歯周病専門医 優・井上歯科クリニックブログ

福岡 歯周病治療 審美歯科 インプラント 予防歯科 ホワイトニング 福岡県福岡市博多区の女医:歯周病専門医 優・井上歯科クリニック

カテゴリ: 糖尿病と歯周病

歯周病は、適切な自己管理が必要です。放っておくと、どんどん症状は悪化してしまいます。常に口の中を清潔に保つよう、毎日正しい歯磨きを行い、歯周病の原因となるプラークを取り除きましょう。

自分で完全に磨けない所は、歯科医院において、定期的に歯石取り・PMTCを受けましょう。

糖尿病と歯周病は、お互いに悪影響を与えています。かかりつけの内科において、糖尿病治療も積極的に受けましょう。

‖単佞領未減ってきます。

 ・・・唾液の量が減ると、口の中が乾燥し、虫歯や歯周病が発生しやすくなり、その進行も速くなります。

唾液の中のグルコース(ブドウ糖)が増加します。

 ・・・唾液の中のグルコースは、プラークの形成や付着を促進するため、虫歯・歯肉炎・歯周病が起こりやすくなります。

G魴豕綉’修低下します。

 ・・・白血球は、細菌の侵入を防ぐ重要な役割を果たしていますが、この機能が低下すると、歯周病の原因菌が増殖し、歯周病を進行させます。

と小血管障害が起こります。

 ・・・微小血管障害が起こると、血液の循環が悪くなります。すると、細菌に感染しやすくなり、歯周病にかかりやすくなります。

ゥ灰蕁璽殴鵑旅臉を阻害します。

 ・・・傷が治りにくくなります。歯周病の治りも悪くなります。

糖尿病の人は、健康な人に比べて、3〜4倍歯周病になりやすいです。糖尿病が進行すると、体の防御反応が鈍くなり、歯肉などの炎症が治りにくくなります。

糖尿病の患者さんの歯周病を徹底的に治療すると、糖尿病が軽減または治癒することがあります。

また、歯周病があると、歯周病原菌Pgから内毒素が発生します。これによる炎症を抑えるために、体内からTNF−α・PGE2・IL1βといった白血球が分泌されます。中でもTNF−αにより、インスリンの働きが妨げられ、ブドウ糖が細胞に取り込めなくなります。そのため、血液中のブドウ糖が増え、糖尿病が悪化します。

このように、糖尿病が歯周病を悪化させ、歯周病が糖尿病を悪化させます。そのため、両方をしっかりとコントロールする必要があります。

このページのトップヘ