ゆいネットワーク

市民運動と労働運動のために、インターネットを活用しようとする運動

看護学校の講師として初授業

今日はひさしぶりに秋らしい穏やかな日です。今週はなにかと忙しい日が続いたので、今日は江東区民まつりに行って、全国からの物産展など美味しいものを味わってこようかと思っています。

 いくつかの偶然がかさなって、毎年秋の後期だけですが、専門学校の講師として週1回程度行くことになりました。このまえ看護師志望の3年生相手に講義をしました。ほとんどが高卒ですが、20歳を超えた生徒も結構おられ、結婚されている女性の方や大学を卒業されて社会人として過ごされた方、社会福祉士では限界を感じ、看護師での仕事を選んだ方もおられました。

 授業内容は引退された先輩の教科書を元ですのでそんなに苦労はしないですが、あさ9時から授業ですので。5時起きでかけることや、地下鉄、JR、私鉄バスと3回も乗り換えることが苦痛です。おいおいなれると思いますが。

 

消費税は低所得いじめのむごい悪税 貧乏人は目覚めてくれ

やっと秋らしい季節になってきました。今年の夏は極端な暑さと、台風がよくきて被害をもたらしたため落ちつかない時がおおかったですが、やっと冬目指して一目散といったところみたいです。

 安倍内閣は、自民党内の総裁選で石破氏と勝った勢いか知りませんが、消費税を8%から10%にひきあげる準備を始めました、

 もともと10%へは国会で決まったことでしたが5%から8%へ引き上げたときに、消費控えがおき景気に悪影響をあたえたので、延期していたのでした。実施は来年10月予定されています。

 多くの野党の議員さんや市民団体などが、この消費税は税方式としては、取りやすいが、低所得者へきわめて負担がたかくて、税金としては、弱者、低所得者いじめの最悪の税金だと、説明されてきました。

 わたしもそうおもいます。皮肉ですが、夫婦とも年金生活者になり、低所得になっても、食費は増えている感じがします。冷凍庫をうまくつかって安いときにまとめて買うなど努力はしますが、現役の時より外食はおおくなり、贅沢しているようです。

 サラリーマンでいえば中所得、高所得のひとでも、高い教育費や住宅ローンにおされて、食費は我が家とくらべても贅沢していないと思う。

 つまり消費税は、総所得の低いひとへの負担は大変なものとなるようです。私たち夫婦もその負担増には心からこまっています、

 どうしても引き上げたいなら、低所得者へは(700万以下)には全額払い戻いをする制度にしなkければ認めらえません。

豊洲新市場が開設した 多くの問題点を置き去りにしたままスタート

豊洲中央市場は2年遅れで、本日開設した。私の家からもそう遠くないところにあり、朝はテレビ会社の撮影用のヘリコプターの音がうるさくて大変だった。

 小池知事が2年間開設を遅らせた利用は地下の汚染物資が垂れ流しされえ地上に放出される危険性があったからだ。だが、「手をつくした」というわりには、根本対策は不十分のまま、開設は強行された。

 汚染ばかりが注目されたが、実は、この豊洲中央卸市場は、設計面で根本的に、遅れた、使いづらい欠陥市場と次第にわかってきたらしい。

 まずこの新市場は、車社会のシステムをほとんど理解していない。車がまだ少ない時代の思想の設計だ。現在は、新市場建設の前提としては、市場に来る推定車の倍以上の駐車場を準備するのが必要だが、現在の築地市場レベルだ。

 もうひとつ気になるのが、築地の場合、地下鉄の路線が3つもあり、その気になれば銀座や東銀座からも歩いてこれた。多くの食品関係者は地下鉄でこられた人も多い。

 豊洲は、メトロ豊洲駅から歩いては無理。新交通ゆりかもめ駅はあるが、そこからも結構遠い。結論的に車をつかうしかない。だがその分、駐車場は高.く。少ない。

 まだいろいろあるが、4つある卸売ビルは、t超大型冷蔵庫方式で、築地方式とはまったく違う。けれど、このコールド方式が本当に、活用できるのだろう.か。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