ニュース

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/07/29(日) 19:43:19.69 ID:CAP_USER9
     2018“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝レースは、19時30分に8時間のゴールを迎え、#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ローズ/マイケル・ファン・デル・マーク)が優勝を飾った。

     #21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMは2015年からワークス体制として復活。前日に転倒を喫した中須賀克行はその際に何らかの影響があったのか決勝レースは出走せず、アレックス・ローズとマイケル・ファン・デル・マークで8時間を走りきった。

     最後はローズがアンカーを担当し、199周でチェッカーを受けた。見事#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが鈴鹿8耐での4連覇を成し遂げた。

     2位には#33 RedBull Honda with 日本郵便、3位には#11 Kawasaki Team GREENが続いた。

     また、#5 F.C.C. TSR Honda Franceが総合5位に入り、EWCのシリーズチャンピオンを獲得。地元鈴鹿に拠点を置くTSRが悲願の世界王者となった。


    7/29(日) 19:39配信 motorsport.com 日本版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000019-msportcom-moto

    10: 名無しさん@恐縮です 2018/07/29(日) 19:49:03.81 ID:LS6LDh/G0
    no title

    no title

    【【鈴鹿8耐】YAMAHA FACTORY RACING TEAMが4連覇達成! 】の続きを読む

    MotoGPロゴ


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/07/01(日) 22:03:12.61 ID:CAP_USER9
     MotoGP第8戦オランダGPの決勝がTTサーキット・アッセンで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝した。

    ■MotoGP第8戦オランダGP 決勝順位結果
    天候:晴れ 路面:ドライ

    Pos./Rider/Team/Motorcycle/Time/Gap

    1/M.マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/41'13.863

    2/A.リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/+2.269

    3/M.ビニャーレス/モビスター・ヤマハ・MotoGP/ヤマハ/+2.308

    4/A.ドヴィツィオーゾ/ドゥカティ・チーム/ドゥカティ/+2.422

    5/V.ロッシ/モビスター・ヤマハ・MotoGP/ヤマハ/+2.963

    6/C.クラッチロー/LCRホンダ・カストロール/ホンダ/+3.876

    7/J.ロレンソ/ドゥカティ・チーム/ドゥカティ/+4.462

    8/J.ザルコ/モンスター・ヤマハ・テック3/ヤマハ/+7.001

    9/A.バウティスタ/アンヘル・ニエト・チーム/ドゥカティ/+7.541

    10/J.ミラー/アルマ・プラマック・レーシング/ドゥカティ/+13.056

    11/A.イアンノーネ/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/+14.255

    12/P.エスパルガロ/レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング/KTM/+15.876

    13/A.エスパルガロ/アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ/アプリリア/+15.986

    14/S.レディング/アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ/アプリリア/+16.019

    15/D.ペドロサ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/+16.043

    16/T.ラバット/レアーレ・アビンティア・レーシング/ドゥカティ/+16.416

    17/B.スミス/レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング/KTM/+29.073

    18/H.シャーリン/モンスター・ヤマハ・テック3/ヤマハ/+33.824

    19/中上 貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ/+34.037

    20/T.ルティ/エストレージャ・ガルシア・0.0・マーク・VDS/ホンダ/+47.853

    -/D.ペトルッチ/アルマ・プラマック・レーシング/ドゥカティ/9 Laps(リタイア)

    -/X.シメオン/レアーレ・アビンティア・レーシング/ドゥカティ/9 Laps(リタイア)

    -/K.アブラハム/アンヘル・ニエト・チーム/ドゥカティ/15 Laps(リタイア)


    7/1(日) 21:54配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00385765-rcg-moto

    MotoGP World Standing 2018
    http://resources.motogp.com/files/results/2018/NED/MotoGP/RAC/worldstanding.pdf

    2: 鉄チーズ烏 ★ 2018/07/01(日) 22:06:02.97 ID:CAP_USER9

    40: 名無しさん@恐縮です 2018/07/02(月) 04:06:01.56 ID:sWYce7S70
    マルク・マルケス
    「リアにハードタイヤを選んだけど、サイティングラップのとき、あまり良い感じが得られず、予想されたグループの人数を減らすために、ソフトタイヤに履き替えることを決断した。
    それに、ソフトとハードで、耐久性に変わりがない。これがミシュランタイヤ。
    ホルヘがスタートで出て来ることは、全く予想していなかった。膝にタイヤ跡が残っている。ブレーキングと加速が良かったから、スペースに限界があった。
    グループの全員が尊敬しあい、限界のオーバーテイクが繰り返されたナイスなレースだった」

