5-4-1のブロックで堅い守備を構築するチームですが、相手の出方を見てのハイプレスも厭わないチームでもあります。

特に、DFラインを高く設定してくる相手に対しては、ハイプレスからのショートカウンターは狙ってくる可能性が高いので、アビスパに対してはボールを奪われたらまずはその位置からハイプレス、それが交わされればリトリートしての守備と切り替えてくるかもしれません。

アビスパは、今季から自分たちから仕掛けるサッカーをやりたいと思っていますが、ビルドアップのところがまだうまく行っていないので、時間とスペースを容易に与えてくれない相手に対しては、割り切って簡単に前線に放り込むと言う戦い方も選択しています。
特に前節は、熊本が非常にアグレッシブに前からプレッシャーをかけてきましたので、たまらず長いボール中心の戦い方になってしまいました。

そうなったとしても、アビスパにはウェリントンがいますので、前線で起点を作ってくれると言う期待もあるんでしょうけどね。

山形としては、パスワークで崩されることが怖いと言うよりは、ウェリントンに対してはCBとボランチでしっかり挟み込んで対処するとして、相手の稚拙なパスワークをかっさらうことで得点チャンスを広げたいと言う狙いで前からハメに来ようとするんじゃないか、ということですね。

シャドーのところは瀬沼、汰木、荒堀にしてもしっかり訓練されていて、守備でもハードワークして来ますので、ここでアビスパのDFラインとボランチ、特に球離れが悪いダニルソンにプレッシャーをかけて、ここでボールを奪うと言うことを一番の狙いにしてくるでしょう。

アビスパは、そこを交わして相手のWBの背後に狙いを定めたいですね。

3バックのチームに対しては、WBの裏のスペースは狙い目の一つです。
大分戦の時の様に、石津や亀川に岩下からこのスペースに流し込むパスがバンバン入れば、大きなチャンスが来ると思います。

そして、ここからボランチなどとのトライアングルを作って相手の守備を攻略していくことでシュートを打つところまで行けると思いますので、岩下からのフィードと言うところは注目して見たいところの一つですね。

あとは、サイドハーフの人選も注目ですね。

前節、山瀬はベンチにも入りませんでしたが、これが山瀬の疲労を考慮したターンオーバーだったとしたら、熊本戦の城後の出来も考えると山瀬をスタメンで起用して来ると思いますし、その山瀬自身のフィット感も、京都戦でゴールを決めたとは言え完全にポジションを掴んでいるとは言い難い状態なので、別の人選もあるのかもしれません。

特に最近途中出場でチャンスを作っているポッピも候補に上がるでしょうし、外国人枠の関係でベンチ入りさえ出来ていない状況ですが、ジウシーニョもTRMで得点している様なので、また違った形のパフォーマンスを見せてくれそうです。

個人的には城後はFWでの起用が一番良いと思いますので、この右サイドハーフには坂田をスタートから試してほしいと思うんですけどね。

山瀬にしても城後にしても、中に寄るポジショニングが多いので、松田が相手のWBの裏のスペースを使える時は良いですが、そうじゃなければこのスペースに駒野を走らせなければならない状況になります。
そこで、サイドで生きる坂田なんかを使ってもらうと、また選択肢が増えるような気がします。

チームの選手層を考えれば、冨安の抜けた穴のところもそうですが、全てがうまく行っていると言うわけではない状況ですので、色んな選手にチャンスを与えてみるのも、今だから出来ることなのかもしれません。


まだまだチームは変わらないといけない


前節の勝利で3連勝となりましたが、昨季敗け続けたことを考えると、まだまだ満足は出来ません。

そして、我々が目指すのは自動昇格でのJ1復帰で、更にJ1に復帰した後定着できるサッカー。

問題は、そのJ1に定着できるサッカーと、今の自分たちの間にある差がどれぐらいのもので、何をしたらその差を埋められるか、と言うところ。
そういう部分を曖昧にしたままでは絶対にその差は埋まりませんし、チーム全体に共通のビジョンを見える化して、何をテーマにして練習から積み上げるかを共通理解にしておかないと、チーム力は上がらないと思います。

その共通理解の中から、個人に課題を落とし込んで、その選手一人一人に認識させることが大事ですね。

具体的に城後はあと何を伸ばすべきなのか、岩下にも伸び代がまだあると思いますので、このチームで出来ること、岩下個人がやらなければいけないことを普段から言い続けなければいけないと思います。


ちょっと壮大な話になってしまいましたが、その進歩がちょっとでも垣間見える山形戦になればいいなぁと思いますね。

今季のアビスパは、昨季と目立って違う部分が確かにあります。

シュートへの意識がその一つだと思いますし、得点をチーム全体で喜ぶと言うところもそうですね。
ただ、それは、石津や岩下の加入が生み出したものと、個人への依存が未だ目立っている状況。

これを、チーム全体の意識として変えていけるようになれば、また一つチームが生まれ変わることが出来たと言えると思います。


とにかく勝とう!一つ一つ!

先を見るとまだまだ長いので、一つ、一つ目の前の試合を勝っていきましょう!

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策




20170319a

福岡×熊本(Jリーグ.jp)

勝ちゃあ良いんだよ、勝ちゃあ。ってわけには行かんよねー。


花粉が徐々に収束していると言われていますが、試合観戦の翌日にはもう目がショボショボ、鼻がフン詰まりとアレルギー症状に苦しめられています。

花粉症持ちのこの時期のスタジアム観戦はキツいですよね。

3月はこれで4試合のうち3試合で勝利。
次週の山形戦に勝てば4連勝とともに、この3月は全勝と言うことになります。

あまりシーズン開幕当初から連勝を重ねるアビスパを見たことがないですが、ここまでの相手で昇格を争う直接のライバルとなりそうなチームは京都ぐらいですので、むしろ大分に苦杯をなめることになった結果が痛かった、4連勝でもおかしくなかったと言っても良いと思います。

アビスパとしてはまだ強豪と呼べるチームと当たっていないだけなので、ここで勝点を稼いでおいて、強豪とのアウェーで引き分けOKと言う試合が出来るようにしておきたいですね。

相変わらずアビスパに対しての期待値は高いと思います。
この日も熊本から多くの方が来てはくれましたが、連休の中日で9000人台の集客とはJ2にしてはまずまず。

その中で観客に勝利を届けられたのは良かったですし、最後まで集中してハードワークした選手たちから受けた印象はポジティブなものが多かったはずですので、もっともっと注目度を上げて、多くのサポートを得たいところです。


熊本に主導権を握られた前半は不出来だった?それともよく耐えた?


