• カテゴリ:

    1 ボルネオウンピョウ(千葉県)2012/12/27(木) 16:01:18.01 ID:TtA5DFTJ0


    イタリアのアルファロメオが、2011年3月のジュネーブモーターショー11に出品した新型スポーツカー、『4Cコンセプト』。同車の市販モデルの登場が、いよいよ近づいてきたようだ。

    これは12月21日、アルファロメオが公式Facebookページで明らかにしたもの。「アルファロメオの2013年に、失望することはないでしょう」とのキャッチコピーとともに、新型車が予告されている。

    アルファロメオは明言していないが、この新型車が当初、2012年内に発表されると見られていた4Cコンセプトの市販版を指すのは、ほぼ確実。
    4Cコンセプトは、市販を前提とした2シーターの小型ミッドシップスポーツカー。全長は約4000mmとコンパクトで、2007年に限定発売された『8Cコンペティツィオーネ』のDNAを受け継ぐフォルムをまとう。

    ミッドシップには、1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンが収まり、最大出力200ps以上を発揮。
    カーボンファイバーやアルミなどの軽量素材によって、車両重量は850kgに抑えられ、0-100km/h加速5秒以下、最高速250km/h以上という性能を実現する。

    アルファロメオは今回、公式Facebookページにおいて、新型車のアルミホイールの画像を公開。「全ての車を終わりにする車の登場は近い」と、自信たっぷりに予告している。

    http://response.jp/article/2012/12/27/187873.html

    511803


    【アルファロメオの新型スポーツカー】の続きを読む

    このページのトップヘ