歯周病専門医 優・井上歯科クリニックブログ

福岡 歯周病治療 審美歯科 インプラント 予防歯科 ホワイトニング 福岡県福岡市博多区の女医:歯周病専門医 優・井上歯科クリニック

カテゴリ: 院長活動記録

先週の10月2日、GCフレッシュセミナ−で院長が「接着修復をキレイに、スピーディーに」というテーマで講演をしました

院長発表中荒木先生

 

 

 

 

写真左:講演している院長   写真右:座長をされた荒木先生

 

私たちスタッフも応援に行きました

みんな

 

 

 

 

   写真:院長とスタッフ

いつも治療で行っている充填(白いつめものの事です)についての話で、とても興味深く、私たちのアシスタントワークも大切だということが改めてよく分かりました。

終了後は、会場から質問しに来られる先生もいらっしゃいました。

また明日からも、いい治療を患者様に提供できるよう、頑張っていこうと思いました

                                                                 吉満。

 2月15日に、歯科医師会館にて、「私のCR充填〜察知力を生かして未来へ進む〜」とうテーマで発表しました。コンポジットレジン充填(白い詰め物の処置)の詳細なデザインについて3症例を用いて解説しました。

 今回、全力投球できたのは、病院スタッフのお陰だと思います。みんな、ありがとう!西地区3西地区2西地区1

週末から、台湾に行ってきました。日本と台湾と韓国の先生でつくっているスタディグループの発表会が、毎年持ち回りで行われます。今回、日本からは3人の発表者。新人の私は、その中の一人として発表させていただくことになりました。英語の発表で、ディスカッションも英語。・・・日本人としてはずかしくないように、英語をもっと勉強します!すみません・・・。

 

 今年もマリンメッセで、「デンタルショー」が開催されました。歯科業界のお祭りのようなイベントで、毎年多くの人が訪れます。各メーカーの機材の展示と同時に、いくつかの講演も行われます。

 今年は、私がその演者の一人として歯水会の先輩である荒木秀文先生と一緒に講演させていただくことになりました。「今、コンポジットがおもしろい」というテーマで、30分話をしました。コンポジットレジン充填は、私が力を入れている治療の一つであり、ここ数年注目されている分野の一つでもあります。今回は、ベーシックなことを、症例をまじえて解説しました。

 患者のN様、F様、発表の準備にたくさんご協力いただきました。ありがとうございました。これを活かして、今後の診療に一層励んでいきたいと思います。デンタルショー2

今コンポジットがおもしろい

 今週も、学会へ行ってきました。学会シーズン到来です。

今回は、北九州の有名なスタディグループが毎年行っている発表会で、なんと800人もの人が、集まりました。歯内治療、歯周治療、様々な分野での先生方のこだわりが、伝わってきました。どの先生方もみな、開業医の先生で、開業医としては、大大先輩になります。

たくさん刺激をもらい、今日もまた、診療に励んでおります。日々が、勉強。歯医者は楽しいです!

 週末、長崎へ行って参りました。いつもご指導いただいている、荒木先生のラミネートベニアについての講演会に参加しました。

11周年211周年1

 

 

 

 

初の大舞台。

12月2日(日)に、私が所属するスタディーグループの歯水会の11周年発表会が、アクロスにて開催されました。毎年、新人とベテランが数名ずつ、発表を行うのですが、今年は、新人組の一人として、私も発表をさせていただきました。テーマは、「開業2年 考えるCR修復」です。

こんなに多くの人(300人以上)の前に立ったことは、初めてだったので、非常に緊張しました。写真は、その緊張している光景です。

今回、発表するために、長い間準備をしてきました。これを機会にたくさん勉強できました。この経験や、勉強したことを、臨床に生かしていきたいと思います。また、お世話になった先生方、そしてスタッフのみんな、ありがとうございました。

 

 昨日、九州歯科大学臨床歯周病研究会主催の講演会で、プレゼンテーションを行いました。

 歯周病専門医取得を目指す先生方に向けての講演会でしたので、実際にどのようにして資料を揃えたのか、試験のときはどのようなことを聞かれたかなどを盛り込んで、発表しました。

 新人の私がなぜか順番が一番最後だったので(特に最後になった理由はありません)、一日中、緊張しっぱなしで、とても疲れました。今日は、準備でずっと行けなかったジムに久々行ったのですが、どうも体は疲れてないらしく、かなり元気。でも、頭がきついんです。眠いわけじゃなく、脳が休まらないというか・・・。頭の中が、わんわんしています。きっと、ショートしてるんでしょうね。

 明日の診療が待ちどおしいです。リラックスできそう!私は、現場(手を動かす方)が、あってるみたいです。

 週末から、病院を休診いたしまして、衛生士の岩田と一緒に、東京の学会に行って参りました。会場は、東京国際フォーラムという、東京駅近くの、近代的な建物で、田舎からでてきた私たちは、受付をするのさえ、あたふたしていました。特に、私は、この会場、つい2ヶ月前にも行ったはずなのに・・・。

 歯周病学会での発表は、基礎的な(病理学的、細菌学的なことなど。例えば、歯周病と全身疾患との関係、そのメカニズムなど)内容がほとんどで、臨床家の私には、難しいことも多々ありました。

 学会は、勿論その内容が勉強にもなりますが、その会場にいる他の先生からエネルギーをもらえるということにも意義があります。同じ歯科医師免許を持った人たちが、専門分野や立場が異なっても、こんなにもたくさん集まって勉強している雰囲気から、いい「気」をもらって、昨日帰宅しました。

 今日は朝から、次の発表の準備をしようと、たった今机に向かったところです。

CRセミナー2先日、コンポジットレジンのセミナーに参加してきました。ライブデモ(患者さんの治療を説明しながら実演)という、コンポジットのセミナーでは、珍しく、かつとても為になる企画で、半日があっという間に終わりました。