この日は山瀬をスタメンから外してきたアビスパ。

それ以外は前節と同じメンバーで試合に入りましたが、山瀬はターンオーバーだったのかベンチにも入らず、右のサイドハーフには今季初めて城後が入りました。

熊本は、この日のためにいろんな準備をする中で、自分たちは巻の高さと強さを活かしたロングボール中心でこぼれ球を拾って二次攻撃に繋げていこうと言うところ、そして守備ではハイプレスでアビスパの時間と場所を奪い、ポゼッションを諦めさせることで、確率性の低いウェリントン頼みの攻撃に終始させると言うことを狙いにしてきたと思います。
熊本の準備と、試合にかける集中力は徹底されていて、コイントスでも風上と試合時間を考慮し、試合終盤に相手が太陽が眩しくて不利になると言うことからエンドの変更を実施するなど、特に前半に勝負を賭けていた様な印象がありましたね。

その熊本に対して、アビスパは自分たちのやりたいサッカーを封じられてしまい、前半はほとんどバタバタしたまま終えると言うことになってしまいました。

アビスパは、岩下、冨安、三門、ダニルソンを中心としたビルドアップのところから、なるべく早く石津の足元に付けて、そこから展開したいと言うところだと思いますが、熊本側がアビスパビルドアップ隊への寄せの早さ、石津に入ったときのプレッシャーの強さ、と言うものを立ち上がりから徹底してきましたので、中々ポゼッションから良い形の崩しは見せられません。
岩下がハーフウェイライン辺りでボールを受けた時に、前の動き出しが遅いのと引いて受けに来る選手がいないことでパスを出せなくてかなり感情的に声を荒げていましたが、相手がDFラインを高く設定していることで、前線が裏抜け一辺倒の動きだったことも拙攻の原因の一つだったと思います。

チャンスと言えば、簡単にウェリントンの高さを狙ったロングボールか、相手のパス回しを奪ってからの左サイドを中心にしたカウンターのみで、それもセカンドボールを熊本に拾われることが多かったので単発で終えると言う形でした。

今季、これは継続していることですが、アビスパはシュートで終わると言うことがかなり意識付けられていて、この日もしっかりシュートは打てていたので、カウンターを受ける機会と言うのは少なかったと思います。

熊本としては、ハイプレスと巻を起点とした崩しで先制点を狙っていたと思いますが、そこは最後のところの精度が低く、形になりません。
どちらかと言えば前半は試合を支配していたのが熊本で、シュートで終わっているのはアビスパと言う形。

アビスパは相手の早い寄せと徹底した巻狙いのロングボールに四苦八苦し、自分たちの形は作れないものの、ウェリントンが前線でほとんど競り勝ってくれるので、そこのこぼれ球を狙うことでシュートは出来ると、攻め立てられてはいたものの、やっている選手もそこまで圧されている印象はなかったんじゃないでしょうか。

熊本の攻勢を助長していたのは、アビスパの右サイドの守備。
元来、熊本のSBは攻撃的に高い位置を取ってくることを信条としていますが、それもこれも前線である程度時間が作れなければ、押し込まれていては攻め上がれません。

ですが、この日は巻のところで起点が出来て、そこからの展開でサイドに開きたい時に、片山が高い位置でフリーになっていることが多かったので、ここから更に精度の高いクロスや、サイドチェンジのパスがバンバン通っていましたね。

この片山をどう捕まえるのかと言うところでは、主には城後の責任範囲だと思いますが、城後自身が攻撃においては裏に抜ける動きを中心に行っていて、ポジションも中寄りに構えていました。
ここから戻る時に、マークの受け渡しで駒野、ボランチの三門、ダニルソンらとカバーしあえれば良かったと思いますが、同サイドの嶋田が引いてきてボールを受ける隙に片山が左サイドを駆け上がるなどのコンビネーションの前に後手を踏んでしまった格好だと思います。
城後の戻りも若干遅かったですが、駒野が見るのか、城後が見るのかのところが前半ずっと曖昧になってましたね。

ここが締まらないので相手の攻勢が収まらないと言うことで、アビスパとしては相手の勢いに飲まれてしまった前半だったと思います。

この大事なところが抑えられているのに、シュートに行く形が作れたのもウェリントンがいたから、相手のミスにも助けられたから、と言うのが大いにあると思いますが、冨安のヘディングでのクリアに象徴される様に、最後の最後のところで体を張った守備というのも出来ていたと思います。


失点は必然だった?


前半の課題を修正したいと言うことで、城後のポジションを若干サイド寄りに戻した後半、得意のセットプレーから先制します。

後半開始からペースを取り返したいアビスパでしたが、後半も熊本の出足は止まらず、前半と同じような展開の中、チャンスと言えばカウンターの形からのみ。
おそらくこれが熊本が攻めきると言うサッカーを展開していたら訪れなかったチャンスだと思いますので、このシュートで終わらせると言うことや、ボールを切ると言う様なことがしっかり出来るJ1のチーム相手ではこういうチャンスは来なかったでしょう。

得点に繋がったCKの場面も、アビスパゴールまで熊本がつなぎながらシュートまで行けずに、アビスパに奪われて速攻と言う形から得たCKでした。

この日、前半から大事な場面でちょくちょく存在感を見せていた冨安ですが、そういう選手のところにはプレゼントボールがこぼれてくるもの。
駒野のCKからウェリントンが頭で折り返し、その折り返しを冨安が頭でゴールに流し込みました。

先制された熊本は選手交代で前線を活性化し、より巻の強さを活かそうとします。

アビスパもすぐに松田をポッピに替えて、前線からのプレスを強めることと、相手の裏を狙った動き出しを強めることで、相手の出足の良さを奪いたい狙いがありました。

そして、追いついたのが熊本。
アビスパは、先制して一番危惧していたのがDFラインを下げてしまうこと。
ですが、この失点のシーンでは、熊本のボール回しの前にじわじわとDFラインを下げてしまい、熊本のCBである光永のところに誰もプレッシャーに行けない状態を作ってしまいました。

光永は、CBでありながら1点ビハインドの状態を受けて前に攻め上がり、時間がある中で冷静に片山の駆け上がりを見てスルーパスを通し、そのスルーパスを受けた片山が精度の高いクロスを中に送って、待ち構えた巻が体を捻って頭で叩き込みました。

ここまで、前半から再三に渡って片山にクロスを上げられながら失点を防いできたアビスパでしたが、ついにこの時間に同点弾を許してしまいます。

これまで防げていたのは、片山にボールが集まりながら、駒野がうまくゴール前までは行かせていなかったので、遠くからのクロスになってしまっていましたが、このシーンは、光永からのスルーパスと言うことで、アビスパの右サイドでは数的不利の状態が起こっていましたね。
駒野は光永にパスが出る前まで嶋田に付いており、城後はその片山についていました。
光永にパスが出たことで、駒野は嶋田を捨てて光永に付きに行きますが間に合わず、城後がそのパスコースに反応するのか、片山に最後まで付いていくのかが曖昧になったところで片山に裏を取られると言う場面でした。

ビハインドの状態でリスクを冒して前に出た熊本に対して、DFラインを下げてしまい及び腰になってしまったアビスパが結局前半から止めきれなかった片山に決定的なラストパスを入れられてしまうと言う状況で、失点は必然だったと言えると思います。


実際、城後はどうだったの?


