湯河原〈ゆうゆうの里〉施設長 竹井万里のブログ

湯河原〈ゆうゆうの里〉の「今」をお伝えするとともに、施設長がどんなことを考えているのかお伝えしたいと思います。

5年間お世話になりました

2018(H30)年3月31日を持って、湯河原〈ゆうゆうの里〉をあとにすることになりました。
施設長としても新人、湯河原〈ゆうゆうの里〉の職員としても新人の私をご入居者や職員は、よく受け入れてくださったと感謝以外の言葉はありません。しかも本日は施設長を送る会と称してご入居者が集まってくださいました。

つたない挨拶を真剣に聴いてくださったお一人ずつのまなざしが、これからの本部でのミッションへの大きな活力となりました。私の人生の中で、決して忘れることはないほど豊かな5年間となりました。ありがとうございました。みなさまのご健康とたくさんの笑顔になれることを心よりお祈り申し上げます。
湯河原〈ゆうゆうの里〉施設長 竹井万里ブログ15%

財団イメージソングのシンガー来里

 ゆうゆうの里〉イメージソング「Happy Days.」をうたってくださっている青木まり子さん一行5名の方が来里くださいました。
「五つの赤い風船」のヴォーカルであり、現在もソロやトリオでご活躍中です。素敵なあたたかい笑顔が印象的な方でした。

みなさん相模湾を見渡せる玄関や桜が満開の中庭、明るい露天風呂見学を楽しんでくださいました。施設内の木々に35年の施設の歴史が感じられて良いとの感想もいただきました。コミュニティホールをご覧いただくと施設内でこのように催しをできる場所があることはご入居者も地域の方々も幸せですねとうれしいことばもいただきました。

 生活サービス課と事務管理課の職員が、自分たちで歌える「Happy Days.」をアレンジして練習してくれているようです!この秋のゆうゆう祭ではご披露できるかもしれません。こうご期待!②ブログ15%


東日本大震災から7年目をむかえて

7年目を迎え、元の自宅がある地域には帰ることができず、かといって仮設住宅は退去期限が迫っているという話がニュースでは取上げられています。財団からボランティアに行かせていただいた私でさえ、まだまだ7年の時が経ったとは思えません。ましてや当事者の方々は時が止まっている人も少なからずいらっしゃるのではないかと思います。何もできずに、ただお風呂にご一緒したり、黙って手を握っていたことを想い出します。後半の仮設住宅では、逆に大槌の方々に「何してんの?」といろいろ声をかけていただきました。

5年前に湯河原〈ゆうゆうの里〉の施設長として就任してから、時々自分の深層心理が夢に現れます。その一つに大震災後の風景が夢に現れることがありました。今できることは実践訓練しかありません。毎年3月に湯河原消防署と連携し防災訓練を実施しています。今年は、想い出すことが苦しい人もまだまだいらっしゃるかとは思いますが、施設維持職員が防災訓練の前に、みなで忘れないようにと掲示コーナーを作ってくれました。
3月11日(日)は個々でお祈りし、3月16日(金)にご入居者参加型の防災訓練を行います。防災PR版15%防災PR15%

プロフィール

yugawara_sisetsuch...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