原付二種(50cc~125cc)

    1: 柴犬 ★ 2015/01/20(火) 16:02:06.10 ID:???.net
    スズキは、軽量な車体に、優れた燃費性能と走行性能を両立したエンジンを搭載した、新型110cc原付二種スクーター『アドレス110』を3月19日より発売する。

    アドレス110は、2014年9月に独「インターモト」で「Address」として発表した新型スクーター。小型スクーターのグローバルモデルとして、スズキのインドネシア子会社で生産し、同国での販売をはじめ、日本、アセアン諸国、欧州、大洋州に向けて輸出する。

    アドレス110は、クラストップレベルの軽量な装備重量97kgによる取り回しの良さや、51.2km/リットルの燃費性能と低中速域での優れた加速性能が特長。大容量のシート下トランクスペース、フロントインナーラック、シート開錠機能付ステアリングロックを採用するなど、日常での使い勝手も考慮した。また、シャープで引き締まった躍動感のあるデザインを採用し、細部まで作り込むことでグローバルに通じる魅力的な外観とした。
    価格は20万5200円。

    824418

    http://response.jp/article/2015/01/19/241994.html

    【【商品】 スズキ 新型アドレス110 燃費51.2km/リットル、重量97kg、20万5200円 [2015/01/19]】の続きを読む

    no title


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/19(月)17:48:50 ID:JLM
    ホンダは新型DIO110にespエンジンを搭載、
    スズキは新型アドレス110にSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを搭載!

    これからの世界規格、110cc戦線の時代が始まった!
    新たに選ぶ楽しみが出来たな!

    【原2 110cc戦線キタ━(゚∀゚)━!!】の続きを読む

    1: 柴犬 ★ 2015/01/17(土) 12:47:13.08 ID:???.net
    本田技研工業は1月16日、原付2種スクーター『ディオ110』をフルモデルチェンジし、今春に発売すると明らかにした。価格・発売日は未定だが、マイナス3kgの軽量化を図ることでコミューターとしての完成度、取り回しやすさを一段と向上。安定感のある走りをもたらす前後14インチの大径タイヤは受け継がれるが、エンジンは一新される。

    同社の小型コミューターは、実用性を重視した力強い出力特性で耐久性や燃費性能を向上した次世代小型スクーター用エンジン「eSP」へと、2012年発売の『PCX』を皮切りに順次移行してきたが、『Dio110』もついに「eSP」を搭載することになった。

    ただし、『PCX150』『PCX』『リード125』『Sh mode』『Dunk』『タクト』『タクト・ベーシック』では、いずれも水冷式エンジンとしていたが、 新型の『Dio110』では空冷式での『eSP』を新開発。もちろん『eSP』最大の特徴である『アイドリングストップ機構』も搭載され、燃費性能は『PCX』らの125cc版が53.7km/リットルなのに対し
    『Dio110』では57.9km/リットルと、さらに向上している。


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://response.jp/article/2015/01/16/241817.html

    【【商品】 ホンダ ディオ110 新型、今春に導入 空冷式eSPエンジン搭載 [2015/01/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