この日、今季初めてスタメン出場した城後。

ここまで、ボランチ、右サイドハーフ、FWと様々な起用法を途中出場でこなしてきた城後ですが、この日は右サイドハーフでスタメン出場しながら、失点後はダニルソンに替わってボランチにスライドします。

坂田を右サイドに配することで、今一度守備から相手のサイドの攻撃を止め、更に前に出る時にはサイドに開いて欲しいと言うこと、そして、ボランチからの攻め上がりと言うところで、ゴール前まで入っていける城後の強さを使いたいと言うところだったと思います。

ただ、その後にすぐ黒木が退場し数的優位になったことと、そのシーンの勢いのままFK→CK→CKと立て続けに攻め立てて、その2本目のCKのこぼれ球を拾って繋いだ石津からのクロスをウェリントンがゴールと言う形になりました。

相手が混乱しているところを生かしてゴールにつなげるなど、試合運びや決めきるところに関しても、熊本をアビスパが上回ったと言うことだと思いますが、アビスパとしてはこれだけの力技で試合を決めきることが出来ましたので、J2ならではと言うことだったと思いますね。

この後、時間の経過と共に守備固めで疲れが見える駒野から實藤にスイッチするなど、この点差のまま試合を終わらせると言うことに徹して、試合を終わらせることが出来たと言うことは収穫点だったと思いますが、この決勝弾が決まった後から断続的に続く井原監督の「下がるな、城後、下がるな」の指示。
点は取れているものの、点も取られていると言う課題に対しての終盤の戦い方で、井原監督が執拗にDFラインの高さについて苦慮しているのが分かりますし、その中で、ボランチの人選が開幕戦はダニ、末吉と他に選択肢があったにも関わらず城後、この熊本戦もベンチに他に末吉もいたにもかかわらず、城後をスライドさせたと言うところでは、純粋なボランチと言うポジションの適正以外にも城後に期待している部分があるんだと思います。

結局このままの点差で試合を終わらせることが出来て勝利しましたが、この日の城後は、右サイドハーフとして出場した時間帯では、山瀬を超える評価と言うのは難しいと思いますし、ボランチでの時間帯では、ダニ、末吉らの純粋なボランチの選手では難しかったであろうチーム全体のライン取りのところで、下がらずに前から守備をすると言うところには貢献できたと言うことだったと思います。

個人的には、城後の今季の起用法と言うところでは、やはりFWで勝負して欲しいと思いますし、ウェリントンは今のところアンタッチャブルな存在ですので、松田とポジションを争うと言うところになるのかなぁと思いますね。

右サイドハーフとしては、現状の一番手は山瀬。
山瀬では90分は計算出来ませんので、その交代枠として城後、ポッピが争うと言うところでしょうかね。

試合開始からのセットした状態で、三門、ダニの牙城は崩せず、試合展開の中で攻撃的に戦いたい時のボランチと言うところの選択肢には今後も城後が入ってくるでしょうから、今のところのパフォーマンスではベンチに置いての交代のファーストチョイスと言うところになってしまうのかなぁ、と思います。

城後が活躍してチームの雰囲気が上がっていくということはありますので、城後にはこのまま終わってほしくないところですし、そもそも今の左サイドに傾倒しているアビスパの戦い方の中で、右サイドがどう違いを生み出すのかは、山瀬ですら苦労しているところですので、この城後のみならず、ジウシーニョ、勇太などもポジション争いに加わって、厚みを形成してほしいと思います。


課題を克服できたのか?


ここまで3試合での課題は、ポゼッションサッカーを標榜しながら、中々ポゼッションから得点が出来ないことと、終盤にDFラインが下がりすぎて自分たちから試合を苦しくしてしまっていること。

ポゼッションに関しては、とても改善できているとは言えません。

この日の試合でも散々熊本の早い寄せに苦しめられ、石津に渡しても石津がキープする間に寄せられて逆にカウンターを受ける始末ですし、開幕戦こそ岩下から質の高いボールがサイドに供給されていましたが、ここ2戦ではその岩下が前線の選手に声を荒げて動き方を非難するシーンも増えていますので、個々の展開力はまだしも、チームの共通理解としてどうビルドアップしていくかは、まだまだ深堀が必要と言うことでしょう。

DFラインが下がりすぎると言う悪癖に対しても、必ずリードして終盤を迎えているわけではないので何とも言えませんが、この2試合では5バックにしながら、全体を下がらないようにケアさせた京都戦、城後をボランチに置いて前から守備をさせることでDFラインのケアをしようとした熊本戦と、手を変え品を変え、相手のシステムに応じてあの手この手を繰り出して何とかごまかしている様な状態です。

確かに、そんな中でも勝点3が取れていることが全て、相手に助けられた面も大いにありながらでも前に進むしか無いので、結果が出ていることは評価しますが、こういう状態からどう良くなっていくのかは、引き続き取り組んでいくべき課題です。

この日も、結局リードしてから試合が終了するまで、相手ボールになった途端井原監督の「下がるな!」と言う声がマイクで拾われていました。

それだけ、意識していても下がってしまうものなんだと思いますし、岩下、三門、坂田、駒野と歴戦の選手を揃えても、未だこの意識付けは習慣にはなっていかないんだと思います。

まだまだ完全な課題克服には時間がかかる様ですし、今後も大いに苦戦すると思いますが、その中でも一つひとつ、勝っていくと言うことで積み重ねていくしかないと言うことでしょうね。


20170319b

内容にこだわって上げていきたい


これで3連勝と、4試合消化した時点で首位との勝点差1と言う良い位置にいます。

ただ、まだ当たっている相手に恵まれているところは大いにありますし、戦っている試合の内容を見ても、これは冷静に考えて今のアビスパでは太刀打ちできそうにないな、と言うチームもあります。

次は山形と当たるわけですが、この試合で大活躍した冨安を代表で欠く試合になりますし、既に4試合戦ってイエローカードを2枚もらっている選手が2名で、その2名が石津、岩下と欠くことの出来ない二人であることがまた不安の種でもあります。

