January 31, 2010

プロフェッショナルとは何か?

プロフェッショナルとは何か?

ということを最近考える。NHK番組プロフェッショナルでも、最後にあなたにとってのプロフェッショナルとは?という問いが出るけど、答えは千差万別だ。

そこで、手に取った本は


プロフェッショナルの条件 By ドラッカー


こういう系の本は敬遠しがちだったが、手にとって読んでみると学ぶところが多々あった。書いていることは当たり前だが、当たり前のことが出来ないのが人の常。
日々心に留めておきたい。
以下、まとめ


成果を出す、アウトプットを出す
?成果を出す能力は何から成り立つか?
?具体的に何を修得すべきか?
?修得の方法は?(知識か徒弟制度か)
を自分に問い続ける

前提条件として、

I.貢献に焦点を当てる
?直接の成果:収益
?価値への取組:価値観の形成
?人材育成

II.個人ベースでの取組
?ビジョンを持つ
?誠実さ
?継続学習


「専門知識は、それだけでは不毛。知的な能力がそのまま成果に結び付くわけではないことを知らない」

「貢献に焦点を合わせ、生産的になることで、よい人間関係が構築される」

「いかに行うかではなく、何が目的か?を問い続ける」

「自らが成果を上げられるよう意識して努力しない限り、バリューは下がる。自らの成長に責任を持つ」



自分は、どちらかというと知識の吸収に終始しがちなので、それらをいかに成果に結び付けるかを常に考えていこうと思う。また、仕事の方法に関しても、「いかに早くやるか」にこだわりすぎて、そもそもなんでこれをやるんだっけというところが欠けていることがあるので気をつけたい。

現在、何が成果に結び付くかを簡単にまとめてみる
?成果を出す能力は何から成り立つか?
産業への理解
顧客状況の把握
事務処理能力:目的把握
ファイナンス

?具体的に何を修得すべきか?
コベナンツ(20hr)、デリバ関係(20hr)
ファイナンスの基本:財務分析(30hr)、コーポレートファイナンス(30hr)、企業価値評価(30hr)
外為業務:決済の仕組み (10hr)
金融法務 (20hr)
エクセル:ショートカットキー (5hr)
中国語(20hr)
とりあえず
3月までに以上のことを一通り学ぼうと思う。ただ学ぶのではなく、どのように現在の顧客に当てはめればよいかを考え効率よく学ぶ
1Week 25時間ぐらいしか割けない状況なので
25×8=200時間を効率よく割り振ろう 

とりあえずファイナンス関係に終始するなり

?修得の方法は?
知識と徒弟制度半々やろ
今環境に恵まれているので、どんどん技を盗んでいこうと思う







yuhei1120 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 11, 2010

新年あけました

新年あけましておめでとうございます。

働き始めて早六ヶ月。これまでのことを総括すると同時に新たな所信表明でもしてみようとおもう。


●大学院留学について
今日も友人に聞かれたが、「大学院で学んだことが今に活きてる?」と聞かれる。正直、答えは「わからない」である。英文MEMOなどすらすら書けて褒められるが、これは大学院留学で学んだことを通して身に付けた副産物なだけ。直接役に立っている知識などないような気がする。ただ、物事を吸収する力、頭の整理の仕方などは大分役にたっている気がする。おそらく、役に立ったのか、立たなかったのかを判断するのはまだ早いような気がする。これからの過ごし方次第としておこう。ただ、これからの自分のキャリアを漠然と考えてみても、早い段階で大学院留学をしたことはよかったと思う(職業経験を積んでからの選択肢が広がっているという意味で)。

●入社してから
色々あったが簡単に整理していきたい。

良かったこと
1.都心にいることもあって色んな人と出会える。勉強会を通じてあらゆる分野の人と知り合って刺激を受けたり、とてもいい環境にいること。
2.金融の知識が少しづつ付いてきた。全然まだまだだが、半年まででは、考えられなかった議論を展開できるようになった。
3.日本的企業を肌で感じられること。担当先の企業の役員の方と出会えて、話を聞くだけだが、日本独特の民間を肌で感じられている。色々政治的なことも絡んでこれでは効率的に経営できないなと思うことも多々ある。

悪かった点
1.勉強からの解放感から、土日の自己研鑽が足りなかった。
2.質問しまくり。質問することはいいことだが、事前に自分で考えきってから良い質問をしていきたい。職場では、なぜなぜ攻撃という必殺技を繰り出す男として通っている(笑)
3.自分のマーケットバリューを常に意識していないこと。まだ半年なのでそんなことを考えなくてもという人もいるが、職業柄常に意識して働いていかなければいけないと痛感。

