koudansyou-古典と現代

平安文学と平安文化についてのつれづれ書き(画き)

明日は大晦日。今年も世間的には落ち着かない一年でしたが、そのような中でも展示や舞台を見に行けたのは、良かったです。

実は、先月はじめに、竹取物語をテーマにしたバレエを見てきました。全三幕のうち、第一幕の上演でした。竹取物語の世界をバレエで描くとこのようになるのか、と納得。
DSC_0330
(上野の東京文化会館にて。東京バレエ団の公演でした)


以下、かいつまんで感想を書きます。

全体的には、ジブリ映画「かぐや姫の物語」に近い解釈の竹取物語でした。映画に出てきた「捨丸兄ちゃん」同様、かぐや姫の初恋の人(?)・「道児」(山村の孤児で童たちの兄貴分)が登場します。

原作では、翁・嫗・姫+5人の求婚者+帝が主な登場人物です。バレエでは、嫗はすでにこの世を去っていて、一人さみしく山で竹を取る翁が、かぐや姫を見つける流れになっています。

そして、かぐや姫は、三か月どころか、三分(?)くらいで急成長します(ここはシルエットで表現)。

また、翁は、踊らないのですが、その代わり「緑の精」と呼ばれる竹の妖精が、群舞します。この竹の妖精たちの踊りが一つの見ものでした。

かぐや姫は、緑の着物を来た愛らしい少女として、道児とパドドゥを踊ります。月光の中、ドビュッシーの曲が流れ、幻想的な感じでした。

もう一つ、印象に残ったのは、竹取の翁がかぐや姫を見つけた後、竹から黄金を見つけるところ、黄金だけではなく、美しい衣が竹からとび出してきます。
切った竹から
(あくまでイメージ画像ですが、このように衣が竹の中から飛び出してきました)

この衣の表現も、やはり、ジブリ映画における印象的な衣の表現(かぐや姫が宴会を抜け出し、十二単の衣を次々と朱雀大路に脱ぎ捨てて山に帰ろうとする)を思わせるところがありました。

バレエの「衣」は、かぐや姫本来の姿を翁に悟らせる意味があるように感じました。その衣を身につけて、実際、山から都へ出立するかぐや姫一行が描かれます。その時、一緒に家庭教師の女性がついていきますが、この家庭教師という存在も、映画オリジナルのものです。

ただ、翁が親しくパドドゥを踊る二人をこっそり覗き、都行きを決意したと思われる部分は、万葉集では、九人の乙女と贈答する男性としての「竹取の翁」のイメージを髣髴とさせました。

第二幕以降の上演は、来年以降になるようですが、続きが楽しみです。全三幕通してみると、また印象が変わってくるかもしれません。

最後に、九月に見られなかった、幻の映画の一部をご紹介。



(円谷監督が残していた映画「かぐや姫」。9月に国立映画アーカイブで限定上映していたのですが、チケットが取れず、見に行けませんでした。詳しくはこちら→竹取物語関連の催し 

バレエの方は、見られてよかったです。

それでは、みなさま、良いお年をお迎えください。



今年も残りわずかとなりました。12月は最後の3週間、怒涛のような忙しさで年内の授業が終わりました。

またこの間に、現3年生を集めての次年度卒業論文執筆説明会(主任のお仕事)、その後、個別のゼミ説明会を行いました。

さらに、12日(日)にはzoomで『交響する古代Ⅻ』の国際シンポジウムが開催されました。私のゼミ卒業生の報告(ウズベキスタンから)もあって、今年も司会で少しの間大学に行きました。

その中で、考古学の院生が、古墳から発掘される「櫛」の意義について発表したのですが、日本神話の中でイザナギが投げる「櫛」は、ウズベキスタンでも同様に投げて敵を撃退する話があるとのことで、面白い質疑になりました。

最終週には、私が学部・院生時代に授業を受けた先生の告別式もありました。御年92歳。先生の定年時にいただいた『白氏文集』「凶宅」詩の一節が書かれた色紙は、私の研究室に今も飾らせていただいています。その事を、ご家族にお伝えできて良かったです。

先生のように「学問の道」を全うできるかわかりませんが、少しでも肖れますよう、精進したいと思います。

さてさて、話は変わって、本日はクリスマス。

寒さをものともせず、家族と9月以来の新江ノ島水族館に行って来ました。

今回の目的は、なぎさの体験学習館の「クリスマスツリー作り」と「真珠取り出し体験」です。
DSC_0398
水族館のマスコット、あわたんもクリスマス仕様。

HORIZON_0001_BURST20211225153107977_COVER
ツリーにつけるリボンのカラーや、吊り下げるオーナメントは選べました(こちらの体験は本日で終了)。