岩下は、この試合のプレーが槍玉に上げられていますが、今のアビスパのDFラインに岩下を欠いてしまった場合、とてもJ2でも戦えないクオリティになりそうで怖いです。

この試合のあの巻へのプレーは、結局主審がカードを提示しなかったことが全てで、だからと言って褒められたプレーかと言えばそうではないと思っています。

個人的には、岩下がアビスパに在籍する前には、岩下という選手はプレーが荒く、暴力的な選手と言うイメージでいましたし、どちらかと言えば嫌いな選手だったと記憶しています。
そんな先入観に影響されて、岩下がこれだけチームのことを思っていることや、ファン、サポーターに対しても真摯に向き合う選手であること、熱い姿勢だけでなく、非常に冷静に状況判断が出来る選手であること、そういうリーダー的な資質だけでなく、基本的な守備の技術の高さ、パスの精度の高さ、綺麗なフォームでボールを蹴ることなど、個人のスキルも非常に高い選手であることを、見ないで来ました。

アビスパの選手になって初めてじっくりと彼のプレーを見ましたし、普段はテレビカメラに映らないところでファンを大事にしてくれていることを目の当たりにして、一瞬で自らの先入観が間違いであったことを理解しました。

余計なカードをもらう選手ですし、感情に左右されるシーンもなくはない選手ですので、誤解を生むことも多いですが、アビスパファミリーとなった以上、私は全力で彼を応援したいと思っています。
もちろん、ウェリが巻と同じ様に相手選手との接触プレーで傷つけられたらと考えると、痛ましいと思いますし、巻には早く傷が癒えてまた全力でプレーしてくれることをお祈りしますが、今後も変わらずアビスパのために岩下が全力を尽くしてくれるであろう姿勢に、私も応援で応えたいと思いますね。

一部の怒れる人たちには、こんなブログで私が何を言ったところで伝わらないでしょうし、そういう方々の怒りを鎮められるとも思っていません。
岩下に対しての評価が誤解だとも思いませんし、岩下をネット上で口汚く罵る書き込みには胸を痛めますが、何らそこに対して争う気はありません。
また、試合から何日か経ってようやくその怒りが収束し始めているところに、燃料を再投下するつもりでの記述ではありませんので、ご容赦ください。

ただ、アビスパファンとして、岩下ファンとして、これからも変わらず応援していくし、今季のスローガンである「子どもたちに夢と感動を!」の精神に恥じないプレーを見せてほしいと願うばかりです。



まだJ2リーグは始まったばかりです。

試合を4試合経過し、やっているサッカーの内容としてはあまり芳しくないですが、結果は出ています。
選手は自信を持って、戦ってほしいですね。

J2はどうしても相手のミスに助けられることも多いリーグですし、自らのミスが大事にならないことも多いリーグです。
ですが、そこに厳しさを持ってプレーできるか、互いを律することができるか、短い期間で改善できるかが、上のカテゴリーに上がった時には大事になります。


ここまではたまたま。必然の勝利を見たい!
勝って兜の緒を締めよ、を地で行くチームになりたいですね。

まだまだ成熟していかないとJ2は勝ち抜けません。
更に気を引き締めて、内容にこだわって行きましょう!

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策





福岡×熊本(Jリーグ.jp)

見せかけだけの好調か、地力か、この試合でわかる!

さて、4節。

東北のクラブが雪で開催できないと言う事情があるため、九州のクラブが自然とこの時期のホーム戦が増えてしまうと言う事情が見え隠れしますが、4節にして早くもホーム3試合目と言うことで、ホームでの開催をこんなにバンバンやられてしまうと移動がない分コンディション的には楽ではあるものの、この先が怖いですね。

何せ開幕してからホーム→山口→ホームと、ここまで福岡と山口でしか試合をしていません。
まぁ、今回の対戦相手である熊本も、ホーム→岡山→ホーム→福岡なので、似たようなもんですけどね。

こと集客に関して言えば、開幕してから4試合中3試合がホームってことで、どれかに行きゃ良いか、とライト層はなりそうなので、心配です。

実際、前節の京都戦は7500人ですから、影響が全くなかったとも言い切れない数字ですね。

J2なのに7000人越えたことを喜ぶべきなのかもしれないけど、その内の一体何枚がタダ券なのかとか考えると複雑です。
タダ券で来てくれた人もスタジアムでお金を落としてくれさえすればマイナスではないわけで、そういう人が次回有料で来てくれればってことも含めてクラブはタダ券を撒いてるんでしょうから、タダ券がすなわち悪とは全く思いませんが、それを撒いてもこの数字ってところを、アパマン体制3年目の経営陣がどう評価するのかってことですね。

これは個人的な感覚ですけど、スタジアムイベントも徐々にJ2感漂うものになってますし、J1にいないから豪華に出来ないんだってことであれば、やはり結論は是が非でも今季1年で上に上がりましょう、ってことなのかもしれないです。

アパマン様が灯してくれた存続の火を絶対に消してはいけないってことを考えれば、チームはもちろん、関係者もファン・サポーターも、今季が正念場ですね。



上里に良い形でボールを持たさずに、最後の最後まで集中が必要


さて、今節の対戦相手である熊本ですが、今季未だ敗けがありません。

前節、スポーツニュースでの話題をさらったGKによるロスタイムの同点弾で追いついて勝点1を奪ったわけですが、その前の試合でもロスタイムのゴールで追いついているわけで、この終盤の粘り、諦めない気持ちと言うのは本物だと思います。

ちなみに、同じく話題をさらった松本山雅は急遽3rdユニを用意してこの窮地を乗り切りました。

岐阜方面への謝罪も済ませ、この問題の解決法としてはベストの選択だったと思いますし、監督のコメントを聞いた時にはちょっと耳を疑いましたが、クラブはまとも、いや、素晴らしい対応だったんじゃないかな、と思います。

こうなったらアビスパとの対戦まで3rdユニを温存してもらっておいて、41節で初お目見えってのに期待したいですね。

話が逸れましたね。

今季の熊本は、昨季までの攻撃の柱である清武功暉を放出し、守備に重点を置いて守り勝つサッカーを強いられるシーズンになりそうです。

また、ここ最近の怪我人の頻発でベストメンバーを組むことが難しくなっていますので、複数ポジションをこなせる選手のスクランブル出場と、スタメン当落線上の選手で試合に臨むと言うこともハンデとして抱えながらの4試合目と言うことですね。

怪我人に関しては、今週の練習から安柄俊、齋藤、植田らが戻ってきている様ですから、徐々に揃いつつあると言うことでしょうか。
前節また小谷と三鬼が離脱しましたので、まだまだ完全にとは行きませんが、まぁ、どのチームも怪我人を抱えながらのリーグ戦は当たり前ですので、手駒の中でどう選択してくるか、と言うところですね。

熊本のサッカーの特徴としては、基本的には状況を見ながらですが前からのプレッシャーを強めて、なるべく高い位置で奪うと言うことと、奪ったら素早くゴールに向かうと言うところ、遅攻に関してはしっかり後ろから繋いでと言うところが挙げられると思います。

キープレイヤーはボランチのコンビである上里と村上でしょうか。

前節、村上が負傷で途中交代しましたのでもしかしたらボランチのところは上村か上原になるかもしれませんが、このボランチのところが、いかに前でボールが奪えるかと言うところが鍵になると思われます。

