《法典の大賢者クロウリー》
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守1000
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
魔法使い族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):属性を1つ宣言して発動できる。
このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。
(3):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。


【一言まとめ】

「アレイスターの昔の姿?」




>(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
>魔法使い族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
>このカードを手札から特殊召喚する。

トリッキーのような効果
魔法使い族デッキで幅広く使えそう


>(2):属性を1つ宣言して発動できる。
>このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。

マギストスのカードだけでは属性変更を有効に使えるないはず
地水炎風の憑依覚醒を状況によって使い分けられるのが便利な感じ


>(3):墓地のこのカードを除外し、
>自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
>自分の墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
>装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

墓地除外で墓地のカードを装備化
展開の中で墓地にいくだろうし、これは結構便利そうな効果


【元ネタの召喚獣で使えそう?】

属性変更で好きな融合先を選べるので相性は良い