《竜血公ヴァンパイア》
効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2100
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、
相手の墓地のモンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):モンスターの効果が発動した時、
その同名モンスターが自分・相手の墓地に存在する場合に発動できる。
その発動を無効にする。
(3):相手の墓地からモンスターが特殊召喚された場合、
自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。


【一言まとめ】

「既存との相性○」



>(1):このカードが召喚に成功した場合、
>相手の墓地のモンスターを2体まで対象として発動できる。
>そのモンスターを効果を無効にして自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

相手の墓地から2体も奪う!
相手のモンスターなので、レベルがなんであれシェリダンのX素材にできる


《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/アンデット族/攻2600/守1000
レベル6モンスター×2体以上
元々の持ち主が相手となるモンスターをこのカードのX召喚の素材とする場合、
そのレベルを6として扱う。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスターカードが、
効果で相手の墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊され相手の墓地へ送られた場合、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスター1体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。


>(1):このカードが召喚に成功した場合、

最上級の召喚トリガー効果は一見使い難いように見えるけど、
ヴァンパイアは上級の召喚サポートが豊富なので無理なく狙える

ソーサラーでリリース無しにしたり、
サッカーで相手モンスターをリリース要員としたり


《ヴァンパイア・ソーサラー》
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1500/守1500
(1):このカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから闇属性の「ヴァンパイア」モンスター1体または「ヴァンパイア」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターンに1度だけ、
自分はレベル5以上の闇属性の「ヴァンパイア」モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。


>(2):モンスターの効果が発動した時、
>その同名モンスターが自分・相手の墓地に存在する場合に発動できる。
>その発動を無効にする。

手札から捨てて効果を発動するいわゆる「手札誘発」系を止められる


>(3):相手の墓地からモンスターが特殊召喚された場合、
>自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
>このカードを墓地から特殊召喚する。

重めの自己再生効果
(1)の効果は召喚にしか対応していないので、(2)の封殺を狙う場合に使うことになるか