前節でも、山形がちょっとボールを下げると、ボランチがFWを追い越してプレスに行っているシーンがありましたので、一旦行ったら行ききる、というのを約束事にしているのかもしれません。

そのボランチが前に出たことで空いたスペースは、サイドハーフが絞って埋める様になっていると思われますが、そのサイドハーフがスライドしたことで空いたサイドのスペースを山形に使われてシュートまで行ったシーンがありましたので、アビスパとしては、敢えて食いつかせてスペースを空けて、そこを使うと言うことも視野にいれると良いかもしれません。

もちろん、相手の前からのプレスをしっかり交わさなければそのチャンスは生まれませんけどね。

攻撃においては、このボランチのところの上里がどれだけ高い位置を取れるか、と言うのが熊本は鍵になってきますね。
上里が前を向いてFWに出すスルーパスはかなり精度が高いですし、そのスルーパスを受けられる選手も熊本にはいますので、この選手をゴール前でフリーにしてはいけません。

アビスパとしては、ここ何試合かの失点の形では決まってバイタルを使われていますので、ここを空けないで、ゴールまではしっかり寄せていくことが大事です。

また、熊本の期待の星である嶋田も要注意人物の一人ですね。

山形戦ではあまり持ち味を出せませんでしたが、彼の左サイドからの仕掛けは脅威ですので、しっかり二人がかりで対応すること。
熊本とはシステム的にかち合いますので、サイドハーフとボランチ、ボランチとSBなど、チャレンジ&カバーが成り立っていれば、そう難しい局面は迎えないとは思うものの、相手のSBも攻撃には積極的に上がってくるタイプですので、人数をかけられる攻撃に対応できるかが重要になります。

熊本はアビスパと同じく前線の顔ぶれが多彩で、FWに誰を起用してくるかで攻撃の仕方も変わってくるとは思いますが、安柄俊が出てくると怖いなと言うのはあります。

開幕戦で2ゴールしましたが、その後は怪我でプレーを見せられなかったものの、今週の練習には出ているようなので、アビスパとの試合には先発してくる可能性は高いと思われます。

とにかく怪我が多くて、プロのキャリアも怪我との戦いになっているのがかわいそうですが、怪我さえなければあの川崎でも多くのゴールを決めていたかもしれない逸材です。
熊本でも早速ゴールを決めていますし、怪我にも悩まされています。

印象としては泥臭いゴールが多い選手ですが、身体能力が高くてヘディングも強いと言うところでしょうか。
決して体が強いわけではないので、ポストプレーヤーと言うことではなく、ゴールまで体を張ってゴールを決められる選手ではあります。

熊本もセットプレーでの得点が多いですが、キッカーの上里も良いキックを持っていますし、中で合わせる選手も空中戦に強い選手が多いので、セットプレーの守備が弱点のアビスパも要注意ですね。

前節は巻が先発しましたが、相変わらず前線で起点になっていましたので、スタメンの可能性もあるかもしれません。
巻が出ると、若干長いボールでの攻撃が増える印象ですね。

前節は出場しませんでしたが、ベンチには平繁も控えていますし、誰が出ても違った形で高いクオリティの攻撃が成立するチームです。


また、先述の様に2試合続けてロスタイムのゴールで追いつくというサッカーをしている通り、もしアビスパがリードしている状態だったとしても試合終了の笛がなるまで気が抜けない相手と言うことで、いかに集中を切らさずに90分戦い抜けるかが重要と言うことが分かります。



ハイプレスをかいくぐってサイドを攻略!


守備は、ブロックを作っての守備と言うものがベースにあると思いますが、状況に応じて前からもプレスをかけますので、90分の中でバランスを取って来ると言う感じですね。

前から行くときは、前述の様にボランチまでがDFラインのボール回しに関与してきますので、そこを外せれば大きなチャンスになります。

熊本にとっての懸念としてはこちらも怪我人を多く抱えているということで、小谷が前節負傷交代、三鬼も離脱ということですので、DFラインは黒木、園田、植田、片山と言うメンバーになるでしょうかね。

前節は急遽光永がCBで出場し及第点のプレーを見せていましたので、スタメンはないと思いますが、ベンチに入る可能性は高いと思います。

もし出場すれば、2014年5月31日以来のレベスタでのプレーと言うことになります。

ユースケにしろ、惇にしろ、ユース出身でトップに昇格し、その後他チームに移ってレベスタに帰ってくる選手と言うのは感慨深いものがあります。
もちろん、過去所属選手は全てレベスタで見れれば嬉しいんですが、ユースの選手は福岡出身の選手が多いですから、余計に思い入れがありますよね。

個人的に和樹の後を継いで福岡市出身の選手としてアビスパの左サイドを疾走してくれる選手だと思っていただけに、武者修行の中で結果が出ずに今季完全移籍した熊本の地で出番を得たと言うのは少々複雑ですが、いつかまた一緒にプレー出来る選手に育って欲しいと言う意味でも、試合に出てくれるとうれしいですね。


熊本のハイプレスをかいくぐればチャンスがあると書きましたが、熊本が集中している時間帯は、ハイプレスに合わせてDFラインも上げてくるので、単純に放り込んでも跳ね返されるのがオチです。

井原アビスパが今季取り組んでいる、相手のプレスを交わしてサイドにつけて、そこから中との崩しでペナルティエリアの角を使うと言う考え方で行けば、大きなチャンスを作れると思いますので、安易に蹴り出さないことが大事ですね。

その意味では、岩下からの効果的なロングボールが左右にしっかり散らせれば、チャンスは作れると思います。

ここでは、亀川に期待したいですね。

山口戦でも京都戦でも惜しいシーンがありましたが、今季の亀川は例年になくゴールに近づいてきていると思います。
左サイドに石津が入り、石津が周りを効果的に使える選手であるため、左サイドでのパス交換の中から、亀川がゴール前に顔を出せる機会が増えています。

昨季までの金森とのコンビでは、結局ゴール前で金森にボールを出す役しか回ってこなかったため、ゴールを狙おうと思えばカットインしてシュートと言う形しかありませんでした。

しかし、今季は石津に一回当てて、自分自身がペナルティエリアに入っていくと言う動きも出来るようになってきているので、シュートを打つシーン、相手のゴール前の最深部からマイナスに折り返すシーンなど、得点というところにより近いプレーが増えましたよね。

この試合でも、相手のDFラインは高いですので、抜け出せば一気にチャンスになる可能性が高いです。

そこから得点を決めて、アビスパでリーグ戦68試合で縁のなかったゴールと言うものを掴んでほしいですね。


これは、アビスパも含めてJ2のチームに多く言えることですが、結局良い形は作るものの、最後のところの詰めや細かいところまでの気配りが足りないことで、得点に繋がらなかったり、思わぬカウンターを受けたりと言うことがあります。

