Yuるく行こう

大阪茨木在住のパーソナルトレーナーYuです!!日記的に、日々の出来事や感じた事、リハビリトレーニング、体のメンテナンス方法や地元の茨木近辺の情報などを綴ります!医療と予防医学の橋渡しの存在になれるよう日々精進しております。北摂を元気にしていきたいですね!!

カテゴリ: 徒然日記

ついに新元号が決定しましたね。Yuです!

本日から4月1日。職場も新体制!!

・・・とかは別に無くて、いつも通りの日々です。 

しかし、体制は変わらずとも、スタンスは変えようと思いました。

昨年度までのスタンスは「仕事にフルコミットする」ことにしていましたが、今年度は

「自分のワークライフバランスを見つける」

です。

娘も1歳になり、妻とも協力して子育てや、自分への投資(改めて、資格取得や勉強)時間も大事になります。

去年はそんな事も丸投げで駆け抜けました。が、何か残ったのかと言われると特に残りませんでした。

今年はそんな気持ちにならないように「良い年だった」と来年の今日言える1年にしたいですね。 

どうもYuです。

毎日、1週間、1ヶ月、1年が一瞬で過ぎ去ります。

やる事、やりたい事がやりきれずに日々が過ぎます。

リハビリでもよく患者さんから

「教えてもらった運動、する暇ないよー」

「1ヶ月ぶりにリハビリに来たけど、 忙しかったわ〜」

という声を時に聞きます。

分かります、言い訳かもしれません。でも実際自分自身も「暇がないよー」となっているのでどうすれば時間が生まれるか考えてみました!

選択するスピードをあげる

そう人間は毎日何回も選択を強いられています。

ですので「とにかく物を捨てる」、断捨離!!

これは実践していて、読書や服が好きで山積みになっていた本・服はかなり捨てました。

家族に協力してもらう

これは言わずもがなかもしれませんが、例えば先ほどの「とにかく物を捨てる」を家族にも実践してもらえば・・・

①家族自身の時間が増える⇨②協力してもらえる時間が増える

となる訳で、win-winです!

というか、「ライフハック大全」って本を見つけた


このような日常の生活改善の本は今後の時間のランニングコスト軽減に繋がりますよね!

まとめ

こういうところから見直せば時間は捻出できるのかなーと思います。

僕自身もただ「施術をする人」ではなくその人のタイムマネジメントやライフマネジメントにも関われる存在でありたいと思っているので、色々な時短術を身につけようと思っています!

下記もチェックして頂ければ嬉しすぎて泣きます。

Yuプロフィール

お店、始めました!
ボディケアホームジム BiSe

ツイッターやってま!
@yuch77111 

こんな本読んでます!
オススメ絵本ログ


スポンサードリンク

 

完全雇われセラピストで消耗中のYuです。

「お金2.0」という本を読んでたんですが・・・



柔道整復師やトレーナーにおいても「2.0」ってあんのかな?

と、ふっと思って考えております。

新しい概念、今までの枠組みと違った世界。。。

医療、健康の分野においては全然ピンときませんですね。

というのも柔道整復師においては今後も様々なルールの変更が余儀無くされ始めるでしょうし、従来の形ではなかなかリスクがあるように感じます。

今の世の中に溢れるプラットフォームや信用経済の要素をこの分野にもどんどん取り入れる必要性がありそうです。

先日も、先輩セラピストと話をしていた際に「今後のこの世界の在り方、再生医療の発展、患者(クライアント)のメンタル状況をよく考えて動くように」とアドバイスを受けました。

皆さんはどうでしょう。どう感じるでしょうか。 

盗まれました(;_;)

Yuです。。。

先日、自転車が盗まれてしまったんですよね。


しかし!シティサイクルよりのクロスバイクを随分前に買っておりました。買った理由は・・・


勤務先の病院の中抜き時間の間に自宅へ帰るのに、ちょっとでも交通時間を減らすため!