    アレックス・リンス
    「歴史的なレースだった。後ろからオーバーテイクを見て、わ~お!スペクタクルだった。僕たちはレースを上手くマネージメントできた。すごく嬉しい。
    5番グリッドからグループ内に位置して、タイヤマネージメントやオーバーテイク、後方に待機することなど、沢山のことを学んだ。」
    「特別な表彰台。実は、今朝お腹の調子が良くなかった。医師団が対応してくれたけど、少し体調不良だった。その中で、グループ内でのバトルは信じられなかった。
    全員が勝利に向けて無防備で戦っているようだった。トラックに適応するのに少し苦労したけど、もし、予選が良くなかったら、非常に難しくなっていただろう。」
    「新しいエンジンとカーボン製のシャーシを使用した。とても快適だったから、上位進出に向けて、闘わなければいけなかった。
    ステップ・バイ・ステップで経験を積んでいるけど、バイクは良く機能する。勝利はもう直ぐだと思う」

    マーベリック・ビニャーレス
    「バルセロナのテストの後で言ったように僕たちは良くなった。フルタンクで強さを感じていた。
    チームは素晴らしい仕事をしてくれ、ステップ・バイ・ステップでバイクをアジャストした。まだ電子制御が少し足りないけど、僕たちはグッドなレベルにある。
    まだ昨年のレベルに到達していないけど、僕たちは望んでいるレベルに近づいている。この調子を続けたい」

    【【MotoGP】2018第8戦オランダGP決勝の結果 】の続きを読む

    hi


    1: 風吹けば名無し 2018/07/01(日) 10:24:39.81 ID:Ti247NH2M
    <バイク>メーカー、テコ入れに躍起 販売台数減少で

     二輪メーカー各社が国内市場のテコ入れに躍起だ。販売台数は小型の原付きバイクを中心に減少に歯止めがかからず、大きな反転は見込めない。
    各社は比較的堅調な中・大型を中心にバイクの魅力を訴え、女性や若者向けの新店舗も出すなど新たな需要の掘り起こしに本腰を入れている。

     上級車種は価格帯が高く、若者には手が届きにくそうだが、販売子会社のカワサキモータースジャパンの谷敏明販売戦略部長は
    「今の若者はお金を大事に使う。目利き力があり、本当に良い商品は買ってくれる」
    と自信を示す。開設以来、直営店の5~10倍に当たる月間数千人が訪れているという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000006-mai-bus_all

    【バイクメーカー「今の若者は消費しないのではなく、お金を大事に使う。目利き力がある。」 】の続きを読む

    MotoGPロゴ

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/06(水) 19:06:21.95 ID:CAP_USER9
     ホンダ・レーシング(HRC)は6月6日、MotoGP最高峰クラスで3度のチャンピオンを獲得しているホルヘ・ロレンソと2年間の契約で合意したことを発表。ロレンソは2019年シーズンからマルク・マルケスのチームメイトとしてレプソル・ホンダ・チームに所属することになる。

     HRCは6月5日に現在レプソル・ホンダに所属するダニ・ペドロサとの契約を2018年限りで終了することを発表しており、2019年は誰がマルケスのチームメイトになるのかが注目されていた。

     ロレンソは、2008年にヤマハからMotoGPクラスにデビューし、2010年、2012年、2015年と3度のチャンピオンを獲得する活躍をみせた。2017年にはドゥカティへ移籍したが思うように結果は残せず。

     しかし、6月3日に決勝が行われた2018年シーズンの第6戦イタリアGPで2年ぶり、チーム移籍後初となる勝利を挙げた。

     HRCとロレンソの契約期間は2年間で、2019年から2020年まで。2019年のレプソル・ホンダはロレンソと4度のMotoGPチャンピオンであるマルケスという強力なライダーラインアップでシーズンを戦うことになる。

    2018.06.06
    https://www.as-web .jp/bike/376826?all

    6: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/06(水) 19:12:59.51 ID:CAP_USER9
    >>1関連記事