J1チームにももちろんミスはありますが、一つ一つのプレーの正確性や判断のスピードの早さが違っていて、J2の中でもそのレベルにある選手を多く抱えるチームが、戦術や連携を越えた部分での力技で勝点を奪っているのを改めて実感しています。

そうやって上がったとて、J1で定着できるわけではなく、やはりチームとして成熟していく過程が必要なんだとは思いますが、それでもやはり、この力技で得点出来る部分があるチームであれば、最後の最後まで諦めるべきではないし、逆に相手にもそういうミスが必ず起きると思って試合をして行くことも大事なのかもしれないですね。

特にここまでの3試合、そういうミスに大いに助けられた部分がありましたし、これからもそういうことがあるかもしれないと思っておくことが、1点に繋がるかもしれません。



地力に勝るチームになれるか


早くもホームでの九州ダービー2試合目。

九州は、もうあと長崎しかいませんので、ホームには長崎が来るのみです。

個人的には九州ダービーと言っても、確かにお客さんは多く来ますが、あまりピンときません。
もう何年も一緒にやってきてますけど、熊本も長崎も大分も、あまり他のJ2クラブとの差は私の中ではなくて、決して九州ダービーを否定しているわけではないんですけど、そう気負いすることなく戦ってほしいなぁ、と言う程度ですね。

それよりも、旧知の選手が来てレベスタでプレーすることの方が、いろんな感情が湧き上がります。

特にアビスパ在籍時に好きだった選手は複雑な気分になりますし、出て行き方が悪かった選手なんかは、可愛さ余って憎さ百倍的なところもあるし、それはそれで試合を盛り上げる要素の一つとして楽しんでますけどね。

アビスパはJ2が長いってこともありますし、アビスパから移籍する選手はどちらかと言うと下位カテゴリーや格下チームに移籍する選手が多いので、J2だと頻繁にそういう選手との邂逅があるわけですが、そういう意味だとこの熊本戦、光永とともに、久藤コーチ、財前ヘッドコーチの凱旋も楽しみですね。

久藤コーチは育成年代の指導から熊本のトップチームのコーチに就任したわけですが、いずれはアビスパのベンチに戻ってきて欲しい人の一人ですよね。


チームはこの熊本戦に3連勝を賭けます。

J1の優勝戦線に残り続けるためには、3連勝以上の連勝を何回か経験しないといけません。
2015年の様な終盤の奇跡もありますが、そういうものは想定して出来るものではありませんし、確実に勝点を伸ばしていくためにも、ホームでいかに勝てるかが大事です。

2017年型のアビスパもまだ固まってるとは言えませんが、熊本も未だ前線を中心に骨子が固まっっていないとも言えるかもしれません。

そんな中でも、熊本、アビスパともに勝点をじわじわと積み上げており、一見すると好調の様に思えるわけですが、実態はどうなのか。
勝点的に好調同士の対戦となる今節で、どちらが化けの皮が剥がれるのか、決してアビスパが本調子ではないと言うことがポジティブな意味もあるとは言え、熊本に後れを取るわけにはいきませんよね。

地力があるチームは、苦境に立たされても何とかそれをひっくり返すチーム。
イーブンな展開でも、少しの綻びを見つけて相手のゴールを陥れることが出来るチームです。

そういう地力を付けていくことが、今季のアビスパのテーマの一つでもあると思いますので、この熊本との難しい試合の中でも、どうやって選手たちがそれを乗り越えていくのかが見たいですね。


だからって、城後のGKみたいな死闘は勘弁よ!

3試合連続のウェリントン砲と、亀川の初ゴールですっきり勝ちましょう!

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策




20170312a
福岡×京都(Jリーグ.jp)

2連勝やー!まだまだ満足せんよー!

3月も半ばになりましたが、未だ花粉が猛威をふるっております。

今年もこの3月中旬ごろで一旦スギの飛散が終わるようですが、それと入れ替わるようにヒノキの飛散が始まります。
そうこうする内に桜が咲いて、お花見となるんでしょうから、もう春って感じですね。
この日も日陰だとだいぶ寒かったですが、日なただとうっすら汗ばむ様な陽気でした。

さて、世間ではカズの50歳ゴールやら、ロスタイムでのGKによるゴールやら、何かと騒がしかった今節のJ2ですから、アビスパの連勝など見向きもされませんが、我々はしっかり地に足を着けて戦ってまいりましょう。
連勝はしたものの、良くなかった部分もいっぱいありましたので、そういう部分の改善はしながら、チームの雰囲気は落としてほしくないというところで、次節以降にも期待したいですね。

何やら、ユニフォームが似通っているということで、ホームである対戦相手に前後半でユニフォームを着替えさせるという珍事を起こしたチームの監督さんが、アビスパと対戦する時も心配と何故かウチのチームだけ名指しで仰ったそうなので、そういうよく分からない熱視線も含めて注目度をもっと上げていけるような結果を残し続けていかなければなりません。



アビスパの狙い、京都の狙いは?


この日は、前節の殊勲の決勝点を叩き出した闘莉王と、2戦とも途中出場で結果を出しているケヴィン・オリスが共に怪我のために欠場と、スタメン、ベンチのメンバーの入れ替えを余儀なくされた京都でしたが、当初の予想通り3バックで試合に入りましたね。

アビスパとしては、この日はようやく神山がベンチに戻ってきましたが、スタメンは前節と同じ形。

京都は3バックなので、WBの裏のスペースが空いてくるとの読みから、そのスペースをどうやって使うかというところがこの日のアビスパのテーマだったと思います。
また、シーズン始めには「いかに自分たちがボールを動かして試合の主導権を握るか」というところを今季の戦い方としていたと思いますが、早くも3節目から「ある程度相手に持たせて奪ったら出来るだけ早くスペースに出してカウンター」という戦い方を選択してきました。

どちらかと言えば、京都の方がボールをこねくり回している時間は長く、現時点で支配率などの正確なデータはわからないのですが、恐らく京都の方が高かったんじゃないかと思います。
京都としては、DFラインとボランチでボールを回しながら、大黒の動き出しに合わせてのスルーパスと、エスクデロ、小屋松のキープ力、クイックネスなどを活かしたゴール前の仕掛けでうまくバイタルを使っていくという様なことを考えていたと思います。

本来ならボランチが出来るだけ前線に近い位置で前を向いてボールを受けられるような形であれば、もっとアビスパのDFラインを脅かす攻撃は出来たと思いますが、前半はアビスパの切替が早くてプレッシャーがキツかったことと、セカンドボールをアビスパに取られることが多かったために、エスクデロ、小屋松の単発の突破でチャンスを作り出すというところが精一杯でしたね。

