yuatushoberu

油圧ショベル・ユンボ価格比較

中古油圧ショベル・ユンボ価格比較!日立建機、住友建機などを中心とした油圧ショベルの格安販売情報

日立-油圧ショベル スイングブーム

こちらのブログに掲載させて頂いている油圧ショベルに関するお問い合わせは、直接販売店の方へお願い致します。

日立-油圧ショベル スイングブーム
913_1
メーカー:日立
形状:油圧ショベル
年式:2007年
:オレンジ
アワー:183h
金額約180万円

この油圧ショベルの詳細は直接販売店様へお問い合わせ下さい。


油圧ショベル・ヤンマー - Vio20

こちらのブログに掲載させて頂いている油圧ショベルに関するお問い合わせは、直接販売店の方へお願い致します。

油圧ショベル・ヤンマー - Vio20
60_1

メーカー:ヤンマー
車種:油圧ショベル
燃料:軽油
型式:Vio20
アワーメーター:1,457h
備考:■後方超小旋回

詳しくは販売店へお問い合わせ下さい。

ユンボ(油圧ショベル)とは?

建築現場などで、解体工事や掘削作業、下水道工事などに使用される自走式の建設機械で、もともとユンボという名称は、フランスのSICAM社の商品名となり、一般的には、「油圧ショベル」、「ドラグショベル」、「ショベルカー」、「パワーショベル」、「バックホー」、などと呼ばれています。 排土板が付いているタイプでは、土や砕石、雪などを移動したり、均したりする作業にも使用されています。 クローラーと呼ばれる、鉄製やゴム製の足回りを持ち、凹凸のある道などの走行も可能です。ボディ部分は360度旋回することが可能で、人間の腕のような形をしている、ブーム、アーム、バケットを操作して作業を行います。 最近では、崖の上などの危険な個所での作業を、ラジコンで遠隔操作できる無人ユンボや、優れたコストパフォーマンスを実現するハイブリットユンボも登場しています。

ユンボ(油圧ショベル)について

足回りには、鉄製のキャタピラが付いている「クローラ式」、ゴム製のキャタピラが付いている「ポークレン」又は「ゴムクローラー」があります。 バケットを取り外し、アタッチメントを交換することで、様々な作業を行うことが可能です。アタッチメントの種類には大きく分けて、土を掘ったり運んだりするための「バケット」、つかんで物を運ぶための「グラップル」、コンクリートや石、舗装などの解体に使用する「ブレーカー」、強力な円筒形のマグネットにより、磁石に付く鉄類などの移動や積込みを行う「リフティングマグネット」があり、細かく分類すると、数十種類におよぶ様々なアタッチメントがあります。 種類の中には、アーム部分に、伸縮可能なシリンダーを持ち、深い場所まで掘削することができる「テレスコピック・クラムシェル」、ロボットの様な2本のアームを持つ「アスタコNEO」などもあります。
→ユンボは車検を受ける必要があるか?

油圧ショベルを検索:
油圧ショベル取扱ディラー
  • ライブドアブログ