    ■ドゥカティ、ロレンソへ別れを告げる。後任にはダニロ・ペトルッチを起用

     ドゥカティ・コルセは6月6日、サテライトチームのプラマック・レーシングに所属するダニロ・ペトルッチと契約を結んだことを発表。ペトルッチは、ホルヘ・ロレンソの後任として2019年からドゥカティのファクトリーライダーとしてMotoGPクラスを戦う。

     ペトルッチは27歳のイタリア人ライダー。2012年からMotoGP最高峰にデビューし、2015年の第12戦イギリスGPを2位でフィニッシュし、初の表彰台を獲得した。

     ファクトリーチームへの昇格が決まったペトルッチは「ファクトリーチームに所属することは、僕にとっての夢であることは言うまでもない」と喜びを語る。

    「ドゥカティで生産バイクのテストライダーとしてキャリアをスタートした僕にとって、ドゥカティのオフィシャルライダーになることはとても光栄なことだ」

    「4年前にプラマック・レーシング・チームでチャンスを与えてくれたパルコ・キャンピノッティとフランチェスコ・グイドッティに感謝するよ。それらがなければ、この契約は実現しなかっただろう」

    「ファクトリーチームでの新たなシーズンが待ち遠しい。まずやることは、2018年シーズンをランキングトップ5で終え、ドゥカティチームで新しいシーズンをスタートすることだ」

     ドゥカティ・モーターホールディングのCEO、クラウディオ・ドメニカリは、ロレンソに感謝を述べるとともに、ペトルッチの加入を歓迎。

    「まずドゥカティのライダー、そしてムジェロでの優勝にすべてを捧げてくれたホルヘ・ロレンソに感謝したい」とドメニカリ。

    「ムジェロでは、我が社の伝説的な1戦となる卓越した勝利を収めてくれた。ホルヘはすばらしいチャンピオンだ。我々のバイクの正しいフィーリングを見つけるために多くの時間を費やしたことは悲しいが、信じられない偉業を達成する能力が彼にはある」

    「残りのラウンドでは、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾとともにより多くの勝利を挙げ、タイトル争いができるようサポートを続けていきたい」

    「2019年シーズンからドゥカティのチームカラーに身を包むダニロを暖かく歓迎したい。彼は、アンドレアと一緒に成功へ向け、急速な上昇を続けてくれることを確信している」

     ドゥカティ・チームは、ドヴィツィオーゾとペトルッチの新たなコンビで2019年シーズンに挑む。なお、ペトルッチとドゥカティの契約は2019年の1年間となるようだ。

    2018.06.06
    https://www.as-web.jp/bike/376930

    8: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/06(水) 19:16:22.17 ID:CAP_USER9
    >>1
    引用元URLがおかしかったので貼り直します。
    失礼しました。

    https://www.as-web.jp/bike/376826?all

    【【MotoGP】ホンダがロレンソ起用を発表。2019年のレプソル・ホンダはMotoGP王者2名という強力な体制 】の続きを読む

    8533d48f-s


    1: 孤高の旅人 ★ 2017/09/30(土) 09:59:59.64 ID:CAP_USER9
    高速道路の休憩所不足 道の駅で解消へ
    9月30日 6時07分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170930/k10011162541000.html

    高速道路を運転するドライバーのための休憩施設を増やそうと、国土交通省は高速道路をいったん降りて近くの道の駅を利用しても1時間以内に戻れば追加料金がかからない取り組みを今年度中に全国の20か所で試験的に始めることを決めました。
    国土交通省によりますと高速道路でサービスエリアやパーキングエリアの間が25キロ以上離れている区間が全国でおよそ100か所あり、ドライバーの安全のために休憩施設の確保が課題になっています。しかし、休憩施設を新たに設置するには多額の費用がかかるため、国土交通省はインターチェンジの近くにある道の駅を活用する実証実験をことし5月以降、群馬県の関越自動車道など3か所で行っています。

    このシステムでは最新型のETCを搭載した車は高速道路を降りて近くの道の駅を利用したあと1時間以内に同じインターチェンジに戻れば追加料金がかかりません。

    国土交通省は効果を広く検証するため岩手県の八戸自動車道、兵庫県の舞鶴若狭自動車道、宮崎県の九州自動車道など全国17か所で今年度中に新たにこの取り組みを始めることを決めました。

