遊戯王は勝つことだけが全てじゃない!

自分の趣味を中心に暇つぶしで書きはじめたブログ← 文章が下手なのは仕様です(( 主に遊戯王、太鼓の達人、アニメなんかが多いかも 時々遊戯王のレシピうpしたり考察なんかするかもしれないけど基本的に構築カスですおww

ぼくのかんがえたさいきょうデッキ


お久しぶりです、ゆあです。


電池メンー単三型×3
電池メンー単四型×3
燃料電池メン×2
電池メンー業務用×1
サンダー・シーホース×3
クリッター×1
トラゴエディア×2
魔界発現世行きデスガイド×2
魔界発現世行きバス×1
カオス・ソルジャーー開闢の使者ー×1

強欲で謙虚な壺×2
漏電×2
サイクロン×3
大嵐×1
死者蘇生×1
ブラックホール×1
地獄の暴走召喚×3

激流葬×2
奈落の落とし穴×2
聖なるバリアーミラーフォースー×2
リビングデッドの呼び声×2


3分で考えた。

それだけです、はい。

この記事は無かったことにしてw

では。

墓穴の道連れ


最近テンションが上がらないゆあです。


今回は墓穴の道連れについて自分なりに書く。


まずは墓穴の道連れの長所と短所を纏める。


・長所

ビーピング&ハンデスが一枚で可能。
通常魔法故に、手札に被さっても伏せる事で同一ターンに使用可能。
召喚権を使用せずに自分の手札を捨てることができる。


・短所

暗黒界以外のモンスターや暗黒界の門が手札に重なっていた場合に死に札になる。
必ずお互いの手札がある状態じゃないと発動できない。


だいたいこんな感じ。
確かに強いカードではあるけど、俺は墓穴の道連れよりレイヴン&トランスを優先する。

理由は以下の通り。


墓穴の道連れは確かにビーピングハンデスできるけど、それは同時に自分もビーピングハンデスされる事になる。

確かにこちらが使うのは暗黒界だからハンデスは大したダメージじゃないと思うかもしれないけど、手札のモンスターが全て暗黒界じゃない限り手札をほとんど伏せたり暗黒界以外のモンスターを召喚権を費やしたりと、動きがかなり制約される。

しかし手札を全て伏せる行為はその後の大嵐のケアが難しくなる。

もちろん道連れでビーピングした時に相手の手札にあるならそこで捨てればいいが、無かった場合は道連れとその後のドローで大嵐を引かれる確率が段違いに上がる。

暗黒界以外のモンスターに召喚権を使う事もガイド、クリッター以外は基本弱い。
手札に暗黒界が2枚以上あるなら別だけど、1枚しかない状態でレイヴンやトランスを召喚して墓穴を撃っても、引けるかどうかはわからないし、かと言ってセットして意味のあるモンスターかと言われると弱い。
クリッターならサーチ効果、ガイドならエクシーズやブラウからのグラファに繋げられるため、レイヴン、トランスに比べると使いやすい。

また、暗黒界の門が3枚必須な以上、門が被さっている時の墓穴はただの死に札になるだけ。
もちろん、墓穴の道連れを採用するという事は暗黒界以外のモンスターを極力減らす構築にする必要があるため墓地に悪魔族が溜まり辛い。
故に墓穴を発動するために門を貼り替えることは墓地に悪魔族モンスターがあり、尚且つ手札に暗黒界が2枚以上ある場合を除いてアドバンテージを損している場面のほうが多く、その後の見返りが不確定なためあまり好んで行いたくはない。

あとミラーでは相手の手札が全て暗黒界という可能性が必ず孕んでいるため、基本撃てる場面が少ない。

そして墓穴の道連れとレイヴン、トランスの1番の違いはヂェミナイ・デビルで無効にされるかされないか。


ここで一旦ヂェミナイ・デビルの効果のおさらい。


自分の手札を捨てさせる効果を含むカードを相手が発動した時、このカードを手札から墓地に送る事でその発動と効果を無効にし、そのカードを破壊した後自分のデッキからカードを1枚ドローする。


恐らく8割以上のプレイヤーが暗黒界相手に積むであろうこのカード。

墓穴の道連れは無効にできても、レイヴンやトランスは(ヂェミナイ・デビル使用者から見て)相手の手札しか捨てないため手札抹殺くらいにしか撃てる場面がない。


こういった理由から俺は墓穴の道連れを採用するよりレイヴン、トランスを採用する。

どうせ1:1効果するならば、ビーピングハンデスはできないけど、動きが制限されず、自分で捨てる手札を選べて尚且つスノウでサーチできる暗黒界の取引を使う。

相手の手札が0でも使えるしね。


とりあえず結構序盤から書くのがめんどくさくなってきてるから、かなりわかりづらい所も多いだろうけど、そこはごめんなさいとしか言いようがない。


では今回はこの辺で。

Legendary Six Samurai


今朝から熱が下がらないゆあです。

昨日の雨のせいだ、うんきっとそうだ(何


さて、タイトル通り六武衆組むことにした。


主な理由は一番使ってて格好良さそうなカオスドラゴンは増Gシク×3の手に入る見込みがないから、断念。

スーパーでええやろとか思ったそこの君はとりあえず校庭3周くらいしてこい(

とりあえず次いで格好良さそうな六武衆を組むことに。


暫定の構築はこんな感じ。


モンスター

真六武衆-カゲキ×2
六武衆-ヤイチ×1
六武衆のご隠居×2
真六武衆-エニシ×1
真六武衆-キザン×3
六武衆-イロウ×1
六武衆-ザンジ×1
六武衆の師範×1
六武衆の影武者×2
大将軍 紫炎×1


魔法

大嵐×1
紫炎の狼煙×2枚
死者蘇生×1
増援×1
六武衆の荒行×3
六武衆の結束×3
六武の門×1
サイクロン×3




強制脱出装置×2
奈落の落とし穴×2
諸刃の活人剣術×2
神の警告×2
神の宣告×1
盗賊の七つ道具×1



紫炎とシエンが両立できたら強くね?ってことで紫炎を試験投入することにしてみた。

もちろんそう上手くいかないのが世の中です。

門、カゲキ、影武者とかが揃えばワンチャンあるけどね。

まぁいろいろ試してみたいと思う。

ちなみに上記のパーツで持ってるのが

サイクロン×3
死者蘇生×1
大嵐×1
強制脱出装置×2
神の宣告×1

ってのが現状、辛い。

明日からは六武衆の記事を更新しつつ、時々暗黒界の事も書きたいと思う。


では!
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