2012年10月03日

10/1、またまた「ギア-GEAR-」@京都を鑑賞してきました★

モニター招待に当選したので、ギアに再び行って参りました〜

新たにジャグリングが加わった、Ver2も開幕から一ヶ月、演者もこなれてきてるだろうし、良いタイミングでの鑑賞となりました(過去の感想は、ギアカテゴリでも書いていますので、興味がある方は読んで下さいね)

DSCF7646 のリサイズ画像DSCF7648










いつみても、何回も観ても、素晴らしい〜
この中には面白いっ!美しいっ!ちょっと切ない・・。楽しい!そして、最後には人間そのものに感動する。全ての要素が入ってます。


まさしくなパフォーミング・アート、ほんと良いショーです。

(今まで舞台装置や最新の演出などの感想をチラチラ書いていますが)このショーの本質は、やはり、それぞれの分野でのパフォーマーが、高度なパフォーマンスを披露しつつ、コラボして絡み合う部分だと思うのです〜

今までの一般的なパフォーマンス(いわゆるサーカス、大道芸などやステージパフォーマンス)では、一つ一つのアクト(芸)は、作風をあわせた多少の演出の繋がりがあるにせよ、単体のモノとして演じられる。
(なので、日替わりのローテーションや、入れ替えが可能だったり)

そことの大きな違い・・・ギアの5人は、誰一人として欠けてはならない・・唯一無二の存在である。という事。
ギア(歯車)という命名にもそれが現れてるんで、この構想は、素晴らしいクリエイトです。

今回のキャスティング・ボード。

DSCF7649







やっとこさ、未鑑賞で、謎の人(笑)だった、お二人を鑑賞できました。
今現在の・フルキャスト制覇となった気がします(またまた新しいパフォーマーが加わるらしいですねーほんと、進化は止まりませんねぇ)

新たに展示されたイラストレーター山田章博氏書き下ろしのギアのイメージ・イラストの原画。(鑑賞後に書いてくださったそうで、その臨場感が伝わってきます)

十二国記はNHKのアニメで見てて、物語の続きが知りたくって、原作(山田氏の挿絵)を購入しちゃったりしてるんで、ちょっと嬉しかったりします。 (リンクの山田氏の公式の中に、ギアの鑑賞記もスペシャル・コンテンツとして掲載されてます

DSCF7650DSCF7651








そのデザインのグッズも増えていました〜

DSCF7662DSCF7664








グッズ購入は記念に残るものを少し(だってー、やはりその予算を鑑賞に廻したいんですよよね・笑)って、決めてるんで、プログラムやCD(あれば当然買う)が発売されてないんで、購入してなかったんですが、あまりの可愛さにピンバッジとストラップを全種類分、買ってしまいました。

このブログに何気にたどり着いた、そこのあなた!
ある方がおっしゃっておりましたが、だまされたと思って、ギアに足を運んでみて下さい〜!


初見以外の方は、つたない感想ですが、追記を読んでいただけると幸いです




約3週空いての鑑賞でした。

OPのプロジェクション上映、サイドモニターだけだと、やはり真ん中の客席が不利なので、解り易さはこちらの方があるし、インパクトあるからこれで落ち着いた感じでしょうか。

やっと、やっと、私にとっての「謎の人」(笑)のお二人を拝見できましたー。
ディアボロのRen氏と、マイムの大熊隆太郎さん、初見の方がいらっしゃると、いつもと違うテイストが感じられるんで、新鮮な気分で鑑賞できました

Renさんの、パフォーマンスは、ディアボロ〜!

コンタクト・ジャグリングから、ディアボロへ。美しかったです〜
今回はパフォーマンスしてるお手元やお顔も拝見できたので嬉しいー。
最初は一個からアラウンド・ジ・アームや(ディアボロは技用語が、なかなか覚えられないんですけど腕回しでいいじゃんね・笑)色々な魅せ方で観客を魅了していました〜。
インフニティが最初の見せ場ですねー
そして2個で、またまた色々と 繰り出す技で魅せてくれまして、ラストはハイトスだったかしら・・

後半のソロでは、3ミル!! 最初のソロの時に2個で終わったんで、えええぇ・・・ちょと寂しいーって(心の中でハニワ顔・笑)思ってたんですけど、ちゃんと考えてアクト作ってありますね
そして、(縦(vertax)系)のキャッチ、エクスカリバージェノサイド?が組み込まれておりまして、間近で拝見すると、ほんと迫力あって、素晴らしいパフォーマンスでした〜