    国土交通省は利用者から意見を聞いて検証を進め、今後、本格的に導入する方針です。
    【【国交省】高速道路の休憩所不足 道の駅で解消へ】の続きを読む

    30774752294_40133b69af_b


    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2017/07/30(日) 19:43:21.83 ID:CAP_USER9
     国内最大級のオートバイレース「鈴鹿8時間耐久ロードレース」の決勝が30日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で行われ、「ヤマハ ファクトリー レーシングチーム」が2位以下を大きく引き離して優勝し、同チームの中須賀克行選手(35)が史上2人目の3連覇を達成した。

     今年は40回目となる記念大会。レースは日本を含む18カ国の204人、68チームがエントリーし、1周約5.8キロの国際レーシングコースで周回数を競った。レースは序盤、雨の影響で転倒する車両が続出。セーフティーカーが入った影響で、「Kawasaki Team GREEN」が半周遅れになったことや「MuSASHi RT HARC-PRO.Honda」が転倒するなど、ライバルがアクシデントに見舞われてトップ争いから脱落する中、ヤマハはスタート後、2時間経過以降は安定した走りを見せた。その後も2位以下を周回遅れにする圧倒的な強さで独走を続け、ゴールした。【デジタル編集部】


    7/30(日) 19:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000038-mai-moto

    【【鈴鹿8耐】中須賀が史上2人目3連覇 ヤマハV】の続きを読む

    honda4


    1: リキラリアット(東京都)@\(^o^)/ ©2ch.net [US] 2017/03/26(日) 23:42:03.15 ID:jdcXONjB0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
    ホンダの国内2輪車販売を担うホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長は東京モーターサイクルショー2017会場で
    インタビューに応じ、2018年4月に実施する販売網再編について現状の体制に危機感があることを明かした。

    ホンダの現在の国内2輪車販売体制は全モデルを扱う「ホンダ ドリーム」、「プロス ウイング」、「プロス」と、250cc以下のモデルを
    扱う「ホンダ ウイング」、「ホンダ」の5系列、全5500店となっている。

    これを18年4月からは全モデルを扱うホンダ専売店の「ホンダ ドリーム」と、ホンダの250cc以下のモデルおよび他社製品も併売する
    「ホンダ コミューター」の2系列に再編する。18年4月時点でホンダ ドリームは150店、ホンダ コミューターが5350店と現在の店舗数
    5500のままとなるが、2020年までにホンダ ドリームを200店まで増やす計画。

    加藤社長は新たな販売系列について「ホンダ ドリームは黒を基調とした外観に、誇りと感動を想起させる立体感のあるシルバーの
    ウイングマークへと一新する。ホンダ コミューターはお客様にわかりやすく親近感のある赤いウイングマークを全面に2018年4月移行、
    順次変えていく」と解説。

    ただその一方で「お金をかければ店舗はきれいになる。ただお金をかけてきれいにして『新しいドリーム店でございます』というだけ
    ではお客様にはご満足頂けない。要は量を追うということではないと思う。これまで2輪車販売はいつもいつも量を追いかけてシェア
    ばかり言っていて、結果的に失ったものが多いのではないか」と指摘する。

    というのも「お客様がどんどん変化していく中で、我々の2輪の商売がそれをきちんとアクセプトして付いてきているかというと、
    やはりちょっと遅れてしまっている。もっとはっきりいうと、自転車の方が販売店として進んでいる。アサヒやイオン自転車など、
    販売網として見た時に2輪業界よりも先を行っている」との危機感が加藤社長にあるからだ。

    続きはソースで
    http://response.jp/article/2017/03/26/292617.html

    【ホンダ、バイク販売店の現状に危機感 「自転車店のほうが進んでいる」】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2017/03/17(金) 20:46:05.05 ID:CAP_USER9
    スズキは17日、ストリートスポーツバイク「GSX-S」シリーズに750ccの新型モデル「GSX-S750 ABS」を追加し、3月30日に発売すると発表した。海外向けモデルのスーパースポーツバイク「GSX-R750」譲りのスムーズなスロットルレスポンスと、爽快な走りが特徴となっている。

    「GSX-S750 ABS」は、「GSX-S1000」に次ぐ「GSX-S」シリーズの新型モデルとして、一般公道での扱いやすさを追求した高出力の749cc直列4気筒エンジンを搭載。また、発進時や低回転走行時に、エンジン回転数・ギヤポジション・スロットル開度などの情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進と停車を繰り返す市街地走行などでの操作性も向上した。