秋がもうそこまできています。学会シーズン到来です。特に今年は、スタッフも含め、発表などイベントがたくさんあります。充実した毎日を送れそうです。

ベニアセミナー1ベニアセミナー

 

 

 

 

9月9日に、セミナーのお手伝いをさせていただきました。いつもご指導いただいている、春日市の荒木先生の、第一回ラミネートベニアのHand’s onベーシック コースです。ラミネートベニアの形成法、接着法など、たいへん勉強になりました。

 宿泊が銀座だったので、歯水会の先生方と、銀座・資生堂パーラーで食事をすることになっていました。今日だけは、セレブの仲間入り!とはりきって、お店へ向かったのですが・・・・。

 完全に道に迷ってしまい、銀座のブランドショップはただの四角い建物にしか見えず、どうにもこうにもならない状態になってしまいました。どこまで行ってしまったのか、最後は、なぜか地下鉄にまで乗る羽目に陥りました。

 なんとか店にたどりつき、おいしいおいしい食事をいただきました。他の先生方、遅刻してすみません!

資生堂3資生堂4資生堂2

 先日、東京で開催された日本顎咬合学会に参加しました。スタッフには、「東京で一旗揚げてくる!」と豪語して、出発したのですが・・・。

 切符一つ買うのにもアタフタして、学会の参加章はなくすし、道には迷うし、散々でした。

 まずは、ポスターセッションで、発表した写真です。非常に緊張しました。ポスターポスター

 

すばらしい人に出会えるチャンスは、滅多にないけど、自分が成長するにつれ、少しずつ増えているのではないかと思います。その、出会えた人が、先輩であっても、後輩であっても、友達であっても、共通していることの一つは、「謙虚」なところです。

私が所属しているスタディグループ「歯水会」の、メンバーであり、指導者である、水上先生が、九大の臨床教授に就任されました。4月の歯水会例会の終了後、歯科医師会館から、場所を移動し、内輪でのお祝いを行いました。水上歯科の元代診の先生等の企画で、とても楽しい時間を過ごすことができました。

常に謙虚を貫き通される水上先生の挨拶の言葉は、「自分は、いいレールにのれたので、こういう結果を得た。本当に感謝しています。みなさん、これからもよろしく・・・」。

私も、すごくいいレールにのれたんだなあ!歯水会で、がんばります!水上祝3水上祝2水上祝1

ポスターポスターポスター

 

 

 

 

 学会終了後、懇親会に出席しました。今回推薦していただき、応援にきてくださった歯水会の先生方、一緒に発表した先生方と、楽しく食事をしました。

ポスターポスターポスター 

 

 

 

今回は、歯科医師会館にて、ポスターセッションを行いました。想像以上に、多くの質問があり、回答するのに大変でした。とてもやりがいのある仕事をさせていただき、チャンスを与えてくださった先生に、感謝しております。

 

 

ポスター1ポスター2
所属しているスタディーグループ歯水会の10周年記念発表会が、昨日12月10日に開催されました。私は、「Pink Estheticsを考慮した前歯部審美症例」というタイトルで、ポスターセッションに参加しました。

かに1かに2かに3

 

 

 

 

 学会参加の1日目の夜は、横浜の中華街にいきました。上海蟹をはじめて食べました。

学会
4年に1度だけ開催される、日本で一番大きな(といっても過言ではない)学会に参加しました。国内の有名な先生方に加え、海外の先生方の講演を、たくさん聞く事ができました。

 「歯水会(しすいかい)」は、日常診療のレベルアップを目的とし、福岡県、及び他県にわたる歯科医師で構成されるスタディーグループです。先端医療を患者さんに提供するために、最新の技術や、機材についての情報交換したり、学会、講演会に積極的に参加したり、また、講演会を開催したり・・・。全国的にも有名な先生方がたくさん所属しており、様々な活動をしています。

 歯水会に入会するためには、入会発表といって、歯内治療の術前術後のレントゲンや、全顎症例のケースプレゼンテーションを行い、審査に合格しなければいけません。先週、その入会発表を行い、無事合格することができました。

 歯水会の会員となったことは、プレッシャーも大きいですが、自分が成長できるチャンスでもあると思います。

 入会にあたって、お世話になった先生、スタッフのみんな、本当にありがとうございました。そして、歯水会の先生方、これから、本当にお世話になります。よろしくお願いします。

 念願の歯周病専門医を取得しました。8月末に、東京の日本歯科大学にて、プレゼンテーション及び、試問試験があり、先日合格通知が届いたところです。

 九州歯科大学(小倉)を卒業後、臨床研修医として、歯周病科の医局に残っていたこともあり、専門医は長年の夢であり目標でした。

 資料作成にあたって、多くの先生方、スタッフにお世話になりました。ありがとうございました。これから、患者さんへの歯周病治療に、より一層貢献していきたいと思います。

5
 9月3日に行われた福岡県歯科医学会において、ポスターセッションという形で参加させていただきました。「効率的な歯内治療について」というテーマで、発表しました。 歯内治療とは、根の治療のことをいいます。多くの方が、歯内治療を経験されたことがあると思いますが、痛みがでたり、長いこと口をあけていなければならなかったりと、嫌な記憶が残っているのではないでしょうか? 私たち歯科医師にとっても、この歯内治療は、実は高度な技術も必要で、たいへん手間のかかる治療であり、いかに効率的であり、かつ予後のよい治療を提供できるかを日々模索している分野です。 今回、発表することで、新しい知識を得ることができ、たいへん勉強になりました。これからの診療に活かしていきたいと思います。
エンド ポスター2エンド ポスターポスター

このページのトップヘ