後半はアビスパのペースが落ちたこともあって、若干ボールを良い形で動かすことが出来るようにはなりましたが、前半からこの状態であれば、今季の京都も苦しむかもしれませんね。

ここ2戦とも闘莉王からのロングボールという武器もあったんですが、これを失った替わりにDFラインを押し上げることが出来て、全体をコンパクトに出来ていたということで、闘莉王の起用も一長一短あるなと言うところですね。

アビスパは、先述の様に狙いをWBの裏のスペースに置いていたので、早速前半開始早々にそこを使ってチャンスが訪れます。

この日の2トップの一角である松田が試合中再三に渡ってこのスペースに侵入し、ここでボールを受けてくれたんですが、最初のプレーでWBの裏のスペースに抜け出した松田が相手陣内深くでスローインを得ます。
このスローインから、ウェリントン→山瀬と繋いで先制点が生まれました。

ウェリントンを使うと言うのは単純な放り込みサッカーに終始すると言うことにならなければOKなわけで、この日の先制点の様な連携からの攻撃は、最もウェリントンを効果的に使う方法の一つだと思いますし、あれだけゴールに近い位置で相手を背負ってボールをキープしてくれて、走り込んでくる山瀬に落としてくれるようなFWは、J2でも、むしろJ1でも中々いないと思います。

この日も確かに相手を背負ってプレーすることが多かったウェリントンですが、ボールを持たないプレーでもチームを助けていて、前線からのプレスバックでボールを奪うシーン、相手を引き連れてサイドに流れることで石津が侵入するスペースを空ける動き、こういうところで非常に効いていました。
もちろん、決勝点となった後半のゴールも秀逸ですが、それら全ての動きがハイクオリティーで、日本人の一試合を通しての献身性とはまた違った形での貢献をチームにしてくれていると思いますね。


また、今季のアビスパはセットプレーからの得点が多いと言いますが、セットプレーの回数が多いと言うのが得点数を上げている要因だと思います。

この日の松田もそうでしたが、出来るだけ相手陣内深いところで受けて、最悪CKかスローインで終わろうと言う意識が非常に高いですね。
基本的にはどのチームの選手もこういうことは狙っていると思いますが、無理に突破するよりも相手に当ててCKにした方がチャンスが広がると言う考え方が透けて見えますので、無理にキープや突破をせずに、簡単にクロスをあげると言うシーンが多いと思います。

この日はその跳ね返りが自分に当たって出ると言うシーンが多くて、うまくCKは取れませんでしたが、3試合終わって平均4本程度のCKが取れていますし、実際にここから点も取っていますので、確実にプラスにはなっていますね。
もちろん、ウェリントン込みでの考え方だと思いますけどね。

それと同時に上がったのがシュートの意識ですね。

結局、セットプレーを取りに行くというのもそうですが、シュートも打っているのでセットプレーになると言うこともあると思います。
この日も開始早々ダニルソンがロングシュートに行きましたし、外れはしましたが石津も枠内シュートを何本も放ちましたしね。


京都はこの開始早々の失点で浮足立ったのか、その後バタバタする時間を迎えます。
アビスパも、この機に乗じて追加点を奪おうと京都ゴールを急襲しますが、菅野を前に追加点が奪えません。
いくつか決定機も迎えましたが、京都DF陣も体を張って守っていたので点になることはありませんでした。

そうこうする内に膠着状態を迎えて前半を終えますが、追加点は奪えなかったものの、前半京都に何もさせなかったアビスパの集中力の高さ、寄せの早さ、切替の早さは見事でした。

これが90分続けば何も問題はないわけですが、中々そうはうまく行かないのがアビスパ。
ただ、大黒をどう生かすか、エスクデロ、小屋松を有機的に連携させて攻撃を構築したいと考える京都の狙いは全く機能せず、京都のWBの裏のスペースを使ってそこを起点として攻め込みたいとの狙いを的中させて先制点を挙げたアビスパの、完成度の違いが見えた前半でした。


前節までの課題はクリアできたか?


予想外だったのが、京都が動いてこなかったこと。

あれだけやりたいことがやれなかった前半を、確かに早々に失点してもその後は拮抗を守っていたので良しとしたのかもしれませんが、何の活路を見出して後半に入ったのかは分かりませんでした。

山口にしても、大分にしても、後半からアビスパの急所を突くべく戦い方を変えてきましたし、アビスパがその変化について行けず戦い方が後手を踏んでしまったことで、調子を狂わせてしまったと言うことはありましたので、後半の京都の戦い方はちょっと驚きでした。
個人的には、あれだけフィットしていなかった大黒を変えてみても良いのかなと思いましたが、大黒と言うキャラクターを考えると難しかったのかもしれませんね。

結局その後10分ぐらいを京都は無益に過ごし、ようやく残り35分のところでその大黒に代えて岩崎の投入と言う最初の交代を行います。
この交代から若干京都が息を吹き返してきた印象がありましたね。

アビスパとしては、前半に1点を先制したものの、山口戦のことを考えれば1点はセイフティリードではありませんので、当然もう1点を狙いに行きます。

ただ、この2戦の課題としてあったのが、後半足が止まってしまうと言うところ、それによってDFラインを下げてしまい、全体が間延びしてしまってプレスがかからなくなり、バイタルが空いてしまうと言うところが挙げられます。
ボールを奪って繋いでいこうとしてもサポートがないため、石津のところで潰されてまたカウンターを受けると言うこともありますし、間延びしてからの攻撃が成り立たないのは、ウェリントンを目掛けたロングボールのみになってしまうからですね。

この日は、後半に入っても集中力高く、出足の良さでの早い寄せ、ダニ、三門を中心とした幅広いカバーで中盤の自由を与えませんでしたので、京都の攻勢に対してアビスパのチャンスこそ多くは作り出せませんでしたが、一方的に押し込まれることもなく、拮抗した展開を続けます。

井原監督としては、このままではいつか崩れるという危機感もあったと思いますので、次の手を打つタイミングを考えたと思いますが、今日の山瀬は疲れてはいるものの、カウンターにおいては効果的な配球で効いていましたしので、受け手である松田を代えることで、より前への推進力を高めたいと言うところだったかもしれません。

松田に代えて2トップの一角にポッピが入ると、そこから待望の追加点が生まれます。

徐々に京都がWBを中心にワイドにピッチを使って攻撃をしてくることでアビスパのゴール前に迫りつつありましたので、その出鼻をくじくゴールになりました。

ただ、残念なのがせっかくの追加点の後にすぐ京都に1点を与えてしまったことでしょうか。

DFラインとボランチの間のボール回しの中で、相手のプレッシャーが早く慌てたところをダニルソンがファール気味に高い位置で奪われてしまいます。

その切替のところが遅く、周りも一瞬ファールかな?と言うセルフジャッジもあったとは思いますが、奪った吉野からエスクデロに展開、そのエスクデロが簡単に中に折り返すと、それに対して全く準備が出来ていなかったアビスパDF陣は後ろから走り込んできた仙頭をフリーにしてしまいました。