DSC_0410
貝から取り出した真珠は、指輪・ネックレス・ピアスなど、好きなアクセサリーにできます(こちらは1/10まで)。取り出して持ち帰るだけなら、お値段1000円。


水族館の外の様子はこんな感じ。
DSC_0406

DSC_0404
海の色を思わせるブルーの色彩がきれいです。

HORIZON_0001_BURST20211225175628590_COVER
光のお花畑もありました。


今月は本当に大変な月でしたが、水族館の魚やくらげたちに大いに癒されました。

今年もあともう少し、がんばります。


大学祭の休みを経て、今月2回目の連休的な休みにほっとしています(明日は教授会がないのでお休み)。

秋学期は、入試等で休日出勤が増えるので、春学期より、少し忙しい感じです。学生の論文(卒論・修論・博論)も追い込みの時期になりますね。

さて、実はわたくし、昨日、明治大学和泉キャンパスで、以下のような催しにお声がけいただき、パネラーとして参加してきました。

stm_flyer_aka1
(第二校舎は、建築家であり、明治大学に建築科を創始した堀口捨己先生の設計されたもの)

stm_flyer_aka2
(私だけ建築関係者じゃないようですが、理工学部の鞍田先生も人文系(哲学)と聞き少し安堵)

和泉キャンパス第二校舎は、1960年にできた校舎で、老朽化のため、取り壊し、新たに建て直されることになりました。歴史的建造物でもあるので、保存できたらよかったのですが、様々な事情で、建て替えを余儀なくされた次第です。

私も四半世紀前、この建物で多くの授業を受け、今は教員としてガイダンス時に話したり、試験監督をつとめたりしている教室です(定員300人以上の大教室ばかりなので、少人数授業の多い文学部の専任教員はほとんど使いませんが、新校舎では様々なタイプの教室が作られるようです)。

すでに、この建物の前には、新しい校舎が建築中ですが、その校舎の設計を請け負っている卒業生・NAP建築設計事務所代表、中村拓志さんも来られていました。この方、若い頃からたくさんの賞をとられ、国内外で活躍されている建築家です(ZOZO本社屋もこの方の設計)。
Hiroshi Nakamura &NAP,中村拓志(@hiroshi_nakamura_naparchitects) • Instagram写真と動画

履歴を確認したら、修士をとられた年度が私とまったく同じ年。あらら、同級生でした。

キャンパスは違えど、同じ時代、同じ大学で学生として過ごしていたわけで、一気に親近感が湧きました(勝手に)。

私は、日本の平安文学の研究者ですが、「生きた記憶を受け継ぎ、未来へと引き渡すこと」がテーマということで、専門と絡めてお話しすることと、実際、第二校舎を「学生」として利用した経験を、「第二校舎の思い出」として語る役をつとめました。



(私は1時間40分頃、パネラーの一人として登場します)

最初に、名誉教授の木村儀一先生より、堀口捨巳先生の設計された第二校舎についてのご講演があり、その後、建築学科の田中先生より3Dデータで保存される第二校舎のご説明(googleマップみたいに校舎の中も画像でいつでも見られる)、そして新しい校舎の建築コンセプトの説明が、中村氏よりなされました。

第二校舎は、外のスロープから上がることも可能で、庭の木々を見ながら教室に入れます。また、教室からすぐ外にも出られ、外界との接続が容易であることが一つの特徴です。これは、多くの和風建築を手がけ、庭と建物の関係を重視した堀口先生の思いが込められているとか。
画像3
(竣工間もない第二校舎の様子。上記、youtube中村氏の説明資料より)
画像4
(現在の第二校舎。だいぶ木々が茂っています。同じく中村氏の説明資料より)

そのあり方を受け継ぎながらも現代の教育事情に合うように刷新された新しい建物は、どこか、堀口先生の第二校舎を思わせつつ、より洗練されたデザインになっています。
画像2
(首都高から見える新校舎のイメージ図。同じく中村氏の説明資料より)
画像1
(大学内から見る新校舎のイメージ図。同じく中村氏の説明資料より)

平安時代の建築様式にも、建物のどこからでも庭に出られる(月を眺められる)、貴族の邸宅、いわゆる寝殿造(しんでんづくり)がありますが、この時ほど庭(池、中島、遣水、立石)を重視した住居もなかったように思います。

堀口先生は、和歌を嗜まれ、宮中歌会始にも参加されたことがあるようです。また和歌から建築のイメージを得て、設計されたとか(すごい!)。

新しい校舎は、緑にあふれていて、とても居心地がよさそうです。来年2月に完成するそうですので、次年度の新2年生・新入生は、ぜひ、楽しみにしていてください。




このページのトップヘ