●所信表明
今年のテーマは「破壊」です。
別に自暴自棄になったわけではないのであしからず(笑)
こう思うのは、卒業後頭の中を整理していなかったので、入社後もマインドの切り替えが十分出来てない気がするから。今まで蓄積した国際関係論の考え方に固執する自分がいるので、一回全てを破壊してバンカーとしての考え方を身に付けていきたいと思う(これは今まで得たことを捨てるというよりは、柔軟に使い分けするために)。

そうすることによって、バンカーとしての知識+αを会得できる気がする。

細かい課題はまた後日















yuhei1120 at 22:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

October 25, 2009

新しい生活

金融業界に身を置いてから、早四ヶ月。

この業界で感じたこと。

第一に、専門用語が多い

第二に、突飛なやつはあまりいない

第三に、色シャツをきているやつ多し

第四に、金融全てをマスターするのは不可能

第五に、習うより慣れよ


その他多く


とりあえず、全て新鮮で楽しんでいるがそろそろ頭の中を整理しておきたいので、
ブログ再会しまーす。宜しく。


当面は、本のレビューなど書いていこうと思ふ。

yuhei1120 at 21:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

May 05, 2009

一年後の世界

明日、明後日のこともよくわからない世の中だが、一年後の世界はどうなっているのだろうか??一つのシナリオを思うがままに書いてみよう。


1. It is nearing the end of 2010 and the world economy is starting to pick up steam. Energy demands, especially for oil and gas are rising fairly quickly. Given the many investments were postponed or cancelled during the deep recession of 2007-early 2010 there is a very good chance that there will be shortages of oil and gas as the economy really beings to take off. The expectation is that the price of oil may rise in a similar manner to what happened in 2008. Already oil futures prices are approaching $80 a barrel and seem to be on the rise. LNG plants that were being considered have had a slow down in their production. Some pipelines were also postponed for political and other reasons in the Caspian, Central Asia, and South America.

2. Piracy in the Gulf of Aden-Somalia-Kenya corridor has yet to be put under control. Attacks on oil tankers and refined product tankers have become more frequent. One Somali warlord joked the other day: “We have so much oil sitting offshore in ships I am thinking of building a refinery in Mogadishu.”

3. Piracy seems to be on the increase in the Malacca and Singapore Straits as well, as Thailand has faced very difficult political times, and Indonesia’s rule of law seems to be weakening further.

4. The political situation in Egypt has become more precarious as the Muslim Brotherhood has gained strength from the frustrations of the people of Egypt due to the slowness of the peace process and further attacks on Gaza. Hezbollah and Hamas are stronger than ever, and their ties seem to be very close. The Suez Canal has seen its revenues drop by over 75 percent since 2008 due mostly to the risks of sending ships through the Gulf of Aden.

5. The Sudan is facing great problems in the northeast as the Beja Tigers continually threatened the oil pipeline that goes through “their territory”. The referendum on the succession of South Sudan is approaching its 2011 voting date. All indications are that the people of the south will vote to become a separate country. Most of the major developed oil fields of The Sudan are in the south. There are some good potential blocks in Darfur, but that situation remains extremely precarious.

6. The repeated small attacks on oil facilities in Kuwait and Saudi Arabia in later 2009 seem to be reconnaissance actions by extremist groups. Al-Qaeada, under its new leadership committee made up of the new Algerian, Egyptian, Yemeni, Pakistani, Uzbek, Moroccan, Afghan, Nigerian, and Indonesian “Majlis al-Shura al-Muhariboon (MSM)”, has been sending out videos and mass emails calling upon the peoples of the Muslim states who contain as much as 85% of all of the known oil reserves of the world to rise up and ask for more of the revenues. They have also called for the fall of the leadership in Egypt, Jordan, and Saudi Arabia. 20 new fast boats and 40 new trawlers have been purchased by the MSM. What they are planning is not clear.

7. Iran seems to be approaching another turning point in its nuclear program. President Ahmedinejad, re-elected by a tight margin in 2009, continues to strut and taunt the West with veiled threats about the nuclear program. The Israelis are getting very nervous about this, and are constantly sending out signals that they could strike at any moment. The US is wary of such a strike. The entire Gulf is tense about this situation.