    デザインは低く構えたアグレッシブなスタイリングとし、「GSX-S1000」と共通イメージの躍動感あふれるラインと、牙を模したポジションランプを装備したヘッドランプスタイルを採用。前後輪に花弁形状のペータルブレーキディスクや10本スポークのアルミ製キャストホイール、新パターンのブリヂストン製タイヤを採用し、強力な制動力を発揮するラジアルマウントフロントブレーキキャリパーや新設計のスイングアームを装備するなど、スポーティーな印象を与える足回りで「走りの質感」を表現している。

    3段階から選択可能なトラクションコントロールは、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際にエンジン出力を速やかに低減。エンジン出力をより効率よく路面に伝達することで、より快適なライディングが楽しめるようになっている。前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSも標準装備とした。

    スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用しており、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能となっている。

    車体色は、「グラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック」「パールミラレッド」「マットブラックメタリックNo.2」の3色を設定。価格は96万9,840円(税込)。

    2017/03/17
    http://news.mynavi.jp/news/2017/03/17/345/

    画像
    no title

    no title

    【【バイク】スズキ「GSX-S」シリーズに750cc新型モデル「GSX-S750 ABS」追加、3/30発売】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/16(木) 17:32:31.05 ID:CAP_USER
    http://response.jp/article/2017/03/16/292199.html
    no title

    no title

    no title


    ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』『CBR1000RR SP』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、3月17日より発売する。

    新型CBR1000RRは、メインフレームのエンジンハンガー剛性を最適化したほか、
    新設計のアルミダイキャスト製シートレール、新デザインの前後ホイール、新構造のチタン製マフラーなどを採用。
    大幅な軽量化とマス集中化により、軽快感あるニュートラルなハンドリングを実現した。
    水冷4ストロークDOHC直列4気筒1000ccエンジンは、バルブタイミングおよびリフト量、圧縮比などの最適化と、
    スロットルボアの拡大、マフラー構造の最適化など吸排気系のセッティングを組み合わせ、
    低回転域の力強いトルク特性と高回転域の出力向上を両立。最高出力は従来モデル比14psアップの192ps、最大トルクは2Nmアップの114Nmとなった。

    また、車体の角速度・加速度検出による車体姿勢推定システムをはじめ、スロットル操作に対する出力特性を選択できる
    パワーセレクター、セレクタブルトルクコントロール/エンジンブレーキなど、各種電子制御技術を採用し、快適かつ安全なライディングをサポートする。

    CBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供するオーリンズ製Smart ECシステム
    採用の電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備。
    さらなる軽量化とマス集中化を図るため、リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、公道用量産車として世界初のチタン製フューエルタンクを採用する。
    外観は「タイト&コンパクト」をテーマに、軽快感とアグレッシブなイメージを表現。必要最低限のカウル面積と、
    よりタイトに各カウル面を内側に追い込むことで、コンパクト化と前面投影面積の低減を図り、
    軽量化とマスの集中化に寄与。また、フューエルタンク形状を見直し、ニーグリップ両側面部の幅をスリム化。ライダーによる荷重コントロールの自由度を向上した。

    価格はCBR1000RR(マットバリスティックブラックメタリック)201万4200円、CBR1000RR(ヴィクトリーレッド)204万6600円、
    CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド)246万2400円。

    【【バイク】ホンダ、大型スーパースポーツ「CBR1000RR」をフルモデルチェンジ…軽量化とマス集中化で戦闘力アップ】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/03/12(日) 20:11:08.21 9
    バイクに乗ってツーリングに出掛ける

    バイク好きにとっては、週末や長期休暇中などの楽しみの1つと言えるでしょう。

    しかし、ツーリング中のある行為によって、知らず知らずのうちに「ヘルメットの衝撃吸収能力が発揮できない状態」を作っているとしたら、どうですか?

    万が一…

    交通事故を起こしてしまった時に、頭を守ってくれる大事なヘルメット。安全性が担保できていないとしたら、せっかくのツーリングも台無しです。

    そんな「ヘルメットの間違った使い方」を指摘したのは、ヘルメットメーカーのアライヘルメット Arai Helmet(@araihelmetjapan)。

    写真のように「ヘルメットをバイクのミラーに引っかけておくのは良くない」と指摘したのですが、その理由が分かりますか?

    no title


    「これは知らなかった」の声多数
    http://grapee.jp/305857

    【「この写真の間違い、分かりますか?」バイクのミラーにヘルメットをかけた状態】の続きを読む

    このページのトップヘ