で、あります。

が!ちょっと盗まれるのが怖いくて使ってなかったんですねw

これはもう、はよ使えと。クロスバイク使っちゃえと。そういうことかと思ったわけですよ。 

ってことで、しっかり地球ロック(自転車屋さんに教えてもらったんですが、電柱などの「地球」自体に繋がってる場所につなげておいて盗まれにくくすること) して使っていこうかと思います。

38AC6E68-8541-47B5-AD01-A5D93F531281

クロスバイクデビュー!!
下記もチェックして頂ければ嬉しすぎて泣きます。

Yuプロフィール

お店、始めました!
ボディケアホームジム BiSe

ツイッターやってま!
@yuch77111 

こんな本読んでます!
オススメ絵本ログ


スポンサードリンク

 

どうも、柔道整復師なのに勤務先の業務改善命令のために医療事務やらなんやら色々やってますYuですー。

って事であまりにも勤務先のスタッフ流動が激しく、本来の所属場所であるリハビリテーション科にも業務に対する影響が出てきそうなレベルなのでより良い職場・リハビリテーションの提供のため奮闘中でございます。

そんなこんなで「仕事ってなんなんやろかー」っと考えている今日この頃です。

今までの病院勤務(僕は柔道整復師になってからも整骨院で働いたことはないんです)でも様々な退職理由を聞いてきましたし、自分でも自分の中で退職理由があって退職してきました。

例えば・・・

①先輩のパワハラ感が耐えられなかった。

②トップと考えがあまりに合わなかった。

③勤務時間(残業)があまりにも長い

④ 開業するから

⑤周りがやる気なさすぎて耐えられなかった。

など、色々な意見を聞いてきました。

ここで最近よく思っていたのが「上司と意見が合わない」って事で退職する、って事なんですが ・・・

いや、そんな完全に意見がマッチする人間同士っているのか?って事です。 

経験上いませんし、いないからこそ色々な意見や考え方に触れる機会に恵まれるわけです。 

先日、あるテレビ番組で「廃れた動物園の復活コンサル」が指導した動物園でアルバイトへ来ている大学生のエピソードがあったんですが、彼はその地方の動物園のアルバイトのために都心から3時間の交通時間がかかるそうです。

両親にも「そんなとこで働くな」と言われているにもかかわらず、彼はそこで働いています。

その彼は園内ではなんでもこなすエース状態で他のスタッフにも頼られている存在でした。

でも、なんでそんな大変な状態で勤務しているのか、と番組スタッフが聞くと。

「子どもの頃、自分にとってこんな身近に動物を感じられる動物園はここしかなった」と。

「だから、ここで働いているんだ。」と話していました。

おそらく、交通時間や給与などのコストパフォーマンスはめちゃ悪いと思います。それでも「子どもの頃、大変感銘を受けた」という理由で奉仕的に働いてらっしゃるんだと思います。

で、話を戻すと。

この彼が「上司と意見が合わない」ってあるのかって話ですよね。仮に意見が合わないとしましょう。

「じゃあ、辞めますわ」ってなるか?って話です。
 
彼は主体的に働いているので「自分の中で自己完結」している働き方をしてるんだと思います。

僕はある一定年齢のいったサラリーマン的なセラピスト(リハビリテーション科勤務の師業の人)はこの主体的に勤務する人間が非常に少ないと感じます。

「何がしたいねん」と。

「意見が上司と合わない?じゃ、自分で会社でもなんでも作りなはれ」と。

そう思うわけです。

確かに、異常な上司はいます。ただ!いつでもどこでもそんな人はいるはずです。

動物園アルバイトの彼のように「主体性」あればそんな不毛なメンタルブレイクはなくなるはず。とそう感じます。

実際、身近に彼のようなスタッフが存在していて、「ある一定数は主体的な人はいる」とは感じています。

そんな人は建設的に上司に限らず「意見をすり合わせる」「まずは奉仕する」「自分からは裏切らない」方な印象があります。
しかもそのような仕事の仕方が最もパフォーマンスがいいと研究でも明らかです。



僕自身も主体性を見失わないように努力しようと思います。努力するもんでもないような気がしますが・・・w

下記もチェックして頂ければ嬉しすぎて泣きます。

Yuプロフィール

お店、始めました!
ボディケアホームジム BiSe

ツイッターやってま!
@yuch77111 

こんな本読んでます!
オススメ絵本ログ


スポンサードリンク

 

↑このページのトップヘ