8. Yemen has been having a very rough time of it as its water and energy resources become more limited and as tribal and other groups have picked up their insurgencies in various areas in response to the alleged failures of the government to respond properly to the massive effects of the now ending global financial crisis.

9. Afghanistan and Pakistan have headed south very quickly. It has been reported that Al-Qaeda and Al-Qaeda-related groups in Pakistan and Afghanistan have sent shadow cells into the Persian Gulf. The reasons are not clear, and western intelligence seems to have lost track of them.

10. After almost a year of seeming calm with some disruptive events and bombings Iraq has become far more violent as groups within Iraq vie for power during the American pullout, which has been hampered by a series of fallouts in US relations with Turkey. Turkey, however, continues to allow the building and planning of various pipelines to the EU, even though the EU has yet to give them a full answer on any moves towards closer relations with them. Turkey is in intense discussions with the Iranians, Syrians, Israelis, and the US to try to diffuse many situations in the region.

11. The PKK has threatened to attack the BTC pipeline and the major pipeline systems of northern Iraq.

12. Al-Qaeda in the Maghreb has had some recent successes attacking small pipelines in Algeria and Libya.

13. The expansion of the Panama Canal has been completed much faster than expected, and Venezuela has begun exporting large quantities of oil to China via the Canal. Peru has begun exporting LNG to China and the US from its Camisea Basin project, but local environmental extremists are unhappy with the situation.

14. The political situation in Mexico has been getting much worse since early 2009. There have been attacks on some of the oil fields by insurgents and others. Mexico’s PEMEX has been hit hard by the economic crisis in Mexico and has not been able to maintain its wells very well, never mind that it has not done the amount of exploration needed to keep up with expected new demands for its oil.

15. The Brazilian oil fields have been slow to be developed. The lack of equipment and expertise has been a real problem in the development of new wells worldwide after the mass firings from the oil and gas companies and oil and gas service companies during the harshest part of the recession during the summer of 2009.

16. Russia has had some difficulties internally because of the last 2 years of economic stress put on the country. There seems to be an increasing amount of tension in the Muslim sections of Russian society, and in some of the republics and other areas that were hit the hardest by the recent economic hardships in the country. However, large new oil and gas reserves were found in the southeast of the country, which may offer a chance for new relations with China and Japan via energy. Russia has also cut off gas lines between them and Turkmenistan, Ukraine, Georgia, and others in attempts to get the prices of gas up, and to exert some political pressures to get these countries to be more pro-Russian (it seems). Gazprom and the Kremlin have successfully countered EU and US strategies to move the Baltic countries closer to the EU energy networks.

17. There was a massive breakdown in the oil and gas system in the Yamal area after a combination of human error and poor investment strategies led to an explosion at a major gas pipeline terminal in early 2010. This was repaired fairly quickly, but there are concerns about similar events occurring in Russia. Many are scrambling to find alternative sources of gas.

18. The situation in the Arctic has been heating up for many reasons. One of them has been global warming, as it has seemed to pick up pace in the last couple of years in an odd sort of way. However, short term trends do not make for long term trends, do they? However, Canada, the US, and Russia have been setting up test wells in the oil and gas areas in the Arctic. Some of the known oil and gas fields cut across the international boundaries of many countries, including these three, Norway, Iceland, and Denmark (Greenland). A real and effective multinational meeting on the Arctic hydrocarbons reserves has yet to resolve some of the inherent conflicts that exist.

19. The problems of the SCADA system computer attacks in the US continue. There have been no significant disruptions in electricity, gas and oil transport and transmission just yet, but the fears are growing.

20. The MEND in Nigeria continues to grow in popularity and power. Nigerian oil production has dropped another 600,000 barrels since early 2009. It seems as if the Somali terrorist-pirate gangs have been developing closer ties with the MEND and other extremist groups in West Africa.

21. There have been great strides in the relative costs of production of electricity from solar, wind, geothermal, biofuels, and other renewable energy sources. However, even with the tax and other incentives policies started by the Obama Administration, the EU, China, Japan, India and others the diffusion of these new technologies has been slower than expected, and the fears of possible extreme economic and social impacts from the seemingly approaching peak oil are becoming clearer to leadership throughout the world. The energy technology and diffusion coalitions amongst the leading users of energy in the world have not been developing as planned because of the political and economic fallout from the increased protectionism by some of the leading economies in the world. The Australian solar tower is under construction, and many energy experts worldwide are watching to see how this develops. DESERTEC has just received $1 billion from the EU and an unnamed Egyptian billionaire to help move this project along.