この日のダニルソンは、攻守に非常に効いていて、セカンドボールへの反応、読みも的確、前に出て奪う体の強さ、寄せの早さなどを見ても非常にコンディションが良いのが分かりましたし、アビスパに来てこの1年ちょっとの中ではベストと言えるパフォーマンスだったと思いますが、この失点シーンに限らずボールを失う機会が非常に多かったですね。

これは、名古屋時代もそういう選手でしたので、今日の試合だけのことではありません。
何ならダニルソンがそういう選手だと分かった上で周りのサポートを早くして行かなければならないと言うことだと思いますが、あのタイミングでダニルソンに狙われやすいパスを出した亀川にも責任があると言うことかもしれませんね。

あとは、ファールっぽい取られ方だったので、不運な部分もあると思いますが、そういうシーンでいかに早く切り替えるか、と言うところでは、この試合のそれ以外のシーンではほとんど集中を切らすことがなかったアビスパが唯一集中を切らしたシーンで失点したと言う、サッカーの厳しさを改めて思い知らされる1点だったと言えると思います。


その後、井原監督は、城後、實藤と交代カードを切り、相手の3バックに対してミラー的に5バックにしてリードを守りきりました。

大分戦の時は、相手のワイドの選手の対応に苦労し、マークの受け渡しが曖昧になったことでバイタルエリアを使われるという場面がありましたので、相手の攻勢に対してシステムを揃えることでマークの相手を明確にし、守備を強固にすると言う采配は、事前に準備されていたこととは言えさすがだったと思います。

城後が準備していた時はまだ2-0だったため、ポッピとの2トップで考えていたと思いますが、しっかり前から追って欲しいと言うところでトップの位置に、その後は山瀬と實藤との交代で5バックになってからはシャドーの位置で走り回りました。

後半に失点はしてしまったものの、システム変更と先を見据えた選手交代で足が止まると言うこともなく2-1でゲームを終わらせることが出来ましたので、過去2試合の反省が行きたゲームだったと思いますね。


ポッピ使える?


この日、ウェリントンのゴールをアシストしたポッピ。

山口戦に続いての2試合連続途中出場で、アシストと言う結果を残しましたが、ファンが期待するのは彼のゴールでしょうね。

この日も、石津のクロスからどフリーのヘディングをバーの上にふかしてしまいましたが、徐々にその時は近づいていると思いますね。

井原監督はこの日、交代のファーストチョイスとしてポッピを選択。
状況としては1-0でリードしている段階でしたが、このまま逃げ切るのは難しく、追加点がどうしても欲しいと言うことで、疲れの見える松田との交代でウェリントンと2トップにしました。

前節の山口戦でも途中出場しましたが、この時は一方的に押される展開を何とか押し上げたい、チーム全体を前に向かせてくれる推進力としての投入も、うまくボールに絡むことが出来ずに貢献したとは言い難い出来でした。

ですが、この日は、若干オープンな展開になりかけていたことと、京都がリスクを冒して前にシフトしていたためDFラインの裏にスペースがあったと言うことで、ポッピの良さが生きやすい状況だったとも言えますね。

カウンター気味に奪ったボールを山瀬がスペースに流し込み、そこに走り込んで受けたポッピがゆっくり中央を伺って、ウェリントンに緩いクロス。
ウェリントンは相手DFの視界から逃れる動きでマークを外し、フリーになったところにドンピシャのクロスが来ましたので、DFの寄せを気にすることなくゴール。

中をしっかり見ながらプレーする時間がありましたので、ウェリントンの動きと特性を理解してのクロスだったと思いますが、こういうアシストと、カットインしてのシュートと、良さをもっともっと出して行ってほしいですね。

ただ、後半30分ぐらいプレー時間があった中で見せ場はこことどフリーのシュートを外したところぐらいで、後はアビスパが守備をする時間が長かったのもあって、そこまで良さを出すシーンは見られませんでした。

何しろ、彼にはまだまだ時間が必要でしょうね。

ウェリントンは日本の笛の基準を分かっていますが、ポッピがまだそれが分かりませんので、ファールをもらいに行って吹いてもらえずカウンター、みたいなシーンを作ってしまいました。
また、守備においては、頑張って戻ってくる方ではありますが、約束事を完全に理解しているとは思えず、サイドの守備に入った時には簡単にフリーにさせてしまったりと言うシーンが目立ちましたので、この状態でスタメンから使うのはちょっと怖いな、と言う印象ですね。

終盤は5バックになりましたので、5-4-1の1トップを務めましたが、このポジションの選手は体を張ってボールをキープしてくれないと守備が終わらないので周りがキツいんですが、ロングボールにも競ってくれないシーンもありましたので、ウェリントンの代役みたいな使い方は無理ですしね。

ここらへんがクリアになるまでは、当分ベンチスタートが続くんじゃないかなぁと思います。

ですが、攻撃におけるプレーの正確性や、ゴール前でのアイデアみたいなものは豊富ですので、逆にポッピがウェリントンの相方として定着できるときがきたら、かなり強力な2トップになることは間違いないと思います。

20170312b


嬉しい連勝


ホームで久々の勝利です。

しかもその相手が苦手京都と言うのは更にうれしい。
これで昨年7月のFC東京戦以来のホームでの勝利です。

何か久しぶりすぎて逆にそんなに久しぶりの感覚がなかったですね。

ですが、まだまだ始まったばかりですし、他のカードを見れば、遥かにアビスパよりも完成度が高いチームはいくつもあります。

この勝利で得たものは勝点3だけではないはず。

この試合、2得点ともにウェリントンが絡んだ形でしたが、どちらもロングボールからの攻撃と言うわけではありませんでした。
もちろん、試合の中でそういう形は何度もありましたが、それ一辺倒と言うことでもありませんし、試合を通してチーム全体が切替を早く、出足の良さで相手に早く寄せる、1対1の局面で負けないと言うことを徹底できていたと思います。

少なくとも、個人能力に長ける選手は揃っているんですから、そういう選手が切替を早くして集中して試合をこなすことが出来れば、そうそう点は取られないし、得点機は必ずやってくると言うことだと思います。

アビスパに一番大切なのは、自信を持って試合に臨むことと、点を取られても下を向かないで一つ一つ返していくことでしょうかね。

この京都戦は、それを思い出した一戦だったと思います。


去年はJ1で戦ってたんよ!

驕ることはいけませんが、その自信まで捨てることはありません。
ひたむきですが、卑屈にならずに、堂々と戦っていきましょう!

一つ、一つ。

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓↓↓ランキングに参加しています。是非、下記バナーをクリックお願いします!↓↓↓
 にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


アフィリエイト・SEO対策




↑このページのトップヘ