歯周病専門医 優・井上歯科クリニックブログ

福岡 歯周病治療 審美歯科 インプラント 予防歯科 ホワイトニング 福岡県福岡市博多区の女医:歯周病専門医 優・井上歯科クリニック

カテゴリ: 喫煙と歯周病

実際にタバコをやめたからといって、歯周病が自然に治るわけではありません。歯周病の主原因はプラーク中の細菌なので、歯周病を治すにはプラークコントロールをしっかりとしていくことが大切です。

しかし、禁煙をしない限りは歯周病を完治することはできません。タバコをやめ、正しいプラークコントロールを行うことで、歯周病を大きく改善させることができます。

また、口腔がんのリスクが減ったり、口臭が減る、食べ物がおいしく食べられるなどの利点が数多くあります。“タバコは百害あって一利なし”なのです。

 

 

では、タバコがどのように歯周病に影響しているのか、そのメカニズムを説明していきます。

 

〕害物質(ニコチン・タール・一酸化炭素など)が肺だけでなく口腔内の粘膜や歯肉からも吸収される

 

口腔内粘膜や歯肉の細胞が正常に機能しなくなる

 

8腔内粘膜や歯肉の細胞免疫機能が乱れる

 

で魴豕紊竜’修眥祺爾掘∋周病菌と戦う力が衰える

 

セ周病菌が増殖し、歯周病の発症・進行を助けてしまう

 

*その結果、喫煙者は歯周病になりやすく、悪化しやすくなり、治療をしても治りにくく、再発しやすくなります。

歯周病を含め、タバコは口腔内にたくさんの害をもたらします。

 

・白血球の機能低下とともに、細菌に対する免疫力の低下、歯肉が繊維化し、歯周病の悪化スピードを早めます

 

骨粗鬆症を促進させるため、歯を支えている骨の吸収と喪失が促進し、歯の喪失するスピードを早めます。

 

・喫煙時に生じるタールは発癌物質です。口腔がん・咽頭がんなどの原因にもなります。

タバコには約200種以上の有害物質が含まれていますが、特に有害であるとされているのが、ニコチンタール一酸化炭素の3つです。

 

ニコチン:酸素や栄養を供給するために大切な血管を収縮させます

 

タール:いわゆる“ヤニ”のことです

     歯に付着することで、歯の表面がザラザラし、プラークが付きやすくなります

 

一酸化炭素:酸素不足・ビタミンC不足を引き起こし、歯肉の治りを悪くします

         外科処置やインプラント治療に影響を与えます

タバコを吸う人は、歯周病になる危険が2〜9倍に高まります。さらに、歯周組織の破壊も高まり、喫煙が歯周病に与える影響はその量に比例しています。また、禁煙をすると歯周病のリスクが下がることもわかっています。

喫煙者の口腔内

この写真は喫煙をしている方の口腔内です。タバコの影響で、歯肉が色素沈着しています。また喫煙者特有なのですが歯肉が腫れ肥厚するためにプラークが付きやすくなります。ヤニ歯石も付いています。

 

当院の予診表にも『喫煙されていますか?』という欄があるように、タバコが歯周病と深い関係があるのをご存知ですか?

歯周病とは、歯と歯肉の境目に付いたプラーク中の細菌により歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨が破壊されていく病気です。以前は、歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれていました。この歯周病を予防するにはブラッシングによるプラークコントロールが最も有効です。しかし、プラーク以外にも重大な危険因子であるのが、”タバコ”です。

 

このページのトップヘ