22. The Nano and other small, efficient cars are being sold worldwide by Tata, Cheery (China), Toyota, and others, mostly in Asia. Fiat in Italy has been developing its own mini, efficient car. GM, Ford, and the other US majors are still reeling from the bankruptcies, but have finally developed, with a waver from the FTC in the US, a joint collaborative venture to develop “The Future Car” with the help of FIBREFORGE and other inventive “new transportation” groups. The financial community is in a great deal of confused excitement of what is rumored to be a massive breakthrough in transportation technology. Dr. Martin Chen, the MIT Ph.D. expert energy for transport systems has been appointed the “Transformative Energy Technology Czar” for the US. He has brought a group of the best and brightest from the world to a yet undisclosed place in the western part of the US to discuss how to finally move forward with new energy futures. The US, EU, China, Japan, and India are willing to put up $1 trillion over the next 10 years to, as the Indian Minister of Energy put it: “Transform the world from the 20th to the 21rst centuries in energy through worldwide collaboration and investment”. He is looking to the failures of the major economies to work together on the recent economic crises as a good reason to rethink the idea of high-powered international coalitions truly working together for the common good in times of great stress.


yuhei1120 at 02:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!国際問題 

April 08, 2009

気分は上々

修士試験が終わった後も、ペーパーがあり、なかなか休めませんでしたがやっと楽になりました。燃え尽きちまったよ、、、、もうすでに廃人です。
プリズンブレイク見たり、だらだらYoutube見たりしてます。
そして、自分へのご褒美として今度カンクーンに行きます。

カリブ海の青々とした海が僕を待っている、、、、
考えただけでもうぷるぷるもんです。


そして、六月からバンカーとして働く僕ですが、
希望通りの配属となりとっても良かったです。やるきUPです。

これからキャリアについてもゆっくり考えようと思います。
入学前の日記で、僕はキャリアについて以下のように言っています。


”もちろんマーケットを考えながら研究するのも大事だが、尊敬する先生が色んな職を経て安全保障の専門家になったり、国際機関で働く人からは好きなことを追求すれば自ずと道は開かれると言われたこともあって、インターンシップ等をしながらキャリアを見極めると同時に柔軟に考えていきたい。とりあえず、安全保障の専門性を高めるのが先決!”


振り返ると、進路についてはかなり悩みましたが、とても柔軟に僕は二年間を過ごした気がします。Viva Pragmatic!
安全保障の専門性については、おそらくまだまだ学ぶことは多いと思いますが、それなりについたのではないかと思います。これ以上詳しくなりたければ、おそらく実際にその分野で働くことが必要になるかと思います。
学ぶだけでは限りがあるので。


これから社会に出るので、自分を商品と見立てて、面白おかしく自分を鍛えていこうと思います。所謂、リアル・ダービースタリオンですな。


とりあえず、最初は色々好き嫌いせず食べて、不味ければ吐いていこうと思います。未知の金融の世界、、、結構楽しみです。









yuhei1120 at 13:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!徒然日記 

March 26, 2009

卒業資格ゲッツ

先週修士試験がおわりました。

前日なかなか寝付けないという初体験をしました。
十時ぐらいに床についたのですが、頭の中でぐるぐるとあらゆる
質問が駆け巡り、結局寝たのは午前三時 
小心者だと再確認しました 笑


さて、試験後の感想ですが、案外あっけないものであり、
もっといろんな質問をしてもらいたかったという感じです。
せっかく、イラン、イスラエル、アフガニスタン、ジンバブエ、コンゴ、ソマリア、スーダンなど重点的に一生懸命勉強したのに聞かれたのはアジアだけでした。

達成感はある程度あるのですが、それよりももっと世界を理解したいという欲が出てきました。世の中自分の知らないことだらけですねー
今回の勉強で改めて痛感しました。



残された時間では、出来るだけ多くの実務者にインタビューをして
オーラルヒストリーみたいなのを作ろうかなと思います。
色んな事を勉強したので少しはましな質問ができることを期待して、
梨本ばりにアタックしてきますー




あっ、、あと日本に帰る前にダイエットしようと思います。






yuhei1120 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!DC生活 

March 15, 2009

精神と時の部屋

みなさん精神と時の部屋ってご存知でしょうか?
そうドラゴンボールに出てくるあの部屋です。

今、僕は修士の口頭試験に向けて準備をしているのですが、
同期のクラスメイトと精神と時の部屋のような空間で勉強をしております。

ここ数ヶ月で結構成長したのではないかと思います。
いつも自分では成長しているか分からないのですが、今回は微々たるものですがちょいわかります。ドラゴンボールの世界で言うと、やっとスーパーサイヤ人になれたぐらいのレベルでしょうか?