これ、客席の正面で、キャッチするんで、見てる側(特にディアボロ知らない層)は、何が起こったのか解り難いので、(特に前方で、ディアボロと目線が同じポイントに来てしまう席だと、厳しいかなー)出来れば、キャッチポイントを左右どちらかにずらしたキャッチ増やすとか、スティックカラー変更でもいいかな)、を組み込んで欲しいなぁと思いますけど、これがキメの盛り上がる部分なので、ちょっと贅沢な望みかも〜
鑑賞の位置によって、見え方も変わりますしね


終演後に、そっと拝見させていただいたディアボロです。
ギア仕様に、ペイントしてありましたー(もう、ほんとに細やかな配慮沢山です)
(余談ですが、出演者の足元など、余裕のある方は、見てみて下さいねー。衣装は勿論の事、その作りこみが衝撃だったりしました)

DSCF7661






そしてマイムの、大熊さん、初見なので、超がん見してしまったわぁ(笑)
演じてる回数的には、まだ少なめだと思うんですけど、このこなれ感って、素晴らしいー!です。やはり舞台経験豊富な方なのでしょう(演劇系はお勉強中なので、拝見した事は無いですけど(^_^.)) 
お腹マイム?に爆笑し、ソロの動きに驚愕。

マイム・パートは、ほんとそれぞれの、個性が如実に現れてるので、ほんと面白いです。
ここ2回鑑賞は谷さんだったので、彼のコミカル・マイムにやられっぱなしでだったのですけど〜

初見のお二人の感想は、頑張って長めに書きましたが、和田さんのドールも素晴らしく、この方は、演じてる最中も、軽やかなダンスを踊ってるような・・手先や立ち居振る舞いまで、ゆき届いた美しさを感じます。(もしかして、ティーチング・クラスレベルの踊り手なのでは?!と感じています。) 祈りの場面、ぐっと来ます〜
ドールは、3人三様で、ほんとそれぞれ素敵なんですよね〜
平本さんのは可憐で、小気味よい握手のシーンとか、軽やかなダンスシーンとかすっごく好きですし、兵頭さんのは、身体で感情を語る部分が、突出してて、これまた素晴らしいのです。
新発売のピンバッジのドールが、一番人気だそうです(すっごい可愛いですよね、あれ

そして、ブレイク・ダンスのHIDEさん、毎回ながら素晴らしいです〜
この方は、パフォーマンスに対して、ご自身の能力MAXが100%とすると、演じるのはその中で80-95%位で、公演を重ねていくのが、長期公演の落とし所なんですけど、毎回毎回、これはっ!と120%を感じてしまうんですよね。こう、なんか引き込まれる魅力あるんですよねー。
今回ほんのちょと、一瞬ですが本調子じゃないなって、表情をされてたので、随分と無理されたのでは?とちょと心配ですが、早いお身体の回復を願ってます。

今年は、「しょぎょーむじょーブラザーズ」が大道芸ワールドカップin静岡にご出演されるので、関東在住の方、もしここ見てたら、足を運んでみて下さいねー。(動画は見てるけど、私も早く生で拝見したいーー涙)

マジックの山下さん、もう、この方も素晴らしいマジックを魅せてくれます〜
しっかり、初見の男性を、ステージへUPしていましたし、余裕さえ感じさせてくれるムード・メーカーとなっていました。マジックを演じる時の表情と、コメディリリーフの顔との対比が素晴らしくって、客席が笑いでどよめくとことか大好きです。

今回は、浮遊するあれが近くに来るお席だったので、必死で覗き込んだんですけど、タネが解るわけも無く(私って馬鹿ですよねー・笑でも、やっぱり気になるのよ

Ver.1の時に、ステージにUPしていただいたのも、素敵な体験でした★
(コインの方ね
あれは、私はスモックっぽい上着を着ていたんですけど、一見した所ではほぼ解らない、隠しポケットが両サイドの下ーの方に付いておりまして、これ、みてチョイスって、驚きすぎるーーと、マジシャンの目って凄いーっ!!と実感したのでした
私自身、そこに、ミニ・ポケットが付いていた事さえ知らなかったんです(自分の自己管理の至らなさに笑えてきますが、身の回り品はバッグの中・・で全て事足りてるんですもん

その時は、ご一緒した友人も、パワー注入役に抜擢され、頑張っておりました(笑)
知人、友人がステージに上がってるっていう、シチュエーションは、ほんとに何を置いても面白いですよねー。
あの時は、お腹が裂けそうになる位、笑いました(その状況がたまらなく、可笑しいんですよね)