実際何をしているかというと、

1.世界各国の政治経済事情を全て調べる
2.世界の問題(紛争、貧困、核拡散、エナジー、環境などなど)を全て調べる
3.自分の専門(国際関係論・安全保障)でのポイントを全て抑える
4.自分の専門地域(アジア・太平洋)についてできる限り抑える
5.ひたすらプレゼン練習

みたいな感じです。
この準備期間が一番勉強している気がします。世界を包括的に勉強することで今まで学んできた点と点がつながってきてます。脳内でシナプスがつながっています。

今回の勉強でとても面白いなぁと思ったのは、
パイプライン政治です。特に中央アジアから東欧にかけてのパイプライン建設事情はマニア心をくすぐるぐらい渋い分野です。

例えば、アゼルバイジャンのBTCパイプラインの建設は重要なターニングポイントです。アゼルバイジャン、グルジア、トルコを通って東欧へ向かいます。

世界のオイル輸出の1%を担い、初めてロシアを通らないパイプラインなのです。それにより、CISに加盟している国の中でも特にアメリカ側に傾いているGUAM(Georgia,Ukraine,Azerbizian,Maldova)はロシアへのエネルギー依存が減り、より外交の自由裁量が広がっています。このような背景が、先日のグルジア問題につながっていくみたいです。


ただ、学ぶことの楽しさを感じると同時に、これだけではダメだなぁと感じます。知識の習得に終わるのではなく、知識を創出したり、行動を起こしたり、何かしらの価値を生み出さなければ広がりがありません。

物知りになるために勉強しているわけではないので、そこを意識して残りわずか勉強に励みたいと思います。


常に自分を客観的に批判的に見ることは大切ですね。自戒の念を忘れずに、さらにがんばります。



















yuhei1120 at 09:25|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!授業 

February 26, 2009

官僚批判



防衛省の件をはじめ、社保庁、厚生労働省等、国家公務員の不祥事はあとを耐えない。数十倍の筆記試験及び数十倍の面接試験を経て「選ばれし者」のみが採用され、世界に類を見ない質の高さを誇る日本の官僚制度が、このような有様になったのはなぜなのだろうか。

この問題を考えるにあたり、国家公務員の仕事環境の変化について考えてみよう。

一般的に「仕事・労働」に対する「やる気(モチベーション)」には、2種類ある。内在的(Intrinsic)モチベーションと外在的(Extrinsic)モチベーションである。

前者は、趣味に取り組む時のように、自発的に湧き出てくるやる気であり、後 者は、何 らかの「 見返り」を 得るために頑張ろうとするやる気である。「 見返り」にも2種類あり、給与・賞与や昇進ポストのように結果・形として現れるものと名誉や褒め言葉のように結果・形として現れないものがある。


この考え方を官僚制度にあてはめてみると、従来日本の官僚制度がうまく機能してきた理由は、官僚が古くは明治維新時に欧米に負けない近代国家建設、戦後の荒廃した状態からの復興等、国家の危機的な状況からの立ち直りを先導するという極めて意義の高い仕事に取り組むことに対する「やりがい」が高かった点、つまり、内在的モチベーションが高かった点である。更に、官僚であることは周囲から評価され、憧れとされていたという、「名誉」に裏づけられる外在的モチベーションが高かった点であろう。

一方、現在の官僚制度をみてみると、日本経済が長く停滞しているものの、戦後直後のような国家存続の危機とは異なり、いわば既存の国家戦略の微修正が主となっている。そのため、入省した官僚の一般的な仕事は、過去の答弁に基づく国会答弁作成、既存法律の微修正、前年度の予算の獲得、国会議員への根回し等が主である。仕事の中身のやりがいという面で従来よりも低下していると言える。また、外在的モチベーションの面においても、従来よりも低下する要因ばかりである。給与・賞与面では、労働時間の長さに割りの合わない低水準であるにも関わらず、人事院によって毎年の給与・賞与水準の下方修正されている。

昇進面では、入省年次による硬直的な昇進が一般的であり、近年年次を2〜3年飛ばした「異例人事」が行われてきているものの、民間企業と比べた場合大したものではない。更に、形として現れない「名誉」の面においても、近年のマスコミ等による官僚バッシングにより、周囲からの視線は冷たくなってきている。

つまり、冷静に現状の環境を見た場合、あらゆる面においても官僚がやる気に燃えて仕事をする環境は整備されていない。「 官僚は、処遇面で恵まれない状況下にもおいても高い倫理観を持って、国家のために尽くすべきだ」と都合のよいことを言って官僚を批判する論調がまかり通っているが、官僚の仕事の性質の変化等を考慮して、適切にモチベーションを高める手当てを施さない限り、不祥事は後を絶たないであろう。

yuhei1120 at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

雑感

Keisuke君から面白いコメントを頂いたので、
独断と偏見でパッと日本のエリート社会について私見を書いてみようと思います。

ここでいうエリートの定義は、政策をつくっている人と考えます。
エリートという言葉は、人によって色々な定義があるし、スポーツ界のエリート、ビジネス界のエリート、法曹のエリートなど多様な使いまわしがあるけど、ここではエリート=公務員とします。


翻れば、日本はエリート層と一般国民の区切りがしっかりしている社会だと思う。明治維新もしかり、戦後の経済成長も国家主導で動いていた。日本の社会はよくRevolutionaryではなくEvolutionaryな発展をしていくと言われることもあるが、それは社会層の区分けがしっかりしているからなのではないか? 日本はいまだかつてRevolutionを経験していないという事実は、社会自体がエリート層を受容している証左でもある。経済成長時は、各会社のMOF担当が公務員を接待し、利益の確保に励んでもいたこともある。


しかし、バブル崩壊とともに、公務員の不祥事が続出すると、公務員バッシングが過激化した。公務員バッシング(今も続くが)は、今まで一般国民・社会がエリート層(公務員)に頼りすぎていたことを暗示している気がする。バブルに浮かれていた一般国民の多くは、顔に水を浴びせられた腹いせに、不満のはけ口を官僚にむけた。自己責任論を展開するつもりはないが、社会全体が経済成長の恩恵で思考停止になっていたことは否めないだろう。

昨今の官僚批判をみていて、批判するだけで思考停止に陥っているのではないかと危惧する。政治家の中には、国民の代表として官僚批判を展開し、正義漢きどりの人もいるが、それと同時に現状を打破するビジョンや代替策を展開してほしい。本来ならば今こそ政治家がリーダーシップをとらなければならないときなのに、細かいところだけつついてどうするのと思ってしまう(もちろんそこも大事だけど)。




エリートと一般国民の区分けによる社会システムは、日本経済がウナギ登りで利益が隅々まで分散されていたときはよかったが、これからはどうだろうか?日本経済が混迷する中では、今までのようなエリート(公務員)頼みではいかなくなるだろう。社会・政治システムの疲弊化が起こっているのかもしれない。外交・国防にしろ、エリート層と一般国民の認識の違いが足かせになるケースもどんどん出始め、政府は国内外で二重外交をしている面もある。

今までのエリートと一般国民という概念自体から脱却する必要性があるかもしれない。エリートはどの時代でもどの国でも必要だが、これからはエリートへ何でも委ねる姿勢は変えなければいけない(官僚不祥事でもうそのような姿勢はもっていないと思うけど)。他国に比べて圧倒的に少ないNGO団体などももっと出ていいと思う。

そのためには、官僚批判に終始するのではなく、一人一人が自覚を持って現状打破を考えて行動することが必要ではないだろうか?



以上、酒の勢いで書いた支離滅裂な文章でした 汗




yuhei1120 at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 19, 2009

IRのランキング

2ad19530.gif某私立校に七年間いたとき、愛校心というものはさほどなかったと思いますが(とか言いながら高校の同窓会幹事をしていた)、ジョージタウンに対しては少し愛着があります。

コロンビアやハーバードに比べて、ジョージタウンの知名度が日本で低いので愛校心に拍車がかかります。

よってここで少し宣伝を


実は、IR(国際関係論)に関してはジョージタウンのマスタープログラムはここ数年ぶっちぎりの一位なのです!!

二位のSAISとの差も開き、このまま独走してほしいです。
ハーバードは三位、コロンビアは五位。

Hoya Saxa!

yuhei1120 at 01:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!徒然日記