コインのくだりでは、USドル?(多分ニッケルかクォーターかな)と、茶色っぽい銭型平次みたいなコインと使い分けてるのも、音の関係でしょうか?興味深いですよね。

マジックもドールがイスに座る場面や、トランプマジックの部分に改良があったり、そして何より、生のショーならではの観客との絡みは、インプロ感があるんで、(やっぱそこが、一番楽しい部分&腕の見せ所なので)ちょっとした小物からあれを出したりね 毎回おおおーと飽きずに楽しんでおります。
今回は旗の糸がちぎれてしまって、その反応も面白かったです(これまた、インプロですね・笑)

今回、大きく変わったと感じたのは、楽曲っ!
色んな部分に、効果音とか、リニュが加えられてたのでは無いでしょうか。
音楽は、言葉・セリフの無いショーの中では、通常の演劇とかよりも、俄然、役割が大きいんですよねー。
以前より、臨場感が増していると感じます。

ストーム・シーンでのサイレン音やバック音が大きくなってまして、迫力が出てますよね〜
後半のグループ・ダンスに入った所の、主旋律(これもメロディーじゃなく、ビート音なんですけど)がもうちょっとしっかりと聞こえてくる方が、私は好きかもです〜

私は、リズム隊が出す音やバック音よりも、セリフの無いショーでは、感情の代わりとも言える主旋律のメロディがある曲の方が好みなのです。(この辺好き好きでしょうけどね

「ナンタ」の乱打(太鼓だけ)シーンでは、睡眠足りてるはずなのに・・・うとうとしてしまったり、大昔に「KODO鼓動」を鑑賞にいって、こちらでもコックリしてしまった過去があったりするんで、打撃音のみってのは、私の体質に合わないらしいのです(涙)

生モノ大好きな私なので、根性で観ないとーっ強く、強く、思ってるんですが 何故か、何故か眠気が・・って事にこの手ではなるんでして(苦笑)癒されてるのかなぁーとも感じておりますけどね

ディアボロの記事書いてたら、ピアリでの矢部さんが懐かしくなって、色々と動画見にいってしまいました
もうため息もんですよねー。(コマが生きてるみたいーーというか、もう超人超えとる〜!!)
IJAチャンプのこの方は既に別格ですが、彼が有名になった5.6年前には、いわゆる縦系のパフォーマンスって、ほとんど見なかったような気がするんですが、今はこれも技の中でのスタンダードを占めています。そして、4ハイトス(矢部さん含む数人)の方は、何人か知っておりましたが、ついに4ミル出来る方まで現れちゃって、ディアボロの世界の進化・発展には、物凄さを感じます。

しかし、ジャグリングでのいわゆるナンバーズを競うのもこれまた一つの優劣の付け方ですが、技術面だけでは無く、そのパフォーマーが持つ「何か」(オリジナリティであったり、魅せ方であったり、その方自身の個性であったり)を感じさせてくれるパフォーマーが私は好きです。

脱線しまくりましたが、この辺で。


いつになるか解りませんが、ギア-GEAR-の次回鑑賞、楽しみにしておりますー。

今回は、モニター招待枠での素晴らしい時間をいただけた事に、感謝いたします

yu_yu_toni at 23:23│Comments(5)TrackBack(0)ギア (GEAR)in大阪&京都★ | その他鑑賞したShow達 国内・海外 etc

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 太郎   2012年10月30日 12:18
yu-様

ご無沙汰しております!(毎度ですが。。。)

先月、念願のGEAR鑑賞に行ってきました!
ちょうど友人の結婚パーティーが名古屋だったため、
少し足を伸ばして、GEARのために京都へ。

ずーっとyu-さんのブログでGEARが気になって、
気になって仕方なかったんで。。。(笑)

もう、大感動でした。
しっかりとGEARの世界に引きずり込まれて鑑賞できたため、
最後は思わずウルウルしてしまいました。

コインマジックではステージに上げられてしまい、
かなーり、緊張してしまいました。
キャストの皆様と、顔が接触するのでは!?
という位の距離感もあって、変な格好で固まってました。
客席から見たらただの不審者に見えたかと。。。


今度は、キャストが違う回をすぐにでも見に行きたいと思いながらも、
先日のメンバーに大感動したため、またこのメンバーで見たい!
と、何度も見に行きたいショーの一つになりました。
(いいむろさん、HIDEさん、新子さん、酒田さん、和田さん、というメンバーでした。)

次はいつになるかわかりませんが、もう、今から次回鑑賞がワクワクです。
日本からこんな素晴らしいショーが生まれて感動です。
さらに成長しながら、超ロングランを期待したいですねー!
2. Posted by yu-   2012年10月30日 22:59
>太郎さん
こちらこそご無沙汰です^^お元気にされてましたか〜(~_~)
ギア行くのに、名古屋からさらに足を伸ばして下さったんですね〜!
すっごい嬉しいですっ!!
ギアに関しては、読者?の反応もあまり無く・・ちょっと凹みつつも、鑑賞記事書いてたので、その甲斐があったってモノです(笑)

っていうか、ほんと、百聞は一見にしかずの、素晴らしいショーなんですよね。
鑑賞された、太郎さんは解ってくれてましたよねええええ〜!!(嬉しいですっ!
この心に残る素晴らしいエンタメが日本から生まれるって、感無量的な感動さえ覚えています。

物語の最後は、ちょと切ないですが(私も毎回ウルウルですよ)、また明日も、明後日も、ギアの工場で、あの奇跡が繰り返されるのよね〜だから終わってないんだーと、長期公演ならでわの慰めがあったりしてw

続く
3. Posted by yu−   2012年10月30日 23:01
続きです。

ステージUP、経験されたのですね〜(素晴らしいー★
多分、新子さんも、太郎さんのショーを楽しんでるオーラに気が付いてくれたのでは?と。
演者さんには、熱心にしっかり全てを吸収しようとして楽しんでる観客って解るんだと思います。

あれ、頭の中が真っ白になっちゃいますよねぇ・・ジーって見つめられますし(笑)
あの「間」がいいんですよねーコインのトコは。
私も固まりましたよ(爆)
でもいい思い出になったのでは無いでしょうか?
今度は、パワー注入役もいかがでしょうか(あれ、足のフリが・笑)

太郎さん鑑賞回のキャスティング、良いですねぇー
全部の方が大好きですけど、いいむろさんのご出演日は少ないので、貴重な機会なのです。
遠方在住ですので、なかなか難しいとは思いますが、一月まで延長確定しましたし行楽も兼ねて、再びギアにいらして下さいね〜!
そして、何かしら変わってて、おおおーってなると思いますよ(もうほんと、ギアは未知数なので)

私もそろそろ、行かねばっ!って感じです。
HPからのツイートのウインドーでジャグリング・クラブ登場が判明ー(今見に行ったのです)
クラブ・ジャグリングは見せ方にバリエがあるんでどうなってるのか、行きたい病が重くなってしまってます(笑)

話変わりますが、品川の、ルノア・ダークシルク行ってきましたよ〜!
これまた、好みはあれど、必見と感じる素晴らしい内容でした。
また時間がある時にレポ予定です。
4. Posted by 太郎   2012年10月31日 13:25
yu-さん

お忙しい中ご丁寧な返信、ありがとうございます!
yu-さんがGEARは一日単位で進化しているということを書かれておりましたので、すぐ、次の鑑賞を計画したいな!と(笑)
まさに、良い意味での「永遠の未完成」なんですね!


京都は遠いですし、新幹線代も結構かかるし。。。
なんて思っていたのですが、GEARはあり得ないほどの良心的価格なので、夜行バスという手段を使えば、ショーと往復の交通費で10,000円ちょっとにおさめられそうです!
なんというコストパフォーマンスの良さ!!

もし京都に住んでいたら、毎週行ってたことだろうと(笑)

ちなみに、パワー注入は遠慮したいです!
動きがある分、地蔵のように固まっている自分には荷が重すぎます!!


ダークシルク、早速いらっしゃったんですねー!
自分は、11月の末頃にチケット手配しましたー
本当は座席を変えて、複数回観に行きたかったのですが、1月にベガスに行くことが決まりまして。。。
国内での散財はちょっと控えめにしているところです。

今回のベガスではZarkanaが初見となるので、さらにテンションアップしてます。
3月にはiDもあるんで、下半期はエンタメ三昧になりそうですー
5. Posted by yu−   2012年11月05日 11:02
>太郎さん
GEARの価格、ほんと良心的で、費用対効果大ですよね〜!!
どんどん、下げてくれてますし。
実際鑑賞すると、だいじょぶかい?と心配しそうになっちゃう位。
有難い事です〜。
今は、資格関係とかやること山積で、なかなか時間が無いのでいけておりませんが、
私も近かったら、もっと通っちゃう事でしょう(笑)

ベガス確定なのですね〜。(羨ましいっ!
1月は、年明け以降なら、混んでないし良い時期だと思いますよ。
お楽しみが沢山のベガスなので、体調に気をつけて、力の限り楽しんで来てくださいね〜!
Zarkanaのレポ、また聞かせて下さったら嬉しいです。
Cds関係の方からも好評の良いショーって聞いてますし、なんたってジラールですから、王道な作品なのでは?と私も期待しています〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